キャンプ飯。 夫婦キャンプご飯!超簡単なのに最高な初心者メニュー9選【ずぼらな我が家の定番飯】

編集長のおすすめキャンプ飯10選

キャンプ飯

トマトであれば丸ごと1個ではなく、ミニトマトを買うですとか、切らなくても良いしいたけ、アルミホイルに包んでバーベキューコンロに放り込むだけのいも類などがおすすめです。 チーズやお肉は予め切れているものをご用意ください。 また、準備に時間がかかるアウトドアでの夕食作りは、「火の通りやすさ」も大事。 ピーマンやなすもキャンプのお食事と相性が良いです。 どうしても切らないといけないもの、火の通りに時間がかかる野菜はお家で切ったり、レンジで火を通しておく、など下ごしらえをしていくのが、キャンプ飯の料理のコツ。 塩・こしょう・しょうゆなど基本の調味料はお忘れなく。 キャンプのお食事には欠かせない調味料三種の神器です。 【材料】 卵/人数分 水/少々 油/少々 アルミホイル/落とし蓋のように形作っておく 【レシピ】 1. スキレットに油をひき、卵を落とし入れ、蒸すためのお水を少々いれます。 予め用意しておいたアルミホイルの落とし蓋をかぶせます。 スキレットをスウェーデントーチに乗せ1分程火を通せば出来上がり。 お好みで塩や醤油などをかけて召し上がれ。 スウェーデントーチは火力が強いので、焦がさないように注意していてください。 また、バーベキュー台を使う際には、網の上にスキレットを乗せてください。 その際、火加減にもよりますが焼ける迄に数分かかります。 夕飯時にはご飯に乗せたり、朝食時にはパンに挟んだり、といつもの目玉焼きもキャンプなら特別なお料理になりますね。 出来上がり後は即撮影して、インスタにアップ確定のフォトジェニフードです。 【材料】2人分 無洗米/1合 水/200cc レトルトカレー/2袋 【レシピ】 1. ダッチオーブンに水と米を入れます。 ダッチオーブンを強火にかけます。 バーベキューコンロの火が弱い場合は炭を足しましょう。 スウェーデントーチの場合はすぐに沸騰します。 沸騰したら弱火にして15分〜20分ほどかけて炊き上げます。 この時火が強い場合には五徳(ガスコンロなどについている丸くて脚のついている台)を乗せて火加減をコントロールしましょう。 吹き出しても蓋は決してあけないように。 焦げたにおいがしないか注意しながら、蓋を空けてみて炊きあがりを確認してください。 美味しそうに炊けていたら5分ほど蒸らして、ダッチオーブンごはんの出来上がりです。 カレーは手抜きでレトルトのものを湯せんにかけてしまいましょう。 キャンプ飯料理は凝る必要はないのです。 このダッチオーブンごはんは、普段の夕飯料理でも比較的簡単に取り入れる事ができます。 ちょっとした手間ではありますが、ダッチオーブンで美味しい白米炊いてみませんか? 