しょう れん 氷河期。 【しょうれん】平野紫耀くん×永瀬廉くん仲良しエピソード!【King&Princeの王道シンメ】

“不仲”が囁かれたstwww.kayakfishmag.com平野&永瀬、今の関係は良好? 「嫉妬してた」と衝撃発言も|ジャニーズ研究会

しょう れん 氷河期

2030年に氷河期がやってくる!? イギリス・ノーザンブリア大学のヴァレンティーナ・ザルコバ教授が、ウェールズ、ランディドノーで行われた王立天文学会総会で身の凍るような調査結果を発表した。 最新の技術によってこれまでよりもはるかに高い精度での太陽周期の予測が可能になり、 ザルコバ教授の予測によると、 2030年から2040年の間に太陽の活動は半分以下に落ち込んでしまうという。 参照元:marketwatch. このミニ氷河期を マウンダー極小期と呼ぶらしく、一番最近だと 1645年~1715年がこの期間に当たらるらしい。 マウンダー極小期の期間は太陽の活動が極端に落ち込み、普通なら太陽の表面に現れる黒点が、この期間はまったく現れなかったのだ。 過去400年の太陽の黒点数のグラフを見て見ると、それが明確にわかる。 画像参照:wikipediaマウンダー極小期より 気温低下の影響でイギリスのテムズ川では、真夏なのに氷が張り、そこでスケートが出来たという。 その様子を描いた絵画が実際に存在する。 そんなマウンダー極小期、ミニ氷河期が2030年ごろに始まるという。 「え!?大丈夫なの??みんな死ぬの!!?」 真夏でもコートが必要なのか?こたつが必要なのか? そのヒントを得るためにも、かつてのマウンダー極小期では日本で何が起こっていたのかを調べてみた。 余談:コロンブスが氷河期をひきおこした!? イギリスはUCLの最新の研究によると、1600年代に加速した地球の寒冷化は 欧州諸国が植民地を広げたことが原因の可能性があるという。 アメリカ大陸を植民地化した際、5600万人もの先住民が殺害された。 その結果、フランスの国土面積と同程度の森林が増えたというのだ。 森林が増え、空気中の二酸化炭素が減り、地球温暖化とは逆の現象が起きたというわけ。 ちなみにコロンブスがアメリカ大陸を発見したのが1492年。 100年かけてどれだけの先住民が迫害されたのか…。 とにかく氷河期は太陽の活動サイクルと共に、地球の環境も大きな影響を及ぼすようだ。 日本のマウンダー極小期 二酸化炭素やフロンガスの排出によるオゾン層の破壊、それによって引き起こされる地球温暖化によって、地球は年々気温が上がっている。 それに対して、直近のミニ氷河期が発生した1645年~1715年ごろ、つまり江戸時代は今よりももっと寒かったらしい。 今現在は、真冬でも東京で雪が降ることはあまりない。 たまに成人式の日に大雪になって、新成人が大変な思いをするくらいだ。 だが江戸時代はもっと雪が多く降っていた。 雪を題材にした絵や落語、文献もたくさん残っている。 また、 冷害による飢饉もたくさん起こったという。 しかし江戸の四大飢饉と呼ばれている大規模な飢饉は、この期間中には発生していない。 ミニ氷河期が寒いとはいえ、なんとか作物は育つようだ。 またこのミニ氷河期の時代には当てはまる1702年には、忠臣蔵が勃発した。 赤穂浪士が吉良義央を討ったわけだが、太陽の活動とは無関係であろう。 ただ、討ち入りの時はめちゃくちゃ寒かったかもしれない。 更にいうならマウンダー極小期の真っただ中の、 宝永4年 1707 に富士山が大噴火を起こしている。 まったく関係ないけれど、今の日本の活発化する火山活動を鑑みると、富士山の大噴火は次のマウンダー極小期といわれている2030年以降に起こったりして…。 とにかく、日本の歴史的な出来事を見ても、 太陽の活動が落ち込んだ影響と思われる事件は起こっていない。 日本の江戸時代は、確かに現代よりかなり寒かった。 しかし、致命的なほどに寒かったというわけではないようだ。 