転生悪女の黒歴史 15話。 転生悪女の黒歴史1巻を完全無料で読める?zip・rar・漫画村の代役発見!?

転生悪女の黒歴史 20話 最新話 ネタバレ注意 画バレ注意

転生悪女の黒歴史 15話

『転生悪女の黒歴史』前話 15 話のあらすじは・・・ 1人で戦うイアナに助けを求めたのはカグラ。 カグラを守りながら戦うのに限界を感じたイアナをソルとヨミが鮮やかに助ける。 自分は1人ではないと実感したイアナは、改めてソルとヨミに力を貸して欲しいと頼み、3人で再び事件解決に向かうが…!? 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 聖女・コノハの血を! もう吸血鬼は目覚めてしまっている。 大切なのはこの事態を解決すること。 救うには親玉を倒すしかない。 イアナ達は吸血鬼化したエルフ達に囲まれる。 個々の力は大したことなくとも、大人数で来られれば数で押し切られ、連戦で体力が尽きてしまう。 一旦どこかに身を隠そうとした時だった。 吸血鬼達が口々に呟き始める。 「コノハ…。 コノハ・マグノリア…。 聖女…血…喰らう。 」 イアナ達は耳を疑った。 今、何て……!? 襲い来る吸血鬼達をソルが倒した時、声が聞こえた。 「皆さん!こっちです!」 開いたドアに向かって走り、間一髪のところで扉を閉めなんとか助かった。 声をかけてくれたのは、シュクナだった。 話によると、昨夜里の封印が解け、強大な力を持った吸血鬼がエルフ達を蹂躙…里の者はほとんど吸血鬼化してしまったという。 シュクナの正体 ヨミは吸血鬼達が不死身なのか聞いた。 致命傷を負わせても、やがて復活する。 シュクナは吸血鬼の倒し方を教えた。 聖女による強力な浄化か、十字架を心臓に打ち込むこと。 だが外の吸血鬼は襲われただけのエルフ族なので殺さないでほしいのが本音だとシュクナは言う。 それでもコノハを喰うなどと聞いてはこちらも黙っていられない。 コノハの血を欲していたのは、吸血鬼は無垢で清らかな血に惹かれるため。 親玉である吸血王は、コノハを妃にしようという考えもあるらしい。 イアナはその吸血王を倒すしかないと、居場所を聞いた。 シュクナは驚き、王の力は絶大で何人も向かって行ったが誰一人帰って来なかったという。 ソルはシュクナの首にナイフをあて、居場所を聞き出した。 王は、里の神殿にいるという。 吸血王のもとへ向かう途中に礼拝堂があり、シュクナは休憩を勧めた。 カグラも疲れているからと、イアナは休む事にした。 シュクナは、ふと小さな声で話し出す。 自分は臆病で、仲間が次々噛まれ吸血鬼となるのを見ても立ち向かえなかった…と。 イアナはシュクナがここにいて王の居場所を教えてくれたからこそ自分達は進めるのだからそこに意味はある、と励ます。 「意味…。 そうですね、意味はある」 次の瞬間、シュクナはイアナの首に歯を突き立てた。 シュクナは吸血王から直々に噛まれ吸血鬼になった、自我を保ったタイプの吸血鬼だった。 コノハをおびき出すエサとして、イアナを使うと、歪んだ笑顔を見せる。 攻撃を仕掛けたヨミは飛ばされ部屋の外の柱に激突した。 シュクナは『支配されるのは快楽にかわる』と薄笑いを浮かべながら扉を閉め鍵をかける。 吸血王 カグラは気絶しているだけだった。 イアナのためにも守らなくてはとヨミは思う。 扉の鍵は魔法がかけてあったが、残りの力を振り絞って解錠しようとするヨミ。 鍵に触れた瞬間、ドクンッと何かを感じ目を見開いた。 イアナは焦っていた。 ヨミの反応が無く、無事か分からない。 そしてこのままでは私は吸血鬼になり自我を失いソルを襲ってしまう。 何か手はないかと考えるイアナ。 ふと持っていた吸血鬼を封印する十字架の杭を見てこれに仕掛けがあったりしないだろうか、と考える。 上から、横から、あちこちよく見るが特に何もなく、下から見ようとする。 そのポーズはまるで自分の胸に杭を打とうとしているように見え、ソルは十字架を奪ってイアナの手を取り倒した。 「何を…何を考えておられるのですか…!!」 その時、どこかから血の匂いがした気がして、同時にイアナの体がドクンとなる。 「ソル…ごめん、なさいっ…!わたし…う、あ…あっ…」 その頃シュクナは吸血王に状況を報告していた。 王は喜び機嫌が良く、シュクナの働きを褒める。 そして立ち上がり、『俺様が直々に迎えに行ってやる』と不敵な笑みを浮かべた。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 をお送りしました。 漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】 まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の

