秋葉原 あだち 食堂。 【ナニコレ珍百景】秋葉原の大盛り定食「ごはん処あだち」の場所とメニューを調査!

【はじめての】秋葉原のデカ盛り食堂「あだち」

秋葉原 あだち 食堂

「あだち」の米の量は日本語が歪む お店の前の看板によると 大盛り:7kg 普通:3. 5kg 少なめ:2. 8kg 擦り切れ:600g ものご飯が提供されるようです。 どういう人間の大盛り、普通なんでしょうかw グーグルマップの口コミには星5の評価、星1の評価で真っ二つに別れています。 あだちの店主はこんな感じ 手ぬぐいねじりハチマキのよく喋るご主人がいます。 そして、ご飯の盛りに注文と大きな誤差を気分によって発生させます。 これは江戸っ子だからだそうです。 江戸っ子ってそうなの。 感覚的にメイド喫茶と同じような感じです。 メイド喫茶に純粋に喫茶の部分のみを求めていくのって変化球的じゃないですか。 メイドさんがキャピキャピ接客しに来ますよね。 (勝手なイメージ) ある意味、メイドさんとご主人様あってメイド喫茶という世界が出来上がりますよね。 それと同じ。 「あだち」のご主人と我々が「あだち」を作り上げます。 おしゃべりでお米を大量に継ぎたがるメイドさんと思えばオッケーです。 萌え要素がありませんが。 あだちの料理は… お店の売りはおいしいお米とおいしいからあげです。 まずメニューを選びます。 あまりに自慢の逸品なので、あだち(からあげ)セットを強く強く推奨されます。 なので、あだちセットで良いと思います。 おかずが出来上がると米の量を選びます。 「うちの店の米の量は半端じゃねぇぞ!」と脅かされます。 「夜、口笛を吹くと蛇が出るぞ!」的な茶目っ気のある脅かし方です。 桶の半分くらい(300g)が良いんじゃねぇか、おかわり自由だしといわれます。 誤差がデカイ。 さすが江戸っ子、どんぶり勘定。 「店主が江戸っ子気質のため写真と異なる場合がございます。 」 江戸っ子に薬剤の調剤はまかせらんねぇな。 からあげの味ですがご飯がすすむカレー味です。 もも肉なのでサラッと食べられます。 岩くらいの大きさです。 他にポテトコロッケと揚げ春巻き二本、おでんと柴漬けがあります。 からあげの味は正直言えば、これよりおいしいからあげを僕は知っています。 肉が大きいので、もも肉の淡白な味わいが味付けの濃いめチェーン店系と比較すると物足りないって意見は賛同します。 付け合せのおでんはめちゃくちゃ美味しかった。 「あだち」に向かない人 テーマパークやメイド喫茶にその世界感に入ることに強い抵抗があったり、一歩引いたところで見ちゃう方は難しいかなぁ。 流石に秋葉原で50年以上、三代続いてるお店だけあって ラーメン二郎のような独特の世界観があります。 ラーメン二郎もメイド喫茶(軍服とかくノ一喫茶もあるようですが)も特有の世界観が認められる東京。 しかし、口コミをみると「あだち」の世界観がやや認められていない節があるのは残念だなぁと思います。 知り合いが行くなら覚悟して行けといいますが。