もしミニ氷河期が訪れたら人類は滅亡するのか? 先ほど紹介した科学者によると、2030年から2040年の間に太陽の活動は半分以下に落ち込んでしまうという。 太陽の活動状況は黒点を観察することでわかる。 黒点の数が多ければ活発化していて、少なければ沈静化しているってこと。 このサイクルは通常、約11年周期で繰り返されている。 この太陽の周期と黒点の数について、近年のグラフを見て見よう。 画像参照: このグラフをパッと見るだけで、太陽の活動が規則正しく活性化と鎮静化を繰り返しているのがわかる。 最近の活動を見てみると、太陽の黒点の数が 2000年代以降は低下しているのがわかる。 数年前までは「太陽の活動は2013年ごろに活発化するだろう」という専門家が多かったのだが、実際は太陽の活動がそれほど活性化することもなく、再び黒点の数は減少傾向にある。 このような太陽活動周期の沈静化が、今後も続くとしたら…先ほどの科学者の予測も現実味を帯びてくるだろう。 では、本当にミニ氷河期が訪れたら地球はどうなるのだろうか? 何が起こるかはわからないけれど、少なくとも 人類が絶滅するようなことはないはずだ。 だって江戸時代だって、何事もなく人間は生き残っているのだから。 今より数度気温は下がるかもしれないが、温暖化が進む地球にとっては寧ろラッキーだったりして。 もしかしたら、東京も雪が降るようになり、ホワイトクリスマスの確率も上がるかもしれないし、ウインタースポーツは今よりも盛んになるかもしれない。 スキーやスノーボードなんか今よりもが流行したりして。 過去の状況を見る限り、そんなに悲観する必要はないような気がする。 ただ、このミニ氷河期をきっかけにして、本格的な氷河期が訪れる可能性もゼロではない。 いま地球温暖化が騒がれているが、本当に危惧するべきは次の氷河期なのかもしれない…。 追記:近い将来考えらえる最悪の2つの気候変動 2018年の夏はとてつもない猛暑であった。 太陽はギラギラと輝き、日本中がクーラーをガンガンにかけていた。 「クーラーを切って電気代の節約!」 なんて言っていられない。 「 クーラーを使わないと死ぬ!!」 それが2018年の夏だった。 しかしながら 2018年に入ってもなお、太陽活動は急激に停滞し続けている。 圧倒的な猛暑とは裏腹に。 こちらが先ほど紹介した黒点の数を示したグラフ。 このグラフはこの記事を書いた2015年当時のもの。 これを最新の2018年も含めたグラフと比較してみると… 赤丸部分を見ていただければわかると思うけど、さらにさらに太陽の活動は低下していることがわかる。 なぜ、太陽の活動が低下しているのにこんなにも暑かったのか? ヒートアイランド現象などのいろんな要素が考えられるが、結局のところ 地球温暖化現象がゆっくりと、しかし確実に進んでいるのが原因だろう。 地球温暖化の影響なのか、2018年は世界的な異常気象が相次いだ。 そこで考えられる 最悪のパターンが2つある。 もう一度先ほどのグラフを確認してみよう。 太陽の活動は最も低い位置にあることがわかる。 通常であれば、ここから太陽の活動は再び活性化してくるはず…。 しかしもし、太陽の活動がこのまま停滞を続けたとしたら? 科学者たちが危惧するミニ氷河期は、意外と早く訪れるかもしれない。 400年前のマウンダー極小期が再び訪れ、世界中が寒くなって、作物の収穫量も減っちゃうかも。 しかしそれよりも恐ろしいのが、2018年を転換期として再び太陽の活動が活性化していくパターン。 太陽の活動が低下してるってのに2018年はめちゃくちゃ暑かった。 もし2018年をターニングポイントとして再び太陽の活動が活性化し、さらに地球温暖化が重なったとしたら… 太陽は約11年周期の活動サイクルをもっている。 地獄のような明日を回避するために、こまめに家電のスイッチを切ったり、エコ家電に買い替える、自動車を使わずに公共交通機関を使うなどして、二酸化炭素の排出量を減らそう!!.

