ジェイコブ デグロム。 18勝をさしおいてなぜ10勝投手が?サイヤング賞・デグロムの突出度。

ブルージェイズのリュ・ヒョンジン、エースランキング7位に=1位はデグロム│韓国スポーツ│wowKora(ワウコリア)

ジェイコブ デグロム

経歴 [ ] 大学2年生まではで、2年生の終わり頃(2009年5月)にとして初めて試合に出場した。 の9巡目(全体272位)でから指名され契約。 この年は傘下ののルーキー級 ()でプロデビュー。 6試合に登板し、1勝1敗・防御率5. 19だった。 は前年に受けたの影響でシーズンを全休した。 はA級 ()で15試合に登板し、6勝3敗・防御率2. 51だった。 4試合に登板し、3勝0敗・防御率2. 08だった。 AAA級ラスベガスでは14試合に登板し、4勝2敗・防御率4. 52だった。 オフのにメッツとメジャー契約を結び、入りを果たした。 3月14日にAAA級ラスベガスへ異動し、開幕をAAA級で迎えた。 AAA級では7試合に登板し、4勝0敗、防御率2. 58と好投。 5月13日にメジャーへ昇格した。 5月15日の戦で先発起用されメジャーデビュー。 7回を投げ、4安打1失点6奪三振と好投したが、打線の援護がなくとなった。 その後はに定着し、6月21日の戦で初。 7月は4勝を挙げ、のに選出された。 9月15日のマーリンズ戦で先発登板した試合では初回先頭打者から8者連続奪三振を記録し、(1986年)が持つ歴代最多タイ記録に並んだ。 11月11日にを受賞した。 はに次ぐ先発2番手として開幕し、前半で9勝6敗、防御率2. 14と好成績を残し、に初めて選出された。 オールスターゲームでは6回表に5番手として登板し、わずか10球で三者連続三振を奪う圧巻の投球を見せた。 この年は14勝(リーグ7位)を挙げ、防御率2. 54(同4位)、205奪三振(同8位)などと活躍し、チームの地区優勝に大きく貢献した。 は、コローンに次ぐ先発3番手として開幕した。 7月17日の戦、自身初の・を1安打・1四球・7奪三振・105球で記録した。 の練習中に右肘の痛みを発症し、9月20日に同箇所の手術を受ける事が発表された為、そのままシーズン終了となった。 離脱もあって、この年は24試合の先発登板で防御率3. 04・7勝8敗・36四球・143奪三振・WHIP1. 20という成績に留まった。 はに次ぐ先発2番手として開幕したが、シンダーガードが故障離脱したために実質的にエースとして投げることとなった。 結果、自己最多の31試合先発で初の200イニングを記録し、15勝10敗・防御率3. 53・239奪三振・WHIP1. 19という成績を挙げた。 は32試合先発、217. 0イニング、防御率1. 70、269奪三振、WHIP0. 91のキャリアハイの成績を挙げ、のタイトルを獲得。 勝ち星には恵まれず、10勝9敗に終わったが、を受賞。 10勝でのサイ・ヤング賞受賞は先発として史上最少の勝利数であった。 3月26日、メッツの投手では史上最高額となる5年総額1億3750万ドルで契約を延長した。 オプションとして全球団トレード拒否権と2022年シーズン終了後に契約を破棄できるオプトアウト権、また2024年シーズンの契約の選択権を球団側が所持し、行使されれば最大で6年総額1億7000万ドルとなる。 シーズンでは32先発で11勝8敗・防御率2. 43(リーグ2位)・255奪三振(同1位)・WHIP0. 97の成績を残し、2年連続でサイ・ヤング賞に選出された。 詳細情報 [ ] 年度別投手成績 [ ] 22 22 0 0 0 9 6 0 0. 600 565 140. 1 117 7 43 2 1 144 1 0 44 42 2. 69 1. 14 30 30 0 0 0 14 8 0 0. 636 751 191. 0 149 16 38 2 2 205 6 0 59 54 2. 54 0. 98 24 24 1 1 0 7 8 0 0. 467 604 148. 0 142 15 36 0 3 143 4 0 53 50 3. 04 1. 20 31 31 1 0 0 15 10 0 0. 600 827 201. 0 180 28 59 5 2 239 7 0 87 79 3. 53 1. 19 32 32 1 0 1 10 9 0 0. 526 835 217. 0 152 10 46 3 5 269 2 0 48 41 1. 70 0. 91 32 32 0 0 0 11 8 0 0. 579 804 204. 0 154 19 44 1 7 255 2 0 59 55 2. 43 0. 97 :6年 171 171 3 1 1 66 49 0 0. 574 4386 1101. 2 894 95 266 13 20 1255 22 0 350 321 2. 62 1. 2019年度シーズン終了時• 各年度の 太字はリーグ最高 年度別守備成績 [ ] 年 度 球 団 試 合 2014 NYM 22 6 20 0 4 1. 000 2015 30 17 32 0 3 1. 000 2016 24 14 21 2 2. 946 2017 31 6 25 1 1. 969 2018 32 21 23 1 2. 978 2019 32 24 17 1 0. 976 MLB 171 88 138 5 12. 978• 2019年度シーズン終了時• 各年度の 太字はリーグ最高 獲得タイトル [ ]• :1回(2018年)• :1回(2019年) 表彰 [ ]• :2回(2018年、2019年)• (2014年)• ():3回(2014年7月28日、2015年6月8日、2017年6月18日)• :2回(2014年7月、9月) 記録 [ ]• 選出:3回(、 - ) 背番号 [ ]• 48(2014年 - ) 脚注 [ ]• Spotrac. 2019年11月14日閲覧。 A Saber-Slanted Baseball Community (英語) 2017年7月7日 2017年9月29日閲覧• 2014年5月21日. 2017年8月5日閲覧。 MLB. com Mets Press Release 2014年5月14日. 2014年5月17日閲覧。 ESPN MLB 2014年5月15日. 2014年5月17日閲覧。 Baseball-Reference 2016年7月17日. 2016年8月14日閲覧。 iSM 2016年9月21日. 2016年11月22日閲覧。 MLBサイ・ヤング賞 ナ・リーグはデグロムが史上最少10勝で初受賞(デイリースポーツ) - Yahoo! ニュース 2018年11月15日閲覧• MLB. com 2018年11月14日. 2018年11月15日閲覧。 MLB. com. 2019年3月26日閲覧。 www. afpbb. com. 2019年11月14日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 選手の通算成績と情報 、、、、、• MiLB. com (英語)• JdeGrom19 -.

