リリカ アルコール。 リリカ(プレガバリン)は即効性ある?副作用で太る?

リリカカプセル|【CARADA 健康相談】 医師や専門家に相談できる医療・ヘルスケアのQ&Aサイト

リリカ アルコール

4年前に首をむち打ちし、頭痛や気分の悪さ、首・肩の張り、凝りがあります。 かかりつけ医から処方された「リリカ」(商品名)という薬を飲むと症状が消えました。 飲み続けても大丈夫ですか。 (43歳女性) 徐々に減量、不安な時に服用 小川節郎 駿河台日大病院院長(麻酔科)(東京・御茶ノ水) 一般的に、むち打ち症による様々な症状は長期間続き、作用が異なる複数の薬を同時に服用したりする薬物療法をずっと続けることが多くなります。 しかし、痛み止めとしてよく使われる「非ステロイド性消炎鎮痛薬」は、胃腸に潰瘍ができるなどの副作用が出ることがあり、注意が必要です。 質問者が服用しているリリカは、非ステロイド性消炎鎮痛薬とは作用が異なり、興奮した神経を鎮める働きがあります。 昨年6月に発売された新しい薬で、神経が傷つくなどして起こる、帯状 疱疹 ほうしん 後神経痛などに効果が期待できます。 首や肩の張りや凝り、頭痛や気分の悪さは、むち打ちで痛んだ首の神経が異常に興奮して起こっている可能性があります。 リリカで症状が治まっているのであれば、神経の興奮が抑えられていると考えられます。 通常、鎮痛薬は痛みが消えれば服用をやめますが、リリカは、少量ならば飲み続けても問題ありません。 ただ、過剰に服用すると、眠気や抑うつなどの副作用が出る場合があります。 定期的に血液検査などを受け、体の調子に異常がないかどうかを確認することが必要です。 また、いずれは徐々に減量していってほしいと思います。 服用をやめることに不安を感じるのであれば、「調子が悪くなったら、その時だけ少し飲む」などと考えると、気が楽になると思います。 ペインクリニックを受診し、服用について相談することをお勧めします。

