パティスリー ベック シュクレ。 パティスリー ベック シュクレ, 南区原山台1-2-4, Sakai

大阪堺市のPâtisserie Bec Sucré “パティスリー ベックシュクレ”

パティスリー ベック シュクレ

大阪・堺市に郊外型の大きな店舗を構える「パティスリー ベック シュクレ」さんは、フランスの片田舎にあるお菓子屋さんのようなみんなの憩いの場所をイメージ。 本場フランスで修業を重ねた福田シェフが、料理のようなお菓子をコンセプトに、素材本来の味や香りを大切に、フランス菓子を中心にフランスの伝統技法を駆使したお菓子を生みだしています。 朝9時からと開店時間が早く、ラインナップが豊富なのも魅力。 キッシュやタルトフランベ、サンドウィッチなどのランチ商品も人気を博しています。 ティグレは、焦がしバターと良質なアーモンドパウダーたっぷりのフィナンシェのような生地にチョコチップを加えた焼き菓子。 溶けたチョコが虎のしま模様に見えることから、フランス語で虎を意味するティグレと名付けられています。 一見焼きドーナツを思わせる形ですが、もっとリッチで濃厚な味わい!立派なフランス菓子です。 ティグレはフィナンシェのように、どこのパティスリーにも並んでいるというメジャーな焼き菓子ではありません。 でもこちらの福田シェフは、自分も特に好きな焼き菓子なので看板商品にしたいという想いから、ナチュール、マロン、フィグとお味も3種類を揃え、ひとつひとつに可愛い帯をかけたスペシャルバージョンに。 今ではお店で、人気No. 1焼き菓子の地位を不動のものにしています! スイーツコーディネーター&ライター。 一般雑誌、菓子専門誌、TV、ラジオ、webサイトと多岐にわたり、ライター&コメンテーターとしてスイーツ情報を発信。 スイーツ関連メーカーのコンサルティングを務め、商品開発、コラボ商品の企画、マーケティングに携わる。 スイーツ講座(定期/単発)の講師も務める。 10名のパティシエの珠玉の一品!を集約したDVD 『Sweets美術館』をプロデュース&出演。 amazon. *2012年11月~:フランスフェアー JR大阪三越伊勢丹 *2014年2月:サロン・デュ・ショコラ JR大阪三越伊勢丹 *2015年2月:アムール・デュ・ショコラ 大阪高島屋 *2015年10月~:松本由紀子セレクション 阪急うめだ本店 ORIGINE KOBEの広報を務める。 gnavi.