次の

【INJURY2019】メッツのジェイコブ・デグロム、右肘「悲鳴」でけが人リストに

ジェイコブ デグロム

日時 対戦チーム 勝負セ 防御率 投球 回数 打者数 投球数 被安打 被本 奪三振 与四 死球 失点 自責点 メッツ-マーリンズ 勝利 2. 43 7 23 95 2 0 7 1 0 0 レッズ-メッツ 勝利 2. 51 7 25 96 4 0 9 0 0 0 メッツ-ドジャース 2. 61 7 25 101 3 0 8 0 0 0 メッツ-Dバックス 勝利 2. 7 7 24 108 3 1 11 1 1 1 ナショナルズ-メッツ 2. 76 7 31 100 8 1 6 3 4 4 メッツ-カブス 敗戦 2. 66 7 26 100 5 2 7 0 4 4 メッツ-ブレーブス 2. 56 7 26 107 4 0 13 1 1 1 ロイヤルズ-メッツ 勝利 2. 61 7 25 107 3 0 5 2 1 1 メッツ-ナショナルズ 2. 68 5 22 101 4 0 7 1 3 0 メッツ-マーリンズ 勝利 2. 77 7 26 94 5 1 8 1 2 2 Wソックス-メッツ 2. 78 7 28 116 5 0 11 2 1 1 メッツ-パドレス 勝利 2. 86 7 26 105 4 0 9 1 0 0 ジャイアンツ-メッツ 3. 02 7 26 108 3 0 10 3 0 0 マーリンズ-メッツ 勝利 3. 21 5 22 94 6 0 6 3 1 1 メッツ-フィリーズ 3. 27 7 27 102 3 1 10 3 2 2 メッツ-ブレーブス 敗戦 3. 32 6 26 107 6 1 7 2 3 3 カブス-メッツ 3. 25 6 24 97 8 0 9 0 2 2 ブレーブス-メッツ 勝利 3. 26 8. 1 31 113 5 2 10 0 2 2 メッツ-カージナルス 3. 38 7 26 116 6 1 8 0 2 2 メッツ-ロッキーズ 敗戦 3. 45 6 24 112 6 0 10 1 2 2 Dバックス-メッツ 3. 49 6. 2 25 89 5 0 7 1 1 1 ドジャース-メッツ 3. 71 5 23 105 7 1 2 1 2 2 メッツ-ナショナルズ 3. 72 6 23 103 2 1 8 3 1 1 マーリンズ-メッツ 敗戦 3. 98 5 26 104 9 1 3 0 7 6 メッツ-マーリンズ 勝利 3. 26 7 27 106 5 0 8 1 1 1 パドレス-メッツ 敗戦 3. 6 7 26 103 4 1 7 1 2 2 メッツ-レッズ 3. 82 7 27 101 3 0 6 2 0 0 メッツ-ブリュワーズ 敗戦 4. 85 4 22 89 5 0 7 3 5 5 ブレーブス-メッツ 敗戦 3. 68 5 24 114 5 2 9 4 3 3 メッツ-ツインズ 敗戦 3. 18 4 20 97 8 3 3 1 6 6 マーリンズ-メッツ 勝利 0 7 25 114 3 0 14 1 0 0 ナショナルズ-メッツ 勝利 0 6 23 93 5 0 10 1 0 0.