転生悪女の黒歴史 12話~14話 ネタバレ注意 画バレ注意

転生悪女の黒歴史 15話

冬夏アキハル先生の『転生悪女の黒歴史』は月刊ララにて連載中です。 『転生悪女の黒歴史』の前回(10話)のあらすじは… 佐藤コノハは学生時代、妄想の話を描き連ねていた。 社会人になったコノハはある日事故にあい、異世界転生してしまうが、ヒロイン・コノハではなく、その妹・悪女キャラのイアナに転生してしまう!描いた物語を思い出し、死は回避できたが、コノハの害になると判断された時点で死が訪れる…。 美少女連続誘拐事件が発生し、イアナは警察官シャノウに犯人と疑われる。 そんな中、コノハと一緒に出席したアマリリス夫人の誕生日パーティーで、イアナに初めての友達が出来る。 だがその友達・メノアが行方不明になって…!? 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 アマリリス夫人を信じるシャノウ。 イアナの考えが間違っていたら逮捕する、という条件で、シャノウとイアナは一緒に捜索を開始する。 そのくらいの覚悟がなくては、誰も助けられない。 イアナの意志は強かった。 しかしシャノウが見ていた警備の見取り図には、地下室などない。 イアナはふとコノハが夫人とお茶を飲んだという話を思い出す。 コノハは無事だったから気づかなかったけど、あの時、ソルが一緒にいたから攫えなかっただけ…! つまり行き先は、コノハが夫人に呼ばれた、一階西奥の温室!! イアナはシャノウの手を取り、真っ直ぐに温室に向かった。 温室は普段は夫人専用らしいが、メノア捜索のため一時解放してある。 イアナが手当たり次第に触っていると、銅像の1つが、回した拍子にカチリと音を立てた。 同時に、池の水が引き、底に下への階段が現れる。 見つけた!と思った次の瞬間、後ろから誰かに殴られて、イアナは意識を失った。 歪んだ楽園 気づくと、両手を縛られ、上に締め上げられていた。 隣にはシャノウ。 2人の前では、アマリリス夫人と首輪をつけられ愛でられる2人の美少女。 シャノウは放心していた。 妹が攫われた時、心を痛めて涙まで流してくれたはずの夫人が…。 アマリリス夫人はシャノウを見ると『馬鹿な男』と吐き捨てた。 シャノウが必死に探してた半年間、ずっとここで私が愛でてあげていた、と嘲笑う。 上に少女達が数名囚われているのが見えた。 その中にはメノアもシャノウの妹もいる。 アマリリス夫人はシャノウをこの場で汚そうとした。 服に手をかける。 助けようと必死に考えたイアナは言った。 「あなたに彼の服が脱がせるのかしら…?」 不敵な笑みを浮かべる。 イアナが、佐藤コノハとしてこの物語をまさに書いていたのだからこそ、分かること。 登場人物の服は、一部脱ぎ着が出来ないものがある。 見た目のカッコよさを重視して描いていたため、着脱の方法などどうでもよく、もはや描いている本人すらどうやって脱がせるかわからない。 実際、夫人はシャノウの服を脱がせられなかった。 次に夫人は、イアナに手を組む話を持ちかける。 イアナの設定、つまりは悪女として美人令嬢に嫌がらせを繰り返していたというキャラ。 転生して今のイアナの中身はそうではないが、この世界では悪女で通っている。 夫人はここに美少女を連れてくるように言う。 だがイアナはハッキリと断った。 あなたとは違う。 私はそんなものは卒業した。 「美しいものに憧れて、自分を捨てようとした昔の私に似てる。 自分の中の醜さを認められなくて、歪んでしまった私と!」 夫人は怒りイアナの頰を叩いた。 そして手を組まないのなら自分の美の糧として殺そうとする。 体を裂いて、血を飲む…と。 あの子の言葉 意識が遠のきそうなイアナに、シャノウが叫ぶ。 イアナは自分が書いたこの先のストーリーを思い出していた。 夫人には病で失った美しい妹がおり、その妹が亡くなる直前に言った言葉。 『お姉さまはいつまでも美しくいてね…』 その時夫人の心に歪みが生まれる。 「こんな事をしてもあの子は喜ばない! あの子が見ていたのは、自分を守り慈しんでくれる心そのものだった…。 慈悲深いあなたの心が…!あの子にとっての美しさだったのよ…!!」 ストーリーでは、ここで夫人の心は浄化されるはずだった、が。 『あんたみたいな醜女があの子を語るな』と、夫人は逆上する。 ここで容疑のかかっているイアナを殺せば、犯人はイアナとなる。 あとはシャノウも口封じに殺してしまえば、誰も私を裁けない。 夫人は狂ったように笑いながら、鎌をイアナに向かって振り上げた。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 無料登録するだけでもれなく購入した本が50%オフになるクーポンがもらえます。 ぜひ有効に利用したいですね。 登録無料で月額料金不要。 無料で読める作品が約1万5000冊もあります。 是非試し読みをして本を選んでくださいね。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の

転生悪女の黒歴史 (花とゆめコミックス)

