ホームルータ。 【最新】無制限ホームルーターを徹底比較!おすすめをランキングで紹介!

ホームルーターとは?他の回線との違いは?【基本から徹底解説】

ホームルータ

よくあるご質問• 質問を全て開く• UQ WiMAXオンラインショップでのお申し込みは、 WiMAX製品のご購入とUQ通信サービスのご契約がセットになっております。 最新のサービスエリア情報はどこでわかりますか? 速報! エリア拡充情報で最新情報を掲載しております。 家の中で使うのに、おススメのWiMAXのルーターを教えてください。 WEB限定CM 「困り顔」篇26秒 UQ WiMAXの ご購入はこちら• 詳細は各社のホームページ等でご確認ください。 ただし、au 4G LTE対応ルーターの場合、ハイスピードプラスエリアモードで通信速度制限(月間7GB超)が適用された後は、ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信もその制限の対象となります。 また、ネットワーク混雑回避のため、前日までの直近3日間でWiMAX 2+およびLTE方式の通信量の合計が10GB以上となった場合、ネットワーク混雑時間帯(18時頃から翌日2時頃(2017年12月時点))にかけてWiMAX 2+およびLTE方式の通信速度を概ね1Mbpsに制限します(送受信の最大速度であり、実際の速度は電波環境等に応じて1Mbps以下となることがあります)。 ただし、2時前より継続して利用している通信については、2時以降も最大で6時頃まで制限が継続することがあります。 この場合、一旦セッションを切断すると、速度制限が解除されます。 更新月(契約満了月の翌月)以外に解約またはプラン変更された場合は別途契約解除料が必要となります。 をご覧ください。 上記の速度はシステム上の下り最大速度であり、ご利用機器や提供エリアの対応状況により、下り最大220Mbpsまたは110Mbpsとなります。 440Mbps対応地域の詳細はを参照ください。 1回の通話が5分を超えた場合、5分超過分につき30秒ごとに20円の通話料が別途かかります。 その他当社が指定する番号は定額通話の対象外となります。。 スマトク割は課金開始月から起算して25ケ月間、おしゃべりプランSおよびぴったりプランS基本使用料3,980円、おしゃべりプランMおよびぴったりプランM基本使用料4,980円、おしゃべりプランLおよびぴったりプランL基本使用料6,980円から1,000円を割り引きます。 更新月以外に解約された場合は、別途契約解除料(9,500円)がかかります。 オプション料金は日割りしません。 詳細は。 すでに「増量オプション」にご加入のお客さま及び「データ増量キャンペーン」が適用されているお客さまも対象となります。 課金開始月から起算した37ヶ月間の契約となり、更に3年間の自動更新となります。 実際の通信速度は通信環境やネットワークの混雑状況などに応じて低下します。 440Mbps対応エリアはサービスエリアマップをご確認ください。 詳細は。 ・データ増量キャンペーン」「無料通話2倍キャンペーン」適用期間中に、機種変更と同時に本オプションのお申し込みをされた場合、その前月末日をもって「データ増量キャンペーン」「無料通話2倍キャンペーン」適用を終了し、当月から増量オプション2年間無料キャンペーンの適用を開始します。 表記の金額は特に記載のある場合を除き全て 税抜です。

