逆流 性 食道 炎 薬 市販。 逆流性食道炎の喉の痛みの症状!治療に市販薬は効果があるの?

【その薬、本当に必要?】働く堅実女子に激増中?逆流性食道炎に使える市販薬はあるの?

逆流 性 食道 炎 薬 市販

この記事の目次• 逆流性食道炎の原因と症状は? 元々逆流性食道炎という病気は、日本人には少ないと言われていたのですが、戦後の食生活の大変化で、この病気を患う患者が増えていると言われていて、CMなどでも見かけることがあります! これは胃で消化される途中の食物や、強い酸性の胃液が逆流して食道にとどまってしまうため、食道が炎症を起こすので、びらんや潰瘍が出来てしまう病気です。 びらんとは粘膜がただれてしまうことです! 逆流性食道炎を発症すると、胸焼けや胸の痛みなどの症状が出るので、かなり不快感を感じることになります! 同じ症状でも、潰瘍やびらんが見られない場合は、逆流性食道炎ではなく、「非びらん性胃食道逆流症」と呼ばれています。 御存知の通り、胃液は人間が食べたものを消化するために、強い酸性の胃酸や、消化酵素を持っていて、かなり強い刺激性があるのです。 胃は粘膜で保護されているのですが、食道は胃液に対して抵抗力が弱いため、人間の体内が健康であれば、食道が傷つかないように、胃液が食道に逆流するようなことがない仕組みが働いています。 下部食道括約筋という筋肉が働き、食べたものを飲み込んだ時に、この筋肉が緩んで胃の中へ食物が落ちるようにして、それ以外のときは食道を閉めて、胃の中のものが逆流してこないようにしてくれる働きがあります。 そして、脂肪の多い食事は胃酸を増やすので、逆流性食道炎の逆流が起こりやすくなります。 タンパク質の多い食事を摂取すると逆流性食道炎が起こりやすくなる理由は、消化に時間がかかるため、胃の中に食物が長くとどまることで引き起こされると考えられています。 加齢が原因となるのは、年齢を重ねると下部食道括約筋が弱ってくることや、食物の蠕動運動や、唾液の分泌量が減ることで、逆流してきた胃液を胃へ戻せなくなるからだといわれています! では、逆流性食道炎の原因のひとつであるといわれる肥満はどんな関係があるのか? 実は日本には現在のところ、肥満と逆流性食道炎の関係を示すデータがないので、はっきりとしたことは分かっていないのですが、太っていることで腹圧があがることや、肥満傾向の人は、逆流性食道炎の原因のひとつにあげられている、食道裂孔ヘルニアになりやすいことで、流動しやすくなるのではと考えられています。 タバコやストレス、飲酒は胃酸の分泌を活発にしてしまうため、逆流性食道炎になりやすいと考えられています! 肥満傾向の人に多いとは言われていますが、もちろん痩せている方もこの病気を発症しますが、原因にこれらのタバコやストレス、飲酒が関係しているため、肥満特有の病気ではないと考えられています。 他には呑酸といって、酸っぱい液体が口の中まであがってきたり、ゲップが出たり、ひどくなるとそのまま嘔吐する場合もあります! 食事の内容や食べ方が原因となる場合が多いと言われてる逆流性食道炎なので、これらを普段から意識して改善することで、随分症状は緩和されるといわれています。 逆流性食道炎に効く市販薬や漢方は? 逆流性食道炎に効果的な市販薬や漢方はあるのでしょうか? 病院に行くと、問診、内視鏡検査、組織検査、酸分泌抑制薬での診断などで、逆流性食道炎であるかどうかを医師が判断しますが、要するに胃酸が出すぎることで起こるので、逆流を止めることと、胃酸の出過ぎを減らすという対策をすることが大事なポイントになります! 逆流性食道炎の治療方法は、病院に行くのが手っ取り早いとは言われていますが、市販薬などで緩和出来るものでもあると言われています。 単純に考えれば、この病気は一種の癖のようなものなので、普段の食生活のスタイルなどの改善を根気強く行うことが、最も大事な治療のポイントになると言われています。 例えば、逆流性食道炎に効くといわれる市販薬の中で、セルベックスやムコスタ、ガストロームは、胃の粘膜を丈夫にしてくれる働きがあります! 逆流性食道炎に強い働きをしてくれる市販薬は、ヒスタミン受容体拮抗剤のガスター10があり、プロトンポンプ阻害薬のパリエット、オメプラール、タケプロンなどがあります! これらの市販薬は、胃酸の分泌を抑制してくれる効果があります! 胸焼け、吐き気、嘔吐、食欲不振などに効果があるのは、プリンペランで、胃酸の刺激で荒れてしまった胃の粘膜を保護してくれる市販薬は、アルロイドGになります。 簡単に市販薬の効果についてまとめていきます。 