次の

【肉・カレー】秋葉原のデカ盛り高カロリー飲食店【メガ盛・ドカ盛】

秋葉原 あだち 食堂

秋葉原でメガ盛りの定食を食べるなら「ごはん処あだち」がオススメです。 このお店の売りは、なんといってもその常軌を逸したボリューム。 定食のごはんは普通盛りで1升(約3. 5kg)、大盛りで2升(約7kg)という常識では考えられないデカ盛りなのです。 もちろんおかずもデカ盛りで、名物の「あだちサービスセット」(980円)では、おでん、コロッケ、唐揚げ、天ぷらなどがテンコ盛り。 ネギトロ丼(海鮮丼)もスゴいです。 見ただけでお腹いっぱいになりそうなメニューに加え、店主のキャラもどっぷりと濃いです。 マイペースで江戸っ子な店主のキャラに「悩むなんて馬鹿らしい」と謎の開き直りマインドがわいてくるという副次的な効果もあります。 (・) で安くてお腹いっぱい食べることができるお店を探したことはありませんか? 実際にあるんです! 知る人ぞ知る安くてのお店が! そのお店の名は「ごはん処あだち 」 このお店のごはん盛りは尋常ではありません。 ・普通盛りで1升(約3. 5kg) ・大盛りで2升(約7kg) すいません、数字だけではイメージつかないですよね。 このあとたっぷりとお見せします。 ちなみに、おかずのっぷりもハンパなし。 これでもかというほどから揚げやが詰め込まれたランチセットやチョモランマを思わせるタワーもあるようです。 コスパ&好きな方はぜひご一読ください! 店はの一角にある「ごはん処あだち 」 見慣れている人はここがどの辺りかわかるはず。 店頭には絶対見逃さない「アキバでボリュームNo. 1」と宣言した看板が。 これでもかというほどをアピール 入り口にもメニュー写真が所狭しと貼られ、入る前から満腹になってしまいそうです。 これが名物の「あだちサービスセット」980円 表には「あだちランチセット」と書いてありますが、同じモノです。 から揚げ、コロッケ、などなど、まあの店なら想定内の品数ですね。 ただし下の「ごはん量目安」を見ると、上記で触れたように大盛り2升、普通盛り1升のほか、少なめ8合もありました。 店主に止められる 何も知らずにうっかり「普通で」と言うと、店主がすかさず「うちの普通はこれなの!」と、頼むとどういう目を見るかを丁寧にレクチャーしてくれます。 ちなみに店主は話好き。 「大盛りはねえ……プロでも無理!大食いタレントのAが一応食べたには食べたけど」「おかずだけでも1kgあるからねえ。 大盛りだと総重量10kgくらいになるんじゃない」とニコニコしながら話し出します。 何度行っても同じトークなので、前菜だと思ってこれを聞くか、心を鬼にして大声で遮り、注文を強行しましょう。 ようやく店主と妥結して あだちサービスセット大盛りを注文。 ちなみにこの店では料理を注文してから出てくるまでなかなか時間がかかります。 次の3つのことを注意しておけば、待ち時間は大幅に減らせます。 ~『あだち』で待たない3原則~ (1)「あんた来たことあるよね」と言われたら嘘でも「ハイ」と言っておく。 (2)調理中に店主に話しかけない。 明らかに揚げ物放置でこっちがヒヤヒヤ。 から揚げが固くならないか心配。 (3)急に店主がテレビの話題について話を振ってくるので身構えておくように。 深い議論になるとまた厨房から出てきてしまうので、そうですねと軽く流すこと。 不気味な音が・・・ 「ぺしぺし、ぺしぺし」…… 何やら不気味な音がすると思って見ると、店主が無言で米の山を作っています。 ひとすくいで茶碗一杯分ぐらいありそうです。 まるで子どもがお手伝いしているかのような微笑ましい光景ですね(汗)。 