次の

ホームルーター「置くだけWiFi」「おうちWiFi」の最安値比較【2020年版】|WiFiソムリエ

ホームルータ

キャリアは「au」ですが、サブブランドの「UQモバイル」はKDDIグループなので、au回線と同じです。 ホームルーターはソフトバンクとau(UQモバイル)から直接契約することもできます。 ただ、「GMOとくとくBB」「Broad WiMAX」などが提供しているホームルーターを利用すれば、月額料金が安くなり、さらに高額なキャッシュバックがあります。 なぜ安くなり、キャッシュバックがあるのか? 「GMOとくとくBB」といった、キャリア以外の会社は、販売代理店(プロバイダ)になります。 販売代理店はキャリアの回線を借りて、ホームルーターを販売してます。 販売代理店は実店舗を持たなかったりなどの経費削減により、月額料金を安く提供しています。 回線サービスはキャリアと全く変わりはありません。 2020年7月最新版!月額料金が安くなるホームルーター【ランキング】 当サイト「WiFiソムリエ」では月額料金が安くなる「置くだけWiFi」のサービスをピックアップ、金額を比較しました。 ランキングの作成基準は以下の通りです。 最安値ランキングの基準• 月間のデータ制限がないプランで比較• 2年間の支払い合計の最安値でランキングを作成 それぞれWiMAX回線、ソフトバンク回線に違いがありますが、2年間の総支払額は(税抜)は以下の通りです。 2年間の総支払額は、キャッシュバック金額を引いた料金です。 サービス名 回線 2年間支払額 ソフトバンク 60,508円 WiMAX 71,004円 高額キャッシュバックなし WiMAX 75,784円 WiMAX 80,494円 2年間の総支払額で比較すると、ホームルーター最安値は「モバレコAir」が1位です。 GMOとくとくBBは「高額なキャッシュバックあり」「月額料金が安くなる」2つの申込み方法があります。 また共通のサービスに、ホームルーターをスマホと同じ系列のキャリアにしているとスマホ料金を割引してくれます。 初期費用 事務契約手数料3,000円 月額料金• 1,970円(2ヶ月目まで)• 3,344円(2年目まで)• 普通に動画などを見る場合は問題ありません。 「モバレコAir」は、名前が違うだけで「ソフトバンクAir」と変わりません。 回線も品質もソフトバンクと一緒です。 そして、2年間の総支払額がホームルーターの中で最安値になります。 大きなメリットは、 キャッシュバックが課金開始日の翌月末に現金振込されるところです。 GMOインターネット株式会社が運営しているホームルーターサービスが「GMOとくとくBB」です。 ホームルーター以外にも様々な回線サービスを提供しています。 キャッシュバックがありますが、実際にもらえるのは11ヶ月後になります。 初期費用 契約事務手数料3,000円 月額料金• 3,609円(2ヶ月目まで)• 「GMOとくとくBB」は30,000円のキャッシュバックがあります。 ただし、 キャッシュバックがもらえるのは11ヶ月後になるので注意してください。 「GMOとくとくBB」のホームルーターの特徴は、以下の点です。 初期費用• 事務手数料3,000円• 2,726円(2ヶ月目まで)• 3,411円(3ヶ月目以降)• 「BroadWiMAX」は長くホームルーターを利用される方にはオススメです。 また「BroadWiMAX」には他社から回線を乗り換えた時の違約金・撤去工事費を、最大19,000円負担してくれるサービスがあります。 「BroadWiMAX」のホームルーターの特徴は、以下の点があります。

次の

WiMAXのホームルーターを使って分かった「おすすめの理由」モバイルルーターとの違いは?