次の

しょうれん

しょう れん 氷河期

シンメホイホイのみなさん、ハンカチを用意してから読んでください もともと関西ジャニーズJr. として別のユニットに所属し、現在は「Mr. KING」でともに活動している平野紫耀&永瀬廉。 今回同誌では、「メンバーふたりが語る、もうひとり。 自分にとってはお兄ちゃん的存在だそうで、過去にはよく悩みを聞いてもらっていたとか。 このように平野と自身のエピソードに触れた後、高橋は「今ね、3人の関係がすごくいい感じなんだ」と切り出し、「俺と紫耀だけじゃなくて、俺と廉も、紫耀と廉も。 俺、今のMr. KINGが大好き。 この関係のまま、ずっといっしょに大人になっていけたらいいな」と本音を吐露した。 107コメント• 231コメント• 7コメント• 1コメント• 93コメント• サイゾーウーマン• 新着商品• 「僕たちに夢のその先の、その先の夢を見させてもらえたらなぁ。 そして見させてもらった夢が、どうかみんなと同じ夢だといいなぁ」。 メンバーとファンの「想い」と「夢」を共有した「国立競技場... 毎月23日発売。 「2人ならどんなことでもできる気がする」 「友人」「ライバル」「親友」、そして「盟友」へ。 出会いから20年以上の歳月の過程で、その関係性をより強固なものへと変化させていった亀梨和也...