次の

リリカの服薬指導

リリカ アルコール

脊柱管狭窄症の症状でお悩みの人の話を聞いていると 「先生、私はお酒などアルコール類を飲酒すると脊柱管狭窄症の症状が悪化するんですが何でなんでしょうか?」 といった質問を稀にいただきます。 決して全ての脊柱管狭窄症の人に当てはまる話ではありませんが、このようにお酒などアルコール類を飲酒すると症状が悪化するという人は一定数おられます。 そこでこのページでは、脊柱管狭窄症の症状の悪化とアルコールやお酒、飲酒との関係について説明させていただきます。 ちなみに私は医療系の国家資格である柔道整復師という資格を持っている人間です 医療系の国家資格を持っている人間の端くれとして、出来るだけ丁寧で分かりやすい説明を心がけていますので、こういった事に興味のある人は是非参考にして下さいね。 スポンサーリンク アルコールが与える影響 アルコールが人体に与える影響は完全にはまだ解明されていませんが、脳の神経系や筋肉にも悪影響を発生させる説も存在します。 ご存知の人も多いと思いますが、脊柱管狭窄症とは神経が通っている脊柱管の変形によって中の神経を圧迫してしまい発生する疾患です。 つまり脊柱管狭窄症は神経系の働きが症状に深く関わっている疾患なんですね。 もしアルコールが神経の働きに何らかの問題を発生させるのであれば、症状が悪化しても不思議な事ではないんです。 (もし、というよりアルコールが神経に作用する事は判明しています) また、脊柱管狭窄症の症状の発生には筋肉の過緊張や炎症の有無も密接に関わっています。 お酒の中に含まれているアルコールには、先ほども説明させて頂いた様に筋肉の働きにも悪影響を発生させると考えられています。 そしてアルコールには血行を悪くさせる特徴もありますので、血管の中に存在している炎症が改善しにくい状況もつくられてしまう訳です。 もちろん、お酒の強さやその人のアルコールに対する耐性、そもそも脊柱管狭窄症の痛む条件は人によってバラバラな訳ですから、全ての人がお酒を飲んで悪化する訳ではありません。 しかし、お酒の中に入っているアルコールは脊柱管狭窄症のように神経の状態が関わっている症状を悪化させてしまう可能性は間違いなくありますので、症状が強い人は出来るだけ控えるようにして下さい。 (実際にお酒を飲むと必ず症状が悪化される人も一定数おられますので) スポンサーリンク 脊柱管狭窄症の人はお酒やアルコール類は飲んではいけないのか? こういった話をすると 「それなら私は一生お酒が飲めないんでしょうか?」 という様な質問をよく頂きます。 そんな事はありませんよ。 痛みが強い時は避けるべきだと考えますが、ある程度痛みが引けば飲酒をしてもさほど変化が起きない様になる人はたくさんいます。 ただし、毎日の様にお酒を飲んでいる人は少し量を抑えた方が良いでしょう。 痛みが強い時は、アルコール飲料は避けた方が改善の期間が早い傾向がありますので。 毎日お酒を飲んでいる人がなかなか改善しなかったので、飲酒を控えてもらうと症状がどんどん改善していった例は過去にもありました。 そういった人でもある程度症状が改善すれば、お酒を飲んでも症状が悪化しなくなりましたので。 全ての人に当てはまる訳ではありませんが、脊柱管狭窄症の症状とアルコールは密接な関係にありますので痛みの強い人はこのページを是非参考にして下さいね。 そしてこれは私の印象ですが、お酒やアルコール飲料で脊柱管狭窄症の症状が悪化する人は、症状自体が重症例である場合が多い様に感じます。 そういった人は禁酒だけでは症状が改善しない人も多いと思いますので、できるだけ早く信頼できる治療院や病院に相談する様にして下さいね。 もしどこに相談していいか分からない。 どこに行ってもダメだったという人は、1度私にお気軽にご相談してくださいね。 症状によっては限界もありますが、私は脊柱管狭窄症の治療をそれなりに得意にしていますので。 以上で「脊柱管狭窄症の悪化とアルコールやお酒、飲酒との関係とは」のページの説明を終了させていただきますが、下記に脊柱管狭窄症に関連するページのリンクも載せていますので、興味のある人はそちらも是非参考にして下さいね。 おすすめ記事 スポンサーリンク 脊柱管狭窄症に関しての記事.