【材料】 豚バラ肉か豚ロース肉しゃぶしゃぶ用/適量 スライスチーズ/6枚(ピザ用など、とろけるタイプのものは分離しますのでご注意ください。 ) 牛乳/150cc 塩・こしょう/適量 【レシピ】 1. スライスチーズは溶けやすいように適当な大きさにちぎります。 スキレットにちぎったチーズと牛乳を入れ、塩こしょうをたっぷり目に入れ、火にかけます。 チーズを溶かしながら混ぜミルクスープが湧いてきたら豚肉をしゃぶしゃぶして召し上がれ。 スープが少なくなったら牛乳やチーズを途中で足してもOKです。 このキャンプ飯はスウェーデントーチで料理するには火力が強すぎるので、五徳の使用をおすすめします。 また、炎が上がっているスウェーデントーチの上で素手でしゃぶしゃぶするのはヤケドの危険もありますので、防火グローブの着用と菜箸でのしゃぶしゃぶをおすすめします。 ちょっとだけ手間はかかりますが、チーズしゃぶしゃぶの終盤にはご褒美もまっています。 【材料】18玉分 たこの足/1本 キャベツ/適量 ネギ/適量 紅生姜/適量 市販のたこ焼き粉/200g程度 卵/たこ焼き粉に書いてある分量 水/たこ焼き粉に書いてある分量 焼く際のサラダ油/適量 ソースやマヨネーズ、青のりなど/お好みで 【レシピ】 1. おうちでたこ以外の全ての材料を細かく刻んでおきます。 たこも1cm角くらいに切っておきます。 粉と卵と水もおうちで混ぜておきます。 いたみにくくなるように水の分量の一部を氷に変え、魔法瓶など温度があがらない容器でキャンプ場に持ち込みます。 キャンプ場でバーベキューコンロにたこ焼きの型を置き、油をたっぷりと塗って、たこ焼き液を均等に流し入れます。 そこに刻んだ材料を入れ、均等にならします。 たこは1穴に1個入れていきます。 生地の周りが堅くなり、返しやすくなったら竹串などでくるくると返します。 焼けたらソースなどお好みでかけて召し上がれ。 野菜を刻んだり、たこ焼き液を用意したりと、キャンプ飯としてはとても手間がかかりますが、出来上がれば誰もが喜ぶお食事メニューになります。 刻んだたこや野菜はいたみやすいので、保冷バッグに入れて持ち込んでくださいね。 【材料】 お好みの魚介類/適量 マッシュルームなどきのこ類/適量 お好みの野菜/適量 塩こんぶ/適量 オリーブオイルなど食用油/適量 【レシピ】 1. 全ての食材はたこ焼きの穴に入る大きさに切ります(穴に入るものなら丸ごとでもOK)。 たこ焼き型に油を入れます。 そこへお好みの具材をランダムに入れていきます。 塩こんぶを均等に入れていきます。 この塩こんぶがダシと塩気になります。 具材に火が通ったらできあがり。 バゲットなどに乗せてお召し上がりください。 切った具材を油に入れるだけなのに、奥深い味わいが人気のアヒージョがキャンプ飯でできちゃいます。 塩こんぶがいいダシになっていて、残った油も美味しいので、パンにヒタヒタ付けて最後までお楽しみください。

