君 が いない 世界 ネタバレ。 W君と僕の世界の真犯人は誰かネタバレ!結末で襲われたチョルはどうなる?

町田くんの世界のネタバレと感想!映画より漫画のラストが最高!

君 が いない 世界 ネタバレ

映画『町田くんの世界』ネタバレあり感想・レビュー 結末で賛否が分かれそうな映画でした。 恋心を自覚した町田くんは、留学する猪原さんを追いかけるんだけど、その途中で風船が木の枝にかかって途方に暮れている小学生に出会います。 自分も急いでいるにも関わらず、小学生のために木に登って風船を取ろうとする町田くん。 そして町田くんは小学生に了承を得て、風船で空を飛んで、文字通り猪原さんのもとへ飛んでいきます。 なにこれ。 どこのメリー・ポピンズ リターンズだよ。 町田くんは魔法使いなの? 過程は好きだったんですけどね。 最後の最後で裏切られた感。 ファンタジー結末でも受け入れられる広い心の持ち主なら楽しめるんじゃないでしょうか。 町田くんと関わることで変わっていく人たち 個人的に結末は納得できませんでしたが、町田くんの人物像や、町田くんと関わることで変わっていく登場人物たちのエピソードは好きでした。 とくに太賀くん演じる西野亮太のエピソードが好きで、ちょっと泣きそうになったな〜。 「俺なんかにちゃんと向き合ってくれた人今までいなかったから」っていうセリフが全てを物語ってる。 終盤では西野くんや氷室くん、栄やさくら、町田くんに救われた生徒たちが町田くんのために力を合わせるのですが、1人のためにみんなで頑張るというあの一体感は、 青春って感じがして最高だった。 まとめ 満足度 100点中60点 ラストのファンタジーさに賛否両論別れると思います。 申し訳ないけど、私にはあのラストシーンは響かなかった。 エピソードの1つ1つがちゃんとしていてしっかりした脚本だな〜と思っていた矢先に、あのラストシーンだったので、がっかり感も強かったです。 そこがいいという人もいるにはいるんでしょうけど、原作ファンの友人も落胆してました。 しかしラスト以外は、普通に面白かった。 熱い青春シーンには盛り上がったし、初めて芽生えた恋という感情に戸惑う町田くんも可愛かった。 主演2人が新人ということで、初々しさに溢れてるところも青春映画として成功だと思います。 あと、前田敦子のファンは絶対に観にいったほうがいいです。

