グローセンス ポッド。 glo sens (グロー センス) を買ってみた

glo sens(グロー・センス)の特徴まとめ|「フレーバー・リキッド+たばこ葉」の低温加熱式たばこ

グローセンス ポッド

定番はコンビニ グローセンスのフレーバーポッド がもっとも購入しやすい場所はコンビニです。 本体も一緒に売られているので、グローセンスの使用開始はコンビニだけで事足りますね。 セブンイレブン• ファミリーマート• ローソン などなど、主要なコンビニで販売されています。 コンビニで売られているフレーバーポッド は種類が少ない 気軽にコンビニで購入できますが、1つ注意点も。 それは、販売されているフレーバーポッド の種類が限定的であることです。 近所のセブンとファミリーマートに売られているのは、• メローブレンド タバコ味• メンソール• アップル• アイスベリー• ティラミス 5種類でした。 しかし、2020年時点で10種類のフレーバーが販売されています。 コンビニに置いていないフレーバーではトロピカルやパンナコッタ、チェリーなんかもあります。 コンビニにないフレーバーポッドはどこで購入できる? それではコンビニで販売されていないグローセンス のフレーバーはどこで購入できるのでしょうか? これらはグロー の公式オンラインショップかグロー の実店舗で購入することができます。 実店舗は展開しているエリアが限られるので、が一番確実に購入することができます。 送料がかかるので、ちょっと使いづらい部分はありますが。 まとめ グローセンス のフレーバーポッドがどこで購入できるかを紹介しました。 一番、コンビニで購入するのが手軽ですが、種類が限られてくるので難しい部分ですね。 ちなみに、コンビニで販売されているフレーバーの中で一番おすすめはです。 こちらでレビューしていますので、どのフレーバーにしようか悩んでいる人は参考にしてみてください。 関連記事.

次の

【加熱式タバコ】低温加熱式「グロー・センス」リニューアル新味全10フレーバー吸い比べ!

