ダン まち ss ベル。 ダンまち14巻 リオンの最期?!ヴェルフの覚醒!

ダンまちの登場人物のステイタス一覧!強さ等を考察してみる(随時更新予定)

ダン まち ss ベル

Sponsored Link ダンまちの恋愛関係!ベルは誰と結ばれる?ヒロインとベルの関係・かわいいシーンまとめ! それでは、ダンまちの恋愛事情、各ヒロインの可愛いシーンについてまとめていきます。 最初に、各ヒロインのベルへの好感度を解説します。 ベルにベタ惚れ:ヘスティア、リリルカ、シル、カサンドラ、春姫、ウィーネ、アイシャ、カサンドラ 2. 恋愛感情よりも親愛、あるいは独占欲など:アイズ、ティオナ、フレイヤ こんな感じ。 これをふまえたうえで、可愛いシーンやベルとの関係をご紹介します。 ダンまちの恋愛・ヒロインとベルとの関係まとめ1:ヘスティア まずはメインヒロインであるヘスティア様! ベルの所属するヘスティア・ファミリアの主神です。 ヘファイストスのところに居候していましたが、ぐーたらと過ごしていたら追い出されてしまいます。 そこで路頭に迷っていたベルと出会い、 彼を初めての眷属にします。 初めて「家族」となったベルに強い好意をもっていて、神と人という垣根を越えてでも、相思相愛になりたいとアプローチします。 ただその分、ベルくんに想いを寄せる女の子を警戒したり、牽制したりと苦労が耐えません。 ベルへの愛情は本物で、「強くなりたい」というベルの望みを叶えるため、ヘファイストスに武器の制作を依頼します。 作ってもらったヘスティア・ナイフの総額は2億ヴァリス。 商業系のファミリアでも相当の負担となる価格を、ローンを組んで買うことを決意します。 また、では、ベルへの想いを語ります。 とある出来事で、ベルはいつか神様と別れるときがくることを恐れるようになります。 ですが、ヘスティアはベルに言います。 「ずっと一緒にいる。 生まれ変わっても必ず会いに行く。 だから、自分たちとの愛を怖がらないでくれ」と。 ベルはそれに「神様とずっと一緒にいたい」と応えるのでした。 ミノタウロスに襲われていたベルを助け、彼に一目惚れされます。 同時にその時、アイズは自分が駆け出しの頃の 「白い思い」を思い出します。 それは、アイズが冒険者として成長していく度に、忘れていった心。 それを持ち続けているベルに興味を惹かれます。 (C)大森藤ノ・矢樹貴・はいむらきよたか・ヤスダスズヒト アイズはかなりの強さで「剣姫」と呼ばれていますが、成長に壁を感じていました。 そんなとき、ダンジョンで気絶したベルを膝枕したときに、無茶をするアイズの「黒い炎」が消えていくのを感じます。 そして、ベルの成長速度の速さに目を付け、何かヒントを得られるかもしれないと彼のコーチ役を引き受けます。 (C)大森藤ノ・矢樹貴・はいむらきよたか・ヤスダスズヒト 毎朝訓練をする際も、気絶したベルを膝枕します。 これをするとベルの白さ・純粋さが伝わって、自分の心が浄化されて落ち着くから。 現時点では恋愛感情こそないものの、好意的な感情をもっているのは間違いありません。 ベルがミノタウロスと対峙し、再び戦おうとしたその時、アイズは彼の姿から「黒い炎」を感じ取ります。 立ち上がった彼の瞳はどこまでも白い、純粋な決意が表れていました。 そしてミノタウロスとベルの戦いから目を離せなくなるアイズ。 実力差がありながらも、ミノタウロスを撃破したベルの姿は、アイズの記憶に強く刻まれるのでした。 (C)大森藤ノ・矢樹貴・はいむらきよたか・ヤスダスズヒト また、アポロン主催のパーティで、ヘルメスの計らいにより一緒にダンスを踊ります。 (C)大森藤ノ・ヤスダスズヒト・九二枝 子供の頃から憧れていたから嬉しい、とベルに笑顔を見せるのでした。 2期では、アポロン・ファミリアとヘスティア・ファミリアの戦争遊戯が決まると、ベルのコーチを再び引き受けます。 