ホームルータ

工事不要・設定不要ですぐ使える! モバイルWiFiの ホームルーターを徹底解説! 当ページでは、いくつかあるホームルーターの中でも特に人気なWiMAXとSoftBank Airについて、 速度・エリア・料金などのスペックを徹底比較しました! 2020年7月最もおすすめのホームルーター情報がわかります! WiMAX・ポケットWiFi比較の専門サイトとして 年間80万人近くの方に情報提供を行う当サイトが、 あなたにピッタリのおすすめホームルーターをご紹介します! また、おすすめホームルーターを、 固定回線や モバイルルーターと比較した際のメリット・デメリットもあわせてご紹介していきます。 ホームルーター選びや、モバイルルーターとの比較でお悩みの方は、ぜひ当サイトの情報を参考にしていただければと思います。 WiMAXホームルーターとソフトバンク SoftBankAir 、おすすめはどっち? では、ここから上記の比較表を元に、各ホームルーターの解説をしてまいります。 まず結論から申し上げますと、上記3つのホームルーターを比較した結果、 最もおすすめのホームルーターはWiMAX史上最高速度の機種「WiMAX Speed Wi-Fi HOME L02」。 おすすめ順だと、 WiMAX Speed Wi-Fi HOME L02 > WiMAX HOME 02 > SoftBankAirになります。 SoftBankAirとWiMAXホームルーター2つの大事な比較ポイントは4つ。 2Gbps ホームルーター 機種 WiMAX HOME 02 Speed Wi-Fi HOME L02 SoftBankAir 下り 通信速度 (最速) 440Mbps 1. 自宅での頻繁なネット利用を前提としたホームルーターにとって 最も大切な要素の1つは、"通信速度"。 最大速度は速いに越したことはありません。 また、データ容量無制限・速度制限無しを謳うSoftBankAirですが、実際には発売当初から現在に至るまで 「速度が出ない・遅い」との評判やレビューがネット上で目立ちます。 営業妨害するつもりはないが、SoftBankAIR 接続一台 とWi-Fi切ったSoftBankの通常回線。 光が可能なら光回線が良いよねこれ。 つか同じSB回線じゃないよなこの結果。 — satolu VFKゆるサポ?? — Naoki Mukai jinguji1 家のインターネット環境をSoftBank AirからWiMAXに変更したら、通信速度が改善されて快適〜?? WiMAXのホームルーターがSoftBank Airよりコンパクトで置き場所に困らずこれまた快適〜?? 違約金払って乗り換えたけど、キャッシュバックがあるから全然平気〜?? — やぎのくち yaginokuchi 公式サイトにも下のような表記があります。 ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。 動画やファイル交換ソフトなどをご利用の場合は速度が低下する場合があります。 WiMAXホームルーターは3日間10GBの制限があり月間で100GB。 SoftBankAirと比較すると表記上は劣ります。 一方、WiMAXの3日10GB制限はかなり違います。 なんと、速度制限とはいっても1Mbps程度は確保されております。 この速度は「スマホ・携帯で Youtubeなどの動画が通常画質なら見られる程度」となっているため、安心感はWiMAXに軍配が上がります。 契約期間中は、毎月同じ額を割引してくれます。 しかし!ここで1つ注意点! 端末代金を払い終わる前に解約をすると、残りの端末代金が解約翌月にまとめて請求されます。 ソフトバンクのホームルーターの契約は2年毎。 対して、支払いは3年。 ソフトバンクのホームルーター契約をお考えの方は、契約期間に注意しないと解約時に思った以上に支払いが発生してしまいますので、注意が必要です。 一方、WiMAXの場合、端末料金は基本的に無料、途中解約の場合も端末料金の請求はありません。 参考までに、当サイトでおすすめしているプロバイダ「BroadWiMAX」でのホームルーター契約の場合、途中解約による違約金は以下です。 ホームルーターやモバイルルーターは、少なくとも2年〜3年契約となる製品。 月々の負担は、安いほうがありがたいですね。 そのため、ホームルーターを契約する際の 最重要事項の1つは「月々負担する料金」と考える方がほとんどではないでしょうか。 契約したときはそんなに気にならない料金でも、2〜3年目に「月額料金が高い」というのが、意外と負担となっている方も多いようですので、「月額料金」も重要なポイントです! ちなみに、上記の比較表の金額は実際に支払う料金で、キャッシュバックキャンペーンなどを利用すると、WiMAXホームルーターの総額は128,363円、総額を契約月数で割った金額は3,378円となります。 (当サイトのキャッシュバックキャンペーン利用でBroadWiMAXをプロバイダに選んだ場合) 参考までに、WiMAXホームルーターを最もお得に利用できるBroadWiMAXと、SoftbankAirを3年間契約した際の料金を以下に比較表としてまとめておきます。 