喪中 はがき いつまで。 喪中はがきはいつまでに出すか 12月中旬から年末に不幸の場合は?

いつまでに出す?喪中はがきの書き方と文例|富士フイルムの年賀状 2021

喪中 はがき いつまで

スポンサードリンク 喪中はがきを出す時期は? 身内に不幸があった年は、喪中はがきを出すという習慣がありますね。 喪中というのは亡くなった人を偲ぶ期間で、忌明け(四十九日)を過ぎて、半年から一年くらいを『 喪中』とするのが一般的です。 この期間を 服喪期間ともいいます。 服喪期間である喪中には、年賀状の挨拶を控えるのが昔からの慣わしです。 喪中はがきの意味と目的 例年、年賀状のやり取りをしている相手には、 喪中はがきで、年賀状を辞退する旨を知らせます。 この、一般的に私たちが喪中はがきと呼んでいるものは、正しくは『 年賀欠礼(状)』・『 喪中欠礼(状)』といいます。 喪中はがきを出す時期は? 喪中はがきは、本来、『年賀欠礼の挨拶状』です。 親族に不幸があって喪中のため、年賀状をご遠慮する、という主旨で送る挨拶状なので、 先方が年賀状の準備に取り掛かる前に出すのがマナーです。 一般的には、 11月中旬から12月の初旬までには届くように出すのが良いとされています。 喪中はがきは早めに送る方がいいの? 不幸があったのが年の前半だったりすると、早い段階で喪中欠礼の挨拶状を出しておこうと考えることもあるかもしれませんね。 ですが、これはNG。 年賀状を書く時期というのは、12月。 年末でただでさえ慌ただしい時期ですよね。 あまり早い時期に年賀の欠礼状が届くと、相手側は忘れてしまうかもしれません。 喪中というのはあくまでも亡くなった人を偲ぶ期間。 喪中はがきを出す時期にも、適したタイミングがあります。 世間一般にならって、11月中旬から12月の初旬までに届くように出すのが、相手のタイミング的にも良いのです。 この時期は、喪中はがきを受け取る時期でもあり、受け手側も違和感のない時期。 喪中はがきの準備を前もってするのは全く問題ありませんが、事前に喪中はがきの用意ができていても、投函するのは11月に入ってからにした方がいいですね。 スポンサードリンク 喪中はがきを出すべき相手の範囲は? 基本、喪中はがきは年賀欠礼の挨拶状です。 堅苦しい文面で書かれていても、内容的には、 「 喪に服しているので新年の挨拶ができなくてごめんなさい」 といった意味です。 ということは、遺族であるあなたが、 『 喪中でなければ新年の挨拶をしたかった人』 ということになりますね。 つまり、 「 今年は挨拶できないけどまた来年よろしく」 という意味合いを含んでいるともいえます。 実際、喪中はがきを出す相手はどこまで? 喪中はがきは、歴史的にはまだ新しい風習です。 なので、ハッキリとしたルールとか、これが正しいと言い切れるものは実際のところ、ないのです。 喪中はがきを出す相手にも、決まりごとはありません。 地域や宗教、各家庭の考え方によっても異なりますし、それぞれの故人との関係や、喪中はがきを出す側との関係性によっても違ってきます。 