寝食をともにしながら、一週間みっちりと一緒に訓練をすることになります。 Sponsored Link ダンまちの恋愛・ヒロインとベルとの関係まとめ3:リリルカ・アーデ ソーマ・ファミリア所属のサポーター、リリルカは冒険者に虐げられ、彼らを憎んでいました。 更に、ソーマ・ファミリアのメンバーからひどい扱いを受けていたことから、一切人を信用していませんでした。 ファミリアから脱退する金を稼ぐために、冒険者からの窃盗などにも手を染めます。 そこで駆け出し冒険者で、なおかつ甘そうなベルに目を付けます。 ヘスティア・ナイフを奪うためにパーティを組んで一緒に冒険をします。 ですが、報酬をしっかり等分してくれたり、ナイフを盗んでも「なくした」と一切疑う様子がなかったりと、ベルの純粋さや優しさに触れて罪悪感に悩まされるようになります。 それでも、ダンジョン内でヘスティア・ナイフを再び盗みます。 ベルを置き去りにして逃げ出しますが、途中でリリの財産を狙うソーマ・ファミリアの団員の罠に嵌ります。 騙されたにもかかわらずリリを助け出すベルに困惑します。 「リリだから」。 そんな理由で助けてくれたことを知り、自分のことを必要としてくれたベルに心から惚れ込むことになります。 ここから正式にパーティメンバーとなりますが、ソーマ・ファミリアからの改宗は未だできず。 ですが、アポロン・ファミリアから戦争遊戯を仕掛けられた際に、ソーマに再び退団を願い出ます。 ソーマの出した条件は、人を魅了する「神酒」を飲んでも、同じことが言えるのなら改宗を認めるということ。 リリの両親が、神酒のために振り回されて死んだ。 神酒を求めるファミリアの団員に、散々虐げられてきた。 それを飲んで、リリルカは酒に溺れかけます。 しかし、 ベルへの強い想いでそれを断ち切り、改宗を望みます! ソーマに認められ、正式にヘスティア・ファミリアの団員になるのでした。 ダンまちの恋愛・ヒロインとベルとの関係まとめ4:サンジョウノ・春姫 イシュタル・ファミリアに娼婦として囚えられていた狐人。 ですが、男の裸を見るだけで泡を吹いて倒れてしまうので処女です。 イシュタルがフレイヤ・ファミリアを打倒するために利用されていました。 ですが、歓楽街で出会ったベルたちによって助けられます。 イシュタル・ファミリアのアイシャたちが春姫を救い出そうとするベルを妨害します。 一度ベルは諦めかけてしまい、春姫は連れ去られてしまいます。 しかしそのとき、ベルはどうしようもない悔しさを味わいます。 彼に強い好意を持つようになるのでした。 春姫についてはこちらで詳しく説明しています。 ベルが落とした魔石を拾ったことで出会います。 彼に弁当を渡したりするなど、好意を見せています。 明確に好意を持ったのはいつかは分かりませんが、ある神と同様に「魂の色」を見分けていると言われています。 彼のナイフを盗んだリリに対して威嚇しています。 (C)大森藤ノ・ヤスダスズヒト・九二枝 ダンまちの恋愛・ヒロインとベルとの関係まとめ6:リュー・リオン リューさんは基本的に、ベルとシルの仲を応援しています。 ですが、ベルと交流を深めていくうちに徐々に好意を抱くようになっていきます。 ベルがダンジョン内で行方不明になったときには、ヘスティアたちがダンジョンに潜入することに力を貸します。 また、戦争遊戯の際にも助っ人としてベルに協力することになるなど、かなりベルに対して好意的。 それでもしばらくの間恋愛感情はありませんでした。 呼び方も「クラネルさん」。 で事件は起きました。 冒険中トラブルによって深層・37層まで落ちてしまったベルとリュー。 仲間たちとははぐれ、アイテムもなく直前の戦闘で瀕死の2人。 まさにサバイバルが始まります。 いつもは冷静沈着なリューですが、このときばかりは彼女も恐怖に怯えるほど過酷な状況。 そして、瀕死になっていく2人。 