グローセンス ポッド

おっさんです。 同業のブロガーと言えば、さんと良くお会いします。 げんちゃんさんは、おっさんの事を、たつさん、たつさんと呼んでいるのですが、最近はもうずっと、たつさん!gloヤバいっすよ!新製品がどれも当たりです!ってな話になります。 ロマサガのインペリアルガードを彷彿とさせる、都民しか買えない制限は、東京ファミリーだと信じて疑わなかった、千葉・神奈川、埼玉だってシャットアウトされて発売日まで全く手が出せません。 お試しに行きたいのですが、表参道なんて行く事がありませんし、新橋はお試しがなかった様な気がします。 かくして、近日中に関東地方いわんや、首都圏の販売だけでも開放されると思っていたらされませんでした。 お気づきかもしれませんが、このパートでは、いわんや、を使いたいがために400文字ほど使いました。 glo sensの使い方 開封しつつglo sensの使い方を解説していきましょう。 セット内容 glo sens ACアダプタ USB2. 0ケーブル glo sens専用ポーチ glo sensキャップ 大きさは手榴弾くらい。 重さはめっちゃ軽いです。 無印プルームテックとタメを張る軽さ。 開封時にはダミーのフレーバー・カートリッジとたばこ・ポッドがついています。 後ろ姿。 前から見ると手榴弾、後ろ姿はカブトガニみたいです。 glo sens最大の欠点は、充電タイプがUSB2. 0ってところです。 タイプCってそんなにロイヤリティーが高いんでしょうか? 充電中のお姿。 充電は専用ACアダプタで最短75分、最長5時間3分。 ムラありすぎワロタ 喫煙回数はたばこ・ポッドみっつ分の180パフなのでたばこ・ポッドは1ポッド60パフです。 しかしパフカウントはありません。 好きな時にたばこ・ポッドを交換してください的なスタンス。 フレーバーを楽しめって事ですね。 専用ポッドはフレーバー・カートリッジとたばこ・ポッドが同梱されています。 フレーバー・カートリッジの上下にはゴムカバーがセットされているので外します。 これをglo sensの本体にセッティング。 カブトガニです。 更に上部にはたばこ・ポッドを差し込む部分があります。 ここにたばこ・ポッドをセットしたら準備OK。 吸い方は電源ボタン3連打でスイッチオン。 吸う時はコントロールボタン(スイッチ)を押しながら吸う、vape方式。 プルームテックの様にオート吸引ではありません。 3連打または5分無操作で電源オフです。 専用ポッドをglo sensで吸った評価 今回はローソンで買ったのですが、そこにあったフレーバーは下記の5種類。 glo sensのタバコを全部くださいと言って出てきたのがこれでした。 ネオ・ドルチェ・ティラミス・ポッド glo sensのフレーバーのたばこ・ポッドは全部同じです。 各フレーバー違いが出るのが、フレーバー・ポッド。 しかし外観的な違いがありません。 識別方法は接続部分の色で、ドルチェ・ティラミスは茶色くなっています。 吸った感じは濃厚なキックのあるmybulを吸った様な感じです。 甘くてうまい!更にキックもそこそこあります。 ティラミスと言えばティラミスですが、さっぱりとした甘さと重厚な味わいで実に美味しいです。 今回一番のヒットかもしれません。 ネオ・メロー・ブレンド・ポッド レギュラーのフレーバーです。 接続部分はもちろんブルー。 ブレンドなのでたばこフレーバーですが、タバコの感じが出ています。 ちょっと軽い感じもしますが、かつてタバコフレーバーとして販売されて買ったvapeのリキッドのどれよりタバコ味がします。 ネオ・クリスプ・メンソール・ポッド ノーマルメンソールなのが、クリスプ・メンソール。 フレーバー・カートリッジはグリーンです。 清涼感とキックはガンガンきますが、多少歯磨き粉なのは否めません。 サブゼロというリキッドで慣らされたおっさんは苦痛ではありませんが、vapeリキッド歯磨き粉警察な方にはやや不向きと言えます。 ネオ・ゼスティー・アップル・ポッド メンソールとりんご風味な感じの、ゼスティー・アップル。 フレーバー・カートリッジは蛍光イエロー。 当ブログをご愛読されている方はおわかりでしょうが、おっさんのストライクです。 ほのかな甘味とりんごジュースみたいな香り、キックはやや弱めですが、さっきからこればっかり吸っています。 ネオ・アイス・ブルーベリー・ポッド 期待が高まる、加熱式タバコ定番のメンソール、ブルーベリーです。 フレーバー・カートリッジは紫。 メンソールは普通、キックも普通、ブルーベリー感も普通。 ただずば抜けて車の芳香剤の臭いがします。 芳香剤で酔うおっさんにはちょっと不得手な香り。 加熱式タバコのブルーベリーに当たりが少ない。 全体的にフレーバーが抜群に出ていて、たばこ・ポッドのキックも感じられる、良作と言っていい製品に仕上がっています。 glo sensをゲットした知人が結構勧めてくれた理由も分かる出来。 glo Proにしても最近のBATJは力が入っています。 glo sensの問題点 そんなところでおっさん評価は割と高めなglo sensですが問題もたくさんあります。 パフカウントなし フレーバー・カートリッジが抜きにくい 専用ポッドがフィルムから出しにくい コントロールボタンが使いにくい ひとつずついきましょう。 glo sensのスタンスはフレーバーを楽しむ事です。 故にそれ以外のことはばっさりと切り捨てされています。 その最たるものがパフカウントがなく、たばこ・ポッドの交換もお知らせされません。 逆に言うと、たばこ・ポッドを好きなタイミングで交換していいのですが、フレーバー・カートリッジがなくなる180パフもたせる必要があります。 フレーバー・カートリッジ自体に結構なムラがあって、glo sens本体にはめた時にカチッとしっかりハマるのもあれば、ちょっと緩いものがあります。 カチッとハマったフレーバー・カートリッジはglo sensから外しにくいものがあります。 glo sens最大の難所がこれで、専用ポッドが入っているフィルムがやたら固くて、プルームテックのたばこカプセルみたいに簡単に押し出して出せません。 もうむしろ絶対に包装から出てやらないという意地すら感じます。 glo sensはプルームテックの様に吸うと加熱されるタイプではなく、コントロールボタンを押しながら吸う必要があります。 しかし、glo sensのコントロールボタンが、本体に対してフラットなのでコントロールボタンに位置が触指で分かりにくいのが困ったところ。 むしろ千昌夫レベルで分かりやすいスイッチが欲しいです。 難点がいくつかあるのは、やはりプルームテックプラスと比較されるからで、プルームテックプラスはユーザービリティにあふれているからかもしれません。 プルームテック一強であった低温加熱式タバコ市場の活性化をもたらすことは大いに期待されます。 フレーバーも全国発売のローンチで12種はかなり気合いが入っています。 今後の加熱式タバコはフレーバー最優先でその他をすべて切ったglo sensや、喫煙感優先ですべてを切ったPULZE(パルズ)の様に、操作性や使い勝手さえ省いた製品が増えるかもしれません。 でもglo sensちょっとハマってしまう魅力があります。 プルームテックプラスとの比較 気になるライバル製品プルームテックプラスとの比較です。 フレーバー glo sens>>>プルームテックプラス キック・タバコ感 プルームテックプラス(ゴールドリーフ)>>>glo sens 使いやすさ プルームテックプラス>>>glo sens 気楽さ glo sens>>>プルームテックプラス 今日glo sensを買ったらプルームテックプラス、たばこカプセルが貰えるクーポンが発行されました。 なんでしょう?このやよい軒にきて大戸屋のクーポンをもらうような感覚ともやもやは。 なおタバコは20歳から。