上述のように、喪中はがきは喪中を知らせるものではなく、年賀状の欠礼を知らせるのが本来の目的です。 誰かれ構わず出すのはマナー違反。 繰り返しますが、喪中はがきを出す相手は基本、 「 例年、年賀状のやりとりをしている人」 です。 この基本を踏まえると、おのずと喪中はがきを送る相手は決まってきますね。 最近では、故人とまったく面識のない友人などには、例年通り年賀状を出す人も増えてきています。 全般的な流れとしては、故人との関係が深い人には出し、故人と面識がない、もしくは故人の存在を知らない人には出さないといった方向に徐々に変わってきているようです。 喪中はがきは身内にも出すの? 喪中であることを改めて報告する必要のない、いわゆる「身内」には出さないケースが多いようです。 わたしの周りで、身内に喪中はがきを送った人は皆無でしたが、姑のすすめで身内にも送ったという話を聞いたことがあります。 こういった 冠婚葬祭にまつわる慣習は、ホント、それぞれの家によって考え方が違うものです。 気になる場合は、両親や年配の親戚に相談するのがいいと思います。 喪中はがきは仕事先にも出すの? 仕事の上で年賀状のやり取りをしている場合は、 公私を分ける考え方で、仕事の関係先へは例年通り年賀状を出す人は多いですね。 特に、夫側・妻側の不幸など、姻族の喪中の場合は、喪中はがきをほとんど出さない傾向にあります。 喪中はがきの相手が喪中の時は? 喪中はがきの相手が喪中。 これって、結構あるんですよね。 そういった年回りがあるのか、わたしの友人たちも、同じ年に親を亡くしたり、なぜか、身内の不幸がその年に重なるということは少なくありません。 上述のように、喪中はがきは『年賀欠礼の挨拶状』です。 なので、 喪中の相手に年賀欠礼である喪中はがきを送ることは、全く問題ありません。 喪中ハガキを出すつもりの相手から先に届いたら? 先方からの喪中はがきを受け取ったからといって、喪中であるこちらが出さない理由はありません。 繰り返しますが、喪中はがきは年賀欠礼状。 「 『自分』は身内に不幸がありましたので年始の挨拶を控えさせていただきます」 ということを伝えるものなので、 送る相手が喪中であるかないかは関係なく出すべき、となります。 もし、喪中はがきの準備をしている時に、喪中はがきを受け取った場合は、こちらから出す喪中はがきに一言、相手へのお悔やみを添えるのも良いかと思います。 喪中はがきを出す最適な時期はいつなのか出すべき相手の範囲とマナー まとめ 喪中はがきが相手に届くのに最適な時期は、11月中旬から12月の初旬。 喪中はがきは、喪中を知らせるものではなく、年賀欠礼の挨拶状です。 喪中はがきの意味を理解すると、喪中はがきを出す相手や、対応の仕方が見えてきます。 喪中はがきを出す・出さないは、住んでいる地方の慣習や地域性の他にも、喪中はがきを出す側の気持ちによるところも大きくなりますね。 ・ ・ ・ ・ ・.