リューですら心が折れ、普通の女の子のような振る舞いを見せます。 そんな中、リューを庇って戦っていたベル。 彼だけは助けなくては。 様々な感情がリューの中を駆け巡ります。 血を流しすぎて消耗している2人。 服を脱いで、リューを後ろから抱きしめて温めるベル。 恥ずかしいけど、ベルの顔を見たい。 そんなとき、リューは自らの過去を打ち明けます。 アストレア・ファミリアの仲間を失ったという、壮絶な過去。 「自分に正義はない」とこぼすリューを、ベルは癒やします。 そして、襲ってくるモンスター。 ベルはリューを寝かせ立ち向かいます。 リューはアストレア・ファミリアの夢を見て、まだ向こうにはいけないと決意。 覚醒しベルを助けます。 というわけで、ストーリーが進むとリューさんは堕ちます。 リューさん好きは読んでください。 より詳しくリューさんについて知りたければ、こちらをどうぞ。 彼のことは弟のように面倒を見ていました。 浮いた話はないものの、よく冒険者に言い寄られています。 彼女の好みは、ベルのような 「少し頼りないくらいの男性」。 とはいえ、しばらくはやはり弟のような存在として見ていました。 でストーカー被害を受けた時、ベルが護衛として付いたときにはご機嫌でした。 冒険者に結婚を申し込まれた際には、「ベルと付き合っている」という嘘で乗り切ったり、満更でもないところが見受けられました。 そして、で本格的に恋愛感情を自覚します。 ベルがアステリオスというモンスターと戦い、敗北。 悔し涙を流す姿を見て、自らがベルに恋していることを自覚するのでした。 ダンまちの恋愛・ヒロインとベルとの関係まとめ8:ティオナ・ヒリュテ ティオナはかなりベルに好意的な目を向けています。 きっかけは、ベルとミノタウロスの戦いを目撃したこと。 ベルが戦う姿を、幼少期に好きだった英雄譚、「アルゴノゥト」の主人公と重ねています。 そのことから、ベルのことを「アルゴノゥト君」と呼ぶように。 アポロン・ファミリアとの戦争遊戯の際、ベルとアイズの特訓にくっついてきます。 とはいえ、今のところ恋愛感情のようなものは見受けられません。 まだ興味がある、というレベルでしょう。 ダンまちの恋愛・ヒロインとベルとの関係まとめ9:カサンドラ・イリオン アポロン・ファミリア所属の女性。 予知夢を見ることができますが、周囲からは妄言扱いされていました。 しかし、戦争遊戯に敗北し、アポロン・ファミリアが解散した後、ヘスティア・ファミリアのホームへやってきます。 そこで ベルが自分の予知夢を信じてくれたことに感動。 このときから彼のことを意識し始めます。 そして、では、ベル達とパーティを組んでダンジョンへ。 自分とベル以外が全滅してしまうという予知夢を回避するために尽力します。 そしてベルと別れて戦う際、 「一緒に地上に戻ったら……もっと、いろんなことを……たくさん、話したいです」と告白のような発言を。 間違いなくこの巻のメインヒロインです。 ダンまちの恋愛・ヒロインとベルとの関係まとめ10:フレイヤ ベルは、美の神・フレイヤにも目を付けられています。 彼女は魂の色を見ることができますが、そんな彼女でも見たことがない、ベルの「透明」な魂を気に入ります。 自分にふさわしい英雄に仕立て上げるため、様々な試練を裏で用意しています。 ベルのことを奪おうとしたイシュタルに対しては、ファミリア総出で攻撃。 イシュタル・ファミリアを壊滅まで追い込みます。 恋愛というよりかは、独占欲のようなものが強いですね。 ダンまちの恋愛・ヒロインとベルとの関係まとめ11:アイシャ・ベルカ 歓楽街で春姫を探していたベルを見かけ、彼のことを気に入ります。 春姫の騒動のあとも、ベルのことを諦めずに狙っています。 「お気に入りの雄」として強さや容姿、人格も含め気に入っていて、性的な意味で狙っている模様。 モンスターである自分のことを治療し、連れ出してくれたベルに心を開きます。 