具材はその時によって変わります。 汁物が揚げ物と一緒に盛られているとか、この店ではそんな小さいことは気にならなくなります。 ・コロッケ 中身は日によって変わります。 メンチ系だったりクリーム系だったり。 自家製とは信じられないくらいの完成度です。 ・ 巨大すぎる獅子唐と、茄子。 これもその時によって変わります。 ・厚焼き卵 甘めでこれもごはんが進みます。 自家製だそうです。 ・春巻 自家製かは別にして、味がいいアクセントになります。 ・漬物 ごはん処理班として大活躍してくれそうですが、明らかにごはんに対しては足りません。 ・から揚げ このから揚げを目当てに来る人もいるそうです。 というのも…… 名物のカレーから揚げは10cmほどのデカさ。 しかも4個! 特製のカレー風味に仕上げてあり、鶏モモ肉の柔らかさとカリッと揚がった衣の食感がたまりません。 味付けは濃い目で、から揚げ1個につきごはん1合はいけそうです。 赤子の顔ぐらいある 放置しても長年の勘でベストな揚げ加減に。 冷めてもカリカリのままです。 しかし巨大です。 もはや麻痺しているのです。 店で一番少ない量(でも茶碗3杯分) この「11軽」というサイズが最小だそうです。 店主は普段からこんなに量を食べていないと思いますが、他人の胃ならいくらでも入ると勘違いしているのでしょうか。 どうしてこんなに盛り始めたのか 実は昔、駅前には青果市場がありました。 『あだち』は先代が50年前に始めた店で、当時は市場で働く人のための食堂だったそうです。 市場で働く人はたくさん食べる上に舌が肥えており、ここは「味と量の店」として美味しさとボリュームを売りに繁盛していました。 市場が大田市場に移った今も店主の安達政則さんが暖簾を守り、と美味しさをアキバの人々に提供し続けています。 ちなみに看板の「江戸神輿」とは、安達さんが江戸神輿愛好会「安達會」を主宰しているためPRしているようです。 これについて訊くとまた話し始めてしまうので、時間のある時にぜひ。 産コシヒカリが秘密の安いルートで手に入る! 「こんなにごはんを盛れるなんて、どうせ安い米使ってんだろ」なんて邪推はヤボ!! ここの米はのコシヒカリで、米問屋とは先代から築いた信頼があるため安く仕入れることができるそうです。 正直、本当にお米は甘くふっくらしていて美味しい。 おかずがなくなっても食べ続けてしまうのはそのためなんですね。 ネギトロ丼の威力もハンパない(なぜか別の日にまた来てしまった) 別の日にネギトロ丼も注文してみました。 ネギトロ丼とは言うものの、マグロ、サーモン、タコなどが乗り普通にです。 一面に張り付いたシラスは釜揚げ系の柔らかいものではなく、塩気の効いた乾物系なのでこれまたごはんが進みます。 以上に店主のキャラがスゴかった 昼休みの1時間に訪れるより、ゆっくりしたい休日や誰かにかまってほしい寂しい日などに行くのが良いでしょう。 お腹もいっぱいになりますが、マイペースで江戸っ子な店主のキャラに「悩むなんて馬鹿らしい」と謎の開き直りマインドがわいてきます。 ちなみに夜は居酒屋として営業していて、ランチセットを同じ内容で1000円で提供しています。 夜の定食は高い店も多いですが、たったの20円アップでお酒とともに楽しめるので、会社帰りにいかがでしょう。 紹介したお店 ごはん処あだち 住所:都千代田区外3丁目11-6 時間:11:30~15:00(L. )、17:00~23:00(L. )、土・日曜の昼は~16:00(L. ) プロフィール 猫田しげる と食べ放題を求めて津々浦々。 おいしいものもおいしくないものも大好きです。

