ミミズ 腫れ と は。 下着の締め付けでミミズ腫れになりかゆい!原因と対策

わきの下にみみずばれの様なできものが出来ています。

ミミズ 腫れ と は

ミミズに関する迷信 ミミズにおしっこをかけるとあそこが腫れる。 こんな都市伝説を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか? 実際にところ、どうなのか?これは難しいところです。 ミミズは外部からの刺激を受けると粘液を出して攻撃をしようとします。 この 粘液が人間の体に触れると痒みや腫れを引き起こすことがあるのです。 ただし、全てのミミズが粘液を飛ばすというわけではありません。 中にはそういう種類もいる、ということなのです。 ただ、日本人は農耕民族だったということもあり、良質な土を生み出してくれるミミズはとても貴重な存在です。 なので、そのありがたいミミズに尿をかけるというのは、罰あたり、という考えもあったようです。 親が 教育のために子どもに話して聞かせるという意味もあったようです。 根拠は? ミミズの体表は、せん毛と呼ばれる細かい毛と、粘液質の体液に覆われています。 その 体液の中に毒素が含まれているのです。 尿をかけることによってその毒素が蒸発をする、ということもあるかもしれませんが、あまり根拠はありません。 ミミズが苦しんで体液を飛ばす、その体液が体に触れる、炎症を起こす、という流れになります。 これがミミズにおしっこをかけるとあそこが腫れるという都市伝説の根拠です。 頻繁に起こることではなく、稀に起こる現象なのですが、やはり用を足す時にはトイレを探したほうがいいですよ。 それが環境にも良いことですし、ルールであり、マナーでもあるのです。 ミミズだって生き物です。 ですから、自分がされて嫌だと思うこと、迷惑だと思うことはしてはいけないのです。 その教えのような形でこの都市伝説が広まったということもあるようです。 特に小学生の男の子はこういう都市伝説に興味を抱くようですが、けしていいことではないですし、 トイレのマナーを身に付けさせるという意味では脅しのような言葉でもあるようです。 ちょっと怖いことを言えば、その言葉を信じて、トイレ以外のところで用を足すこともなくなるようなので、教育の面では効果があるようです。 根拠も一応あるので、ウソでもないですしね。

