横浜 市 ゴミ 分別。 横浜市のごみ分別にかける本気度がすごい! 分別方法を教えてくれるAIが登場

横浜市のゴミ分別を調べるなら

横浜 市 ゴミ 分別

各家庭から出されたごみを市の職員が開けて中身を調べる? しかも写真まで撮って個人を突き止める? 本当にそんなことがあるのだろうか。 真偽を確かめるため横浜市資源循環局家庭系対策部業務課分別・リサイクル推進担当の西村浩担当係長(写真はNG)に話を伺った。 ゴミの分別に関する業務を担当 西村担当係長によると「投稿にあることは事実です」という。 では、実際にはどのようなことを行うのか、さらに詳しく聞いてみることに。 「資源の有効利用」が目的 ごみ袋の中身を調査するのは、2008(平成20)年に制定された「横浜市廃棄物等の減量化、資源化及び適正処理等に関する条例」(以下、条例)に基づいた「開封調査」というものだそう。 これは、市が定めた区分に基づき、ごみを分別して出すことを義務付けるもので、「市長が特別の理由があると認める(例:視覚障害や認知症など)」場合を除いた全ての市民が対象となる。 繰り返し指導などを行っても改善されない場合は、2000円の過料(行政罰)を科すというもので、横浜市資源循環局の職員が行う「開封調査」は、条例が制定された同年5月1日から始まった。 市が作成した分別を呼び掛けるポスター 条例の主な目的は、限りある資源を可能な限り有効利用しようとするもので、調査はその一環。 実際は市内に約6万9000ヶ所あるごみ集積場に出されたごみを収集する際、分別がされていないものについては収集せず、日付と分別が不十分である旨を記載したシールを張り付けて集積場所に残していく。 日付と混入したものをチェックする 収集日に分別が不十分だったごみがあった場合は、即座に情報を共有。 まずはシールを張ることで注意喚起を促し、ごみを出した人の自主的な回収と分別に期待する。 ただ、状況が改善されなかったり、個別に地域から相談や連絡などがあると、市職員がチームを組んで現地に調査に向かう。 調査は市職員以外は行わない。 この際、投稿にあったように2人組というわけでなく、それ以上の人数で調査を行うこともあるそうだ。 分別状況を確認する職員(写真提供:横浜市) 調査チームはその場でごみを開封し、本来の収集日とは違うごみが混ざっていることを確認し撮影なども行うが、強風でごみや個人情報に関するものが飛ばされてしまうといった恐れがある場合は持ち帰るケースもある。 個人情報もあるので、ごみとはいえ扱いは慎重(写真提供:横浜市) ごみの中には、個人情報を特定できるものが含まれていることがあるため、その情報を基にごみ出しした家庭を特定したうえで訪問し、なぜ分別せずにごみ出ししたかなどを注意深く聞き、改善するように指導する。 個人情報については公務員の守秘義務のほか、条例でも「調査で得た個人情報は制度運用以外には使用しない」との定めがあり、戸別訪問の際も間違って別の家に行かないよう、慎重にチェックを重ねる。

次の

横浜市職員がごみ袋の中の個人情報を見て警告に来るって本当?

