分数 の 計算。 小学生の算数 分数 練習問題プリント 無料ダウンロード・印刷|ちびむすドリル【小学生】

分数の割り算のやり方

分数 の 計算

基本 分数 分数とは 分数とは、「 1つの物を、何個に切ったうちの何個分」と表すことができる数字です。 はじめのうちは、分数が出てくるたびに「何個に切ったうちの何個分」と頭の中で考えて、だいたいどれくらいの大きさの数なのか想像するようにしましょう。 実際に絵を書いて考えてもよいと思います。 想像するものは、ケーキでもカステラでもうまい棒でも大丈夫です。 あまり注目されないのですが、分数を見た時に上のような絵を想像できるようになれば、分数はマスターしたも同然です。 「分数が苦手」と感じるのは、数字を見てもどれくらいの大きさなのかが分かっていないからです。 まずは、このイメージを作る練習しましょう。 話は飛びますが、分数の上と下には名前がついていて、 下の数字を分母、上の数字を分子といいます。 分数の種類 分数には、3種類の分数があります。 分子の数が分母の数よりも小さい 真分数。 分子の数が分母の数と同じか、または大きい 仮分数。 整数と分数がくっついた 帯分数。 帯分数を仮分数に直す方法 まずは、1を分数で表すとどうなるのか考えてみましょう。 つまり、 分母の数と分子の数が同じならば「1」になります。 では、他の整数はどうなるでしょうか。 ここまでが理解できていれば、あとはチョチョイのチョイのチョイです! 帯分数は、整数と分数がくっついていますが、整数の部分と分数の部分を分けて考えることができます。 (2)3 2 3 分子を求めましょう。 同じように考えれば大丈夫です。 特に、 分母と分子を同じ数でわり算して、なるべく小さな数にすることを約分といいます。 分数はできるだけ約分をするのがマナーです。 分数が出てきたら、いつでも「約分できるかな?」って考えるようにしましょう。 メニュー• 解説編•

次の

【算数】分数の計算

分数 の 計算

分母どうしを最小公倍数に揃えるために、分数に適当な数字を掛ける この工程は、分数を実質的に別の分数に変えるために行うのではなく、表し方を変えるだけです。 ピザを思い浮かべてください。 分母を何倍すれば、最小公倍数になるか考えましょう。 上記で求めた掛け数を、分子と分母、両方に掛けます。 四則計算(掛け算、割り算、足し算、引き算)の基本的なスキルを身につければ、分数の計算は早く簡単に解けるようになるでしょう。 整数の逆数を求めるには、その整数を分母にして、分子に1を乗せるだけです。 分数の掛け算と割り算は、帯分数を仮分数に直さずに解くこともできます。 但し、その場合、分配法則を使うことになり、複雑で難しくなってしまう可能性があるので、通常は、仮分数に直してから計算する方が良いでしょう。 「分母と分子をひっくり返す」は、別の言い方をすれば、「 逆数を求める」ということで、同じく、分数の分母と分子を入れ替えることです。 分数が、分母に0を持つことは「決して」あり得ず、分母が0の分数は、定義できません。 それは、0で割るということが、数学的なルールに反するからです。

次の

計算機で分数の計算をする方法教えて下さい

分数 の 計算

これが第1ステップ! Step2. 分母を有理化する つぎは、分母の有理化だ。 分母からルート(無理数)をなくせばいいんだ。 通分する つぎは、通分しよう。 通分ってようは、 分数たちの分母をそろえる ってことさ。 例題の分数たちはそれぞれ、• 分母を最小公倍数の9にあわしてやると、• 足し算・引き算する つぎは分子を足し算・引き算しちゃおう。 Step5. 約分する 最後は、ルートの分数を約分してみよう。 分母の「9」と分子の「12」の共通の約数に3がある。 これでルートの分数の計算は終了だ! まとめ:ルートの分数の計算は総合格闘技だ! 平方根の分数の足し算・引き算はどうだったかな? 5ステップもあってむずそうだけど、使っているのはどれも過去のワザ。 スムーズにとけるように踏ん張ってみよう。 最後に練習問題を用意したから、よかったら解いてみてね。 練習問題 つぎの平方根の計算をしなさい。

次の