日本 テコンドー 協会 会長。 金原昇のwiki風プロフに経歴に嫁や子供は?髪型はカツラで在日?テコンドー協会会長!

日本テコンドー協会

日本 テコンドー 協会 会長

html 今日の昼にこの方の頭を見てから、ずっと気になってる。 — 頑張れ、逃げるな otITCWYqzcaJjnd となります。 似てはいますが、やはり、生え際が確認しにくい、つまり、 おでこの肌と髪の毛の境目が明確すぎる 気がしますよね。 こんな所から、 「テコンドー協会の金原会長はズラ(かつら)」 という説が出てきているようです。 dailyshincho. それは、 金原昇会長の過去の画像です。 気になって、Twitterで比較された方がいたんですね。 それがこちらです! ジェントルマン金原昇テコンドー協会会長のビフォア・アフター — 等結合(くま) toujoin いかがでしょうか? 生え際に注目しますよね。 金原会長は、 2008年に、第3代目から会長として君臨しています。 この画像がいつの時点で撮影されたのか不明ですが、仮に2008年当時としても 約10年前となりますね。 そうなると、 その当時で、この生え際の位置として、 10年後は、普通はさらに生え際が後退するのが自然ですよね。 でも、右画像が現在のため、 明らかに生え際が戻っている感じがしますね。 こんな点を考えても、やはり、 「テコンドー協会の金原昇会長はズラ(かつら)疑惑」 が出てしまいます。 増毛の場合ですが、金原昇会長の過去画像を見ると、既に前頭部に自毛がないため、 「特殊なシートを使って人工毛を地肌に貼りつける」 といった方法で行わないと難しい感じです。 また、自毛植毛に関しては、 「医師免許が必要とされる医療行為である「自毛植毛」は後頭部から移植する。 自毛であるため装着は不要、術後は頭皮に若干の違和感を感じたり、生えるまで時間がかかるが、接着タイプと違い施術後1週間以降は自由に洗髪することが可能となる。 もちろん見た目はカツラのボリューム感には劣るが、その分不自然さは当然少なくなる。 そして最大のメリットは植え替えた毛はしっかり根付き、自分の毛髪をなびかせることができるという点だろう。 asagei. 両方ともに、 かなりの手間が掛かる手法ですね。 金原昇会長が、この方法を使用したのかは不明ですが、報道されている金原昇会長の 性格的には、ここまで手間が掛かる方法で対処したのか疑問が残りますね。 auone. 結果的に、そのベテラン理容師は、 「かつらの可能性が高いが植毛や増毛かも」 と言っていました。 やはり、 過去画像との比較や現在の生え際画像を見て、そのように感じたようです。 ただ、 「パンチパーマの場合は、生え際もパーマをかけたり、人によっては生え際を剃るようにす る方もいるため、生え際と肌のラインが明確に分かれているように見える場合もある」 との事でした。 そうなると、やはり、 ズラ認定 することは 難しいですね。 ネットでは、 これはスーパーミリオンヘアーやってますねテコンドー協会会長金原昇くん。 やはり、 「テコンドー協会の金原昇会長はズラ(かつら)」 と感じている方は多いようですね。 まとめ まとめてみますと、• テコンドー協会の金原昇会長の髪型がズラ(かつら)では?と話題に!• 過去画像と比較すると明らかに生え際が成長している!• 金原昇会長の髪型はズラ(かつら)か植毛、増毛の可能性が高い! という事ですね。 いかがだったでしょうか? ズラ(かつら)疑惑より、本来のテコンドーの選手たちとの確執を解決して欲しい所ですが、テレビで取り上げられるたびに気になってしまう事は事実ですよね。 早く問題が解決して、あまり メディアに取り上げられなくなる日が来ることを願いますね!.