次の

パティスリー ベック シュクレの通販・お取り寄せなら【ぐるすぐり】

パティスリー ベック シュクレ

店名にある「Bec」は「鳥のくちばし」、「Sucre」は砂糖や甘さを意味するフランス語で、「Bec Sucre(ベック・シュクレ)」は、「甘いくちづけ」を表しています。 「熟成ラムレーズンショコラ」のラムレーズンは、厳選した良質なレーズンを、オーク樽で3年熟成させた琥珀色のラム酒「バカルディ ゴールド」に数か月漬け込んで作ったもの。 さらにそれを、フランス・カカオバリー社のチョコレートと風味豊かなバターで作るクリームに混ぜ込み、サクサクのサブレでサンドした、贅沢な一品です。 熟成ラムレーズンショコラ 「甘い香りに誘われてやって来た小鳥たちのおしゃべりが聞こえるような、心安らぐやさしさに包まれたお店を作りたい」 という思いのもと、こだわりのフランス菓子を提供しているパティスリー。 店名にある「Bec」は「鳥のくちばし」、「Sucre」は砂糖や甘さを意味するフランス語で、 「Bec Sucre(ベック・シュクレ)」は、「甘いくちづけ」を表しています。 「熟成ラムレーズンショコラ」のラムレーズンは、厳選した良質なレーズンを、 オーク樽で3年熟成させた琥珀色のラム酒「バカルディ ゴールド」に数か月漬け込んで作ったもの。 さらにそれを、フランス・カカオバリー社のチョコレートと風味豊かなバターで作るクリームに混ぜ込み、 サクサクのサブレでサンドした、贅沢な一品です。 バレンタインが終わってもチョコレート愛冷めやらぬあなたへ。 リッチなチョコレートクリームをたっぷりと感じられる大人テイストのサブレサンドはいかがでしょう。 薫り高き熟成ラムレーズンと濃厚なショコラの風味が口の中いっぱいに広がる贅沢な味わいは、深煎りコーヒーとの相性も抜群!ほっと一息いれたい時のコーヒーのおともに最高ですよ。 めざしているのはフランスの片田舎のお菓子屋さんのような誰もが寄り道したくなる、みんなの憩いの場所。 フランス仕込みのお菓子が気軽に楽しめるお店として、地元大阪で親しまれています。 店内にはフランス菓子を中心とした生菓子をはじめ、コンフィチュールや焼成にこだわった焼き菓子、焼き立てのパンまでずらり勢ぞろい。 なかでも連日完売するほどの人気No. 1商品は、生クリーム不使用のクレーム・キャラメル(プリン)なんだとか。 こちらも是非味わってみたいですね。 そんな『ベック・シュクレ』の人気商品を差しおいて今回ご紹介する「熟成ラムレーズンショコラ」は、子供から大人まで万人が楽しめるスイーツというよりは、舌の肥えた大人にこそじっくりと味わっていただきたいスイーツです。 濃厚リッチなクリームをあえてサクサクのサブレでサンドすることで、重くなりすぎず絶妙なバランスが保たれ、あと味の良い仕上がりになっています。 満足度の高い味わいながら、4個入り1,100円(税抜)とお手頃価格なのも嬉しいポイント。 使い勝手の良いプチギフトとして重宝すること間違いなし!覚えておいて損のない逸品ですよ。

次の

shop info

パティスリー ベック シュクレ

大阪・堺市に郊外型の大きな店舗を構える「パティスリー ベック シュクレ」さんは、フランスの片田舎にあるお菓子屋さんのようなみんなの憩いの場所をイメージ。 本場フランスで修業を重ねた福田シェフが、料理のようなお菓子をコンセプトに、素材本来の味や香りを大切に、フランス菓子を中心にフランスの伝統技法を駆使したお菓子を生みだしています。 朝9時からと開店時間が早く、ラインナップが豊富なのも魅力。 キッシュやタルトフランベ、サンドウィッチなどのランチ商品も人気を博しています。 ティグレは、焦がしバターと良質なアーモンドパウダーたっぷりのフィナンシェのような生地にチョコチップを加えた焼き菓子。 溶けたチョコが虎のしま模様に見えることから、フランス語で虎を意味するティグレと名付けられています。 一見焼きドーナツを思わせる形ですが、もっとリッチで濃厚な味わい!立派なフランス菓子です。 ティグレはフィナンシェのように、どこのパティスリーにも並んでいるというメジャーな焼き菓子ではありません。 でもこちらの福田シェフは、自分も特に好きな焼き菓子なので看板商品にしたいという想いから、ナチュール、マロン、フィグとお味も3種類を揃え、ひとつひとつに可愛い帯をかけたスペシャルバージョンに。 今ではお店で、人気No. 1焼き菓子の地位を不動のものにしています! スイーツコーディネーター&ライター。 一般雑誌、菓子専門誌、TV、ラジオ、webサイトと多岐にわたり、ライター&コメンテーターとしてスイーツ情報を発信。 スイーツ関連メーカーのコンサルティングを務め、商品開発、コラボ商品の企画、マーケティングに携わる。 スイーツ講座(定期/単発)の講師も務める。 10名のパティシエの珠玉の一品!を集約したDVD 『Sweets美術館』をプロデュース&出演。 amazon. *2012年11月~:フランスフェアー JR大阪三越伊勢丹 *2014年2月:サロン・デュ・ショコラ JR大阪三越伊勢丹 *2015年2月:アムール・デュ・ショコラ 大阪高島屋 *2015年10月~:松本由紀子セレクション 阪急うめだ本店 ORIGINE KOBEの広報を務める。 gnavi.

次の