次の

しょうれん

しょう れん 氷河期

今では、メンバーに「同じ部屋に泊まれ!」と言われお互いに「ありえない~!」と言うくらいですから・・・(笑)(セカンドコンサートMCでのエピソード) しょうれんが辿ってきた軌跡について、まとめました! そして、FODでは平野紫耀主演映画「ういらぶ。 」も配信中! ジャニーズ歴は永瀬廉の方が先輩 平野紫耀さんのジャニーズ事務所入所日は 2012年2月。 永瀬廉さんの入所日は 2011年4月3日です。 平野紫耀さんの方が年上ですが、入所は 10か月ほど永瀬廉さんの方が先でした。 転勤族の家庭で育った永瀬廉さんは、ジャニーズに入るときは大阪におり、そのまま関西ジュニアへ。 平野紫耀さんは、名古屋在住だったためジャニーさんに「Youは真ん中(愛知県で)だから、関東・関西どちらでもいいよ」と言われ、 喋りのスキルを身に付けたかったので、関西ジュニアになりました。 しかし、関西ジュニアは別のユニットでも同じ番組(まいジャニなど)に出演することが多く、ファンからは2グループ合わせて 「なにきん」と呼ばれるようになり、仲が深まっていったのです。 それとは別の雑誌で、 「恋のライバルにしたくないジュニアは? 」という質問で、 「しょう」と答えています。 自分が惚れてしまうほどのいい男だからこそ、恋のライバルになったら強敵!というふうに平野紫耀さんを評価しているんですね。 この時は永瀬廉さんが平野紫耀さんへの憧れの気持ちがかなり強いように感じます。 (実際の年齢も岸くんに続き、年上) 2012~2013年頃、 平野紫耀さんは永瀬廉さんに誕生日プレゼントに、名前入りのブレスレットをあげたこともあったのだそう。 永瀬廉さんはとてもアクセサリーが好きなので、 この質問、いつも紫耀かジンで迷うねん。 女の子が今何してほしいかを考えて動いてくれそう。 と言っています。 平野紫耀さんはプライベートでもお兄ちゃんでありますが、弟がいる男兄弟のお兄ちゃんです。 なので少女漫画に出てくるような甘々に優しいお兄ちゃんというよりは、年下をいじってくるちょっとやんちゃで面白いお兄ちゃん像なんです。 コンサートの舞台では、アイドルの鉄板・甘い一言を囁くときに、 永瀬廉さんを彼女に見立てた平野紫耀さん。 何もするかと思いきや、髪の匂いを嗅ぎ、 その髪をパクッと口に入れたのだそう! ファンも驚きの行為ですが、それを 永瀬廉さんも受け入れていたというので、驚きです。 今だったら絶対に 「何しとんねん!」ブチギレてそうですよね。 平野紫耀と永瀬廉の不仲期 そんな 2人の関係に少しずつ、ズレが生じていったのは、しょうれんがMr. kingとして東京へ行き、高橋海人さんと同じグループで活動し始めたころでした。 時期でいうと、 2015年頃。 しょうれんが互いに口を利かなくなってしまった、いわゆる 「しょうれん氷河期」が訪れたのです。 不仲のしょうれんを一番近くで見ていた人物、それは高橋海人さんでした。 当時を振り返った高橋海人さんは 「2人が話さない時期は自分も辛く感じることもあったけど、なんとか間を取り持った。 そして、グループの絆が深まって強くなった!」 と、最年少ながらに気を使っていた過去も暴露していました。 メンバーカラー変更 また、メンバーカラーについては本人たちは表立って触れていないですが、 ジャニーさんは「平野は絶対に赤」と決めて、そのカラーを決める場に永瀬廉さんがいなかったこともあまり良く思っていなかったのかもしれません。 ファンの中には、メンバーカラー変更についてやっぱり複雑に思っている人もたくさんいます。 個人としてはとても喜ばしい出世なのですが、永瀬廉さんは関西ジュニアのメンバーをとても大切に思っています。 そして同期の西畑大吾さん、大橋和也さん、正門良規さんの話は今でも本当に頻繁に出てくるほど仲良しで、なにわ皇子で一緒にやっていた西畑大吾さんを置いて自分だけ東京に進出するというのはとても抵抗があったのではないかと思います。 それに引き換え平野さんは、ミスターキングの活動に対して「帰属意識ができた」という発言をしており、逆にこれだけ聞くと廉くんからすると 「今まで関西ジュニアのこと、何て思ってたんや?」 とカチンときたかもしれません。 さらに二人が東京進出したことによって、事実上なにきんは消滅してしまい、メンバーだった金内柊真さんはジャニーズ事務所自体を退所してしまいました。 「ジュニアはみんなライバル」と言い続けてきた平野君は、それもまた仕方のないことと大人な考えを持っていたのかな。 まだまだ子供だった廉くんは、それを「冷たい」と感じてしまったのかもしれませんね。 