次の

金原昇のwikiプロフィールと経歴!テコンドーの実力についても調査!│地球の裏側からご近所まで

日本 テコンドー 協会 会長

10月28日、全日本テコンドー協会は、都内で臨時理事会を開き、理事の総辞職が決定ししました。 スポニチによると 強化方針などを巡って内紛が起きている全日本テコンドー協会の理事会が8日、都内で行われ、金原昇会長は自らの辞任を否定。 「高橋、岡本両理事は辞めたいということで辞めますが、今はオリンピックに向けて選手、理事、強化委員会が一致団結して強化にあたっていくのが筋という結論に至りました」と話した。 都内での理事会は、予定時間を超えて約6時間の会議でした。 期待したのは金原会長らトップの人心一新。 「こうなるとは予想していたが、この体制を続けてきた会長が責任を取らずに、下の人間だけを辞めさせるのはどうなのか。 会見でもあそこまで自分たちを正当化するとは」と疑問を呈した。 岡本、高橋の両氏に同調する理事がいなかったことにも「5人くらいは味方をしてくれると思ったんですが。 ショックです。 期待外れですね」と話した。 他の選手も「あり得ない」と憤っていたという。 今後は両氏とも相談して方針を決めていく予定。 金原会長へのメッセージを聞くと「人として、なぜまだその座を守ろうとするんですか?」と辛らつだった。 ここでは• 金原会長がテコンドーとは全く関係のない、韓国籍で金融業だった情報• テコンドー金原会長は協会処分に当てはまるのか?• 金原会長は韓国人か?• 金融業と反社会的勢力のからみ について調べたことをお伝えしますね。 こちらは、2019年11月にツイッターアカウントを開設した、金原昇氏のツイート 皆さん、こんにちは😊 TVタックルに出演をし未来のテコンドー協会の為に間違った報道が沢山ありましたので事実をお話してまいりました。 私の話は一部ですけれども、近いうちに検証委員会の総括が発表される予定です。 ちなみに、ビートたけしさんは非常に人格者で真面目な方でした。 出身は長野県松本市です。 1990年長野県テコンドー協会理事長 2005年全日本テコンドー協会常務理事 2008年全日本テコンドー協会会長 2016年全日本テコンドー協会成績不振による会長退任 2017年全日本テコンドー協会会長に再任 金融業だった金原会長がテコンドー協会への多額の寄付? そもそも、金原会長は、テコンドーとは全く関係がなく、金融業でテコンドー協会に対して融資をしていたようですね。 以下はその情報です。 かつて、(社)全日本テコンドー協会会長金原氏は長野県の只のスポンサーであった、長野県は丸山会長(長野県テコンドー協会会長)が長野県でテコンドーの大会を開く時に、予算が無い為に、お金を寄付して頂いていた、その1人が金原氏だったのです。 金貸しで(株)日本債権回収なんとかと、最もらしい名前の会長をやっていたとも言われている。 丸山会長に良く話を聞くと、金原氏からお金を融資してもらっているとの事でした、だから丸山会長を無視して、やりたい放題やっているのです。 何故、金原氏が長野県代表で出て来たかお分かりになりました。 案の定、金原氏は会長に就任する1年前に(社)全日本テコンドー協会に対し950万円余りの寄付(テコンドー協会が1000万円近い赤字で困っていたので、合計3000万円)金を出しているのです、可笑しいと思いません。 長野県松本において金融業していて、インターネットの書き込みのような悪沿い取り立てをしている人間が、寄付して損する様な事すると思います。 このJOC選任コーチ謝金の取り方を教えたのが、現在TOTOサッカークジ不正受給疑惑で調査対象者の人物、前JOC事務局長ともう1人木下氏(仮名:JOC職員:現在退職)であります。 このように皆繋がって何らかの今旦があったのですね。 我が家の住職の言葉「金は貰うモノでは無い、金は稼ぐモノだ」との教えです。 