ハッスル 意味。 ハッスルポーズって恥ずかしいの?

ハッスル

ハッスル 意味

相変わらずチョコチョコとのだが、最近のお気に入りのひとつが、tvk(テレビ神奈川)の 「中島卓偉のお城へ行こう!せーの、キャッスル!キャッスル!」という番組。 城好きのミュージシャンである が、全国のお城、城跡を訪ね歩き、それらをゆるゆると紹介するだけの15分番組。 詳しくはまた別に書くが、なんとなく面白いのだ。 私の琴線に触れたのは、この番組のやけに長いタイトルの後半部分。 「 せーの、キャッスル!キャッスル!」 これだけでグッと来た人は、仲間だね。 はい、これの元ネタは、2000年代の後半に プロレス界を震撼させた、あの 「ハッスル!」なのである。 中島卓偉くんが決めるポーズも、あのハッスル・ポーズとまったく同じだし。 「ハッスル!」とは、200年代中ごろからスタートし、世間一般も巻きこんで広がり、一時はプロレス界の天下を取るかと思われたイベント。 その特徴は、極端な ギミックを駆使し、独自の世界観を作り上げることだった。 ええと、誤解を招くかもしれないが、ギミックとは要するに お芝居のこと。 レスラーが特定のキャラクターを演じて、それに即したストーリーを「 演じる」ことだ。 もちろんプロレスにとって、ギミックはもともと不可分のもの。 現在でも、世界最大のプロレス団体である WWEはこれを多用しているし、ある意味で「ハッスル!」に酷似しているメキシコ系の「 ルチャ・アンダーグラウンド」なども勃興しているなど、まったく廃れていない。 現在の日本では、 DDTがこの分野の最大手だ。 「 ファイティング・オペラ」を自称し、「 日本のプロレスを根こそぎ破壊する」と謳ったこれは、一部のプロレスファンに支持され、また多くの一般層にアピールした。 ある意味 「環状線の外側」にも届いたプロレスだったと言えよう。 異論はあるだろうが。 高田モンスター軍とハッスル軍の抗争という基本デザインに沿って、多種多様なキャラクターが設定され、それを多くのレスラーたちが演じた(敢えて「演じた」と言っておこう) これをリング上でリードしたのが、 橋本真也、小川直也、川田利明、安生洋二、高田延彦といった、それまではプロレス界でも「 武闘派」ともいうべき面々だったのは意外だった。 後楽園ホールの全日本プロレスの興行に「ハッスル!」から高田延彦こと高田総統が乗り込んできたときには、会場で見ていて、鳥肌が立つ思いだった(そんなこともあったんだよ) 普通のプロレスではまったく夢に終わった川田対高田というカードが、「ハッスル!」ではいともあっさりと実現したのだから。 まあちゃんとした試合はなかったが。 私がいたく感心したのは、タレントのインリン・オブ・ジョイトイが演じた「 インリン様」と、レイザーラモンの HG、RGで、彼らは非レスラーながら見事に「プロレス」をやってのけ、ちょっとした感動すら与えたものだ。 これは誇っていいと思うよ。 こうして大いに人気を得て勢いのあった「ハッスル!」だったが、親会社ともいえるDSEが反社会的勢力とのかかわりから崩壊し、一気に勢いを失っってやがて消滅した。 本格的旗揚げの2004年から2009年まで、 5年間の短命だったわけだ(その後残党的なイベントはあったものの) そんなわけで 時代の仇花のような「ハッスル!」 参加したレスラーたちにはちょっと黒歴史っぽくなっているかもしれないが、ちゃんと大きな遺産を残している。 本人はあまり口にしないが、新日本プロレスでIWGPジュニア戦線をリードする KUSHIDAは、「ハッスル!」がデビュー。 ハッスル軍の若手からスタートしたのだから、あれからずいぶん遠くに来たもんだ。 今年になって全日本プロレスの三冠王者になった ゼウスも「ハッスル!」出身だ。 もともとは大阪プロレスでデビューしたが、「ハッスル!」でブレイクし、崩壊後は全日本に上がるようになった。 三冠奪取以前にもチャンピオンカーニバルを制したし、こちらもずいぶん遠くに来たよな。 「ハッスル!」離脱後に急逝した橋本をはじめ、主要メンバーのほとんどがすでにリングから遠ざかっている現状を考えれば、こうした当時の若手がいまでも活躍しているのは、立派に 「ハッスル!」の遺産といえよう。 もうひとつ、私にとってはこれが大きな遺産(笑) 【画像のリンク先はamazon. jp】 名曲「ハッスル音頭」 あの小川直也の熱唱を楽しめるのはこれだけだ。 そんなわけだから、tvkのローカル番組で 「せーの、キャッスル!キャッスル!」に遭遇した私が、あまりの懐かしさにKOされたのも無理はないのである。 この際だから、中島卓偉くんにはぜひとも「キャッスル音頭」を歌っていただきたいものである。 あと、どこかのリングで、誰か 「ハッスル!」同窓会でも企画せんかね。 まあ、関係者を説得して集めるのはタイヘンだろうけど。