そして、冒険者に狙われ続けることになったウィーネをかばうベルに好意を伝えます。 「・・・夢を、みるの」 「だれも、わたしをたすけてくれない・・・こわい夢」 「でも、ね?」 「こんどは・・・たすけにきてくれたひとが、いたんだよ」 「うれしい・・・」 「ベル・・・大好き」と。 ダンまちを楽しむなら ちなみに、いくつかダンまちをお得に楽しむ方法があるのでご紹介しますね。 【公式アプリ】マンガUP! でダンまちとソード・オラトリアの原作&漫画を無料で読む まず、マンガUP! 無料なのでとりあえずダウンロードがおすすめです。 U-NEXTへアクセス まずはこちらから、U-NEXTへアクセスします。 まずは31日間無料お試し をタップ 目立つ所にある、 「まずは31日間無料体験」 というボタンをタップします。 個人情報・アカウント情報を入力 「姓名(カナ)」「生年月日」「性別」「メールアドレス」「パスワード」「電話番号」「都道府県」 などを入力します。 プラン確認・決済方法を入力 お支払い方法などを設定する必要がありますが、 これは無料期間を過ぎたときのためです。 クレカ払いか、ケータイ払いかを選びます。 登録完了! これで登録完了となります。 ダンまちの原作を揃える ダンまちの原作を揃えて、いろんなキャラとのやり取りを楽しみたいなら、ebookjapanというサイトがオススメ。 会員登録で半額クーポンがもらえるので、好きな巻を1冊50%オフで買うことが出来ます。 いつまでキャンペーンやってるかわからないので、お早めに。 ベルにベタ惚れ:ヘスティア、リリルカ、シル、春姫、ウィーネ、アイシャ 2. 恋愛感情よりも親愛、あるいは独占欲など:アイズ、ティオナ、フレイヤ と言った感じ。 みんなかわいいのでぜひ原作やアニメで楽しんでください。 ダンまちの漫画を読むならマンガUP! がおすすめ。 無料でラノベ版やコミカライズ版、ソード・オラトリアやリューさん主人公の外伝が読めます。 31日間無料です。

次の

【ダンまち】英雄願望がある人に送るベルの名言&名セリフ5選!

ダン まち ss ベル

援軍の正体 まずは、ベルたちの救出すべき援軍に向かったのは誰だったのか。 13巻にてヘスティアの本拠に登場していたヘファイストスが伏線だと当ブログでは予想していましたが、椿・コルブランドが助けにダンジョンに潜っていました。 そのほか豊穣の女主人のウエイトレス三人組。 ただ、この中にシルがいなかったのが意外でした。 椿と一緒にダンションに向かったのは、アーニャ、クロエ、ルノアの三人。 外伝なんかでは登場してるんですが、ダンまち本編のみチェックしてる人にとってははじめて登場する名前もあったはず。 キャラ設定とはよく分かんなかったんじゃなかろうか。 たとえば、アーニャに兄がいる設定とか。 ここらへんの人物描写はもっと丁寧に描いてほしかったな。 カサンドラの予言の「詩」の正体 13巻でベルたちの運命を予言していてカサンドラの「詩」。 解釈によってはベルの死亡もありえる内容だっただけに気になっていたんですが、今回その謎が判明します。 17節からなる予言の詩において、とくに14節からの最期の4節がベルたちの運命を左右する重要な意味を持ってました。 そこで、この4節をチェックしていきます。 そして絶望の檻は棺へと変わり、汝を苛む• 求めし光は蘇りし太陽のもと他にはない• 破片を集め、火を捧げ、日輪の灯火を請え• 心せよ。 其は惨禍の宴 棺(ひつぎ)というワードは メインキャラの死の暗示にもとれましたが、その意味とはなんだったのか見ていきます。 そして「 檻は棺へと変わり」、ヴェルフたちの苦戦を意味していました。 ベルがいないパーティーで階層主とのバトル。 レベル2前後では当然太刀打ちできない。 パーティにはレベル4のアイシャ(エロアマゾネス)がいるけど、戦力は明らかに不利。 