次の

東京都・秋葉原の大盛りメシ頂上決戦! 「ごはん処あだち」VS.「昭和食堂」

秋葉原 あだち 食堂

ごはん処あだち アクセスと待ち時間 ごはん処あだち アクセスと行き方 「 ごはん処あだち」の最寄り駅は、秋葉原駅・末広町駅。 どちらの駅からも歩いて5分ほどでいけます。 地図でいうと以下のあたり。 今回は秋葉原駅からのアクセスで紹介します。 秋葉原の聖地「AKB48劇場」を背にして、反対車線の小道を入ります。 ごはん処あだちは、昔ながらの定食屋さん そこから50メートルほど歩き、右側に「スタ丼」のお店が見え始めたころ、左側にこちらのお店が出てきます。 すっげー老舗感のある「 」 という定食屋さんに到着しました!ここが大食いの聖地だと知らなければ、まず訪れることはないでしょう。 さぁ、今からありえない光景が連発しますよ~(笑) 秋葉原でボリュームNo. というか日本一かも!? ごはん処あだちは、アキバでボリュームNo. 1 「ごはん処あだち」まずは入り口の看板から紹介します。 「おかわり無料」「アキバでボリュームNo. 1」これだけ見ると、まぁ地元に1軒ぐらいはありそうな雰囲気ですよね。 ところが、ここからがスゴイの!!! ・・・!? もう一回、写真右下をみてくださいね。 普通盛りで、1升(約3. 5kg)!!? とにかくご飯の量がハンパない雰囲気です。 どれだけご飯を食べてもお代わり無料、しかもそれで980円。 ありえない・・・、アキバNo. 1というか、これどう考えても日本一のコスパじゃない!? 初入店の方には、親父さんの会話が止まりません(笑) 店内はいかにも「ザ・定食屋」という昔ながらの雰囲気。 そして初入店とわかるや否や、親父さんの説明が止まりません。 お店のシステムを懇切丁寧に話してくれます。 そして、ご飯の量をしつこく聞かれます(笑) 昔は「普通で」というと3. 5kgのご飯を出していたそうですが(うん、確かに普通盛りだ。 この店ではw)あまりのボリュームでお客さんから「ちゃんと説明して」と要望が入り、きちんと説明するようになったそうです(笑) だって3. 5kgってことは、 お茶碗20杯分なんだもん・・・。 この上に大盛りがあります。 大盛りは7kgグラムなので、お茶碗40杯相当。 9割以上のお客さんが頼むのが、 あだちランチセット ご飯の目安表がありますが、もはや基準がわかりません。 お茶碗なんていう小さな器はありません(笑) 一番小さい器が「寿司桶」です。 ある程度のボリュームになると、右の白い皿にグレードアップします。 11軽になりました。 もっとチャレンジしたい気もしましたが、まぁお代わり自由とのことなので。 しばらくして、あだちランチセットがやってきました! ちょっとイメージがつかみづらいので、横に置いてあった「一味唐辛子」と合わせて撮影。 高さのイメージがつかめますか? このおかず自体が、またボリュームがあるんですよ!この日のメンバーは おかずのラインナップ• ポテトコロッケ• 野菜かき揚げ• 野菜の煮物(ナス、大根、こんにゃくなど)• 厚焼き玉子• お新香• 豆腐と野菜のサラダ どれもこれも、豪快かつお腹に溜まりそうなおかず満載です! このおかずを「ありえない量」のライスでがっつくんですが、コシヒカリのライスが美味しいんです!!11軽では足りなかったので、追加でお代わりしました。 このお代わりも、 親父さんの気分で量が変わります。 「寿司桶半分で」と言ったのに、愛情たっぷりに8割ほど盛られました(この想定してたよりも追加されただけで、お茶碗1杯分はありそう) スポンサーリンク 7kgの大盛りを完食できるなら、日本一レベル!? 7kgの大盛りを完食したのは歴代で何人? 親父さんに聞いてみました。 お相撲さん(名前はわからず)、テレビ界の大食いとして超有名人の 、 とかが、大盛りを完食したことがある歴代の方々だそうです! 逆にコンディションが悪かった日は、上記の強者たとも残していた日もあったと(まじか・・・?) 7kgの大盛を完食できる方は、ぜひTVチャンピオンに つまりこのお店で大盛りを食べられるなら、日本一クラスの大食いってことです。 もしここで大盛りを完食したら、本気でTVチャンピオンを目指してください。 応援します。 僕も密かに、TVチャンピオンの大食い王、予選会応募を考えてた時期がありましたが、このお店に出会って完全に断念しましたw 大食いのプロって、やっぱりありえない人種なんだ・・・ 11軽+お代わり、ちゃんと完食しましたー。 親父さんいわく、10軽は11軽の3倍の量があるとか(もはや計算が合わないのはご愛嬌・・・w) ありえない位がっつり食べたい時に、覚悟して行ってみてください。 自分の大食いが「胃の中の蛙」なのがわかりますよ。 ふじたんは、次回は海鮮丼で10軽に挑戦してみようかなぁ。

次の