WiMAX端末以外のルーターは、全て自社のLTE回線のみ利用可能。 2つの回線を簡単に比較すると… WiMAX回線:キャンペーンが豊富でデータ容量の制限がほぼ無いが、建物や地下鉄での通信に弱い LTE回線:対応エリアが広く、室内・地下でも比較的繋がりやすい 両者真逆の特徴を持つことがわかります。 両回線のデメリットを補填し合い、メリットを両取り出来るのはWiMAX端末だけ。 つまり、上記の比較表の中ではHOME02とHOMEL02のみ。 これも重要な比較ポイントです。 以上のような比較結果から、当サイトでは、 SoftBankAirよりもWiMAXホームルーターの契約をおすすめしております。 では、次はHOME02とHOME L02と、2つあるWiMAXホームルーターのうちどちらがおすすめなのか、比較していきましょう。 冒頭で申し上げました通り、当サイトのおすすめホームルーター機種はHOMEL02です。 理由はとてもシンプルで、比較表を見れば分かる通り、速度の差と同時接続台数の差です。 インターネット利用において、快適さを求める上で 最も重要なポイントは、通信速度です。 その重要なポイントにおいて最新機種HOME02よりもHOMEL02のほうが圧倒的に勝っているためHOMEL02のほうがおすすめです。 ここまで、人気のホームルーターを比較してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。 では、最後に補足情報として、WiMAXホームルーターを契約する際のおすすめプロバイダをご紹介致します。 WiMAXホームルーター契約をお急ぎの方は是非下記も参考にしてください。 WiMAX契約はキャッシュバックも加味してお得なプロバイダで WiMAXの端末は本家のUQWiMAX以外にも、ホームルーターを契約できるプロバイダは20社以上あり、どう比較して良いのか分からない人も多いはず。 料金以外の違いが全くありません。 そして、その料金を1つ1つ「比較して検討していくのがかなり面倒」ですよね… そんなあなたのために、当サイト"WiMAX比較. com"は存在します。 WiMAXのプロバイダ23社を徹底比較した結果、おすすめプロバイダ上位5つは下記のようになっております。 端末は無料です。 上位5社だけでなく、 念のため全23社、すべてのWiMAXプロバイダの料金やキャンペーンをチェックしたという場合は、ぜひの記事をご覧ください。 毎月最新のキャンペーン情報を追い、毎月最新情報を更新しているので、常にその時々の最もお得なWiMAXプロバイダが分かります。 GMOとくとくBBで契約する際の注意点 キャッシュバックが最も高額なのは、GMOとくとくBB。 しかし、GMOとくとくBBでホームルーターを契約する際には、注意点が1つあります。 GMOが比較的お得になるのはキャッシュバックを受け取れたときのみであり、また、キャッシュバックキャンペーンは必ず貰えるわけではないということを覚えておいてください。 キャッシュバックキャンペーンの申込みは、契約から11ヶ月後• 申し込み用のメールはプロバイダのメールアドレス宛に多数のお知らせメールに紛れて届く• キャンペーンの手続きが出来るのは1ヶ月間だけ と、様々な制約があり、 半数近くが受け取れなかった経験があるというアンケート結果も…。 では、上記の条件に不安を覚えたあなたがホームルーターを契約する際、最もおすすめなプロバイダはどこなのでしょうか。 それは、BroadWiMAXです! 当サイト限定キャンペーンはBroadWiMAXのみ! 当サイトでは、WiMAX比較. com経由でBroadWiMAXにお申し込み頂いた方全員にAmazonギフト券10,000円分をキャッシュバックするキャンペーンを行っております。 特徴は以下。 キャッシュバックキャンペーンの申込みは、端末到着後すぐOK• 申し込み用のメールはご登録頂いたメールアドレス宛に届きます• 期間内に契約してしまえば、キャンペーンの手続きに期限は無し! 上記のような特徴があります。 WiMAXのキャッシュバックキャンペーンでは、受け取り期間までの時間が長く、忘れてしまってキャッシュバックを受け取れないなんてことが多いです。 このキャンペーンにより、BroadWiMAXは、WiMAX業界最安の実質月額料金を実現しました! 今すぐWiMAXのホームルーター契約をお考えの方は、以下の BroadWiMAXの概要と当サイト限定キャンペーンの詳細紹介ページも、ぜひ併せてご覧いただければと思います。 しかし、中にはホームルーター自体に、不安が残る方もいることでしょう。 そこで、次章では、簡単に ホームルーター・モバイルルーター・固定回線の違いについても比較致します。 そもそもあなたの生活に合うルーターがホームルーターで間違いないのか。 ホームルーター・モバイルルーター・固定回線それぞれの特徴を比較しながら見てまいります。 比較対象が固定回線 光回線 ・WiMAXモバイルルーターの場合は? では、ここからは手短に比較していきましょう。 ホームルーター・モバイルルーター・固定回線、それぞれを契約することのメリット・デメリットを一覧にしてみましたので、まずは下記をご覧ください。 