そーせい 株価 なぜ。 そーせいグループ(株)【4565】:株式/株価

そーせい株価急落のなぜ?まさかの株価53%急落に「復調」の兆しも

そーせい 株価 なぜ

新興市場大暴落とその理由 新興市場全体が大暴落に・・・ 2016年5月16日、東証マザーズ、東証ジャスダックなどの新興市場全体に大きな衝撃が走りました。 東証マザーズは、前日比-81. 65 -6. 37で大引けを迎えました。 東証ジャスダックもまた、前日比-17. 48 -0. 93というマイナスで大引けを迎えました。 一方、日経平均株価指数は、前日比+54. 19 +0. 40で取引を終えました。 日経平均株価指数も大きく下がっていないのにも関わらず、なぜ新興市場の株価はこんなにも大きく暴落してしまったのでしょうか? 東証マザーズ三強の株価大暴落。 本日の第一の異変として挙げられることは、ジグソーショックです。 これまで底値から株価が5倍まで大きく買われてきた、新興市場でも大注目を集めている『ジグソー[3914]』が大きく売られ、前場からストップ安気配のまま本日の取引を終えることになりました。 前日比-5000円 -24. この『ジグソー[3914]』が大きく売られた理由は、先週末前営業日5月13日大引け後に行われた『ジグソー[3914]』の決算発表です。 『ジグソー[3914]』は、1Q営業益が5,800万円であり、4Q単独比横ばいであることを発表しました。 『ジグソー[3914]』は、株価暴落前の段階ですでにPBRが200倍以上となるまでこれまで大きく買われており、 決算発表に対する失望売りを呼んだと考えられます。 このジグソーショックを機に、その大暴落に対して担保するための資金を周りから集めるかのように、 新興市場はほとんどの銘柄で売り注文が殺到することとなりました。 そんななか、『ジグソー[3914]』と並んで新興市場においてよく買われている、『ブランジスタ[6176]』や『そーせい[4565]』も大きく売られ、新興市場はもはやパニック状態に。。 特に、前場ザラ場開始すぐに ストップ高となっていた『ブランジスタ[6176]』は、わずか30分間というひじょうに短い時間で、ストップ安まで制限値幅いっぱいに売られることとなりました。 『ブランジスタ[6176]』は、前日比-3000円 -23. また、『そーせい[4565]』も大きく株価が暴落し、前日比-3750円 -14. 東証マザーズ市場で大きな地位をしめている、 東証マザーズ三強、『ジグソー[3914]』、『ブランジスタ[6176]』、『そーせい[4565]』が一度に大幅安となったことで、新興市場は大混乱。 また、ストップ高となっていた『フューチャーベンチャーキャピタル FVC [8462]』や『アカツキ[3932]』、『チエル[3933]』も後場にかけて大きく売られ始めることとなり、まさに地獄絵図とも言える展開に。。 おそらく、このマザーズ三強の大暴落をはじめとした、新興市場大暴落で、ポートフォリオが一気に含み損となってしまった投資家も少なくはないのではないかと思います。 特に、最近株価を上げてきた銘柄での売り注文が顕著でした。 なかには、業績が悪くはない銘柄も大きく売られていました。 時間はかかるかもしれませんが、 すでに決算通過済で業績の悪くない銘柄から徐々に買い戻しされるのではないかと個人的には思っています。 この大暴落で割安水準となった銘柄は、買いのチャンスかもしれません。 しかし、『ジグソー[3914]』、『ブランジスタ[6176]』、『そーせい[4565]』の大暴落がまだどれだけの影響を及ぼすかは未知数のため、いた購入したい銘柄がある場合には、その株価が一度落ち着いてからのほうが良いかもしれません。 「安いから買っておこう!」や「やばい早く売らなきゃ!」などと、 焦って売買することのないように注意したいところですね。 しっかりと 冷静に状況を捉えてから、慎重に売買するようにしましょう。 なお、参考までにですが、22時20分現在、PTS夜間取引において、『ジグソー[3914]』は-4000円 -26. ほかの新興市場銘柄はどのようになるのかはわからないですが、マザーズ三強の株価が落ち着くのは、もう少し先になるかもしれませんね。 追記 ジグソーショックに関する記事は以下の記事『ジグソーショック、新興市場の株価大暴落続く。。 』も併せてご覧ください。 追記:2016年5月18日 Googleサイト内検索.

次の

五味大輔の現在・そーせいグループの保有株数と投資手法は?