憧れの存在からライバルへ~永瀬廉、反抗期を終えて~ 雑誌ポポロのインタビューでは、しょうれん氷河期が終わった後に永瀬廉さんが 「理由もなく、ただ焦っていた。 反抗期?でも、 紫耀離れをして、色々な経験をしたからこそ、紫耀の凄さを改めて知ることができて、凄さを認められるようにもなった!」 と、自分の心の中のもやもやした気持ちも不仲説の原因になっていたと明かしました。 そして、「ライバル」を聞かれて、平野紫耀さんの名前を挙げたこともありました。 ライバルは表面上ではそんなにベタベタしないものですよね。 でも、相手のことを認めていなければ、ライバルとして見ることはないでしょう。 さらに、永瀬廉さんが平野紫耀さんに嫉妬していたことを、後から認めていた発言もあり、 ある人から 「仲間ならまず相手を認めることが大事。 その上で、負けない武器を作れ」 というアドバイスをもらったことも永瀬廉さん本人の口から明かしています。 この言葉を受けて、平野紫耀さんの才能を認めて、自分もまけたくない!と逃げずに戦おうと思った、と語っていました。 平野紫耀から見た永瀬廉 そんな永瀬廉さんの態度を平野紫耀さんはどう思っていたのでしょうか? 雑誌でこんなことを答えています。 「廉と俺の関係性は、言葉にするのがすごくむずかしい。 友達でもないし、兄弟でもないし…。 ちょっと前までは思春期だったのか、あんまり二人でしゃべることってなかったんだけど、最近はまた話すことが増えたよ。 何かきっかけがあったわけじゃないけど、お互い大人になったってことなのかなぁ? 今は廉から「ご飯に行こう」って誘われてるところ。 ちょっと素直すぎるところもあるけど、それが廉のよさだから、これからも変わらず3人でのびのびやっていけたらいいな」 なんか泣けますね。 自分にめちゃくちゃ懐いてベタベタくっついて来ていた可愛い弟が、いつの頃から急にツンケンするようになって、 「なんで?」って思ってまたちょっかい出してうざがられて余計にツンケンされて…。 みたいな時期が平野さんにはあったんじゃないかなあと想像しちゃいます。 そして、その理由は、「お互いを嫌っている」のではなく、 永瀬廉さんが• 思春期だったこと• 永瀬廉さんが平野紫耀さんの天才的な器用さに嫉妬していたこと• 周りの評価により憧れの平野紫耀さんにやっと追いつけたと思っているのに、平野紫耀さんがずっと自分の子供扱いしてくる など、主に永瀬廉さんが平野紫耀さんに憧れや尊敬の気持ちを抱いているからこそ、発生した感情なのではないかな、と感じました。 多分Mr. Kingの3人の関係性をまとめると、こんな感じです。 それなのにお兄ちゃんが相変わらず子供扱いしてきて、イラッとする時がある。 ザ思春期ど真ん中! 大体子供の自立心の方が先に成長し、親がそれにまだ気づいていなくて今まで通りあれこれお世話をしようとしてウザがられる…というのが反抗期の始まりですよね。 まさにこれだったんじゃないかな? 平野紫耀さんが永瀬廉さんのそういった気持ちに気づくようになり、適度に距離を取るようになってから、二人の関係性がまた良好になって言ったんじゃないかと思います。 とはいっても、一度自立して巣立ってしまった子供がまた親の元に戻ってきて甘えることはもう二度とないように、永瀬廉さんがベタベタと平野紫耀さんに甘える姿というのは今後もう見られないのかなと思います。 それはちょっと寂しいですが、キャラもあるし仕方がないことですね。 だからこそ、キンプリの愛すべきバブちゃんは、いつまでも自立しないかわいいかわいい永遠の弟でい続けて欲しいなと思います!巣立たないでね、海ちゃん! 【関連記事】 メンバーカラーについてはこちら! 】 今まで集めたジャニーズグッズ(CD、DVD、生写真など)の中に思わぬお宝があるかも…!? 「ジャニキング」は ジャニーズグッズを買い取りしてくれるサービスです! 申込フォームに入力• 段ボールが送られてくる。 グッズをきれいに詰めて着払いで返送。 (しかも自宅に集荷に来てくれます)• 査定してもらう。 (1週間くらい待つ)• 査定金額の連絡が来る。 (OKなら口座に代金が振り込まれる。 ヤフオクや メルカリで売るのが一般的に知られている方法ですが、それだと送料を差し引いて考えなきゃいけないからかなり格安で売りに出さなきゃいけないし、バラ売り希望とかされるといちいち送料がかかるし、残ったグッズの価値がどんどん下がっていくし…。 それになにより何度も取引するのが面倒!! ジャニキングならまとめて 一度で売れて、無駄な送料を使わなくていい! かなりオススメですよ!

次の