まず、逆流性食道炎の市販薬としてよく聞くものに、ガスター10があるかと思います! こちらは、すでに書いているようにヒスタミン受容体拮抗剤で、胃壁にはH2受容体があり、これにヒスタミンが結合すると、胃酸が分泌されるのですが、ヒスタミン受容体拮抗剤は、H2受容体に結合することを防ぐことで、胃酸の分泌を抑えてくれる市販薬になります! 効果が出て来るのは、服用して30分後~8時間ほどです。 逆流性食道炎の市販薬のアルロイドGは、胃の粘膜を保護してくれる薬です! この市販薬を飲んだ後は、しばらく水分摂取を控えてください。 2回分を一度に飲むことも避けて、きちんと用量などを守って服用するように気をつけましょう! ムコスタは、胃の粘膜を丈夫にして、胃酸に対する抵抗力を高めてくれる市販薬となっています。 安全性の高い市販薬だと言われているので、副作用の心配はないと言われています。 ただまれに、肝障害や、血液障害、ショック状態などの報告もありますので、服用するときには注意してください。 プリンペランは、胃腸の働きを良くしてくれる市販薬です! 吐き気、嘔吐、食欲不振などの場合に用いられ、吐き気止めとしてよく知られているものです! プリンペランの一般名は「メトクロプラミド」と呼ばれていて、副作用に下痢、めまい、眠気、腹痛などが、体質によって現れることがあるので注意が必要です! タケプロンは、逆流性食道炎以外には、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの胃腸障害に使われる市販薬です。 長時間胃酸の分泌を抑制するという特徴があるもので、逆流性食道炎に効果的であるといわれています。 副作用もそれほど心配要らないとは言われていますが、人間ですから体質によっては肝機能の数値に異常が現れたり、めまいや下痢、頭痛などの軽いものから、アナフィラキシーショック、息苦しい、発熱などの症状が現れる場合もあります。 セルベックスは、胃の粘膜を丈夫にする市販薬です! 胃炎や胃潰瘍の治療にも使われ、強い作用はないものの、その分副作用もほとんどないと考えられています。 テプレノンという一般名があり、すでに書いたように強い作用がないので、これで逆流性食道炎が改善されない場合もあります。 ガストロームは、胃の粘膜を丈夫にする市販薬で、胃酸の刺激から胃を守ってくれる働きをしてくれます。 他には胃の粘膜を増やしたり、血流を良くするため、胃酸に対して防御する力を高めてくれ、一般名はエカベトナトリウムで、強い作用はないといわれています。 パリエットは、胃酸の分泌を抑える市販薬で、プロトンポンプ阻害薬(PPI)のひとつです。 胃の分泌腺にある壁細胞に、胃酸を分泌するプロトンポンプがあり、プロトンポンプ阻害薬は、このプロトンポンプに作用して、働きを妨げることで胃酸の分泌抑制をすることが出来ます。 この薬は、体質やその人の病状によって注意が必要な市販薬となっていますので、年齢の高い人や肝臓の悪い方は、薬が排泄されるのが遅れるので、少量使うといった方法で服用には注意をしたほうがいいようです。 オメプラールは、同じくプロトンポンプ阻害薬で、胃酸の分泌を抑える市販薬です。 これは効き目が強いと言われているので、決められた飲み方を守るように使うことがポイントになります! 副作用ですが、それほど多くないと言われていますが、人によっては肝機能に異常が現れたり、めまいや下痢、頭痛などが出る場合もあります。 逆流性食道炎の市販薬に関しては、用量や用途をきちんと守り、心配なことがあれば医師に相談して服用するように気をつけましょう! では、漢方で効果的なのはどんなものなのでしょうか? そもそも漢方の考え方で逆流性食道炎を捉えると、どのような言い方になるのか? 例えば胸焼けは「曹雑(そうざつ)」と呼ばれていて、ゲップなどは「噫気(あいき)」と呼び、健康な人なら下に向かっている胃の気が、上へ逆流することで起こると考えられています。 胃もたれや吐き気、嘔吐、食欲不振などに効果があります。 半夏厚朴湯は、体質的にうつ状態で、心身ともに疲れやすく冷え性の人に効果的だといわれています。 喉に異物があるような神経性胃炎や、咳を止めたい時に用いる漢方です! 六君子湯は、顔色が悪くて疲れやすい、痩せ型で冷え性の体質の方に向いている漢方です! 食欲不振、胃もたれ、吐き気、嘔吐があるときに用います。 ヒマラヤ山脈の原住民が発見し、猿が食べているのを人間が見て、ここの猿は見かけも強そうで、健康で活力があり、寿命が長いことを村人が知っていたので、人間がどうやら効能があるらしいと認識をしたのです。 