次の

喪中にあたる服喪期間はいつからいつまで? [葬儀・葬式] All About

喪中 はがき いつまで

喪中はがきとは? 私たちが普段「喪中はがき」と呼んでいるものは、正式には「年賀欠礼挨拶状」と言います。 喪中はがきは、身内に不幸があり喪に服すため新年の挨拶を控えたり、年賀状を受け取ることができない旨を、新しい年を迎える前に相手に伝えるために送ります。 なお、喪中はがきのマナーはご家族の考えや地域、宗教宗派によっても異なります。 今回は、一般的とされているマナーについてご紹介していきます。 喪に服す親族の範囲は? 喪中はがきは、「身内に不幸があり喪に服すことを伝えるために送るもの」だと前述しましたが、「身内の不幸」といってもどの続柄まで喪に服せばよいのでしょうか。 喪に服す親族の範囲は故人様との続柄によって異なりますが、一般的に故人様から二親等までとされています。 つまり、故人様の一親等である配偶者や両親、お子様、二親等である兄弟姉妹や孫、祖父母が喪に服します。 そして、喪中はがきは、亡くなってから1年以内に二親等内の親族がいる際に出す必要があります。 ただし、二親等以内の親族といっても、故人様と生前同居していなかったという理由で喪中はがきを出さないこともあります。 また、故人様との関係が深かったという理由で、二親等以外の方でも喪中はがきを出すこともあります。 喪中はがきを出す必要があるかどうかは、「生活を共にしていたか」ということを基準とすることが一般的です。 喪中はがきは誰に送る? 喪中はがきを誰に送ればよいのか、悩む方もいらっしゃると思います。 基本的に、喪中はがきは年賀状のやり取りをしている相手にお送りします。 故人様のご葬儀で喪主を務めた場合は、故人様と生前に年賀状のやり取りをしていた方々にも送りましょう。 喪中であることを知っている親族などには送らないことも多いようですが、もちろん喪中はがきを送っても問題ありません。 また、会社関係などで年賀状のやり取りをしている場合は、相手が気を遣わずに済むように、喪中はがきを送らないこともあります。 いつまでに投函するの? 喪中はがきは、相手側が年賀状を書く準備を始める前の11月から遅くても12月上旬までには届くように出しましょう。 年賀状をやり取りする相手のことを考えて、11月以前の早すぎる時期や12月中旬以降の年の瀬が迫ってくる時期は避けましょう。 なお、12月上旬までに喪中はがきを投函できなかった時は、1月7日から立春の日までの間に「寒中見舞い」を送り喪中である旨を伝えましょう。 喪中はがきの書き方は? 喪中はがきは、官製はがき、私製はがきのどちらを使用しても問題ありません。 またデザインにも特に決まりはありませんので、故人様もしくは自分の好みで作成しても問題ありませんが、華美なデザインは避けたほうが無難です。 また、喪中はがきには通常のはがきとは異なる約束事があります。 以下にまとめましたので、ご参照ください。 前文は省略 喪中はがきは「弔事」に関わる手紙ですので、会葬礼状などと同じように前文を省略し、主文から始めます。 句読点は入れない/行頭の1字下げは行わない 会葬礼状などと同じように句読点は使用せず、行頭の1字下げも行いません。 年賀欠礼以外については書かない 主文では、まず「喪中につき年末年始の御挨拶を御遠慮申し上げます」などと述べ、誰が、いつ、何歳で亡くなったのかを記述します。 そして末文で、これまでの感謝や今後のお付き合いのお願い、或いは相手の無事を祈る言葉を添えます。 文字色と書体デザイン(フォント) 文字色は、かつては薄墨色でしたが、現在では黒色が一般的です。 なお、パソコンやスマートフォンで喪中はがきを作成する場合は、文字のフォントを楷書体や明朝体にするのが一般的です。 使用するはがきと切手 官製はがきは、料額印面が胡蝶蘭柄のものが喪中はがき用として定番となっています。 