横浜 市 ゴミ 分別

各家庭から出されたごみを市の職員が開けて中身を調べる? しかも写真まで撮って個人を突き止める? 本当にそんなことがあるのだろうか。 真偽を確かめるため横浜市資源循環局家庭系対策部業務課分別・リサイクル推進担当の西村浩担当係長(写真はNG)に話を伺った。 ゴミの分別に関する業務を担当 西村担当係長によると「投稿にあることは事実です」という。 では、実際にはどのようなことを行うのか、さらに詳しく聞いてみることに。 「資源の有効利用」が目的 ごみ袋の中身を調査するのは、2008(平成20)年に制定された「横浜市廃棄物等の減量化、資源化及び適正処理等に関する条例」(以下、条例)に基づいた「開封調査」というものだそう。 これは、市が定めた区分に基づき、ごみを分別して出すことを義務付けるもので、「市長が特別の理由があると認める(例:視覚障害や認知症など)」場合を除いた全ての市民が対象となる。 繰り返し指導などを行っても改善されない場合は、2000円の過料(行政罰)を科すというもので、横浜市資源循環局の職員が行う「開封調査」は、条例が制定された同年5月1日から始まった。 市が作成した分別を呼び掛けるポスター 条例の主な目的は、限りある資源を可能な限り有効利用しようとするもので、調査はその一環。 実際は市内に約6万9000ヶ所あるごみ集積場に出されたごみを収集する際、分別がされていないものについては収集せず、日付と分別が不十分である旨を記載したシールを張り付けて集積場所に残していく。 日付と混入したものをチェックする 収集日に分別が不十分だったごみがあった場合は、即座に情報を共有。 まずはシールを張ることで注意喚起を促し、ごみを出した人の自主的な回収と分別に期待する。 ただ、状況が改善されなかったり、個別に地域から相談や連絡などがあると、市職員がチームを組んで現地に調査に向かう。 調査は市職員以外は行わない。 この際、投稿にあったように2人組というわけでなく、それ以上の人数で調査を行うこともあるそうだ。 分別状況を確認する職員(写真提供:横浜市) 調査チームはその場でごみを開封し、本来の収集日とは違うごみが混ざっていることを確認し撮影なども行うが、強風でごみや個人情報に関するものが飛ばされてしまうといった恐れがある場合は持ち帰るケースもある。 個人情報もあるので、ごみとはいえ扱いは慎重(写真提供:横浜市) ごみの中には、個人情報を特定できるものが含まれていることがあるため、その情報を基にごみ出しした家庭を特定したうえで訪問し、なぜ分別せずにごみ出ししたかなどを注意深く聞き、改善するように指導する。 個人情報については公務員の守秘義務のほか、条例でも「調査で得た個人情報は制度運用以外には使用しない」との定めがあり、戸別訪問の際も間違って別の家に行かないよう、慎重にチェックを重ねる。

