日本 中国 人 入国 禁止。 日本が外国人の例外的入国を許可!入国許可を待ち望んだ韓国政府、国民の反応は…「入国禁止を解かないで」【世界情勢】

「なぜ中国人を入国禁止にしない!?」理由は?日本政府の対応に大炎上【新型コロナウイルス】

日本 中国 人 入国 禁止

出入国管理に関する誤解として「4月以降に中国人が数千人以上入国している」というものがありましたが、法務省が正式に対応して否定しました。 「4月以降に中国人が数千人入国」疑惑 「4月以降に中国人が数千人以上入国」という疑惑は以下の資料の表記のせいです。 (注1)「特段の事情」とは、 中国湖北省又は浙江省において発行された旅券を所持するものの,上陸の申請日前14日以内に上陸拒否の対象地域に滞在歴がない者などである この表記は法務省側もマズイと思ったのか、ちょくちょく変更されていました。 ) ・令和2年4月2日までに再入国許可により出国した「永住者」,「日本人の配偶者等」,「永住者の配偶者等」又は「定住者」の在留資格を有する者 という表記が中に追加されています。 最新のバージョンでは更に表記が変わりました。 ・国際線の航空機の運航のために必要な乗員(クルー)で,航空機の乗り継ぎ等のために短期間滞在し,宿泊施設で過ごす者 この表記が加わり、「中国湖北省…」の表記が消えました。 そして4月14日には法務省が正式にこの件についてプレスリリースを出しました。 法務省が否定 まとめると以下です。 「4月以降,特定国籍の外国人を多数入国させている」という情報は誤り• 4月以降の「特段の事情が認められ上陸を許可した人」者のうち7割以上は,国際線の乗員(クルー)• そのほかは「永住者」,「日本人の配偶者等」,「永住者の配偶者等」又は「定住者」の在留資格を有する外国人(これらの在留資格を有さない日本人の配偶者又は日本人の子を含む。 )や,個別の特異な事情がある外国人等である• 「中国湖北省又は浙江省において発行された旅券を所持するものの…」という表記は、現在は上陸拒否対象地域を中国全土を含む73の国・地域に拡大しているため、例として不適切となったため記載しないこととした これは捕捉が必要なので以下説明します。 2月に中国湖北省と浙江省からの入国拒否をしていた名残だった 「新型コロナウイルス感染防止に係る上陸審査の状況」は、2月から数字を取っています。 2月の報告書を見ると、「中国湖北省又は浙江省において発行された旅券を所持するものの,上陸の申請日前14日以内に上陸拒否の対象地域に滞在歴がない者」という表記が見つかります。 つまり、【 入国拒否の対象が当初は中国湖北省と浙江省に限定されていた時期に作成された資料の記載が、4月になっても更新されずそのまま用いられてきた 結果、実態を表さなくなったため表記を変更した】ということです。 入国拒否対象地域の設定は徐々に拡大してきているのですが、その推移については以下でまとめています。 また、現時点の最新の入国拒否対象地域についてはで公開されています。 実際に入国してくる中国人は何人なのか? ご指摘ありがとうございました。 すぐ確認しました。 また1日約300人の上陸許可者の約7割は各航空機クルーの一時滞在者です。 — 山田宏 自民党参議院議員 yamazogaikuzo 「4月中で3千人の中国人が入国」の件は、まずこれは外国人全体の数。 うち7割が対象国各国からの航空機クルーで一時滞在許可を受けた者。 つまり4月9日までに入国を許可した対象国の一般外国人は700人ほどで、中国人は1日30人程度の「特段の事情」がある再入国者。 御協力は衆議院議員長尾敬先生です。 — 坂東 忠信 Japangard 山田宏議員、坂東忠信氏(長尾たかし議員経由)が確認した内容によると、実際に入国してきた「4月3日以降の中国人は1日平均30人程度」であるとのことでした。 まとめ 当初の法務省の公表資料の記述を素直に読むと「中国人が4月以降、数千人も入国している」と思う人が居てもやむをえないと思います。 これはにも通じるものがあります。 行政はいいかげんなことをしていないで正確に情報発信してほしいと思います。 以上 Nathannate.