しかもです!援軍はまだまだこない。 ベルも援軍もいない状況で彼等は戦うことになります。 ヴェルフ死亡ルート、リリ助、春姫、千草死亡ルートだって可能性は大きい状況。 棺は「死」を連想させます。 この絶望的な状況を救ってくれる人物。 考えられるのは援軍の存在、遅まきながら駆けつけてきているのは確実、そして、もう一人はベル。 ヴェルフたちが求める光とはヘスティア・ファミリアのリーダーであるベルしかいません。 だけど、いずれも不正解でした。 求めし光とは人物ではなく進むべき道のこと!そしてこの一節は「 他にはない」で終わっていることから、ヴェルフたちが進むべき道は1つしかないという意味でした。 つまり、どの道を進むかで生死が決まってしまう。 まさにギリギリの状態。 もし、カサンドラの予言がなかったら恐らく全滅していた、そんな状況です。 ならどの道に進むべきか。 それが「 蘇りし太陽」に隠されていたんです。 太陽は東から登り西へと沈む。 沈むことを比喩として死、登ことを比喩として蘇ると表現するならば、蘇りし太陽とは日の出のこと、つまり東の方角を暗示していたんです! 進むべき道は東しかない!さもないとお前ら死ぬよ、そんな意味です。 「 破片」とはヴェルニの四肢(しし)、つまり手足のこと。 カサンドラの予言ではヴェルフは手足がもげるほどの重傷ルートが存在したようです。 ですが、予言はあくまで予言、未来を変えることで現実も変わる。 問題は次の言葉、「 火を捧げ」とは、ヴェルフと火、つまり鍛冶のことを指します。 ダンジョンに潜る際にヴェルフは、鍛冶一式を持参しています。 予想を逸脱した階層主の登場により当初持っていた魔剣をすべて失い、さらにはパーティの体力もすり減りギリギリの戦い。 敵はさらに湧いてくる。 この危機的状況を打破するためにヴェルフはダンジョン内で魔剣を作ることを提案します。 「 火を捧げ」とはヴェルフが魔剣を作る暗示、そして次の「 日輪の灯火を請え」とは、ヴェルフがやり遂げた魔剣の力を意味していました。 其は惨禍の宴」ですが、これは階層主アンフィス・バエナからはじまるヴェルフたちに降りかかる災いを暗示するものでした。 始高「煌月(かずき)」 カサンドラの予言の詩からも、今回の読みどころはベルたちの生死だけにあらず!ヴェルフの成長、鍛冶職人としてレベルアップしたヴェルフも見逃せない。 『魔剣』を超える武器を、『魔剣」に次ぐ武器を、『 恒常的な魔剣』を。 『魔剣』の運命を捻じ曲げ、矛盾の武器を生み出す 出典:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか14 大森藤ノ 本来魔剣は回数制限ありの使い捨て、使用上限がくると剣はこなごなに破壊されてしまう。 けど、ヴェルフが作った新しい魔剣は壊れないという特性を持っていた! 始高「煌月(かずき)」 これがヴェルフが生み出した魔剣の名前。 至高ではなく「始高」。 これはヴェルフが考えた造語、「これから始まる高みへの頂上」その記念すべき一作目が煌月(かずき)。 ただ、この魔剣は持ち手の精神力(マインド)を消費するため、無制限に使えるというわけではない。 ちなみに煌月はヴェルフにしか扱えない魔剣。 持ち主と共に成長する魔剣というのがヴェルフらしい発想ですよね、ヴェルフは武器は使い手の半身という考えの持ち主、今回の魔剣はヴェルフの想いを具現化した傑作に思えます。 リオンの生死! ここからはベルとリオンに生死に触れていきます。 まずはベルもリオンも生きてます、しかも瀕死の状況でもない。 予想していたよりは絶望ではなかった。 少なくともベルもリオンも歩ける状態、精神力(マインド)もわずかながら残ってる。 彼らを追ってきたジャガーノートも襲ってくる様子はない。 ギリギリの状態だけど絶体絶命ではない、そんな状況。 