ホッ カン ホールディングス。 ホッカンホールディングス(株)【5902】:信用残の時系列推移

ホッカンホールディングス株式会社の年収や生涯賃金など収入の全てがわかるページ【年収ガイド】

ホッ カン ホールディングス

役 職 氏 名 担 当・重要な兼職の状況 取締役会長 工藤 常史 代表取締役 取締役社長 池田 孝資 代表取締役、北海製罐 株 代表取締役社長 取締役副社長 藤本 良一 充填事業統轄、 株 日本キャンパック代表取締役社長 取締役常務執行役員 佐藤 泰祐 容器事業 技術・生産部門統轄 取締役執行役員 武田 卓也 総務部・人事部・CSR担当 取締役執行役員 砂廣 俊明 経理部・経営企画室担当 取締役 社外 安藤 信彦 安藤総合法律事務所所長、 株 ムサシ社外監査役 取締役 社外 宮村 百合子 辻・本郷税理士法人参与 常勤監査役 竹田 由里 監査役 小池 明夫 監査役 社外 田代 宏樹 田代法律事務所所長 監査役 社外 鈴木 徹也 鈴木税理士事務所所長 執行役員 日原 久光 情報システム部担当 執行役員 岡﨑 登 人事部長 執行役員 細澤 将平 PT. HOKKAN DELTAPACK INDUSTRI 代表取締役副社長 2020年4月1日現在 事業概要• 1 , 当会社は、次の事業を営む会社及びこれに担当する事業を営む外国会社の株式を所有することによる当該会社の事業活動を支配・管理 (1)容器事業• 各種空罐、容器、ブリキ加工品、プレス加工品の製造販売• ブリキ板の印刷塗装並びに塗装• 合成樹脂成型並びに加工 (2)充填事業• 清涼飲料水・酒類の受託製造販売• その他各種飲料の受託製造販売• 乳製品・菓子類の受託製造販売• レトルト食品の受託製造販売• 農産物の加工及び販売並びに包装資材の販売 (3)機械製作事業• 各種機械器具類の製造販売• 各種機械器具の設置工事業• 各種機械器具の設計・施工請負、修繕保守• 土木・建築・鋼構造物工事の設計・請負工事• とび、土木工事業 (4)その他• 上記事業に関する各種コンサルタント業• 有価証券の運用、売買、金銭の貸付及び債務の保証• 各種情報機器、情報の処理、情報提供サービス及びこれらに関連するソフトウェアの開発、販売貸借並びに業務代行• 上記1、2、3の事業を営む企業に対する投資及び融資• 知的財産権の取得、維持、管理、利用許諾及び譲渡• 運輸・倉庫業• 貨物運送取扱事業• 畜産瓶詰試験研究のための農地耕作• 2 , 前号に関する研究、開発、調査の受託• 3 , 不動産の売買、賃貸、管理及び斡旋• 4 , 知的財産権の取得、維持、管理、利用許諾及び譲渡• 5 , 前各号に付帯関連する一切の事業.

次の

<5902>ホッカンホールディングス

ホッ カン ホールディングス

業界首位の東洋製罐グループホールディングス(HD)と中堅のホッカンホールディングスは4月25日、両社の経営統合に関する基本合意書を締結したと発表した。 ホッカンHDの株主総会における承認や関係当局の認可を得ることなどを前提とし、2017年4月1日に東洋製罐グループHDを親会社、ホッカンHDを子会社とする株式交換を実施。 ホッカンHDは上場廃止となる見込みだ。 両社の経営統合は今回が初めてではない。 東洋製罐グループHD(当時、東洋製罐)は日中戦争下における1941年、経済統制強化に伴う製缶業者の大合同勧告に従い、ホッカンHD(当時、北海製罐)を含む7社を合併している。 その後1950年、GHQ(連合国総司令部)の占領下で施行された過度経済力集中排除法を受け、旧北海製罐は東洋製罐株式会社から分離独立、再び北海製罐として出発した。 それから半世紀以上が経った今、なぜ両社は元の鞘に収まるのか。 飲料メーカーがペットボトルを内製化 基本合意を発表した当日、都内で記者会見を開いた東洋製罐HDの中井隆夫・取締役社長は、今回の決断に関して「5つの理由」を挙げた。 中井社長は「このような状況の中、2015年4月からトップ同士で話し合い、2016年2月から本格的に動こうとなった」と説明。 一方、ホッカンHDの工藤常史・代表取締役社長は、「東洋製罐HDが持つ強みの容器事業と、ホッカンHDが持つ強みの充填事業に関する両社のノウハウを融合させたい」と語った。

次の

ホッカンホールディングス(株)【5902】:信用残の時系列推移

ホッ カン ホールディングス

業界首位の東洋製罐グループホールディングス(HD)と中堅のホッカンホールディングスは4月25日、両社の経営統合に関する基本合意書を締結したと発表した。 ホッカンHDの株主総会における承認や関係当局の認可を得ることなどを前提とし、2017年4月1日に東洋製罐グループHDを親会社、ホッカンHDを子会社とする株式交換を実施。 ホッカンHDは上場廃止となる見込みだ。 両社の経営統合は今回が初めてではない。 東洋製罐グループHD(当時、東洋製罐)は日中戦争下における1941年、経済統制強化に伴う製缶業者の大合同勧告に従い、ホッカンHD(当時、北海製罐)を含む7社を合併している。 その後1950年、GHQ(連合国総司令部)の占領下で施行された過度経済力集中排除法を受け、旧北海製罐は東洋製罐株式会社から分離独立、再び北海製罐として出発した。 それから半世紀以上が経った今、なぜ両社は元の鞘に収まるのか。 飲料メーカーがペットボトルを内製化 基本合意を発表した当日、都内で記者会見を開いた東洋製罐HDの中井隆夫・取締役社長は、今回の決断に関して「5つの理由」を挙げた。 中井社長は「このような状況の中、2015年4月からトップ同士で話し合い、2016年2月から本格的に動こうとなった」と説明。 一方、ホッカンHDの工藤常史・代表取締役社長は、「東洋製罐HDが持つ強みの容器事業と、ホッカンHDが持つ強みの充填事業に関する両社のノウハウを融合させたい」と語った。

次の