2004年の分裂騒動の時に私が当時の理事長圓山氏に次期会長に野中広務先生(自民党幹事長:京都府選出)にお願いしましたら快く引き受けてくれました「お願いしましょう」と言うと、圓山理事長は「衛藤征士郎先生(大分県:当時衆議院:現在:落選比例代表当選)にお願いした、申し訳ない。 私は圓山理事長に言いました「衛藤征士郎先生にお願いしても、貴方はカムバツク出来ないよ」と、圓山理事長は「そこはちゃんと話しているから大丈夫」と、私はそれ以上は何も言いませんでした。 案の定、衛藤征士郎先生の独断での幕開けでした。 社団法人を取る為に当時、私と圓山理事長の部下で佐藤氏が当時の事務局長、私と二人で文科省に毎日の様に出向き、やっとの思いで社団法人の認可を貰った。 貰ったと同時に佐藤事務局長は首になりました。 第一回目の(社)全日本テコンドー協会の総会の時に、衛藤征士郎先生から別室に呼び出され、話し合いをした。 内容は「私(衛藤征士郎)の子飼い明石(本名:吉田:ゴーストライター)を理事にして、行く末は会長にと考えている」協力して貰えないかとの話であった。 当然、私は猛反対で「それは出来ません」とはっきりと断った。 その時のもう一つの条件が「長野県の金原氏を常務理事にすると」言う事でした(録音あり) 圓山氏が私に「衛藤征士郎先生が社団法人の認可を取るのに保証金2000万円を出してあるだろう、あの金を取り返したいから、金原氏を明石氏の次に会長にすると決まった」と話した。 ここで圓山氏のカムバックの道は全く無くなった。 この後、衛藤征士郎先生から明石氏に会長が代わる時に(総会の1ヶ月前に)総会に出席出来ない様に、NPO法人高知県テコンドー協会会長を資格停止(理由は何でも良いのです)にした、明石氏が2年間の会長任期が終わる迄、資格停止を解かなかった。 資格停止(私達はテコンドー協会を運営していて、全く出「お金」る事はあっても利「お金」を得る事は無い為に放ったらかしておいた)の無効の訴えを取らなかった((社)全日本テコンドー協会は赤字の為、裁判に訴えればお金が掛かるので)。 資格停止がとれて韓国:春川(チュンチョン)の大会に行き、(社)全日本テコンドー協会コーチ阪口(大阪)からJOC選任コーチ謝金不正の事を聞いたのです(この情報はご褒美ですね)。 このJOC選任コーチ謝金のお金が、社団法人の認可を取る為に、衛藤征士郎先生が出した保証金2000万円の肩代わりとして(社)全日本テコンドー協会金原会長が当然の如く回収しているのです。 前圓山理事長が言った通りになったのです。 圓山氏が衛藤征士郎先生と話した会話が(録音あり)現存しているのです。 私が何故、衛藤征士郎先生に対して反対をするのか、それは47都道府県の県体育協会に加盟し、県のテコンドー協会を運営している、県会長を理事にして開かれた協会運営をするように申し上げたのですが、全く取り上げてくれませんでした。 それはそうでしょう、衛藤征士郎先生が社団法人の認可を取るのに保証金2000万円を出してあるのですから、回収しないとお金が無い訳です(だからNPO法人高知県テコンドー協会が2000万円を寄付すると言ったのです) そこで2000万円のお金を出しそうな長野県の金原氏に白羽の矢を立てたのです。 韓国籍の金原の献金は違法? 当時の金原会長のテコンドー協会への融資は、金原会長自身が韓国籍で違法だったとも言われています。 衛藤議員の後を受けて吉田が会長になった。 この時衛藤議員に対しテコンドー協会の会長の金原氏が個人で献金していた、その金原は韓国籍で献金は違法である。 JOC からテコンドー協会に対し(専任コーチ)個人の口座にお金が振り込まれてい る、金原会長が選任コーチにしてやるから、JOC から振り込まれるお金を一割取っ て持ってこいとの約束で、四年間お金を金原がお金を(専任コーチの謝金)受け 取った、金原会長が 23 年 4 月 23 日の総会、理事会でハッキリ貰ったと発言してい る、貰ったお金(謝金)はテコンドー協会に入れた。 