図柄がすでに印刷されている市販のはがき(私製はがき)に切手を貼って投函する際は、「弔事用63円普通切手」を使用しましょう。 一般的に、寒中見舞いは1月8日以降に出し、年始状であればお正月に届くように郵送しましょう。 まとめ 近年ではパソコンやスマートフォンの普及により、喪中はがきを自作する方も増えてきました。 だからこそ、年賀欠礼の挨拶にもなる喪中はがきは、受け取る側の気持ちになって失礼のないように出しましょう。 忌中や喪中って? その間の過ごし方の決まりはあるの? 忌中や喪中という言葉はよく聞く言葉ですが、同じような意味だと思っている方が多いのではないでしょうか? 「知ってるよ」と言う方も、忌中や喪中というのは期間やその過ごし方にも違いがあるのはご存知でしょうか? 今回は、忌中や喪中の違いやその間の過ごし方や行動するのを控えたほうがよいことについて解説します。 忌中や喪中って? その間の過ごし方の決まりはあるの? 忌中・喪中とは 忌中とは、身内や近親者が亡くなったときに、死を悼む期間のことを言います。 「忌中」は四十九日で、ご不幸があった時から始まり、仏式では法要が行われる四十九日、神式では五十日祭、キリスト教であれば一カ月後になる召天記念日または五十日祭までとされるのが一般的となります。 仏式では四十九日の法要を終えた後「忌明け」とよび、この時の法要を「忌明け法要」、香典返しを「忌明け返し」とよぶことがあります。 喪中も身内や近親者が亡くなったときに、死を悼む期間のことを言い、忌中と過ごし方やマナーは共通することが多く死後一年間を「喪中」します。 喪に服する人の範囲 故人様の一親等・二親等までの人々が喪に服する範囲とすることが多いようです。 すなわち、故人様の配偶者、両親と子供。 兄弟姉妹と孫や祖父母が喪に服します。 期間の違いについて 先程にも記載がありますが、忌中・喪中ともに故人様との関係の深さでその期間の長さに違いがあります。 忌中の場合 49日間 喪中の場合 死後1年間 忌中・喪中に控えたほうがよいこと 年始の挨拶で年賀状の欠礼のはがきはよく目にしたり、漠然とお祝い事は控えるということは知っていても、具体的にどのようなことをしてはいけないのか、控えるほうがいいのかをわからない方は多いと思います。 そこで、忌中・喪中の期間にしないほうがよいことや控えたほうがよいことについて説明します。 入籍・結婚式 忌中・喪中の期間はしないほうがよいでしょう。 ただし、結婚式場の予約をすませていて、キャンセルすると料金が発生してしまうなどのやむを得ない場合は、入籍する相手や家族にきちんと事情を説明し、後からトラブルにならないよう配慮するようにしましょう。 年賀状 年賀状は忌中・喪中の期間は出さないことが一般的です。 12月上旬くらいまでに「喪中ハガキ」を出し、相手にその旨を伝えるようにしましょう。 では、相手が喪中のとき年賀状を送ってもいいのでしょうか? 年賀状を送ってもマナー違反にはなりませんが、相手が悲しみの中にいるということに配慮して「寒中お見舞い」などにとどめておくことが無難です。 お中元・お歳暮 お中元・お歳暮はお世話になった方々への感謝の気持ちを込めて贈るものです。 祝い事にはあたりませんので、贈答することは問題ありません。 ただし、相手が気にする方であったり、こちら側も気になるようであれば控えたほうが無難でしょう。 神社への参拝 忌中は神道の考え方で死の穢れがある期間とされています。 そのため、初詣や七五三、お宮参りなどで神社へ参拝することは控えたほうがよいとされています。 まとめ 一度は喪中ハガキをもらったことがあるのではないでしょうか。 忌中や喪中には期間などの違いはありますが、喪に服す意味では同じです。 時代と共に忌中、喪中の過ごし方も少し変わってきていると感じることがあります。 マナーを守るのがあくまで基本ですが、忌中、喪中の期間中にマナーを外れてしまうような事を行う場合、遺族や目上の方に相談することをお勧めします。