次の

慢性疼痛治療薬リリカの作用・飲み方・副作用 [痛み・疼痛] All About

リリカ アルコール

この痛みの種類にも色々あって、通常の痛み止め(以下、鎮痛薬と表記)で比較的容易に治るものから特別な薬を使わないと改善しないものまで、様々な痛みとそれぞれに適する薬があります。 ここで紹介するのは、痛みの中でも厄介な痛みである神経障害性疼痛の治療薬リリカについてです。 その効果効能と作用の仕方や副作用などについて解説します。 また、リリカは通常の鎮痛薬と効果の現れる仕組みが異なります。 リリカという薬をより理解するためには、痛みの種類や痛みを感じる仕組みについての知識が必要です。 ここではリリカという薬だけではなく、痛みの種類と痛みを感じる仕組みの違いについても解説しています。 切り傷などの外傷や化膿など、炎症が生じたときに発生する痛みです。 傷つけられた細胞や炎症部位に集まってきた炎症細胞から、痛みのセンサーである侵害受容体を刺激する種々の痛み物質 カリウム・セロトニン・ブラジキニン・ヒスタミンなど が放出されます。 さらにそれらの痛み物質の作用を強める物質 サブスタンスP・ロイコトリエン・プロスタグランジンなど も放出されれて痛み物質がより強く侵害受容体を刺激します。 そして侵害受容体からの痛みの信号が、大脳の知覚領野に伝えられて痛みを感じることになるのです。 侵害受容体を介した痛みは傷ついたり炎症が生じている部位に限定され、押さえると痛みが出ます。 痛みは一定の強さで持続しますが、ときに拍動するように痛むこともあります。 また、体を動かすと痛みが強くなるというのも特徴です。 打撲や切り傷などの痛みがこれにあたり、通常の鎮痛薬で効果が得られます。 通常の鎮痛薬とは、いわゆる痛み止めとして一般に馴染みのある薬であり、非ステロイド性抗炎症薬 以下NSAIDsと表記:非麻薬性鎮痛薬とも言う と呼ばれるものです。 痛みの原因物質として最強のブラジキニンの作用を、プロスタグランジンという物質が増強して痛みを感じるようになります。 このプロスタグランジンを作る酵素であるシクロオキシゲナーゼの働きを阻害するのがNSAIDsです。 つまり侵害受容体を強力に刺激するブラジキニンの作用を強めるプロスタグランジンを少なくすることで、NSAIDsは痛みを和らげます。 末梢および中枢神経が何らかの原因により直接的に傷つけられて生じる痛みです。 上記の侵害受容性疼痛と異なり、侵害受容器が刺激されずに発生します。 神経自体が傷つくことで、その神経に関係する神経が過敏となり、傷ついた神経を持続的に刺激するようになるのです。 その後、いくつかの過程を経たのち、痛みを感じる中枢神経細胞内にCaイオンが流入 後述のリリカはこれに作用! するようになって、痛みを感じる中枢神経が過剰に興奮し痛みを感じやすくなります。 さらに関連しているとされるのは、痛みを抑制する系統の神経の機能低下です。 実際の障害としては、腰椎の椎間板ヘルニアによる神経圧迫で生じる坐骨神経痛や、帯状疱疹ウイルスが神経内にとどまって神経を傷つけることで生じる帯状疱疹後神経痛などがあります。 鎮痛薬は、先に述べた通常の鎮痛薬であるNSAIDsと麻薬性鎮痛薬に分けられますが、神経障害性疼痛は、その両方の鎮痛薬の効果が得られないのです。 痛みに効果がある薬には鎮痛補助薬といわれる薬があり、神経障害性疼痛に効果が期待できるリリカは鎮痛補助薬に分類されます。 製造販売をしているメーカーの添付文書にによれば、神経障害性疼痛に対するリリカの用量は使用する疾患により異なり以下のようになります。 神経障害性疼痛 通常、成人には初期用量としてプレガバリン1日150mgを経口投与し、その後1週間以上かけて1日用量として300mgまで漸増します。 年齢、症状により適宜服用量は増減しますが、1日の最高用量は600mgまでです。 いずれの服用量でも、1日2回に分けて服用する必要があります。 線維筋痛症に伴う疼痛 通常、成人には初期用量としてプレガバリン1日150mgを経口投与し、その後1週間以上かけて1日用量として300mgまで漸増します。 その後、効果が不十分であれば450mgまで増量可能です。 なお、年齢、症状により適宜服用量は1日450mgまでの範囲で増減し、服用はどのような量であっても必ず1日2回に分けて服用します。 リリカによってめまい、傾眠、意識消失などが表れることが報告されています。 服用中は自動車やバイクなどの運転や、危険をともなう機械の操作はしてはいけません。 また、高齢者では転倒して骨折した例も報告されており、十分な注意が必要です。 なお、リリカをいきなり中止することによって、不眠、悪心、頭痛、下痢、不安及び多汗症などの症状があらわれることがあるので、最短でも1週間以上かけて減量してから中止していく必要があります。 その他、リリカによって、体重が増えることがあるため、肥満の兆候があらわれた場合は食事療法や運動療法など適切に対処することが大切です。 特に、服用量が増えたり服用期間が長期となった場合に体重が増えることが認められ、定期的な体重測定をしていく必要があります。 さらに、リリカの服用によって弱視、視覚障害、霧視、複視などの眼障害が生じる可能性があるため、これらの異常がみられた場合は主治医に相談して、必要であれば眼科で診察を受けるようにしましょう。

次の