インドでは村の薬局という別名があり、ニームで治らない病気はないと言われています。 流動性食道炎にいい食事、悪い食事、レシピほか ここからは、この症状に苦しんでいる方にとっては、本当に大変な状態だと思いますが、市販薬や漢方も症状緩和には良いのでしょうが、やはり薬は一時しのぎになります、根本解決を考えるのなら、逆流性食道炎にいい食事や、悪い食事などの理解をしていき、食生活などを改めることが大事になりますので、一体どのような食事を摂取し、避けたほうがいいものはなんなのかといった情報をまとめていきます。 まずは逆流性食道炎にいい食事について見ていきます。 蒸す、煮る茹でるというレシピ方法で食事を調理するのです! では逆に、悪いと言われている食事の摂り方は次のようなものになります。 これもダメ、あれもダメなどと考えていると、ストレスも溜まりますから、バランスや適量を心がけて食事を摂取するようにすることが大事になります。 せっかく生きているのですから、食事を制限し続けるよりも、バランスを考えて、少しでも逆流性食道炎に良い食べ方の工夫をされることがポイントになります! 寝方に注意!? 逆流性食道炎の症状を抱えている方は、寝ている間に胃酸が食道へ流動してしまいがちな体質となっているので、寝方にも注意すると良いと言われています。 それでは、逆流性食道炎の方の寝方ですが、次のようなことに気をつけてみてください。 食後にガムを噛むという方法もあり、これはガムを噛むと唾液が沢山出ることはご存知だと思いますが、この唾液は、食道へ逆流した胃酸や食物を、胃の中へ洗い流してくれる効果が期待出来るからです。 他には、ガムは、食道に残ってしまった胃液を中和してくれる働きをしてくれるのです! 人間の体は、食事を摂取して1~2時間後に多く逆流が起こると言われているので、この時間ずっとガムを噛んでいることも有効だと考えられています。 そして、頭を高くすることも胃酸が逆流しにくくなる寝方なので、この症状を持っている方が実践している方法です。 ただ頭だけ高くする寝方では、寝にくかったり、翌朝体が痛くなっていたりする可能性がありますから、腰あたりから徐々に滑らかな斜めになるような寝方をするのが楽で良いといわれています。 そして、寝方で重要なのはやはり左右、仰向け、どの方法で休むかということになりますが、逆流性食道炎を患っている方の寝方は、左を下にするほうが良いと言われています。 理由は、左向きの寝方は胃酸が食道に流れづらくなるからです! 左向きの寝方をしたときの人間の胃はこのような状態になっています。 以前は右を下にした寝方が良いと考えられていて、理由は、胃の中身が腸に流れやすいのではないかと考えられていたからですが、近年これが逆だということが分かったのです! なんでも、食道の中に、胃の逆流がどうなっているのか調べるPHセンサーというものを入れて調べたところ、これが分かったのです。 うつぶせ寝ですが、医師は特に問題がない寝方だと話していますから、本人がそれで楽であり、翌日に不快感が強まっていなければ特別問題ないということです。 今回は、近年増えているといわれる逆流性食道炎の食事の注意点や市販薬について、気をつけたい寝方などの情報をまとめていきました。 <ブログライターkomichiからのお願い> 本サイト「働く女性の味方. com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。 この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。 20代・30代・40代OLの働く独身女性応援サイト 働く女性の味方. comでは、気になるあの女優さんはなぜ美肌なのか?あんな髪型にしたい!メイクをまねしたい!などの美容コラムから恋愛・仕事・芸能・ファッション・ニュースの最新情報まで幅広く配信していきます。 20代の方は仕事よりも美容や恋愛・ファッションに興味があったり、30代の方は少し社会人経験が長くなり仕事のキャリア、そして結婚・婚活を意識される世代。 40代は、恋も仕事も一通り経験されて独身女性の方も結婚されている方も人生そのものを見据える時期だと思います。 ただ、当サイトの目的は、20代であれ30代であれ40代であれ「働く女性」の皆さんへ世代を超えてお役立ち情報を様々なジャンルに渡ってお届けすることです。 働くOLの皆さんが当サイトを通して、恋に仕事によりよいライフスタイルが送れるきっかけになれば幸いです。