次の

韓国ドラマ

君 が いない 世界 ネタバレ

Contents• この世界線では佐知子は生きており、白鳥は冤罪で捕まっておらず、愛梨とは面識がなく、そして八代はやはり市議になっていた。 また、この世界線ではケンヤとジャーナリストの澤田が結託して八代の罪を暴こうとしている。 悟は徐々に過去の記憶、リバイバル前の世界での記憶を取り戻していく。 一方、八代も悟の覚醒に気づき再び行動を起こそうとしていた。 八代が求めるのは「他者が命の終わりに抗う姿」 生にしがみつく他人の姿を見ることで、八代は自分の生の実感を手に入れている。 そんな八代にとって、悟は最高のターゲットだった。 悟と仲良くなった少女・久美ちゃんの「キャンプに行きたい!」という発言を盗聴していた八代は、市議の立場を使って悟たちを罠にかけるための企画を用意する。 「さざんかの集い~リハビリで頑張っているあなたと小学生の交流会~」 八代のもくろみ通り、悟と久美ちゃんはこの企画に参加。 自身も変装し、さざんかの集いに潜入するのであった…。 最終決戦へ! 悟やケンヤは「さざんかの集い」が八代の罠であると予測。 2005年8月。 さざんかの集い当日、悟・久美ちゃん・佐知子、そして裏で動くケンヤと澤田は会場の山茶花池公園に揃っていた。 そして、八代もまた怪しい動きを始める…。 久美ちゃんの携帯に佐知子からのメールが届いた。 「りんどう荘に来て」 久美ちゃんはりんどう荘へ向かうが、そこには誰もいない。 実はメールを送ったのは佐知子ではなく八代。 それにより八代はやまぶき荘に、久美ちゃんはりんどう荘にそれぞれ到着していた。 出し抜かれた八代は驚きながらも、期待通りの抵抗に喜ぶ。 まだ手は残っている。 ケンヤから悟に「久美ちゃんが集合場所に来ない」という電話が入る。 そして佐知子からは「悟の水筒がなくなっている」という指摘が。 …実は久美ちゃんのスケジュールには細工が施してあり、1人だけ「さざんか荘」に誘導されていた。 そこには「ボートの場所に来るように」という指示と、睡眠薬入りの悟の水筒が。 久美ちゃんは水筒の中身を飲んでボートの場所へと向かう。 一方、悟は過去の手口から八代の行動を予測。 八代の計画よりもかなり早い段階で、悟は橋の上にいる八代を見つけることに成功する。 対峙する八代と悟。 悟は八代を説得しようと試みるが、八代は聞く耳をもたない。 追い詰められた八代は悟と心中しようと、2人の体に火をつけた。 身体がまだ思うように動かない悟は絶体絶命! しかし、実は悟はすでに十分動けるようになっており、火だるまのまま一緒に池に飛び込む。 ボートに乗って待機していたケンヤと澤田が2人を救出し、八代との最終決戦は悟たちの勝利で終わった。 そしていよいよ最終回へ! 最終回のネタバレ! 時は流れて2012年1月。 八代は逮捕され、刑務所に収監されている。 八代はリバイバル世界でも多くの罪を重ねてきた。 その罪が明るみに出たのだ。 今後、八代が生きて刑務所を出ることはない。 一方、久美ちゃんは高校受験に合格し、長らく植物状態だった悟も高卒認定の通知を受け取った。 この世界では佐知子も生きているし、ユウキさん(白鳥)も冤罪で捕まってはいない。 悟はやはり漫画を描きながら、日常へと戻っていく。 以下、悟のモノローグ。 (目覚めて以来、リバイバルは無い) (「眠らなかったときの記憶」が僕の中で薄れていくのがわかる。 いつか、消えてしまうのだろうか…) (今この瞬間こそが、本当の歴史だということだろう) (僕だけがいない街。 そこに刻まれた時間こそが、僕の宝物だ) 雪が降りしきる中、悟の元に愛梨が駆け寄ってくる。 愛梨「こんなに降るなんて反則ですよね。 そこに足跡を刻める) 補足と解説 結局、悟はリバイバル前の世界には戻りませんでした。 そして悟が15年間眠り、八代が逮捕され、みんなが幸せになった今の世界線を新しく生きていく…というラストでしたね。 実は最後のシーンで悟と愛梨が出会った場所は、リバイバル前に悟と愛梨が最後に会っていた場所です(悟が逮捕された場所) そこで記憶の薄れつつある悟と、以前の悟を全く覚えていない愛梨が偶然再会し 「未来は白紙だ」だなんてステキすぎるラストシーンでした! 他にも「僕だけがいない街」には本当に緻密な伏線が張り巡らされていて、漫画は2周3週と楽しめる作品になっています。 ネタバレ後でも、読む価値は十分あると思いますよ! とにかく!最終回も納得の終わり方でしたし、「僕だけがいない街」は本当に素晴らしい漫画でした! なお、次回からはさっそく 「僕だけがいない街・外伝」が始まるということで、そちらも楽しみですね。 まとめ 漫画「僕だけがいない街」がついに完結! リバイバル前の世界に戻らないという結末は意外でしたが、納得できる素晴らしいラストでした。 今回のネタバレでは本当に大枠しか拾っていないので、考察サイトなどを見ながら改めて原作漫画をチェックしてみるのもおススメですよ!.