次の

【英語のひとこと】ハッスル! Hustle と Hassle の違い

ハッスル 意味

たとえめでたい結婚でも、劇的なライフイベントにはストレスがつきまとう 「最近、ストレスがたまっているな~」と感じたとき、どんなシチュエーションでストレスがたまるのかを、ちょっと振り返ってみましょう。 ストレスが起こる原因には、大きく分けて2つの種類があります。 一つは、「 ライフイベント」と呼ばれるもの。 結婚、離婚、死別、就職、解雇、出産などのように、人生のなかで起こるさまざま出来事(イベント)をさします。 ライフイベントの場合、その出来事が劇的であるほど、ストレスも強くなる傾向があります。 で、ホームズとレイによる「 社会的再適応評価尺度」をご紹介しました。 ここでは、ストレス度の高いライフイベントの上位5位内に、パートナーや家族との死別、離婚、別居、刑務所拘留、ケガ・病気が入っています。 どれも、卒倒しそうなほどの大事件ですよね。 また幸せな出来事であるはずの「結婚」も、なんと7位に入っています。 たとえ楽しいことでも、そのイベントが大きくて刺激が強い場合、ストレス度が高くなることが分かります。 日常の小さなイライラ「デイリーハッスル」 家庭、仕事、人間関係……エンドレスで湧いてくるデイリーハッスル ストレスの源は、こうした人生の大事件ばかりではありません。 実は、日常の中で起こる小さなイライラも、長く続けばストレスがたまり、健康に与える影響が大きくなります。 こうした日常の中の小さなイライラを「 デイリーハッスル」と言います。 デイリーハッスルには、どんなものがあるでしょう? 人それぞれではありますが、一般的には、こんなケースに心当たりのある人も多いのではないでしょうか? ・妻(夫)がいちいち嫌味を言う ・子どもに何度注意をしても、守ってくれない ・上司の話し方、注意の仕方がムカつく ・夫(妻)が話をちゃんと聞いてくれない ・隣の家の騒音が気になる ・会社までの通勤距離が長すぎる ・片づけても片づけても、家族が部屋を汚す ・姑が家事の作法をいちいちチェックする ……このように、デイリーハッスルを数え始めたら、きりがありませんね。

次の

ハッスル(はっする)

ハッスル 意味

このことばは、比較的若い方々には、一世を風靡(ふうび)したプロレス団体の名前としての印象が強いかもしれない。 「ハッスル」とは、英語では「ゴリ押しする」「乱暴に押しのけて進む」などの意味だが、独自のカタカナ英語として、この年の流行から後世にまで普及した。 プロ野球の阪神タイガースが、当時行われたアメリカ遠征キャンプで、現地の選手から仕入れて持ち帰ったことが発端らしい。 「張り切っていく」「頑張ってプレーする」ぐらいのニュアンスだが、米語では下品な意味もあるとして、当時NHKでは使用しない方針だった。 この年の主な事件は、「国産テレビアニメ第1号『鉄腕アトム』放送開始」「人口105万人の新都市、北九州市が発足」「吉展ちゃん事件発生」「大阪駅前に日本初の横断歩道橋完成」「瓶詰生ビール、サントリービール発売」「黒部川第四発電所(黒四ダム)完工式」「政府主催の第一回全国戦没者追悼式開催」「米原潜寄港反対集会を横須賀・佐世保で開催」「新千円札(伊藤博文肖像)発行」「三井三池鉱業所三川鉱で大爆発」「プロレスラーの力道山、やくざに刺され死亡」など。 この年の映画は『五番町夕霧楼』『アラビアのロレンス』。 横綱大鵬が大相撲初の6場所連続優勝。 経済企画庁は、『経済白書<先進国への道>』を発表。 まさに高度経済成長時代のはじまりを告げる時代であった。 2004年、前述のプロレス団体「ハッスル」が登場したときにはすでにこのことばは「死語」的なニュアンスであり、下品なニュアンスを承知した上での、しゃれっ気のあるネーミングだった。 手を前に突き出し腰を前後に動かす(夜の営みを連想させる)「ハッスルポーズ」は、その後、スポーツ界、芸能界などにも飛び火していった。 (中丸謙一朗) 〈昭和38(1963)年の流行歌〉 「高校三年生」(舟木一夫)「こんにちは赤ちゃん」(梓みちよ)「見上げてごらん夜の星を」(坂本九) PR.

次の