転生悪女の黒歴史 15話

冬夏アキハル先生の『転生悪女の黒歴史』は月刊ララにて連載中です。 『転生悪女の黒歴史』の前回(10話)のあらすじは… 佐藤コノハは学生時代、妄想の話を描き連ねていた。 社会人になったコノハはある日事故にあい、異世界転生してしまうが、ヒロイン・コノハではなく、その妹・悪女キャラのイアナに転生してしまう!描いた物語を思い出し、死は回避できたが、コノハの害になると判断された時点で死が訪れる…。 美少女連続誘拐事件が発生し、イアナは警察官シャノウに犯人と疑われる。 そんな中、コノハと一緒に出席したアマリリス夫人の誕生日パーティーで、イアナに初めての友達が出来る。 だがその友達・メノアが行方不明になって…!? 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 アマリリス夫人を信じるシャノウ。 イアナの考えが間違っていたら逮捕する、という条件で、シャノウとイアナは一緒に捜索を開始する。 そのくらいの覚悟がなくては、誰も助けられない。 イアナの意志は強かった。 しかしシャノウが見ていた警備の見取り図には、地下室などない。 イアナはふとコノハが夫人とお茶を飲んだという話を思い出す。 コノハは無事だったから気づかなかったけど、あの時、ソルが一緒にいたから攫えなかっただけ…! つまり行き先は、コノハが夫人に呼ばれた、一階西奥の温室!! イアナはシャノウの手を取り、真っ直ぐに温室に向かった。 温室は普段は夫人専用らしいが、メノア捜索のため一時解放してある。 イアナが手当たり次第に触っていると、銅像の1つが、回した拍子にカチリと音を立てた。 同時に、池の水が引き、底に下への階段が現れる。 見つけた!と思った次の瞬間、後ろから誰かに殴られて、イアナは意識を失った。 歪んだ楽園 気づくと、両手を縛られ、上に締め上げられていた。 隣にはシャノウ。 2人の前では、アマリリス夫人と首輪をつけられ愛でられる2人の美少女。 シャノウは放心していた。 妹が攫われた時、心を痛めて涙まで流してくれたはずの夫人が…。 アマリリス夫人はシャノウを見ると『馬鹿な男』と吐き捨てた。 シャノウが必死に探してた半年間、ずっとここで私が愛でてあげていた、と嘲笑う。 上に少女達が数名囚われているのが見えた。 その中にはメノアもシャノウの妹もいる。 アマリリス夫人はシャノウをこの場で汚そうとした。 服に手をかける。 助けようと必死に考えたイアナは言った。 「あなたに彼の服が脱がせるのかしら…?」 不敵な笑みを浮かべる。 イアナが、佐藤コノハとしてこの物語をまさに書いていたのだからこそ、分かること。 登場人物の服は、一部脱ぎ着が出来ないものがある。 見た目のカッコよさを重視して描いていたため、着脱の方法などどうでもよく、もはや描いている本人すらどうやって脱がせるかわからない。 実際、夫人はシャノウの服を脱がせられなかった。 次に夫人は、イアナに手を組む話を持ちかける。 イアナの設定、つまりは悪女として美人令嬢に嫌がらせを繰り返していたというキャラ。 転生して今のイアナの中身はそうではないが、この世界では悪女で通っている。 夫人はここに美少女を連れてくるように言う。 だがイアナはハッキリと断った。 あなたとは違う。 私はそんなものは卒業した。 「美しいものに憧れて、自分を捨てようとした昔の私に似てる。 自分の中の醜さを認められなくて、歪んでしまった私と!」 夫人は怒りイアナの頰を叩いた。 そして手を組まないのなら自分の美の糧として殺そうとする。 体を裂いて、血を飲む…と。 あの子の言葉 意識が遠のきそうなイアナに、シャノウが叫ぶ。 イアナは自分が書いたこの先のストーリーを思い出していた。 夫人には病で失った美しい妹がおり、その妹が亡くなる直前に言った言葉。 『お姉さまはいつまでも美しくいてね…』 その時夫人の心に歪みが生まれる。 「こんな事をしてもあの子は喜ばない! あの子が見ていたのは、自分を守り慈しんでくれる心そのものだった…。 慈悲深いあなたの心が…!あの子にとっての美しさだったのよ…!!」 ストーリーでは、ここで夫人の心は浄化されるはずだった、が。 『あんたみたいな醜女があの子を語るな』と、夫人は逆上する。 ここで容疑のかかっているイアナを殺せば、犯人はイアナとなる。 あとはシャノウも口封じに殺してしまえば、誰も私を裁けない。 夫人は狂ったように笑いながら、鎌をイアナに向かって振り上げた。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 無料登録するだけでもれなく購入した本が50%オフになるクーポンがもらえます。 ぜひ有効に利用したいですね。 登録無料で月額料金不要。 無料で読める作品が約1万5000冊もあります。 是非試し読みをして本を選んでくださいね。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の