次の

喪中期間の長さはどれくらい?喪中期間にしてはいけないこともご紹介|終活ねっとのお坊さん

喪中 はがき いつまで

喪中はがきとは? 1-1. 喪中はがきの役割 1-2. 喪の期間 1-3. 喪中はがきを出す範囲(個人の場合/ビジネス・仕事上のおつきあいの場合) 1-4. 喪中はがき 文例・例文 4-1. 喪中はがきの文例・例文(個人の場合) 4-2. 喪中はがきの例文・文例(会社・社葬の場合) 4-3. 喪中はがきの例文・文例(会社・社葬の場合) 4-4. 喪中はがきの役割 喪中はがきの主な目的は以下のとおりです (1)喪中であること(=喪に服していること)を伝えます。 自分が家族や親族の喪に服していることを伝えます。 ところで、 「喪に服す(=もにふくす)」という表現は良く使われますが「喪」の期間と「忌」の期間は異なります。 例えば仏教では一般的に49日で忌明けとされますが、忌は明けても喪の期間はまだ続いています。 また、宗教や宗派閥によっては喪の期間がないものもあります。 喪の期間については、このページの別項で説明します。 (2)誰がいつ亡くなったのかを伝えます。 上述のとおり、自分が喪に服していることを伝えるののが目的ですが、「誰がいつ亡くなった」のかを伝え、そのために現在自分が喪に服している事をを伝えます。 (3)新年の賀詞を遠慮する旨を伝えます。 本来であれば新年を祝って賀詞を交わす相手に対し、喪に服しているために新年の祝賀状(年賀状)を遠慮する旨を伝えます。 喪の期間 喪の期間=喪に服する期間。 服喪期間とも言います。 家族や親族(近親者)が死亡した時に、一定の期間、祝賀行事や社交行事などをひかえることを喪に服すると言い、その期間を喪の期間と言います。 喪の期間は亡くなった人との血縁の深さや、付き合いの深さによって異なります。 また、宗教・宗派によっても喪の期間は異なります。 (1)服喪期間の歴史 現在では喪の期間は法律で定められているわけではなく、慣習や地方の風習あるいは宗教・宗派によって一定のめやすのようなものが定着しています。 律10巻、令10巻から成り、律は刑法のようなもの、令は民法や行政法のようなものだったと考えられています。 喪の期間については、令の一つ「喪葬令」の服紀条で定められていました。 この中で、服喪期間は例えば父母や夫の場合には1年などと定められていました。 養老律令は大宝律令を基にしたもので、大宝律令にも喪葬令の内容があったと考えられています。 ) (2)一般的な喪の期間のめやす 慣例的には、喪の期間は下記のように考えられています。 宗教、宗派あるいは地方によっても異なりますので参考例としてご覧下さい。 注)喪中はがきを出す範囲や期間とは異なりますので注意して下さい。 喪中はがきを出す範囲や期間については別項で解説します。 喪中はがきを出す範囲 あなたからみてどのような間柄の方が亡くなった場合に喪中ハガキを出すのでしょう。 下記は一般例です。 宗教、宗派あるいは地方によっても異なりますので参考例としてご覧下さい。 (1)同居の家族・親族がその年に亡くなった場合 自分が同居している家族、親族が亡くなった年の年末に、(翌年の年賀状を書く時期に間に合うように)喪中ハガキを出します。 同居している家族親族とは、同居の「両親(父母)、兄弟姉妹、子供、孫、祖父祖母」、さらに同居している「義父義母、義兄弟姉妹、養父母、養子、伯父伯母、叔父叔母」などです。 (2)肉親(両親=父母・兄弟姉妹・子)がその年に亡くなった場合 同居しているいないに関わらず、自分から見て親兄弟及び子にあたる人が亡くなった場合には喪中ハガキを出します。 下記にリストを作ってみました。 但し、義兄弟姉妹などのように、親族であっても故人とは遠戚にあたる或いは比較的疎遠であるなどの理由で訃報を知らせずにいた場合には、喪中ハガキを出すこともあります。 上司と相談して決めるようにしましょう。 喪中はがきを出す時期(喪中はがきはいつ出す?) 1.喪中はがきは、相手が年賀状を出す前に届くように送る ・喪中はがきは11月中旬以降、できれば12月初旬に(遅くとも12月15日までに)届くように送ります。 ・年賀状の受付開始は例年12月15日がひとつのめやすとなっています。 相手が年賀状を出す前に先方に届くように送るのがマナーです。 望ましくは相手が年賀状を書く前に間に合わせたいものです。 2.12月15日に間に合わない場合には ・例えば12月に入ってから身内に不幸があったなどの理由で喪中ハガキが間に合わないような場合には、喪中はがきを年賀状の返信として出すこともありますが、別 の方法として松の内(1月1日から1月7日まで)を過ぎてから届くように寒中見舞いを出すこともあります。 先方からの年賀状に対して喪中であることを告げる内容とするため、年明け5日頃にポストに投函するとちょうど良い頃に届きます。 喪中はがきの冒頭部分の書き方の例 文例/ 例文 使い方の例 (1)喪中につき 新年のご挨拶をご遠慮させて頂きます。 ・いつも年賀状のやり取りをしている相手全般に使える ・例えば12月になってから身内に不幸があった場合、先方が年賀状を投函する前に喪中ハガキを手配できないことが多い。 そのような場合には、年賀状を頂いた相手に左記のような文例の喪中はがきを使える。 ・喪中であることを知らずに年賀状を送って来た相手への返信にも使える。 (2)喪中につき 年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます ・いつも年賀状のやり取りをしている相手全般 に使える ・例えば早めに喪中ハガキを手配し、相手が年賀状を投函する前に間に合うように送るような場合に使える。

次の