次の

横浜市瀬谷区ごみの出し方

横浜 市 ゴミ 分別

ごみのページ 横浜市のゴミ関係ページへのリンクです。 住環境担当の部・課・グループ等の業務内容リンクもしくはゴミ関係の情報一覧ページにリンクします。 分別情報が見つかりにくい自治体もあります。 分別ページ 横浜市のゴミ分別ページへのリンクです。 サイト上に表示するタイプの分別表や50音順の検索ページにリンクしています。 年度変更の時期やリンクエラーの可能性もありますので、ご注意ください。 自治体により、サイト上での分別表示は行なっていない場合もあります。 PDF 横浜市のごみ分別冊子・分別ガイドのPDFリンク集です。 自治体の方針により、PDF等として配布されない場合もあります。 PDFは年度切り替わり時などには、リンク先の更新が行われます。 リンク先が表示されない場合はゴミのページもしくは分別ページからたどってください。 横浜市ページ上のアプリ紹介 横浜市のゴミ分別アプリの情報です。 自治体ごとに『さんあ〜る』や『53cal』等の便利なアプリが用意されています。 また、サイト上に50音検索としてwebアプリ『ごみサク』が用意されている自治体もあります。 お住いの地域にアプリがある場合は是非導入してください。 ゴミ分別サイト情報 横浜市資源循環局につながります。 20190414, 20190819リンク切れ対応 横浜市のサイト 横浜市のホームページです。 ゴミ関係のリンクが繋がらないときは、こちらから検索してください。 横浜市近隣の廃棄物回収業者 近隣の廃棄物・廃品回収業者です。 住所と電話番号を記載しています。 また、"google mapへ"のリンクで、対象施設のgoogle mapが開きます。 会社名:メトロボックス -住所:〒230-0076 神奈川県横浜市鶴見区馬場1丁目4-2 電話番号0120-066421 距離:6. 64km 会社名:港陽企業株式会社 -住所:〒236-0002 神奈川県横浜市金沢区鳥浜町4-13 電話番号0120-308153 距離:6. 84km 会社名:大喜産業株式会社 -住所:〒795-0046 愛媛県大洲市春賀甲375 電話番号0893-26-0311 距離:6. 96km 会社名:株式会社デスポ -住所:〒221-0864 神奈川県横浜市神奈川区菅田町1116 電話番号045-473-5500 距離:7. 7km 会社名:有限会社スミス企画 -住所:〒226-0004 神奈川県横浜市緑区鴨居町819 電話番号045-933-3019 距離:8. 86km 会社名:株式会社新和商会 -住所:〒244-0813 神奈川県横浜市戸塚区舞岡町2969-1 電話番号045-822-2104 距離:8. 96km 横浜市の役所・役場の所在地:神奈川県横浜市中区港町1丁目1 横浜市所有のゴミ処理施設 横浜市で管理しているごみ処理施設の一覧です。 "google mapへ"のリンクで、対象施設のgoogle mapが開きます。 ゴミ持ち込みの際にはmapを参照して、処理施設に搬入してください。 施設名:資源循環局金沢工場 -内容:焼却 施設名:資源循環局保土ケ谷工場 -内容:焼却 施設名:資源循環局都筑工場 -内容:焼却 施設名:資源循環局鶴見工場 -内容:焼却 施設名:資源循環局旭工場 -内容:焼却 施設名:鶴見資源化センター(鶴見工場内) -内容: 施設名:資源循環局保土ケ谷工場 -内容: 施設名:資源循環局都筑工場 -内容: 施設名:資源循環局旭工場 -内容: 施設名:戸塚資源選別センター -内容:ストックヤード 施設名:緑資源選別センター(B棟) -内容:リサイクルセンター(補助金) 施設名:緑資源選別センター(A棟) -内容:リサイクルセンター(補助金) 施設名:金沢資源選別センター(金沢工場内) -内容:リサイクルプラザ 施設名:鶴見資源化センター(鶴見工場内) -内容:ストックヤード 施設名:横浜市緑資源選別センター -内容:その他 施設名:横浜市戸塚資源選別センター -内容:ストックヤード 施設名:横浜市鶴見資源化センター(鶴見工場内) -内容:ストックヤード 施設名:港南リサイクルプラザ -内容:その他 施設名:青葉リサイクルプラザ -内容:その他 施設名:鶴見リサイクルプラザ -内容:その他 施設名:南本牧廃棄物最終処分場 -内容:海面 横浜市近隣のゴミ処理施設 横浜市近郊の一般ゴミ処理施設です。 "google mapへ"のリンクで、対象施設のgoogle mapが開きます。 ゴミ持ち込みの際にはmapを参照して、処理施設に搬入してください。 参考距離は市区町村役所・役場からの距離です。 施設名:資源循環局保土ケ谷工場 -内容:焼却 距離:5. 23km 施設名:資源循環局保土ケ谷工場 -内容: 距離:5. 23km 施設名:南本牧廃棄物最終処分場 -内容:海面 距離:6. 05km 施設名:鶴見リサイクルプラザ -内容:その他 距離:6. 1km 施設名:資源循環局鶴見工場 -内容:焼却 距離:6. 25km 施設名:鶴見資源化センター(鶴見工場内) -内容: 距離:6. 4km 横浜市のごみ情報:排出量やリサイクル率 総排出量:1166742トン 環境省の2020年目標値として一人当たり500g以下が設定されています。 横浜市の一人当たり排出量:632. リサイクル率:24. また、目標を達成している自治体は現状を維持しながらより高いレベルを目指しましょう。 近隣の市区町村のリンク 横浜市の近隣市区町村のゴミ分別サイトリンクです。 分別の参考にしてください。 :横浜市からのおおよその距離:11. 32km :横浜市からのおおよその距離:14. 84km :横浜市からのおおよその距離:16. 18km :横浜市からのおおよその距離:17. 02km :横浜市からのおおよその距離:17. 33km :横浜市からのおおよその距離:17. 73km :横浜市からのおおよその距離:18. 市区町村のページでは紹介されていない場合もあります。 もし、アプリ等が提供されているならば、ぜひ導入してください。 導入の際には、下記のページやサイトを参照してください。 アプリ型カレンダー「さんあ〜る」 Web型カレンダー「5374 ゴミなし)」 web型分別辞典「ごみサク」 アプリ型カレンダー「ごみスケ」 Web型カレンダー&メール配信「53Cal」 外部サイト) 人気記事.

次の