エアコン ドライ と は。 エアコンの冷房とドライ(除湿)はどう違うの?|エネチェンジ

エアコンのドライ(除湿)とは?電気代や温度や仕組み!冷房と違いは?

エアコン ドライ と は

除湿機でかかる電気代 除湿機の3タイプ まず除湿機でかかる電気代から見ていきます。 そもそも除湿機には3種類のタイプがあります。 ・コンプレッサー式除湿機 ・デシカント式除湿機 ・ハイブリッド式除湿機 1つずつ特徴を見ていきましょう。 コンプレッサー式除湿機 エアコンのドライモードを同じような仕組みで除湿をする方式です。 周囲の空気を取り込み、冷却器で冷やすことで水分を集めるのです。 どういうことかと言いますと、冷たい水の入ったコップと同じです。 コップの周りの空気が冷やされることで空気中の水分が集まり、コップの表面につきますよね? 除湿機の中ではこれと同じことが行われているのです。 デシカント式除湿機 デシカントと呼ばれる乾燥剤を使って除湿する方式です。 デシカントとは、水を吸着+放出する機能に優れた乾燥剤になります。 空気中の水分をデシカントに吸着させ、ヒーターの熱で乾燥させた空気を放出するのです。 ハイブリッド式除湿機 コンプレッサー式とデシカント式のいいところを融合させたのがハイブリッド式になります。 後述しますが、電気代はコンプレッサー式の方が安くなるので、コンプレッサー式除湿機を一年中使えることが理想になります。 ところが、 コンプレッサー式だと冬場の低気温では除湿能力が落ちてしまうのです。 そこで、夏場はコンプレッサー式、冬場はデシカント式という2つの方式を使い分けるために作られたのがハイブリッド式なのです。 5円 ・デシカント式 0. 85円 となります。 電気代だけで見るなら、断然コンプレッサー式除湿機を使用する方がお得ですね。 スポンサードリンク エアコンのドライでかかる電気代 では、今度はエアコンのドライモードでかかる電気代を見てみましょう。 エアコンの消費電力は結構複雑でして、 消費電力と冷房能力という2つの数字が出てくるのです。 例えば、冷房能力が2. 5kWの場合、消費電力は500Wとなります。 電気代の計算に使うのは消費電力の方です。 この場合は500Wの方ですね。 エアコンには冷房能力が様々ありまして、部屋の広さに応じて消費電力が変わってきます。 ここでは 一人暮らしの平均的な広さである12畳を基準として考えていきます。 12畳に対応するエアコンの場合、 ・冷房能力…3. 6kW ・消費電力… 720W という数字となっています。 1時間使用することで発生する電気代はというと、 0. もちろんメーカーや機能によっても変わってくるのですが、だいたいの目安はこうなります。 エアコンのドライ機能の使い方はこちらもどうぞ。 スポンサードリンク 洗濯物の部屋干しで電気代を比較! ここまで除湿機とエアコンのドライでの電気代を見てきました。 では、いよいよ電気代を比較していきます! 部屋干しをして、洗濯物が完全に乾くまでの時間で比較していきますね。 東京電力の調査によると、洗濯物を部屋干しして乾燥にかかる時間は以下のようになっています。 エアコン 166分 コンプレッサー式除湿機 229分 扇風機 425分 エアコン+扇風機 120分 参考までに、扇風機を使った場合、エアコンと扇風機を併用した場合も載せています。 扇風機とエアコンによる部屋干しに関してはこちらもどうぞ。 上の方で求めた電気代をおさらいしましょう。 どちらも1時間にかかる電気代です。 除湿機 4. 5円 エアコンのドライ 18円 部屋干しで洗濯物が乾くまでにかかる電気代は、 除湿機 17. 18円 エアコンのドライ 49. 8円 このようになり、除湿機を使用した方が電気代が安いことがわかりました。 数十円しか違いませんが、洗濯の回数が増えていくと案外バカにならない数字となります。 つまり、月に8~12回、 年間だと96~144回ですね。 間をとって120回とし、電気代を年間で比べると、 除湿機 2061. 6円 エアコンのドライ 5976円 約4000円も違ってくるのです! 節約を心がけるだけで結構変わってきますね。 これから洗濯物の部屋干しをするときは、除湿機を使った方がお得ということがわかりました。 まとめ 梅雨に増える洗濯物の部屋干しですが、家電を使って賢く乗り切りたいですよね。 今回は、除湿機とエアコンのドライの電気代を求め、洗濯物の部屋干しで比較してみました。 湿度が上がってくる時期だからこそ、洗濯物の部屋干しには気をつけたいですよね。 湿気対策に除湿機はあると便利ですが、他にもエアコンや扇風機を併用するのもいいかもしれません。 正しい知識で家電を使い分けましょう!.