次の

逆流性食道炎にスッと効く市販薬と漢方薬!症状・治療・処方薬も説明!

逆流 性 食道 炎 薬 市販

スクラートGが逆流性食道炎に効かない理由 逆流性食道炎の症状について そもそも逆流性食道炎とは、その名の通り「胃酸が逆流」してしまうために、本来胃の中に収まっているいるはずの胃酸が食道にまで逆流してしまう症状になります。 すると胃酸が食道を傷つけ炎症を起こしてしまい、胸やけや不快感、ゲップが出る、咳が出るなどの症状を起こしてしまうんです。 すると 「胃酸の逆流などで胸がやける症状や胃痛に効く、スーッとした爽快感の液タイプの胃腸薬」 として発売されているスクラートGは、まさに逆流性食道炎にピッタリな薬の様な気がしますよね。 ではどうしてスクラートGは逆流性食道炎にはおすすめできないと言えるのでしょうか。 スクラートGが逆流性食道炎に効果が期待できない理由 スクラートGの効果は スクラルファート水和物・・・1500mg メタケイ酸アルミン酸マグネシウム・・・1500mg 合成ヒドロタルサイト・・・750mg コウボク流エキス・・・0. 6mL ソウジュツ流エキス・・・0. 6m この働きにより、胃酸で傷ついた粘膜を保護し修復することで症状を改善し、そしてさらに出過ぎている胃酸を中和することで、それ以上胃粘膜が傷つくのを防ぐ効果があるんです。 ・・・と聞くと、まさに逆流性食道炎にスクラートGはピッタリな感じがしますが、実は大きな問題があります。 それは 逆流性食道炎の治療には胃酸を抑える効果が必須になってくるんです。 逆流性食道炎の治療で傷ついた粘膜を保護して修復する働きは大切なんですが、そもそもの原因となる胃酸を抑える事ができなければ意味がありません。 しかしスクラートGには残念ながら胃酸を抑える効果は期待できません。 ですから逆流性食道炎の症状を改善したい時にスクラートGを選ぶのはおすすめできないんです。 逆流性食道炎に効く市販薬はあるのか 現在 市販薬では胃酸を抑える逆流性食道炎に効く薬は販売されていません。 例えば胃酸を強力に抑えるとされている 「ガスター10」ですが、こちらは逆流性食道炎に対し実際の医療現場で使用されることもある薬です。 しかし実際に病院で使用されるのは市販のガスター10の2倍量である20㎎になり、そして基本的には市販では発売されていない胃酸を強力に抑える「タケキャブ」や「ネキシウム」などの胃薬が用いられることがほとんどです。 もちろん軽度の症状であればガスター10でも効果を発揮する場合もありますので、一概に効果がない事はありませんが、症状がひどい場合や数日飲んでみても症状の改善が得られない場合は病院を受診する事をおすすめします。 また 「ギャクリア」といういかにも逆流性食道炎に効きそうな薬も発売されています。 こちらは漢方の 六君子湯という成分と同じものを配合してあり、胃腸の働きを良くしたり胃に停滞している水分の調節を行ったりする働きがあります。 その結果胃炎や消化不良や吐き気などの症状に用いられます。 そして軽度の逆流性食道炎にも効果があるとされているんです。 ただこちらもやはり胃酸を抑える効果はありませんので、 逆流性食道炎の治療のメインで使用するには相応しくない薬となります。 スクラートGと胃に症状について スクラートGが効く胃の症状 ではそんなスクラートGですがどの様な胃の症状におすすめできるのでしょうか。 それは以下の症状になります。 いもたれや胃痛がある場合 食べ過ぎや飲み過ぎやストレスで胃が荒れている状態 これらの人におすすめの胃薬となっています。 特に上の症状が2つともある場合にはさらにおすすめです。 またスクラートGは胃酸を抑える効果はありませんが、傷ついた胃粘膜を保護したり胃酸を中和する働き、そして胃を活発にする働きがありますので、もし飲み過ぎや食べ過ぎで胃が傷ついている状態の場合にはおすすめできる胃薬です。 また「スクラートGは吐き気に効くのか?」と質問を良く目にしますが、はっきり言って 吐き気への直接的な効果はそこまで強くありません。 実際に効果がないわけではありませんし、胃が荒れている状態を改善する働きがあるため、それにより吐き気を改善する効果も期待できますが、吐き気に胃薬を選ぶならばスクラートGをわざわざ選ぶ必要はありません。 もし飲み過ぎや食べ過ぎた時の吐き気がある場合はパンシロン01プラスの方がいいでしょう。 スクラートGの価格や飲み方について スクラートGの価格や使い方は以下の通りです。