次の

映画「明日、君がいない」ネタバレあらすじと結末

君 が いない 世界 ネタバレ

Contents• 「僕だけがいない街」のネタバレ! まずは、あらすじ・概要から見ていきましょう。 主人公・藤沼悟(28)は売れない漫画家。 そして悟は「再上映(リバイバル)」という特異な能力を持っています。 リバイバルは「タイムスリップ(タイムリープ)」の一種であり、交通事故や事件など「悪い状況」に直面した時に発動し、状況を「良い未来」に変えるまでは悟は強制的に何度でも同じ時間を繰り返してしまうという能力。 他人のためにマイナスを「なかったことにする」能力です。 ある日、そんな悟の身にとんでもない事件が降りかかってきます。 過去の連続誘拐事件の真犯人に気付いた悟の母親がその真犯人によって殺害され、その罪を悟に被せようとしてきたのです! 悟はリバイバルを試みるも失敗。 さらに強く念じたところ、小学生時代にまでタイムスリップしてしまいます(体は小学生、精神は大人のまま) そこは、ちょうど過去の小学生連続誘拐事件が起きる直前の過去。 悟は1988年(過去)と2006年(未来)を往復しながら、同一の犯人が起こした2つの事件から母親や同級生を救いだすことを決意します! 以上が、「僕だけがいない街」の始まり。 物語の根幹は「ミステリー」であり、ストーリー上には本当に巧妙な伏線が張られています。 また、「タイムリープ」というSF要素があることで謎はさらに深まり、毎回「どんな展開になるのだろう?」と読者をワクワクさせてくれます。 悟はまず過去の連続誘拐事件の被害者となった同級生・雛月加代を救出しようとします。 悟は当時孤立気味だった加代と仲良くなり、事件が起きた3月1日を無事に過ごすことに成功しました。 しかし、3月3日には加代が失踪。 他の同級生も続けて失踪し、悟は加代を守れなかったこと、加代がもう戻ってこないことに気づきます。 2006年に戻った悟は警察に追われながらも、過去の事件の犯人の手掛かりを集め、再び加代が生きている1988年2月27日へとタイムスリップしました。 今度は同級生のケンヤや担任教師の八代学と協力して、加代を救出することに成功! 母親から虐待されていた加代は祖母の家に引き取られることになりました。 しかし、真犯人はいまだ不明のまま。 悟は今後も起きるであろう同級生の誘拐事件に目を光らせます。 そんな時、悟は父親のように慕っている担任教師・八代から衝撃の事実を告げられました。 「誘拐の犯人は自分だ」 不気味な笑みを浮かべる八代。 八代の車に乗っていた悟はシートベルトが外れないことに気づきます。 混乱の中、車から脱出できない悟は真犯人・八代の手によって車ごと川に沈められてしまいました…。 八代は過去に犯罪者だった兄や、自分の婚約者をその手にかけている異常者だったのです。 しかし、その代償として植物状態のまま15年が経過し、悟は記憶喪失になってしまいました。 15年が経過し大人になった悟が今いるのは「リバイバルの世界」の延長線上。 わずかに「現実(オリジナルの世界)」の記憶が残っていた悟は違和感を覚え、失った記憶を取り戻すことを決意するのでした。 ちなみに、原作者によれば最終巻は8巻になる予定とのことなので結末はすぐそこまで迫ってきています! 小学生時代にリバイバルした悟は過去を変え、同級生を救うことに成功しました。 真犯人が「八代学(=悟の母親を手にかけた犯人)」であることはすでに掴んでいるので、記憶さえ取り戻せばすぐに急展開を迎えることになりそうですね。 なお、作中では2006年(現実)の八代学は「市議・西園まなぶ」と同一人物であると匂わせています。 あと2巻で結末を迎えるとはいえ、ここから更に物語は1転2転していきそうですね。 「僕だけがいない街」という意味深なタイトルの真意も気になります。 順当に行けば「僕だけがいない街」の最終巻が発売されるのは2016年上半期あたり。 アニメ・実写映画では原作通りの結末が見られそうですね。 まとめ 以上、アニメ化・実写映画化が発表された人気コミック「僕だけがいない街」のネタバレでした!(既刊6巻分) 「僕だけがいない街」は「過去と未来を往復する」という能力・リバイバルによって本格ミステリーの魅力が十二分に引き出されているまさに名作です! 現在、物語は結末に向けていよいよ佳境へ! リバイバル世界で大人になった悟が真犯人・八代をつかまえて現実世界に戻ると「過去の同級生も母親も生きている」状態に変わっていて大団円! …なんて月並みな結末しか予想できませんが、きっとここからさらに状況は混乱し盛り上がっていくはず! 原作漫画の完結、その後はアニメ化・実写映画化。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。 1 ・アニソンや声優コンテンツも充実 31日間 ・ 海外ドラマが充実 ・オリジナルドラマも多数 ・見放題作品5万本 2週間.

次の