とはいえ、防具も道具も頭数も不足、その上体はボロボロ、生死の境をさまよっていることには変わりはない。 ベルたちがいるのは深層37階、白宮殿(ホワイトパレス)と呼ばれる階層。 そして一番心配だったのはリオンが死亡するのでは!?という懸念です。 リオンのあの性格です。 なんとしてもベルを助けたいと思っているはず。 そこには当然「自己犠牲」も含まれてる。 リオンの過去がすべて明らかになったのも死亡フラグを匂わせます。 過去のトラウマと決着すべく命を落とすのでは?!と、最後の最期まで分からない状況でした。 ジャガーノートとの最終決着は避けられないわけだからね。 ちなみにだが、リオンのベルに対する対応の変化は見どころの一つ。 「クラネルさん」から「ベル」と呼び方が変わっていったのは見逃せないw 色んな意味で! 「や、やはり・・・・・・・・・肌を、寄せ合いましょう」 出典:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか14 大森藤ノ ダンまち14巻 まとめ感想 今回の探索によってパーティ全体のレベルの底上げがされたとみていいんじゃないかな。 印象的だったのは、どんなにレベルが高くても深層には一人でくるのは無謀だってこと。 「リューさん。 『深層』を探索するパーティって、今の僕たちみたいに二人で来る人達は」 「いる筈がない。 (中略)たとえ第一級冒険者でも単独の探索などしないでしょう」 出典:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか14 大森藤ノ ベル一人がレベルアップしても意味がないってこと。 だって今のパーティーはベル一強パーティ。 ダンジョン探索の階層が上がっていくにつれてヴェルフたちは必ず足をひっぱる。 そう考えると、階層主戦をヴェルフたちだけで戦った意義はデカい。 階層主を倒したという自信はもちろん、生死をかけたギリギリの実践経験は一回りも二回りも成長したはず。 出典:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか14 大森藤ノ 15巻でどのくらいレベルアップしているのか楽しみ。 ちなみにベルのステータスが未知数(数値が記載されてない)になってるのが非常に気になる!.

次の

【ダンまち】ティオナとティオネの過去「滑稽な英雄が居たからこそ私は」

ダン まち ss ベル

Contents• ダンまちのベル・クラネルが強すぎる! ベル・クラネルといえば、ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかの主人公ですが、彼がとにかく強すぎると話題です! まだ冒険者となって日が浅いにもかかわらず、彼はあまりにも強すぎます。 その強さ、見ていきましょう。 恩恵さえ受ければ、素人でもゴブリンくらいは倒せます。 ステータスの基本アビリティ「力」「耐久」「器用」「敏捷」「魔力」です。 モンスターを倒せたり鍛錬すると数値が上がっていきます。 数値の最大値は999(ベルは除く)までしかあがりません。 ベルのレベル4の時点では• 力 10• 耐久 10• 器用 10• 敏捷 10• 魔力 10• 幸運 G• 耐異常 H• 逃走 I です。 10?と思うかも知れませんが、これはレベル1~3までの三回、そのレベルでのMAXまで数値が上がっているからこそのレベルアップです。 つまり、レベル4なりたてなので数字こそ10ですが、 レベル1~3の他の人物とは比べ物にならないほど、ベルは強くなっているのです。 グリモア(魔法を読むだけで覚えることの出来る本)によって強制的に出た魔法。 名前の通り、 走る稲妻の様な爆炎ですね。 詠唱を必要とせず、魔法の名前を叫ぶのみで使える「速攻魔法」ですが、その分威力は、タメなしでは強敵相手だとけん制にしかなりません。 