次の

グローセンス(glo sens)全10種類のフレーバーポッドまとめ

グローセンス ポッド

glo sens(グローセンス)の特徴 グローセンスはJTのプルームテックシリーズと同じ 「低温加熱式タバコ」です。 基本的な使い方もプルームテックプラスと同じ。 デバイスと 「neo pods(ネオポッド)」に同梱している 「たばこポッド」「カートリッジ」の2つを組み合わせて喫煙します。 従来のグローデバイスとは違い 「加熱待ち時間」がないので、好きなときに好きな分だけ吸うことが可能。 たばこポッド1個で 「約60パフ分」、カートリッジ1個で 「約180パフ分」となっています。 グローセンスの本体価格は 「4,980円 税込 」と、価格もプルームテックプラスと同じになっていますね。 【追記】グローセンスが新価格の 「980円」になりました。 クリスプメンソール• アイスブルーベリー• メローブレンド• ゼスティーアップル• ドルチェティラミス グローセンスのネオポッドは1箱で 「約180パフ分」、プルームのたばこカプセルは1箱で 「約250パフ分」となっています。 コスパが少し悪いようにも感じるグローセンスですが、果たしてそれをカバーするような吸いごたえと味はあるのか……? ネオポッドのクリスプメンソールを吸ってみた! まずはメンソールタイプの「クリスプメンソール」から試してみます。 ……味わい的には甘さのあるメンソールで普通に美味しいですね。 メンソールの冷涼感はそれなりに強めで、蒸気量が多いので 「吸ってる感」をとても楽しめます。 ほぼ無臭なのでニオイを気にする必要もないですね。 とはいえ、 吸いごたえ・キック感はほとんど感じません。 例えるなら、インペリアルタバコの 「マイブルー」より少し強めのキック感といった感じですね。 味と冷涼感はイイ感じですが、吸ったあとの満足感は個人的には少し微妙でした。 ネオポッドのアイスブルーベリーを吸ってみた! お次は「アイスブルーベリー」でモクモクしてみます。 ……これはかなり美味しいです 笑 ブルーベリー好きにはたまらない味かもしれません。 メンソールの冷涼感はやや控えめですが、ブルーベリーの香りとモクモク感を満喫できます。 とはいえ、やっぱり 吸いごたえ・キック感はほとんど感じませんでした。 フレーバーの味と蒸気量は完璧なので、かなり惜しいところです。 ネオポッドのメローブレンドを吸ってみた! レギュラーには興味がなかった僕ですが、以外にもハマりそうなのがこの「メローブレンド」でした。 味は少し甘さのあるレギュラー風味で、キック感の弱いグローセンスでもそれなりにタバコ感を楽しめると思います。 ガツンとモクモクしたい人にはオススメのフレーバーですね。 ネオポッドのゼスティーアップルを吸ってみた! 青リンゴ味の「ゼスティーアップル」です。 ……吸いごたえとメンソールの冷涼感はやや弱めで、僕がイメージしていた青リンゴ味とは少し違いました。 個人的にはリピなしですが 笑 、柑橘系フレーバーが好きな人はチェックしてみてください。 ネオポッドのドルチェティラミスを吸ってみた! スイーツ感を楽しめそうな「ドルチェティラミス」です。 ……味と香りは薄めのティラミスといった感じですね。 ほどよい甘さで普通に美味しいと思います。 メンソールよりも、甘いフレーバーが好きな人はぜひチェックしてみてください。 【追記】グローストア・オンラインストアで販売されている 「限定フレーバー全5種」も試してみました。 glo sens(グローセンス)の使用レビュー!まとめ 全国のコンビニでも発売となったグローセンスをレビューしてみました。 加熱式タバコというより「 」などのVAPEに近いグローセンスだったと思います。 とはいえ、 「薬事法の規制」により日本国内で流通しているVAPEリキッドには 「ニコチン」が含まれていません。 なので、多少のニコチンは摂りつつも、VAPE感覚でフレーバーを楽しみたい人にはピッタリのグローセンスだと思います。 個人的には 「吸いごたえ」 「キック感」が物足りなかったグローセンスですが、蒸気のモクモク感とフレーバーの味はかなりオススメですね。 【追記】グローセンスが980円で買える 「チャレンジキャンペーン」が開催しました。

次の