次の

パパがキャンプ料理で大活躍!簡単×美味しい男のキャンプ飯をご紹介

キャンプ飯

目次 []• 自宅キャンプ飯で雰囲気を上げるコツ 自宅でもちょっとした工夫を凝らせば何となくアウトドア気分が楽しめることに気付いた我が家。 外で食べるご飯はもちろん美味しいですが、 家でキャンプ飯も悪くありません。 そこで我が家流の キャンプ感増し増しにするコツを4つお伝えします。 食器はキャンプ用を使う 食事の見た目は、 器も重要なポイントです。 自宅にあるステキな食器に盛り付けるのも、気分は上がります。 ですがアウトドア感を増したいなら、 キャンプ用の食器がおすすめです! 我が家は普段のキャンプで愛用している、コールマンのステンレス製食器を使用。 何といいますか、料理の合間から見える「coleman」の文字が、 いつもと違う雰囲気を醸し出してくれます。 【作り方】(1~3は前日準備)• 豚肉の表面を満遍なくフォークで刺す• ジップロックに豚肉と、豚肉が半分浸かる程度に焼肉のタレを入れる• ジップロックごと冷蔵庫で一晩寝かせる• 一晩寝かせた後、お湯を沸かした鍋にジップロックごと入れ、弱火で15分煮る• 15分経過後、火を切り、鍋に蓋をしてそのまま30分ほど放置する• 30分後、竹串を刺し、透明な汁が出て来ることを確認する(赤い汁の場合は、更に15分ほど置いておく)• 適度な厚さに切り、盛り付ければ完成。 材料はなんと、肉と焼肉のタレのみです。 しかも、 一晩寝かせて煮るだけでOK。 こんなに簡単なのに、味は最高です。 何よりゆっくりと火を通すことで、非常にジューシーに仕上がります。 さらにフォークで穴を空けておけば、中までしっかりと味が染み込み調味料いらず。 我が家でも超ヒットメニューの1つです。 ご飯にはもちろん、酒のつまみにも最適。 ワイルドなメニューだけど、味は保証します。 鍋で秋鮭の炊き込みご飯 【作り方】• 鍋に研いだ米、分量の水、出汁昆布を入れ、1時間ほど浸けておく• 米に水分を吸わせたら、鍋にめんつゆを2回しくらい入れる(我が家は適当です)• そこにきのこと秋鮭、最後に刻んだ生姜を入れ、鍋に蓋をする• カセットコンロに鍋をセットし、中火にかける• 10分~15分ほど経過すると、鍋と蓋の間から白い煙や泡が出始めるので、そのタイミングで極弱火に調節し、13分間火にかける• 極弱火で13分経過したら火を止め、そのまま13分間蒸らす• 蒸らし終えたら、秋鮭を取り出し、骨などを取り除き、ほぐした身のみ鍋に戻す• あとはかき混ぜ、最後に三つ葉を散らせば完成 キャンプ飯なので、 米も鍋で炊いちゃいます。 我が家はホーロー鍋ですが、自宅にある鍋用の土鍋などで構いません。 問題の味付けですが、我が家は適当なので計量することがほぼ御座いません!なので、炊き上がって味が薄いと感じたら、直接めんつゆをかけて混ぜて下さい。 調節程度で入れる分には、誰も後入れだとは全く気付きません。 「鍋で米炊き」と聞くと難しく感じるかもしれませんが、 気を付けるのは火加減のみ。 上手くいけば焦げができたり、 鍋だからこその味わいが楽しめるチャンスです。 スキレットに割った板チョコを敷き詰め、上に縦にしたマシュマロをぎゅうぎゅうに入れる• 焼き網スタンド+カセットコンロで火に掛ける• マシュマロがとろけてきたらクラッカーですくって食べる 忘れちゃいけないのが、デザート。 自宅キャンプ飯でも、しっかり作ります。 キャンプで定番のデザートといえば、スモア。 我が家もキャンプの度に、スモアってます。 いつもはマシュマロを串に刺して炙っていますが、自宅ではより手軽にスキレットで熱々にしちゃいましょう。 写真にもあるように、トロトロのマシュマロと焦げる寸前のほろ苦い板チョコが、正に美味。 ハイボールやウイスキーとも相性抜群なので、大人にもおすすめのデザートです。 月に1回レッツ自宅でキャンプ飯! 「自宅キャンプ飯って、いつものご飯と何が違うの?」以前の私なら、そう考えていたかもしれません。 しかし自宅キャンプ飯を体感した今、月に1回はやらなきゃ!と心が躍動しています。 試してみたいけど、何を作っていいか分からない…そんな方は是非、 我が家のおすすめメニューをお試し下さい。 1度体感したら、病みつきになること間違いなしです。 ファミリーキャンプにおすすめのレシピもどうぞ.

次の

初心者向けキャンプ飯!ファミリーキャンプにやさしい簡単料理!