が、あとで紹介する英雄願望(アルゴノート)のチャージと掛け合わせることで、大砲や並みの魔術師の攻撃法程度なら凌駕する大火力に変貌します。 さらには発動の際に手に持っている武器や道具、体術などと併用することで、それらにさらに強烈な必殺性を持たせることもできます。 雑魚の牽制• 遠距離からの攻撃• 「相手を想う心とともに成長する」 ということです。 一言でいえば 惚れる(想う)ほど強くなります。 その成長スピードは、ヘスティアが言うには 「成長ではなく飛躍」 で、 ステイタスの限界ととされてきた「S」を超える「SS」にまで成長します。 しかし、無理やり襲われて情景や夢を砕かれた場合は効果を失い、 今後成長できなくなる(少なくとも今までの急成長は望めない)危険性を孕んでいます。 ただし、アイズ以外の気の知れた異性と合意によるもので失われるかは不明です。 英雄願望(アルゴノゥト) ミノタウロスを倒し、レベル2にあがったベルが手に入れたのは新しいスキル 英雄願望(アルゴノゥト)でした。 英雄願望とは、ヘスティア曰く、 英雄にあこがれる少年が英雄になるために手に入れた、たった1枚の切符のことです。 発動条件は状況に合った英雄を強く思い浮かべることです。 結末を告げるかのような鐘の音とともにスキルをチャージして一気に開放する技で• 精神力 の両方が大幅に削られますが、チャージ時間によって必殺技の威力が跳ね上がり圧倒的な力をもって、 力の差を覆すほどの攻撃を行えるようになります。 闘牛本能(オックス・スレイヤー) 猛牛系との戦闘で全能力が超高補正されます。 アステリオスとの戦いで得られたスキルです。 これにより、 レベルを超えた戦闘能力が発揮できるという能力です。 ベルが強すぎる理由はアルゴノート? レベル2に成長した時に発現したスキルです。 「能動的行動に対するチャージ実行権」 一言でいえば体力と精神力を対価に必殺技の威力を上げる。 チャージする時間によって跳ね上がるが、その分消耗は激しく、 使用状況に合致する英雄をイメージしないと本来の効力は発揮できないというデメリット?もあります。 ちなみに、ベルには発展アビリティとして「幸運」があります。 このアビリティは世界初のレアアビリティです。 これが関係するかはわかりませんが、 外伝では特に経験がないカジノで大勝利を納めています。 ダンまち原作小説を楽しみたい! ダンまちは、原作小説を読むとまた違った魅力を味わえますね。 とくに、1期アニメは省略されている部分が多かったので、小説を読むと 「こんなに話違うの!?」と驚く事間違いなし! もし気になる方は、今なら新規登録でダンまち原作小説が1巻~4巻までU-NEXTで無料で読めちゃいます!• 1巻は無料• 2巻・3巻は100ポイント• 4巻は324ポイント で、計4冊、無料で楽しめるのは大きいですね。 更に、アニメも1期・2期ともに全話無料視聴可能! アニメと原作小説を4冊も楽しめるのは、全動画配信サービスの中でもU-NEXTのみ。 レベル4でこんなに技やアビリティをもっているのはすごいと思います。 特に「幸運」はすごくいいなと思いました。 私もUFOキャッチャーでいろいろなものをとったり、 宝くじを当てて大金持ちになったりしてみたいです(笑) 物語では最速兎として名高いベルですが、敏捷だけではなく 全アビリティが異様に高いですよね。 すごいです。 まさにチートそのものですよね。 レアスキルも発現させて、本当にチート。 「英雄願望のチャージ」と「ファイアーボルト」を神様ナイフに吸収・チャージさせて攻撃する超必殺技 「聖火の英斬(アルゴ・ウェスタ)が強力ですよね。 格上のモンスターも一撃で粉砕してしまいます。 下層での強化種(レベル5相当)の爆撃やジャガノート撃破(共闘)もすごい。 これからどうベルが伸びていくかとても楽しみです。

次の