メリット・デメリット一覧 ホームルーターを契約するメリット 固定回線がおすすめな人 家で月100GBを超える大容量通信がしたい方 このようになります。 外で使いたい人は、間違いなくモバイルルーターがおすすめです。 ただ、当ページを読んでいただいている時点で、あなたのネット利用は「自宅利用」がほとんどかと思います。 そうなると、あなたが比較すべきは、ホームルーターと固定回線。 ここで、大切な比較ポイントは2つです。 費用と、 月間利用量。 ホームルーターは初期費用無料のプロバイダ多数! 固定回線は、契約の際、近くの電柱から直接回線を引く工事が必要です。 これに結構な時間と費用がかかります。 契約からネットの開通までは大体1〜2ヶ月。 初期費用は1〜4万円と幅は広いですがかなり高額です。 また、ホームルーターと違って、引っ越しなどの際に持ち運びできませんので解約手続きや引越し手続きがかなり面倒。 つまり、 今後数年〜数十年引越しなどの心配が無く、通信の速度・安定感 > 料金のお得感 の場合は、固定回線が適していると言えるでしょう。 ギガ放題プランなら、インターネット利用は月100GBまで制限なし 次の比較ポイントは利用量。 固定回線は基本通信制限無しの快適なネット利用が可能。 対して、ホームルーターはギガ放題の場合、月100GBまでは自由に使えます。 1日あたり3. 3GB。 分かりやすい数字に変えると下記のようになります。 利用用途 3. 3GBで出来ること ウェブページ閲覧 約20,000ページ LINE トーク:約150万回 無料通話:約160時間 動画 Youtube 画質360p 約14時間 かなり自由に使えます。 実際、筆者もWiMAXのギガ放題プランを利用しておりますが、速度制限はほぼなりません。 上記の内容をチェックしていただいて、 「意外と大丈夫そうだ」と思える方はホームルーター、「全然足りない」と思う方は固定回線が良いと言えるでしょう。 まとめ〜お得に契約できる方法のご紹介 ここまで、ホームルーターの端末比較と、ホームルーター・モバイルルーター・固定回線の比較を行ってきましたがいかがでしたでしょうか。 かなり多くの情報が出てきたかと思いますので、重要ポイントを以下にまとめます。 月間100GBで足りる自宅利用なら絶対ホームルーターがお得! 【理由】• 固定回線は契約から1ヶ月かかる上に、初期費用が1〜4万円と高額 SoftBankAirとWiMAXホームルーターを比較した結果:おすすめはWiMAX 【理由】• 通信速度がWiMAXホームルーターのほうが速い• 端末価格・月額料金もWiMAXホームルーターが安い• WiMAXホームルーターはau LTE回線も利用可能 HOME02とHOME L02を徹底比較した結果:おすすめはHOME L02 【理由】• 最新技術による安定した通信速度! ビームフォーミング• 最大速度の桁違いな進歩(au4GLTE利用時:1. ホームルーター端末や機種によるエリア・速度などはどのWiMAXプロバイダも同じ• 今なら当サイト限定のAmazonギフト券キャンペーンも実施中 以上が、今回ホームルーターを徹底調査した結論となります。 ぜひホームルーター選びの一助となれば幸いです。 当サイト限定キャンペーンに申し込む場合は、必ず、上記のリンクよりお申込みください。 最速でキャンペーン申請をいただいた当日より、ギフト券を順次発送させていただきます。 コンセントに端末機器を接続し、電源を入れるだけで、すぐに高速インターネットが利用できる手軽さが特徴のWiFiルーターです。 固定回線とホームルーターの違いは? 固定回線は、屋内で利用するネット回線のことを指し、利用するためには電柱から回線を引き込むための工事が必要になります。 すでに自宅に引いてある電話線を使う場合もあります。 大きな違いは、利用料金・回線速度・契約時の手続きです。 固定回線のほうが利用料金が高く、工事が必要な場合、初期費用も高額です。 その代わり、電波の安定性は高く通信速度もホームルーターより速いのが特徴。 しかし、近年ではモバイルルーターの速度もかなり高速になってきており、あまり大きな懸念点とはなりません。 固定回線もホームルーターも最大速度は1Gbps前後 固定回線は利用開始までに申し込みから1〜2ヶ月必要。 逆に、ホームルーターは端末到着後すぐに使える手軽さが強みです。 モバイルルーターとホームルーターの違いは? 一般的なモバイルルーターは、持ち運びが可能な無線LAN機器のことを指し、WiMAXが代表的です。 モバイルルーターとホームルーターの最も大きな違いは、「持ち運べるか否か」です。 自宅でしかインターネットを利用しない場合はホームルーター、外出先でもWiFiを利用したい場合はモバイルルーターがおすすめです。 速度はそこまで大きく変わりませんが、強いて言えば、ホームルーターのほうが安定感があり高速な通信が期待できます。 ホームルーターのほうが電波受信に強い機能を搭載していることが多く、電波の届きづらい室内でもモバイルルーターより快適な利用が可能です。 どんな人におすすめ? ホームルーターは、自宅でしかインターネットを利用しない人におすすめです。 固定回線のような工事を行えない場合や、月額料金・初期費用を抑えたい人にとって最適の選択肢と言えます。

次の