キャンプ飯

「キャンプ飯はママにお任せ!」と、テント設営や火起こしなどを積極的にこなしてくれるパパは心強いもの。 しかし、日常から離れたせっかくのキャンプタイム。 周囲が美味しいと唸る、ザ・男のキャンプ飯に挑戦してみませんか? 「普段から料理しないのに、キャンプでいきなりご飯が作れるのか!?」そのような心配はごもっともです。 我が家の父ちゃんも、普段から包丁の「ほ」の字にも触れません。 ですがご安心を。 今回ご紹介するレシピは、 下ごしらえから味付けにいたるすべてが非常に簡単です。 難しい工程や珍しい食材は一切登場いたしません。 ちなみに、掲載している料理写真は実際に我が家の父ちゃんが調理したものです。 普段全く料理をしない父ちゃんでも作れるので、心配は無用ですよ。 【材料】• 焼きそば麺人数分(今回は3玉)• 市販の冷凍シーフードミックス1袋• アスパラ3~5本くらい• 鶏ガラスープの素1玉につき大さじ1• 塩胡椒適量• 油(サラダ油orオリーブオイル)大さじ1• 水少々 1. 材料の下ごしらえをする アスパラは根元部分を1センチほど切り落とし斜め切りにします。 焼きそば麺はフライパンの上でほぐれやすくなるように、袋の上から揉んでおきましょう。 焼き台に油をひき、具材を炒める フライパンや鉄板などの焼き台に油をひき、カットしたアスパラとシーフードミックスを炒めます。 シーフードミックスが解凍されていなくても、そのまま入れて大丈夫です。 焼きそば麺を加え、味付けする 具材に火が通ったら焼きそば麺を加え、水・鶏ガラスープの素・塩胡椒で味付けし、さらに水気がなくなるまで炒めたら完成です。 こちらの写真は、 今回使用した材料です。 バーベキューやキャンプ飯のお供といえば焼きそば!定番のソース味はもちろん美味しいですが、キャンプでは 普段と一味違うシーフード味もおすすめです。 かなりサッパリめの味付けなので、肉のお供にも最適。 シーフードミックスを加えるだけで、 ちょっと手の込んだ料理に見えるのも嬉しいポイントです。 ガツン豚汁 【材料】• 豚バラ肉200グラムくらい• 玉ねぎ1玉• 大根3センチくらい• さつまいも1/2本• ゴマ油大さじ2• チューブにんにく少々• 味噌適量• 水適量• 本だし少々 1. 材料の下ごしらえをする 豚肉は適度な大きさにカット。 玉ねぎ・大根・さつまいもも、 食べやすい1センチ幅程度にカットしておきます。 鍋にごま油をひき、チューブにんにくを加える 鍋にごま油とチューブにんにくを入れて熱します。 具材をすべて鍋に加える カットしたすべての具材を鍋に加え、大根や玉ねぎの淵がほんのり透き通るまで炒めます。 水を加えて沸騰させる 具材を炒めたら、作りたい分量の水を入れ、沸騰するのを待ちます。 本だしと味噌で味付けする 沸騰してきたら本だしと味噌を入れ、さらに10分ほど煮込めば完成です。 にんにくと香ばしいごま油を効かせた、 ガツンとくる男の豚汁です。 今回使用した具材は我が家の父ちゃんセレクトなので、作る際はお好きな具材をチョイスして下さい。 ただし、 豚肉の種類は豚バラ肉がおすすめです。 豚バラの脂がコクと旨味を増し、少ない材料でも絶品の豚汁が完成します。 また、夜に多めの豚汁を作り、 翌朝うどんを加えた「豚汁うどん」もおすすめです。 パンチの効いた豚汁が、キャンプ飯の満足度を上げてくれますよ! アルミホイルで豚チャーシュー 【材料】• 豚バラブロック1本• チューブしょうが適量• チューブにんにく適量• 焼肉のタレ適量• アルミホイル• フォーク 1. アルミホイルを広げる 長さ30センチほどにカットしたアルミホイルを2枚重なるように広げます。 中心に肉を置く 豚バラブロック肉をちょうど中心あたりにセットします。 フォークで肉の表面を刺す 味が染み込みやすくなるように、フォークで肉の表面をグサグサと刺します。 肉ににんにくとしょうがを塗り込む にんにくとしょうがを絞りだしたら、手で肉の表面に塗り込んでいきます。 