上記の情報は、下記にある渡邉幸雄公式ホームページとpdfから抜粋しています。 参考サイト: 参考pdf: テコンドー金原会長は韓国人 金原会長は本当に韓国人なのでしょうか? 金原会長は、本当に韓国籍なのかは、戸籍謄本(抄本)やパスポートで確認しないとわかりません。 ですが、Yahooニュースによると 金原会長の出身の松本市の親族の一人の証言がありました。 在日一家の昇さんは、お父さんが土木作業員をやっていて、お母さんは彼が小学生の頃に亡くなっている。 貧しい家庭で育ちました。 高校時代は番長をやっていて、上京して喫茶店のボーイなどをやった。 そこで、いろいろな人たちと知り合い、金融業のノウハウを覚えたんです その後、松本市に戻った金原氏は金融業の他に、フィリピンパブや韓国クラブなどの水商売を手広く行う、地元では有名な「マキシムグループ」の代表の座に収まる。 長野県はそもそも 戦中と戦後に松代大本営や飯田線建設や平岡ダム建設では 多くの朝鮮人労働者が使われていた歴史があります。 また、松代大本営を工事を指揮する日本人のために 慰安所が作られて若い朝鮮人女性が慰安婦としてサービスを強要されていた記録が残っています。 (松代大本営跡の画像は、ウィキペディアより抜粋) 戦後、その労働者や慰安部はそのまま長野県に住み続けた方々が多いのです。 金田 金子 金原 などの氏名を名乗る在日韓国人がいらっしゃるので 金原会長が在日韓国人であることは十分にうなづけます。 こちらは、長野県の朝鮮労働者に関する参考サイトです。 参考サイト: 松代大本営に関する公式サイト: テコンドー金原会長の金融業と反社会的勢力のからみ デイリースポーツによると 報道陣に配った資料では当時、松本市の飲食店組合が設立した暴力団を追放する組合の組合長だった人物からの申述書を添付。 その中では運動の中で暴力団と抗争状態となったこと、副会長だった金原氏が目を付けられ、銃撃を受けたことなどが綴られている。 「状況からして、松本市のいずれかの暴力団から雇われたいわゆるヒットマンであったということは間違いない」と、金原氏に殺し屋を差し向けられていたことが明かされた。 金融業と言いますが、まあね、ズバリ高利貸しですよ 金原さんは昔、ヤクザさんと一緒に飲みに来ていましたよ そりゃ、高利貸しやってたんだから、ヤクザと接点がなかったはずはないでしょう。 実は、拳銃で打たれた経験もあるのだとのことです。 実は撃たれたのは4発 どこの組に撃たれたのか、決して口を割らなかった 撃たれたことを、恥ずかしがるのではなく自慢げに話していた 金原さんは法外な利息でお金を貸していて、実際に彼から借りた、そう主張する男性が、取り立ての際に〈潰しに行くよ〉〈自分は、理論的に追い詰めて行く。 絶対耐えられない。 精神的におかしくなる〉などと、金原さんに〈威迫〉されたとして民事裁判に訴えたことがある。 金原さんはこの主張を否定していましたが、これ以外にも彼に関する金絡みの裁判が起きています」(金原氏を知る人物) 参考サイト: テコンドーの金原会長ってまぁ色々問題あるんだろうけど、なんか憎めないおっさんだとも思った。 テコンドー自体はどうなろうといいんだけど。 このおっさんは守りたい! — SBINSNCN SBINSNCN テコンドー会長のJOC補助金の横領疑惑? テコンドー金原昇会長は、JOC(日本オリンピック委員会)からの補助金を横領しているという疑惑もあるのです。 テコンドー振興に充てるべき資金の使用用途が、選手たちに対して全く明示されていないようですね。 週刊文集によれば以下この状況を江畑秀範選手が告発したのです。 5月にイギリスで世界選手権が行われた際、最終日に選手がホテルの一室に集まって話し合い、ボイコットを決めました。 