次の

わきの下にみみずばれの様なできものが出来ています。

ミミズ 腫れ と は

Contents• ミミズとおしっこの関係 真性包茎(しんせいほうけい)や仮性包茎(かせいほうけい)の子供がミミズにオシッコをかけるシーンを想像してみてください。 1、子供が土いじりをしながらミミズを探しています。 2、この時、小枝などを使って土を掘ります。 3、ミミズが見つかって、子供はミミズを手に取ります。 4、子供は土や小枝、ミミズを触って汚れた手でミミズに排尿します。 5、多くの子供は真性包茎ですから、尿がまっすぐ飛びません。 6、そこで、子供は汚れた手でシンボルの先を持ち、尿の方向を修正します。 7、この時、手に付着している雑菌がシンボルの包皮内に入ります。 8、このままだと、細菌が包皮内で繁殖して亀頭包皮炎になります。 「ミミズにオシッコをかけると、男性シンボルが腫れる。 」は本当だった。 迷信でも都市伝説でもなかった 「ミミズにオシッコをかけると、男性シンボルが腫れる。 」 この言い伝えは、実は昔から真実であったのです。 遠い昔、ミミズにオシッコをかけると、男性シンボルが腫れてしまう男の子達が多かったに違いありません。 医学が発達していなかった時代、感染症の仕組みが解明されていませんでした。 子供が友達同士で土いじりをしてミミズを見つけて、汚れた手で排尿する時、細菌が男性シンボルの包皮内に入ってしまいます。 その後、シンボルをきちんと洗わないため、細菌感染してシンボルが腫れてしまったのです。 だからこそ、何代もにわたって人から人に口づてに 「ミミズにオシッコで男性シンボルが腫れる説」 が伝えられてきたと考えて間違いありません。 土遊びをして排尿した子供の手をきちんと洗い、男性シンボルの包皮を剥いて洗うことで、感染症を防ぐことができるのです。 ミミズの大切さの教え もう1点、これは管理人の独断と偏見の考えです。 ミミズは土の神とも考えられていて、日本国内にはミミズが御神体の神社があります。 ミミズは土中の有機物や微生物を食べて体内で消化分解し、糞を排泄します。 その糞が土の良質な肥料になります。 農業の世界ではミミズが益虫なのはこれが理由です。 家庭の庭やベランダのガーデニングで、土に野菜や果物の残飯を乗せるだけで、食欲旺盛なミミズ達がこれらを食べて分解してくれます。 これを繰り返すことで、柔らかで良質な土となり、庭の野菜や果物がグングン成長します。 言い換えますと、ミミズが生息しない土壌はやせているのです。 更に、ミミズが土の中で動き回ることで、土が柔らかくなり空気を取り込みやすくなります。 言わば、ミミズは自然界の全自動トラクターです。 遠い昔、農作物を育てる農家の方々は、ミミズが豊かな大地と農作物を育てる一翼を担っていることを経験として知っていたに違いありません。 だからこそ、昔の日本人はミミズを大切に思い、 「ミミズにオシッコをかけると男性シンボルが腫れる」 という言い伝えを子供達に教えることで、ミミズを粗末に扱わないように戒めていたのではと思うのです。 私たちが食べる野菜や果物はミミズのおかげと言っても過言ではないですね。 人気の記事• 400件のビュー• 309件のビュー• 300件のビュー• 209件のビュー• 208件のビュー• 207件のビュー• 206件のビュー• 205件のビュー• 204件のビュー• 204件のビュー• 203件のビュー• 200件のビュー• 121件のビュー• 120件のビュー• 111件のビュー カテゴリー• 1 最近の投稿•

次の

ミミズの鳴き声はジー!?鳴くって本当なの?オケラとの声も…動画で検証 | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

ミミズ 腫れ と は

ミミズに関する迷信 ミミズにおしっこをかけるとあそこが腫れる。 こんな都市伝説を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか? 実際にところ、どうなのか?これは難しいところです。 ミミズは外部からの刺激を受けると粘液を出して攻撃をしようとします。 この 粘液が人間の体に触れると痒みや腫れを引き起こすことがあるのです。 ただし、全てのミミズが粘液を飛ばすというわけではありません。 中にはそういう種類もいる、ということなのです。 ただ、日本人は農耕民族だったということもあり、良質な土を生み出してくれるミミズはとても貴重な存在です。 なので、そのありがたいミミズに尿をかけるというのは、罰あたり、という考えもあったようです。 親が 教育のために子どもに話して聞かせるという意味もあったようです。 根拠は? ミミズの体表は、せん毛と呼ばれる細かい毛と、粘液質の体液に覆われています。 その 体液の中に毒素が含まれているのです。 尿をかけることによってその毒素が蒸発をする、ということもあるかもしれませんが、あまり根拠はありません。 ミミズが苦しんで体液を飛ばす、その体液が体に触れる、炎症を起こす、という流れになります。 これがミミズにおしっこをかけるとあそこが腫れるという都市伝説の根拠です。 頻繁に起こることではなく、稀に起こる現象なのですが、やはり用を足す時にはトイレを探したほうがいいですよ。 それが環境にも良いことですし、ルールであり、マナーでもあるのです。 ミミズだって生き物です。 ですから、自分がされて嫌だと思うこと、迷惑だと思うことはしてはいけないのです。 その教えのような形でこの都市伝説が広まったということもあるようです。 特に小学生の男の子はこういう都市伝説に興味を抱くようですが、けしていいことではないですし、 トイレのマナーを身に付けさせるという意味では脅しのような言葉でもあるようです。 ちょっと怖いことを言えば、その言葉を信じて、トイレ以外のところで用を足すこともなくなるようなので、教育の面では効果があるようです。 根拠も一応あるので、ウソでもないですしね。

次の