次の

湖北省に滞在の外国人、入国拒否へ 症状の有無問わず:朝日新聞デジタル

日本 中国 人 入国 禁止

『日本が外国人の例外的入国を許可! 韓国政府は渇望、国民の反応は…?』 感染症拡大の第二波が広がる中、経済復興に焦り、中国との人的交流を再開した韓国、 日本の入国規制の解除を求めて日本に要請をかけていましたが、 今回の一足先の許可について、韓国政府の思いと、韓国国民の思いでズレがあるようです。 日本、韓国人全面入国禁止解いた。 「例外入国許可」 日本の永住者をはじめ、日本の教育機関に在学中の韓国人留学生、 駐在員や家族らの日本入国が再び認められる。 日本に生活基盤がある外国人にまで入国拒否する措置は、人権侵害との指摘が相次いだ。 日本政府は、親族が死亡、手術や出産、法廷出席などの理由で出国し、 戻ってくる人に限って例外的に入国許可することにした。 外交部によると、日本法務省は一時的に出国したが、 入国が禁止された日本在住の外国人の再入国を許可する具体的な事例を確定し、HPに掲載した。 入国禁止措置が下された後、出国した場合でも、危篤家族のお見舞いと葬儀の出席のため、 手術や出産、法廷出席のためだったら再入国が可能である。 日本は去る2月27日、テグ広域市とキョンサンプクト・チョンド郡をはじめ、 段階的に入国拒否措置を拡大して、4月3日から韓国人の入国を全面禁止している。 感染症拡散防止のための措置が、日本の永住者や日本に居住地を置く外国人、 日本人の外国人配偶者と子供まで例外なく入国を禁止して人権侵害との指摘を受けてきた。 先月20日、埼玉で10年以上、会社経営してきた韓国人事業家が入国禁止のため、 韓国の母の葬儀にも出席できなかった事例がNHKに報道された後、 日本の国会でも「例外を認めなければならない」という意見が出てきた。 これに対して茂木外相が「人道上の配慮が必要な外国人は再入国を許可する方針」 と明らかにしたが、「人道上の配慮」の基準を公開しておらず、事実上の全面入国禁止が続いた。 韓国外交部は人道的な配慮が必要な韓国人の事例を日本の外務省に継続的に提示し、 日本政府を圧迫した。 日本法務省は、初めてホームページで入国方針に「人道的な理由については入国を許可する」 という文言を挿入し、人道的な事由に該当する具体的な事例を初めて公開した。 日本政府の今回の措置で韓国人社会は、日本に居住する韓国人学生が 来たる来月から始まる韓国の大学の在外国民特例選考も受験することができると期待している。 日本政府が「例外のない入国禁止」の方針で一歩後退しながら、 いくつかの国民の日本入国が可能となったが、日韓経済交流が再開されるまで時間がかかる見通しだ。 日本政府は、韓国を除いて、オーストラリア、ニュージーランド、タイ、ベトナムの 4カ国の企業からの入国制限を緩和することにした。 【この記事に対する私の見解】 といったように、日本が条件付きで入国規制を緩和したことを、 なぜか韓国メディアが詳細を書き立てるという、異様な状況が恒常化しています。 文政権以降、日韓のこうした些細な動きを、韓国のマスコミや韓国政府が過敏に取り上げ 「日本政府がこんなことを言っています」と必要以上に報じる姿が目立つようになりました。 顕著な例で言えば、フッ化水素などの輸出管理です。 正式な手続きを経れば、輸入をすることができ、 きちんと手続した企業は滞りなく日本から半導体素材を手に入れています。 こういった事実は広げず、政権の行為に対して肯定的になるように調整をしているようです。 今回も、感染症拡大第二波に歯止めがかからない韓国との人的交流を見送ることは 防疫上の観点からも当然の判断であるのにも関わらず、 経済交流再開国から外されたことをあえて報道することで、 韓国国民に政権の行動を後押しする世論に誘導しようという狙いが見え隠れしています。 このように、韓国のマスコミがちょっとした日本の動きを、書き立てることで、 韓国国民が政府の動きに関心を持ち、それに日本のメディアも目をつけるようになる このようにして、韓国の総意と見せることで日本に圧力をかけているのでしょうか? 間違いなく、韓国マスコミを掌握している文政権は狙っていると思います。 事実、ネットニュースのコメントは韓国では影響力がありますが、 政治ニュースでは、「共感」が多い順に並び替えができなくなっており、 時系列だけになっており、政権や与党に有利なニュース、 つまり反日をあおるような内容だと共感順に並び替えができるのにも関わらず、 親日的、反政権的なコメントがつきやすいと時系列でしか見られなくなるという。 恣意的な基準が平然と適用されているのです。 感染症に関し、隠蔽疑惑が拭いきれない中国との人的交流を再開したことの方が よっぽど韓国国民にとって大きな影響があるように思えますが、 こうしたニュースは韓国国内では大きく報道されていません。 韓国政府としては、早く日本の入国禁止を解除してもらいたいという思いが強いのでしょう、 しかし、このような行為が完全に仇となっているようで、 韓国国民に対して行き過ぎた反日を植えつけてしまったようです。 今回も、日本はさっさと入国規制を解除しろという流れに運びたかったのでしょうが、 韓国国民の声はそういう方向には向かって行かなかったようです。 しかし、日韓の渡航は極めて限定的な事情に限られ、 止むを得ない事情のある方に限定されています。 こうした渡航までを「売国奴」と罵るのは、 かえって韓国国民の息苦しさを助長させることになりかねません。 そもそも日本との経済活動が、韓国を貶める、愛国心がないことに繋がるという考え方自体も 全くもって現実的ではないということを自覚するべきでしょう。 文政権としてはとんだ期待外れの結果なのでしょうか? 中国と急いで手を組んでまで入国規制解除に動いたというのに、 国民からは間違った行動と逆に釘を刺されることになってしまいましたね。