次の

ブルージェイズのリュ・ヒョンジン、エースランキング7位に=1位はデグロム│韓国スポーツ│wowKora(ワウコリア)

ジェイコブ デグロム

2019 サイ・ヤング賞 BBWAA 全米野球記者協会 によるMLB2019シーズン・アウォードもいよいよ佳境に入ってきました。 この日行われたサイ・ヤング賞の発表、そして翌日行われるMVPの発表でラストです。 その後はプレーヤーズ・チョイスに(訂正します。 プレーヤーズ・チョイスは10月24日発表となっておりました。 見逃してました。 すみません>>)。 現地2019年11月13日、2019年サイ・ヤング賞の受賞者が発表され、ナ・リーグはメッツのジェイコブ・デグロム()が2年連続2度目の受賞、ア・リーグは本命と言われていたゲリット・コールを抑え、アストロズのジャスティン・バーランダー()が24勝を上げた2011年以来2度めの受賞となりました! Congratulations! 2年連続は11人目 今回、ジェイコブ・デグロムは2年連続となった訳ですが、これは両リーグ合わせて史上11人目。 【連続受賞】11名• ALで2度:ロジャー・クレメンス AL 1986-87; 1997-98• 4年連続:• ランディー・ジョンソン 1999-2002 、• グレッグ・マダックス 1992-95• 2年連続:• サンディ・コーファックス 1965-66• AL 1975-76• ペドロ・マルチネス AL 1999-2000• クレイトン・カーショウ 2013-14• マックス・シャーザー 2016-17• ダニー・マクレイン AL 1968-69• ティム・リンスカム 2008-09• ジェイコブ・デグロム 2018-19 上のリストをご覧になっておわかりの通り、クレメンスに至ってはア・リーグで連続受賞を2度達成しています。 そしてランディー・ジョンソンとグレッグ・マダックスは4年連続受賞という圧巻のレコードを持っています。 複数回受賞は21人に また複数回の受賞者は今回のNLのデグロム、ALのジャスティン・バーランダーを含めて計21人となりました。 クレメンスが持っている7度という記録は無双状態のシーズンがいかに多かったかが伺えます。 【複数回受賞者】21名• 7度受賞:• 5度受賞:ランディー・ジョンソン• 4度受賞:• スティーブ・カールトン• グレッグ・マダックス• 3度受賞:• サンディ・コーファックス• トム・シーバー• ペドロ・マルチネス• クレイトン・カーショウ• マックス・シャーザー• 2度受賞:• コーリー・クルーバー• ボブ・ギブソン• トム・グラビン• ヨハン・サンタナ• ティム・リンスカム• ロイ・ハラデー• ジェイコブ・デグロム• ジャスティン・バーランダー メッツでは7度目 さらにメッツのサイ・ヤング賞受賞はフランチャイズ史上7度目。 トム・シーバー(1969,73,75 、ドワイト・グッデン 1985 、R. ディッキー 2012 そしてジェイコブ・デグロム 2018-19 です。 Name 1位 2位 3位 4位 5位 P 1. デグロム(NYM 29 1 0 0 0 207 2. リュウ(LAD) 1 10 8 7 3 88 3. シャーザー WSH 0 8 8 6 4 72 4. フラハーティー(STL 0 5 11 6 4 69 5. ストラスバーグ(WSH 0 6 1 9 8 53 6. ソロカ(ATL 0 0 1 0 6 9 7. グレイ CIN 0 0 0 0 4 4 8. カーショウ(LAD) 0 0 1 0 0 3 9. ビューラー LAD 0 0 0 1 0 2 9. イェーツ SDP 0 0 0 1 0 2 11. コービン WSH 0 0 0 0 1 1 他の投手の得票 例えウィナーになれなくとも、どの投手に得票が入ったのかは興味深いです。 サイ・ヤング賞にランキングされることは投手にとって栄誉です。 レースの上位に位置すれば業績給が増える契約をしている投手も多数おります。 3位のマックス・シャーザーは怪我の期間がありましたので今季はフル稼働ではありませんでしたが、それでもよく票が集まったと思います。 ストラスバーグ そしてファイナリストには入りませんでしたが、やはりシーズン18勝を上げたストラスバーグにもかなりの票が集まりました。 