次の

エアコンの除湿能力、除湿機との比較。効果的な除湿方法について

エアコン ドライ と は

エアコンが冷房を行う詳しいしくみについては、以下の記事でご紹介しています。 エアコンのドライ(除湿)機能とは 部屋の空気中の 湿度を下げることを最優先とした機能です。 温度が高い程、空気が保持することができる水分量は多くなります。 エアコンは室内の空気を吸い込み、その空気を冷やして空気中の水分を追い出し、追い出された水分は水となりホースで外へ排出されます。 水分をとったあとのさらさらになった空気はまた室内に戻されます。 これを繰り返すことで室内の湿度を下げています。 エアコンの「冷房」と「ドライ(除湿)」の使い分け方は? エアコンの冷房機能とドライ(除湿)機能は上記のようにそれぞれ目的が違うため、以下のように目的に合わせた使い方をしていきましょう。 室内の温度を下げたい時 冷房運転をする 室内の湿度を下げたい時 ドライ(除湿)運転をする エアコンのドライ(除湿)機能は2種類ある エアコンのドライ(除湿)機能は、「再熱除湿」機能と「弱冷房除湿」機能の2つの種類があります。 それぞれの違いは以下のようになります。 弱冷房除湿 部屋の温度を下げつつ(冷房しつつ)部屋の湿度も下げます。 湿度を下げるために冷やされた空気をそのまま室内へ戻しています。 再熱除湿 部屋の温度を下げないよう、湿度だけを下げます。 湿度を下げるために冷やされた空気を再度暖めてから室内へ戻しています。 エアコンの「再熱除湿」と「弱冷房除湿」の使い分け方は? エアコンの「再熱除湿」機能と「弱冷房除湿」機能は以下のように使い分けることができます。 弱冷房除湿 室内気温が高く、室温も湿度も両方下げたい場合。 再熱除湿 室内気温はちょうど良い、または少し肌寒く、室温は下げずに湿度を下げたい場合。 エアコンの「冷房」機能と「除湿」(ドライ)機能を上手に使い分けていきましょう 真夏のように気温が上がらず、湿気が多い梅雨の時期などはドライ(除湿)機能(「再熱除湿」や「弱冷房除湿」)を上手に使うことで快適に過ごしやすくなります。 真夏のように気温が高い日や、気温も高く蒸し暑い日は冷房機能を使いましょう。 また、エアコン冷房やドライ(除湿)を使う季節は電気代が気になります。 電気代を節約していくためには、ご家庭の生活スタイルに見合った電気料金プランを選びましょう。 電気料金プランは、プランごと時間帯別に設定されている電気の単価が異なります。 携帯電話や保険のプランと同じく、電気料金プランもその家庭に一番最適なプランを選ぶことで、電気を安くお得に使っていくことが可能になります。 ご家庭に最適な電気料金プランは、で簡単に診断することができます。 エネチェンジ電力比較でピッタリの電気料金プランを見つけよう ご家庭に最適な電気料金プランを使うことで、これまでよりも電気代を安くできる場合があります。 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の

意外と知らない冷房とドライの違いや電気代の違い

エアコン ドライ と は

私のエアコンは電源100Vで動くタイプだったので、そのまま使えました。 その結果、 ・冷房 120~150W ・ドライ 130~160W およそ、10W程度の違いが出ました。 たしかに、ドライ 除湿 のほうが、消費電力が少し大きいようです。 ただ、これはエアコンの構造によるとのこと。 必ずしも昔の常識が正しいとは限らないようです。 もっといえば、とすると、同じか、付けっぱなしであればデスクトップPCのほうがより多く電力を消費している可能性があるということです。 つまり結論的に言えば、 ・たしかにエアコンによっては除湿より冷房のほうが省エネだが、思ったほどの差はない。 ・逆に、最近のエアコンはかなり省エネでビックリ。 (古いエアコンを使い続けるのは電気代の損。 買い換え検討の価値アリです。 ) ・エアコンを使わずに熱中症になるくらいなら、テレビやデスクトップPCの利用を少しセーブすれば同程度の消費電力。 (昔の大型TVは400~500Wくらいいくものもあるので要注意。 小型TVやノートPCの利用もオススメです。 ) ということなりました。 (あくまで我が家の場合。 ) このくらいの差なら、エアコンを掃除したり、部屋の冷気を逃さないように工夫したりすれば、実はあんまり変わらないのかも??という印象でした。 ということで、我が家では、湿気の多いこの季節は今までどおり除湿で、そして梅雨が明けた頃から冷房に切り替えることにします。

次の