次の

【コロナ:世界の動きまとめ】日本政府、入国規制緩和40カ国以上と協議を進める。PCR検査導入でビジネス渡航再開へ

日本 中国 人 入国 禁止

北朝鮮が「武漢肺炎」の自国内拡散を防ぐために中国人観光客入国を禁止した。 21日北京消息筋などによると、中国内北朝鮮専門旅行会社は最近北朝鮮当局から中国旅行客の入国を中断するという通知を受けた。 新型コロナウイルスである「武漢肺炎」の拡散を防ぐための措置だった。 ある旅行会社関係者は「20日、北朝鮮側から突然通知してきた」としながら「武漢肺炎のせいで北朝鮮は関連ワクチンが開発されるまで中国人観光客の入国を無期限中断することにしたという内容だった」と話した。 yahoo. その経済効果は・・• 2014年:5,583億円• 2015年:14,174億円• 2016年:14,754億円• 2017年:16,947億円• 2018年:18,844億円 出典:観光庁 訪日外国人消費動向調査 中国からの観光客は年々増え続けています。 2018年には約830万人の中国人観光客が日本を訪れました。 そして、 2018年のインバウンド消費は、 18,844億円 にもなります。 中国人観光客の一人あたりの消費額は約20万円〜23万円ともいわれ、うち約50%を買い物で消費してくれるという・・。 マナーうんぬんもありますが、とにかく・・ お金を沢山使ってくれます💧 韓国も中国同様、日本でのインバウンド消費が多い国です。 しかし、2019年は日韓関係の悪化により大幅に客足が減少・・。 今までのような消費が見込めない状況になっています。 韓国人観光客の収入は減る一方・・• 中国人観光客を入国禁止にしたら更に減る その影響は、やはり大きいですよね・・。 既に日本に観光に来られる方は、航空会社、旅行会社、宿泊先等に予約をされているでしょうから多大な影響がでます。 こうした背景が、入国禁止にできない理由の一つと考えます。 入国禁止に出来る判断材料が不足? 入国拒否の条件は以下の人が対象 2月1日〜• 入国申請日の2週間以内に中国・湖北省に滞在していた外国人• 湖北省発行の中国旅券を持つ外国人 2月13日〜• 感染が広がっている浙江省も対象地域に 日本の対応は、中国で感染者が多い地域に限定しているんですね。 各国の状況を見ると• ・北朝鮮は早々と入国禁止を判断• ・フィリピンは湖北省からの入国を禁止• ・ニュージランドは中国を出国する人の入国を禁止 等々・・ 各国によって条件は様々です。 WHOの緊急事態宣言そのものには、各国への注意喚起や取り組みを促す狙いがあります。 しかし残念ながら強制力までは持っていないんですね。 よって 『最終的な判断は各国に委ねられる』 ということになります。 ただ、緊急事態宣言が出さると、ある意味で大義名分が得られます。 この宣言で日本は、相手国(中国)にあまり忖度せず、入国拒否等の措置が取りやすくなったことは事実だと思います。 何かと対応が遅いと騒がれる日本政府。 WHOが中国に忖度気味な状況や、他国の様子を伺いつつ・・。 結局の所『 政府が批判されない材料がないと禁止措置が取れない』ともとれます。 中国全土からの入国禁止となると、もっと強烈な材料が必要ということでしょうか・・。 html 安易に中国人を入国禁止にしない理由の一つとして、友好関係の維持があります。 年々、日本への中国人観光客が増えています。 また、交流の機会が増え対日感情も改善されてきています。 直近数年では、両首脳が往来するくらいまで日中関係が良化してきています。 こうした友好関係の維持も、入国禁止しにしない理由の一つとして考えられます。

次の