33試合、209. 0イニング、18勝6敗、ERA 3. 32、奪三振251、WAR 6. 5を上げてどうしてファイナリストに入っていないのかがそもそも不思議なくらいではあったのですが。 ERAが重視されたような結果でした。 次にア・リーグを見たいと思います。 AL CY YOUNG ファイナリスト ア・リーグのファイナリストですが、別記事で下記のような記載をさせていただいていました。 いみじくもアストロズ由来の3名が選ばれました。 ゲリット・コール一択かと思っていましたが、 ジャスティン・バーランダーの働きぶりがすごいです。 この二人の争いになりそうに思います。 被本塁打はコールが29、モートンが15、バーランダーが36。 ゲリット・コールはERAと奪三振で1位、バーランダーはERA、奪三振が2位、WIN、WHIP、IPでトップです。 ゲリット・コール( )HOU• チャーリー・モートン( )TBR• ジャスティン・バーランダー()HOU Gm IP W L ERA SO WHIP WAR コール 33 212. 1 20 5 2. 50 326 0. 895 6. 8 モートン 33 194. 2 16 6 3. 05 240 1. 084 5. 0 J. 34 223. 0 21 6 2. 58 300 0. 803 7. 8 Winnerはジャスティン・バーランダー そして受賞者は僅差でジャスティン・バーランダーとなりました。 数字がその業績を物語っていたと思います。 ERA信仰ならゲリット・コールなのでしょうが、総合的にたかい数字を残しており、ERAもさほど離されておらず、WARの数字の良さも決め手になったのかなとも思います。 自身2度目 バーランダーの受賞は上述した通り、24勝5敗の成績だった2011年以来2度めです。 元タイガースのチームメイトであったマックス・シャーザーがすでに3度受賞していることを考えると、意外にも少ないと思ったのですが、それもそのはずでバーランダーは過去に2位となったシーズンが3度もあったのでした。 【バーランダーのサイ・ヤング賞ランキング2位のシーズン】• 2012:1位 デービッド・プライス(TBR• 2016:1位 リック・ポーセロ(BOS• いずれもナ・リーグでの達成です。 D-Backs: 1. ランディー・ジョンソン- 2. カート・シリング 2001• D-Backs: 1. ランディー・ジョンソン- 2. カート・シリング 2002• Dodgers: 1. ドン・ニューカム-2. サル・マグリー 1956• Dodgers: 1. マイク・マーシャル-2. アンディ・メサースミス 1974 Name 1位 2位 3位 4位 5位 P 1. バーランダー(HOU 17 13 0 0 0 171 2. コール(HOU) 13 17 0 0 0 159 3. モートン TBR 0 0 18 10 1 75 4. ビーバー(CLE 0 0 11 13 5 64 5. リン(TEX 0 0 0 3 12 18 6. ロドリゲス(BOS 0 0 0 3 2 8 6. ジオリト CWS 0 0 0 0 8 8 8. マイナー(TEX) 0 0 1 1 2 7 他の投手の得票 上位2人のマッチレースとなったわけですが、評価して欲しいと思っていたシェーン・ビーバー、ルーカス・ジオリトにも票が入り嬉しい限りです。 またレッドソックスのE・ロッド、レンジャーズのランス・リン、マイク・マイナーにも票が入ったのはサプライズ的で良かったと思います。 以上、2019年のサイ・ヤング賞の発表についてでした。 お読みいただき、ありがとうございました。 2020年6月 月 火 水 木 金 土 日 4 11 15 17 22 24 26 29 30 カテゴリー• 634• 393• 224• 140• 152• 166• 207• 118• 9 アーカイブ• 1 MLB4 JournalのFacebook 最近のコメント• に hirotee より• に Arin より• に hirotee より• に hirotee より• に ootanisugoi より• に Arin より• に より• に hirotee より 本日の人気ランキング•

次の