この遠征では選手8人に対し、強化スタッフが11人もついてきましたが、JOCからの補助金もスタッフの旅費などに充てられている。 一方、選手は世界選手権への参加に自腹で毎回20万円近い負担があります。 合宿も『韓国でする』と出発の数日前に突然言われ、参加費を払えないと『代表になれないぞ』と言われます。 一方でJOCからの補助金がどう使われているのかは選手には一切知らされない。 協会は本当に選手のことを考えているのでしょうか (江畑秀範選手) 選手たちは、金銭的負担が大きく不満があるのですが、なかなか意見が理事会げ通っていません。 意見や要望を提案すると強化選手(代表)から外される• 合宿費用の選手負担• 同行スタッフの費用も選手負担 協会解任処分にあてはまる? ここでは、 一般社団法人全日本テコンドー協会 定款 の中から 協会の目的と事業、協会解任にたいする文章を紹介します。 以下に読んで分かる通り、金原会長になった経緯を振り返ると、 一般社団法人全日本テコンドー協会 定款から外れているので反社会的勢力に関わっているかどうかは別としても、解任の検討がされるほどの内容はありますね。 一般社団法人全日本テコンドー協会 定款での理事会についての役割は以下です。 現在の理事会は国家公務員出身者はいません。 理事会は当法人全ての理事によって構成され、法令及び定款に基づき AJTA の業務を執行します。 理事会は、会長・副会長・専務理事及び常務理事の選任、業務執行の決定、職務執行の監督などを行っています。 理事については、下記の一般社団法人全日本テコンドー協会のサイトの理事一覧より抜粋しています。 参考サイト: 一般社団法人全日本テコンドー協会の目的及び事業についての記述 一般社団法人全日本テコンドー協会の「 第2章 目的及び事業 」では 目的 第3条 当法人は、わが国におけるテコンドー競技及びパラテコンドー競技(以下総 称して「テコンドー」という。 )を統括し、これを代表する団体として、テコン ドーの普及及び振興を図り、もって国民の心身の健全なる育成に寄与すること を目的とする。 (事業) 第4条 当法人は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。 (1)テコンドーの普及及び指導 (2)テコンドーの段位の審査及び認定申請並びに級位の審査及び認定 (3)テコンドーの日本選手権大会等の開催 (4)テコンドーの国際競技大会への代表選手派遣 (5)テコンドー競技選手の強化指導 (6)都道府県のテコンドー競技団体の支援 (7)テコンドー競技の審判員及びテコンドーの指導員の育成 (8)テコンドーの道場の公認及び指導者の免許の付与 (9)テコンドーの普及啓発を図るための広報 (10)テコンドーに関する各種表彰及び顕彰 (11)テコンドーの国際交流 (12)その他、当法人の目的達成に必要な事業 2 前項の事業は、国内及び国外において行うものとする。 役員の解任についての記述 「第5章 役員等」で、「(解任)第30条」の一部を紹介をします。 金原協会長は、以下の項目では当てはまると思います。 岡本依子副会長 48 が• (理事会を)解散して当然かなと。 強化委員を選んでいるのも理事会。 1回責任を取った方がいい。 現幹部の総退陣を提案するのは妥当ですよね。 理事及び監事は、次に掲げるときに該当する場合には、正会員総会の決議 により、解任することができる。 ただし、監事の解任の正会員総会の決議は、総 正会員の半数以上であって、総正会員の議決権の3分の2以上に当たる多数を もって行わなければならない。 (1)職務上の義務に違反し又は職務を怠ったとき (2)心身の故障により、職務の執行に支障があり又は職務に堪えられないと認め られるとき (3)この定款その他の規程の定めに違反したとき (4)当法人の名誉を傷つけ又は信用を失墜させる行為をしたとき、 第3条の当法人の目的に反する行為をしたとき、当法人が第4条第1項の事業を行うこと を妨げる行為をしたとき、その他これらに類する行為をしたとき (5)法令又は公序良俗に反する行為をしたとき、反社会的勢力であること又は反 社会的勢力の支配若しくは影響を受けていることが判明したとき、その他解 任すべき正当な事由があるとき 2 前項の規定により、正会員総会において理事又は監事を解任する決議を行う 場合には、当該決議の前に当該理事又は監事に弁明の機会を与えなければなら ない。 3 第1項の規定により理事又は監事を解任した場合には、当該理事又は監事に その旨を通知しなければならない。 上記の内容は、下記に示した一般社団法人全日本テコンドー協会 定款pdf から抜粋しています。 参考サイト: テコンドー協会内部紛争の経緯 10月1日、全日本テコンドー協会は、多数の選手が 強化合宿をボイコットするなど強化体制の在り方を巡って対立が鮮明化している中、都内で協議会を行い、金原昇会長ら幹部、選手、所属関係者ら約40人が出席して意見交換が行われました。 ですが、この協議会は選手2人が途中退席する場面があり、話し合いは決裂のまま。 シドニー五輪銅メダリストの岡本依子副会長 48 は 「(理事会を)解散して当然かなと。 強化委員を選んでいるのも理事会。 1回責任を取った方がいい。 一方で、金原会長は「今日は選手の声もしっかり聞けて有意義な議論ができた。 選手の意見を真摯(しんし)に受け止めて、やりやすい環境を整えたい」と強調したが、体制の刷新には消極的。 また、全日本テコンドー協会の金原昇会長の反社会的勢力とのつながりが一部で報じられたことに関し、同協会でアスリート委員長を務める高橋美穂理事は協会のコンプライアンス委員会に調査を依頼し、9月30日に受理されたことを明らかにしました。 金原会長は、、反社会的勢力とのつながりについて「関係ございません」と答えている。 もし、事実が認定されれば、協会の規定で注意から解任まで4段階の処分が科されます。 参考サイト: まとめ 全日本テコンドー協会の金原会長の経緯について、また協会処分について一般社団法人全日本テコンドー協会 定款pdf から紹介をしました。 金原会長は、以前にも成績不振で責任をとって、会長を辞任してますが、また再任された経緯があります。 ですが、再任経験があることからすると会長としての実力もあるのも事実。 やめるのは、むしろ無責任という意見もあり、会長継続となりましたね。 選手の活躍をサポートできる理事体制を実現して欲しいです。 そして、選手たちのパフォーマンスが最大限発揮できるようにサポートし信頼関係を築いてくれることを願います。 来年の東京オリンピックへ向けて、今後も善処して頂きたいと願います。 根底には、全日本テコンドー協会の財源不足の経緯があったようです。 これは、テコンドーに限らずどのスポーツにもスポンサー確保は課題なのですが・・。 また、がんばっている選手のためにも費用を出したいという声もあるのは希望です。 こちらは、高須克弥医師のツイート。 「選手が納得して合宿に参加してよい方向に向かえるなら費用を援助したい」とお話した。 」 癌治療の点滴で発熱が始まった。 「テコンドー協会の岡本依子副会長が連絡を欲しがっておられる」と連絡が入り、新幹線で移動中の岡本副会長にスマホで連絡「選手が納得して合宿に参加してよい方向に向かえるなら費用を援助したい」とお話した。 選手の声が聞きたい。 — 高須克弥 katsuyatakasu こちらは、齋 雄一郎スポーツ法政策研究会・日比谷見附法律事務所、弁護士による、基礎から学ぶスポーツと法・スポンサー選手と広告契約について、わかりやすく説明がされています。 併せて、ご覧くださいね。 参考サイト: こちらは、東京オリンピックのスポンサーの一覧です。 