次の

逆流性食道炎の症状と治し方!市販薬は効果があるの?食事や飲み物は?

逆流 性 食道 炎 薬 市販

逆流性食道炎の人が増えているそうです。 逆流性食道炎とは、胃から胃酸に食道に逆流して起こるさまざまな症状のことです。 高齢の方に多い症状ですが、最近は年齢に関係なく増えているようです。 Suits WOMAN世代の方にも多いと聞いています。 胃は精神的ストレスと密接に関係していますから、ストレスの多い現代社会ならではの病気と言えるかもしれません。 のどが痛いのも胃が痛いのも逆流性食道炎? 逆流性食道炎の症状は人によって違います。 ・常にのどが痛い ・食べたり飲んだりするとのどが痛い。 この場合、何を食べ飲みすると痛むかは人によって違います(炭酸、アルコールを飲むと痛い、塩辛いもの、熱いものを食べると痛い、など) ・痛くはないが、のどのあたりに違和感がある ・食べるものが苦く感じるようになった。 ただし痛くはない ・胃痛、胸焼けがひどい ・胃もたれがひどい 人によって痛いと感じる部位も程度も違います。 たとえば同じように胃酸が逆流しても、不快と感じる人もいれば、別に感じない人もいます。 胃酸で食道に炎症が起きている場合、とにかく痛いと訴える人と、痛くはないが違和感を訴える人がいます。 このようにさまざまな症状がありますが、病院では「逆流性食道炎」と診断される人が多いようです。 そしてほとんど場合、ここで胃薬が処方されます。 長く飲みつづけていい薬ではない 胃酸を抑える薬として、よく知られているのが市販薬になった「ガスター10」です。 胃酸を出すH2という受容体をふさぐ作用をするので「H2ブロッカー」と呼ばれる薬です。 比較的、副作用が少ないということで市販薬になりました。 H2ブロッカーより強力なのが「プロトンポンプ阻害薬」(PPIと略されます)という薬で、こちらはまだ市販薬になっておらず、病院で処方されなければ手に入りません。 薬品の商品名としては「ネキシウム」「タケキャプ」「オメプラール」などがあります。 この薬も、胃酸を分泌するプロトンポンプに作用して、胃酸分泌を抑える働きをします。 H2ブロッカーを2週間飲んで改善が見られなければ、プロトンポンプ阻害薬に代えるという場合もあるでしょう。 A社のプロトンポンプ阻害薬で改善しなければ、次はB社のプロトンポンプ阻害薬を処方するという医者もいます。 各々の診断に基づくことですので、処方についてはなんともいえませんが、 いずれの薬も長く服用していい薬でないということです。 胃酸は消化にとって、なくてはならないものです。 胃酸が減れば消化活動がとどこおり、胃もたれしてしまいます。

次の