福士蒼汰 横浜流星。 横浜流星、『4分間のマリーゴールド』現場でバースデーサプライズ 「一生懸命がんばります!」|Real Sound|リアルサウンド 映画部

福士蒼汰×横浜流星が濃密セッション、対談で知った「共感する部分」

福士蒼汰 横浜流星

横浜流星と吉沢亮はそっくり? 横浜流星さんに似てる芸能人を調べてみると「吉沢亮君にそっくり」、「吉沢亮君と横浜流星君って似てるよね」という声が多く聞かれています。 それでは二人の写真を見てみましょう。 一瞬見ただけでは見間違えてしまいそうです。 二人とも顔が整って、イケメンです。 これだけ顔が似てる横浜流星さんと吉沢亮さんですが、 二人に血縁関係はありません。 兄弟でもなければ、親戚でもないんです。 二人と共演したことがある福士蒼汰さんは、「 二人は シャイで自分を表に出さないとこあるけど変人なところが似てる」と明かしていました。 見た目も性格もよく似てる二人のようですね。 山崎賢人もイケメンだなぁと思ってる人の1人なんだけど横浜流星とめっちゃ似てるな — ゆま ccyumako 横浜流星さんと山崎賢人さんは、2016年に公開された映画『オオカミ少女と黒王子』で共演しました。 そんな二人の写真はこちらです。 横浜流星さんも山崎賢人さんも顔が小さく、一つ一つのパーツも整っていて綺麗です。 是非また共演してほしいですね。

次の

横浜流星は吉沢亮とそっくり?似てる芸能人がたくさんいたのでまとめてみた

福士蒼汰 横浜流星

福士蒼汰が菜々緒と義理の姉弟役を演じ、桐谷健太、横浜流星らも共演する「4分間のマリーゴールド」の第4話が11月1日放送。 みことは父の再婚で沙羅、廉、藍の3兄弟と義理の兄弟になる。 みことの義理の姉・沙羅を菜々緒さんが、長男・廉を桐谷さんが、末っ子・藍を横浜さんがそれぞれ演じる。 また廉の親友・青葉広洋に佐藤隆太。 藍のことが好きな同級生・遠藤琴に鈴木ゆうかといったキャスト。 みことたちは兄弟として暮らしてきたが、いつしかみことは沙羅のことを想うように。 それと共に幼い頃に沙羅と手を合わせた際に見たものが、沙羅の死のイメージだと気づき1人苦悩を続けてきた。 ご注意ください。 家長としての責任感ゆえに2人の今後を考え苦悩する廉は、みことに「沙羅を好きでいるなら、俺はおまえの家族をやめる」と告げる…。 みことと沙羅、福士さんと菜々緒さんのキスに「福士くんの高身長ならではの斜めからいくキスがたまらない」「福士くんのキスシーンはいつもアゴのラインが最高に美しい」といった声が上がる。 一方、みことと沙羅が付き合い続けることで2人に待ち受ける困難を思うがゆえに、交際に猛反対する廉の気持ちにも「廉兄の気持ち分かるなぁ。 責任あるよね」「廉兄の辛さもみことの辛さも両方分かるからもう悲しくてしょうがない」という感想も。 そしてみことと沙羅に冷たく当たる廉。 険悪なムードになる花巻家のなかで自分だけ事情を教えてもらえない藍は「もう料理を作らない」とすねてしまう。 そんな藍に「横浜流星くん、すねてる可愛すぎ」「膨れてる横浜流星やばい」などの声とともに「藍が拗ねるのも仕方ない。 蚊帳の外の気分なんだろうな」「みことのこと純粋に兄って思ってるから、今の状況に一番驚きそう」など藍の気持ちを案じる声も続々と寄せられる。 ラストで廉に沙羅に待ち受ける未来を伝えたみこと。 《笠緒》.

次の

横浜流星の身長低い?174㎝以上ある!福士蒼汰と菜々緒と身長差

福士蒼汰 横浜流星

原作は、小学館の新人コミック大賞(青年部門)で大賞を受賞したキリエ氏による同名漫画。 福士演じる手を重ねた人の「死の運命」が視える特殊能力を持つ救急救命士と、菜々緒演じる命の期限が1年後に迫った義姉との禁断の恋を描く切ないラブストーリーとなっている。 福士は、劇中で可愛がる愛犬・シロとともに登場。 シロと同色のスーツに身を包んだ福士は「シロに合わせました」とはにかんだ。 さらに「楽しいワンと言っています」とシロの言葉を通訳するなど、福士はシロに夢中の様子だった。 また菜々緒は、恋愛ドラマのヒロインを演じるのは初だという。 「邪魔する役とかを今までたくさんやらせていただいたので、まさかヒロインをやらせていただけるとは思ってなかったので、びっくりしています」と心境を告白。 これまで悪女のイメージが強かったことから、印象を変えるために前髪をカットしたとのことで「意外に好評です」と笑顔を見せた。 イベントでは、撮影中に福士の顔を蟻が歩くというハプニングも明かされた。 菜々緒は「福士さんの顔をずっと蟻が歩いてるんですけど、本人は全然気づかない」と楽しそうに話し、桐谷も「その蟻がどこに行くのか見たかった」として、蟻が付いていることを教えなかったそう。 福士は「なんか虫に好かれるんですよね」と困惑し、会場に笑いが巻き起こった。 4人が演じる家族の料理担当・花巻藍役の横浜は、あまり感情を表に出さない役どころ。 「ツンツンしすぎて冷たくならないように。 ツンツンしつつも可愛らしさも出せるようにというのは意識してましたね」と役作りを振り返り、料理については「一切料理に触れてこなかったので、最初豆腐を切るところから始めました。 切れなかったので」と吐露。 これに桐谷は「豆腐を... 切れない... ?」と衝撃を受けた様子で、「1人暮らしの時めっちゃ切ってた。 豆腐ともやしは友達」と回顧した。 横浜は「最終的には皆さんに振る舞えるように頑張ります」と意気込み、桐谷に「打ち上げのご飯は全部、よろしくお願いします」と期待を寄せられた。 さらに横浜について、菜々緒が「流星くんがなんか、言い方悪いけどポンコツっぽくて」と暴露。 演技に熱心なあまり、セリフが他のキャストに被ってしまうという横浜に「クールなイメージがあったんですけど、可愛らしくてちょっとキュンキュンしますね」と笑いながら話した。 そのほか、印象に残った出来事を聞かれた桐谷は花火のシーンを回想。 「最初2、3本一気に付けてたんですけど、撮影が続いたのでテンションも上がって、8本いったんですよ」と切り出し、手を拡げながら「こんなぐらいのファイヤーが。 一瞬消えたでしょ?おれが」と燃え盛る炎に包まれたことを懐かしんでいた。

次の