こちらは、「オリンピックスポンサーは基本的に1業種1社が基本なのに6社がスポンサーなのが凄い。 」というツイート。 読売、朝日、毎日、日経、産経経済、北海道新聞がオリンピックのスポンサー。 オリンピックスポンサーは基本的に1業種1社が基本なのに6社がスポンサーなのが凄い。 東京オリンピック2020は金で穢れてます。 — 柏バカ一代 donperin こちらは、「もともとオリンピックのスポンサーは原則的に「一業種一社」だったのが、電通が金儲けのためにその原則を崩してしまった。 」という本間龍氏へのインタビュー回答のWEZZYのサイトです。 ーそれは五輪スポンサーに新聞社が多く入っているからですか? 東京2020オリンピックオフィシャルパートナーには、読売新聞、朝日新聞、日本経済新聞、毎日新聞が入り、東京2020オリンピックオフィシャルサポーターには、産経新聞、北海道新聞が名を連ねています。 本間 :もともとオリンピックのスポンサーは原則的に「一業種一社」だったのが、電通が金儲けのためにその原則を崩してしまった。 今回でいえば、最初は読売が一社で入る予定だったのが、他の新聞社が取材で不利になるというので、どんどん他の会社も入ってきたそうです。 スポンサーであろうとなかろうと、取材現場での扱いは平等ということにすればよかったのに、結局は「あそこがやるならウチも」という感じになってしまった。 本間 :そもそも、メディアがスポンサーになるということ自体がおかしい。 特に、問題点を検証できる新聞のようなメディアが軒並みスポンサーに入ってしまっては、議論もできなくなってしまう。 これは大きな問題だったと思います。 暑さ対策の問題なんて、新聞の一面や二面で扱われていいトピックだし、キャンペーンを張って糾弾すべき問題ですよ。 本間龍: 1962年東京生まれ。 1989年に博報堂に入社し、2006年退社。 博報堂時代の経験から、広告代理店とメディアの癒着によって起こる諸問題について告発を続けている。 主な著書に『電通と原発報道』(亜紀書房)、『メディアに操作される憲法改正国民投票』(岩波ブックレット)などがある。 協会に携わってくださっている全ての方々に感謝を申し上げます。 テコンドー選手、また関係者の皆さん。 未来も大事ですが、この方達がいたからこそ今があります。 感謝の気持ちを持ち続けてください。

次の

テコンドー協会の大問題を中学生でもわかるように簡単にまとめ!

日本 テコンドー 協会 会長

選手との対立が表面化して混乱に陥っていた全日本テコンドー協会は26日、東京都内で臨時総会を開き、検証委員会が推薦した11人の新理事を全会一致で承認した。 その後の臨時理事会で、日本卓球協会名誉副会長の木村興治氏(79)が会長に選ばれ、新体制が発足した。 前会長の金原昇氏ら前体制の理事は総辞職した。 新しい副会長にはバスケットボールBリーグ千葉会長の島田慎二氏、専務理事に弁護士の岸郁子氏、常務理事に全日本柔道連盟理事の田辺陽子氏と税理士の須永功氏が就任した。 木村新会長には検証委の境田正樹委員長(弁護士)から詳細な報告書が提出された。 境田委員長は報道陣に「(前体制に)ガバナンスコード上の違反はなかったが、正常な運営ができていなかった」と話した。 木村会長は「(新役員で)知見を出しあって、新しいテコンドー協会をつくり上げていきたい」と抱負を述べた。 金原前会長については「何かの役職をお願いすることは現時点では考えていない」と話した。 金原前会長は「すべての(混乱の)原因はひとえに私の管理不足にある。 協会がより高いステージに上がるため、次の理事の方に託した」と語った。 25日に男子選手から提出された東京パラリンピック選考基準の見直しを求める「要望書」は、取り上げられなかった。 選手側は27日にも日本スポーツ仲裁機構に申し立てるという。

次の