肉に焼肉のタレを塗り込む 焼肉のタレも同様に、肉の表面に塗り込んでいきます。 味を馴染ませるために、このまま15分ほど放置しましょう。 焼き台の上で火を入れる 肉を寝かせたら、焼き台の上で火を入れていきます。 また、写真のように鉄フライパンでも、油をひかずにアルミホイルのまま火入れが可能です。 片面およそ10分、途中ひっくり返し両面に火入れします。 火入れが完了したら、そのまま15分ほど放置し余熱でさらに熱を加え、あとは切り分ければ完成です。 ドドーンと迫力満点の豚チャーシューが、男のキャンプ飯感を盛り上げてくれますよね。 アルミホイルで包むことで、肉汁たっぷりのジューシーなチャーシューが簡単に作れちゃいます。 おつまみとしてそのまま食べてもよし、ご飯にのせてチャーシュー丼にするもよし。 子供から大人まで皆が満腹になれるキャンプ飯です。 ラム肉のスパイス焼き 水煮を使用する場合は、ラム肉と同じタイミングで炒めて下さい。 次にラム肉を加え、色が変わるまで炒めていきます。 最後にブロッコリーを加え、さらに炒めていきます。 アウトドアスパイスほりにしで味を整える 具材に火が通ったら、 アウトドアスパイスほりにしで味を整えて完成です。 「アウトドアスパイスほりにしって何?」と疑問に思う方もいるでしょう。 端的に表すと 「これだけでウマウマな味付けが実現する」調味料です。 気になる方は、 定番アウトドアスパイスについての記事も参考にしてみて下さい。 肉だけではなく、 野菜もしっかり摂れる栄養満点のキャンプ飯が登場です。 ですが、味付けはアウトドアスパイスのみ!これであれば、パパでも簡単に作れちゃいますよね。 今回我が家では鉄フライパンで調理していますが、鉄板での調理ももちろん可能です。 味だけではなく、見た目もバッチリなこちらのレシピ。 パパの株がうなぎのぼりになること間違いなしです。 本格派スープカレー 【材料】• 鶏もも肉200~300グラムくらい• 玉ねぎ2玉• コンソメキューブ水250ミリリットルに対し1個• ヨーグルト(加糖タイプでOK)1個• チューブにんにく少々• チューブしょうが少々• 水250~750ミリリットル• カレーパウダー30~40振りくらい• 油(サラダ油orオリーブオイル)大さじ2 1. 材料の下ごしらえをする 鶏肉は、キッチンバサミで一口大にカット。 玉ねぎは、およそ1センチ幅にカットします。 鍋に油をひき、しょうが・にんにく・玉ねぎを炒める 鍋に油をひいたら、しょうがにんにくを少々入れ、玉ねぎを炒めていきます。 美味しいカレーを作るには、玉ねぎをしっかり炒めることが重要です。 鶏肉を加える 玉ねぎがほんのり色づいてきたら、カットした鶏肉を加えてさらに炒めます。 ヨーグルトと水を加える 鶏肉も色づいてきたら、ヨーグルトと水を加えます。 ヨーグルトは、アロエやブルーベリーなど具が入っていないプレーンタイプを使用して下さい。 沸騰したらコンソメとカレーパウダーを加える 鍋が沸騰してきたら、コンソメとカレーパウダーを加えて味付けします。 カレーパウダーの分量は、好みのスパイシーさに合わせて調整して下さい。 具材は玉ねぎと鶏肉のみとシンプルながら、 その味わいはかなり本格的です。 意外な食材であるヨーグルトが、甘味と酸味をプラスし味をレベルアップしてくれます。 我が家では とくに子供に大人気で、あっという間に完食!冷え込むキャンプの夜にパパの手作りスープカレー…体も心もホッカホカになりますね。 パパがキャンプ飯にいざ出陣! 普段はご飯作りに無縁なパパたちも、今回ご紹介した簡単レシピであれば作りやすいのではないでしょうか。 キャンプ飯を振舞えば 「パパかっこいい!」「パパってやっぱり頼りになる!」と、黄色い声が聞こえるに違いありません。 これからは、男の料理を見せつけるべくパパがキャンプ飯にいざ出陣です! 関連記事はこちら.

次の