そーせい 株価 なぜ

そーせいの株価がヤバイことになってますね! ヤバイっていうのは、 悪い意味でのヤバイです!! だってねぇ、 本日朝から ストップ安で売りが殺到していますよ。 そーせいヤバイな 決算赤字、CFマイナスの企業から期待値も剥がれたら暴落は免れませんな — ORE gekikarakid これは9月初旬のTATERUに続いて、 かなりの暴落祭りになりそうな気がしますね。 つまり、 本日の売りはまだ序章ですよ!皆さん! 一体そーせいはここからどうなってしまうのか! 株価がどうなるか、 勝手な自己見解をたらたらと述べておきます。 (ちなみにTATERUは昨日から2日続けてストップ高…) 大暴落のそーせいショックはなぜ起きてるのか? そーせいは創薬ベンチャーの企業で、 アルツハイマー病、統合失調症、がん治療薬などの研究開発を事業としてやっています。 つまり、 大病を治すための治療薬を日々研究しているんですね。 この治療薬によってもたらされる収益を元に、 企業成長している事業構造になっています。 で、本日ストップ安をつけているそーせいの株価。 今回のそーせいショックはなぜ起こっているのでしょうか? それは昨日発表されたIRに暴落の原因があります。 引用元:そーせい公式サイト アルツハイマー病の治療薬として期待されていた新薬の実験で、 予期しない毒性初見が見つかったそうです。 まー新薬の開発なんでね。 そういうことも全然あるでしょうよ。 今回 新薬の開発は今回の詳細内容が把握できるまで 中断するという発表になりましたが、 企業としては英断ですね。 原因が分からないまま、 実験を進めても仕方ないですから。 今回の原因をもとに分析をして、 より良い新薬の実験に活かせばいいでしょう。 ところが、 株価はそうはいきません。 なぜかというと、 今回のこの新薬は2019年の収益になる予定だったからです。 つまり、 株価はその収益を見込んで、 推移していたんですね。 創薬などを事業にしているバイオテクノロジー関連の株は、 こういう新薬が出来た時のインパクトがもの凄いので、 例え 赤字続きの企業であっても、 その期待値によって株価が支えられて 推移しています。 が、 その反面、 その期待値がなくなった時の暴落はハンパないです。 そーせいは前期純利益マイナス26億円と破格な赤字でしたが、 株価が2000円近くを推移していたのは、 その期待値によって支えられていたのが大きいですね。 今期の四半期もずっと赤字続きでしたが、 この新薬によって支えられていた部分があります。 新薬の開発が頓挫した今、 暴落は免れませんわな。 株価が今後どうなるかを予想! さて、 上で述べたようにこの期待値が剥がれたそーせいはだいぶヤバイと私は見ています。 そーせいは今月大暴落をしたTATERUと違い、 配当も優待もありませんからね。 9月19日時点で1424円の株価ですが、 1000円割れてくると見ていますよ。 下げが止まりそうなラインってどこですかねぇ。 600円~700円くらいまで落ちるんじゃないかなー なんて見てますが、 どうでしょう。 利益も赤字• 優待も配当もない• チャートも安値を更新しそう となると、 ここは 純資産によるPBRで底を測るしかないんじゃないでしょうか。 PBRで見ると、 株価600円~700円で、 1倍前後。 この辺が暴落が止まるラインじゃないでしょうかね。 逆に言うと、 このラインまで下がってくれば、 そーせいは買ってみるのも面白いです。 新薬の開発中断、延期で目先の株価上昇は見込めないですが、 新薬開発が飛んだわけじゃないですからね。 バイオテクノロジー関連株は新薬が完成した時やその普及のインパクトがもの凄いので、 とんでもない上昇をすることもあります。 時間はかかるでしょうが、 ある程度下落の余地がなくなってきたところで、 拾ってみると、 良い買い物になる可能性もありますわな。

次の

そーせい株価急落のなぜ?まさかの株価53%急落に「復調」の兆しも

そーせい 株価 なぜ

0% 09:07現在 29日に発表した「ノバルティスから成功報酬1億円受領」が買い材料。 戦略提携先であるノバルティス社の日本法人が世界に先駆けて喘息治療剤「エナジア」の製造販売承認を取得したと発表。 これに伴い、20年12月期第3四半期に約1億3400万円のマイルストーンを受領する見込み。 0% 09:07現在 29日に決算を発表。 「今期経常を一転20%減益に下方修正」が嫌気された。 象印マホービン が6月29日大引け後 15:30 に決算を発表。 20年11月期第2四半期累計 19年12月-20年5月 の連結経常利益は前年同期比27. 5%減の31億円に減り、従来予想の37億円を下回って着地。 7億円 に20. 3%下方修正し、一転して20. 0%減益見通しとなった。 6% 09:07現在 29日に決算を発表。 「3-5月期 1Q 経常は6倍増益・上期計画を超過」が好感された。 ケーヨー が6月29日大引け後 15:30 に決算を発表。 21年2月期第1四半期 3-5月 の経常利益 非連結 は前年同期比6. 0倍の27. 8億円に急拡大し、3-8月期 上期 計画の18億円に対する進捗率が154. 7%とすでに上回り、さらに5年平均の64. 3%も超えた。 9% 09:07現在 29日に発表した「NHK関連番組制作向け派遣会社を買収」が買い材料。 NHK関連の番組制作向け派遣を展開するウイング社、VR・Web関連技術に強みを持つGrune社の株式をそれぞれ取得し子会社化する。 4% 09:07現在 29日に発表した「メルカリ株売却益53億円が発生」が買い材料。 保有するメルカリ [東証M]株の一部を売却する。 21年3月期第1四半期に売却益53. 3億円を営業利益に計上する。 7% 09:07現在 29日に決算を発表。 「3-5月期 1Q 経常は6%減益で着地」が嫌気された。 あさひ が6月29日大引け後 15:00 に決算を発表。 21年2月期第1四半期 3-5月 の経常利益 非連結 は前年同期比6. 3%減の31. 5億円に減り、3-8月期 上期 計画の45. 4億円に対する進捗率は5年平均の77. 7%を下回る69. 4%にとどまった。 1% 09:07現在 29日に発表した「太陽光発電所3ヵ所を譲受」が買い材料。 太陽光発電所3ヵ所を譲受。 3発電所の20年3月期売上高は2. 5億円、営業利益は1億円。 4% 09:07現在 29日に発表した「テレワーク導入運用支援サービス開始」が買い材料。 テレワーク導入・運用支援サービス「Kyrios for テレワーク」を提供開始。 株探ニュース.

次の