偏 頭痛 和らげる。 偏頭痛を和らげる食べ物を管理栄養士が解説!原因からレシピまでをご紹介│yoganess【ヨガネス】

ズキズキ痛い!偏頭痛を和らげる方法。食べ物やツボで対処。

偏 頭痛 和らげる

誰しも1度は経験のある頭痛。 頭痛には片頭痛(偏頭痛)と緊張型頭痛の2つがあります。 この記事では各タイプの頭痛の原因と、痛みを和らげる対処法をご紹介します。 日本人のおよそ4人に1人が、原因となるほかの病気がないのに繰り返し起こる頭痛、いわゆる「頭痛もち」の症状であるといわれています。 頭痛タイプのセルフチェックとタイプ別の対処法を実践して、つらい頭痛を解消しましょう。 片頭痛? 緊張型頭痛? あなたの頭痛タイプと対処法 頭痛は、女性ホルモンの分泌量の変動が原因の1つとなるため女性に多い片頭痛と、パソコンやスマートフォンの使い過ぎが主な原因となる緊張型頭痛の2タイプに分けられます。 タイプによって対処法が異なるので、自分の頭痛はどちらのタイプかを見極め、適切なケアを行いましょう。 片頭痛タイプ 片頭痛の原因とセルフチェックリスト 片頭痛は、女性ホルモンの分泌量の変動が原因の1つとしてあげられ、月経前や排卵期の女性に多く見られます。 次の表で2つ以上チェックがついたら、片頭痛タイプです。 脳内物質のセロトニンが何らかのきっかけで増減するのに伴い、脳血管が収縮・拡張して起こる片頭痛タイプ。 周辺の神経が刺激されることで起こります。 また、睡眠不足、台風が近づくなど気圧や天気の変化、特定の食品の摂取(後述)が原因になることも。 片頭痛が起きたときの対処法 医師に片頭痛専用の鎮痛剤(トリプタン製剤)を処方してもらうのが確実です。 痛みは動くと悪化するので鎮痛剤を服用したあとも1~2時間は安静にしましょう。 また、こめかみを冷やすことも効果的です。 また、片頭痛の予防には漢方もおすすめです。 強い光や大きな音は脳を刺激し、片頭痛の悪化につながります。 片頭痛の発作中は、カーテンで日光を遮り照明も暗くしましょう。 物音でズキズキするときは耳栓を。 片頭痛を和らげる食べ物 片頭痛の予防には、トウガラシ、サンショウ、コショウなどの辛味の香辛料やフェンネル、カルダモン、シナモンなどのスパイスをとるといいでしょう。 東洋医学では、普段から胃腸が弱く冷え症の人は、外界の過剰な湿気(湿邪)によって頭痛、めまい、吐き気などが起きやすくなると考えられており、片頭痛にはこれらの胃腸を温める食べ物がよいとされます。 片頭痛タイプの人が避けたい食べ物 反対に、ポリフェノールは血管を拡張させる作用があるため、片頭痛タイプの人は控えたい成分。 ポリフェノールを多く含む赤ワインやチョコレートは控え目にしましょう。 そのほか、チーズやハム、うま味調味料を使った料理、ファストフードにも注意が必要です。 緊張型頭痛タイプ 緊張型頭痛の原因とセルフチェックリスト 筋肉のこわばりが原因となって頭痛が起こる緊張型頭痛は、老若男女を問わず多く見られます。 次の表で2つ以上チェックがついたら、緊張型頭痛タイプといえるでしょう。 長時間のデスクワーク、目の酷使、精神的ストレスが原因になりやすく、俗にパソコン頭痛・スマホ頭痛とも。 長時間同じ姿勢でいると首や肩周りの筋肉が緊張して筋肉内の血行が悪くなり、さらに筋肉がこわばって緊張型頭痛が起こりやすくなります。 緊張型頭痛が起きたときの対処法 頭痛が起きたときは、背筋を温めると効果的。 仕事や勉強で長時間座りっぱなしな人は、こまめに休憩をとって気分転換をはかりましょう。 また、心身のストレスを解消するためにゆっくりとお風呂に浸かったり、首や肩をマッサージするのもいいでしょう。 座り方を直して緊張型頭痛を予防 デスクワークの人に起こりがちな緊張型頭痛は、座り方を工夫するだけでも改善が見込めます。 パソコンを使っている人は、ディスプレイをやや見下ろす高さで座り、腕は机の上か肘かけに置いて固定するようにしましょう。 首や肩、背中への負担が軽減され、頭痛が和らぎます。 日々のストレッチで緊張型頭痛を予防 こわばった筋肉をほぐすストレッチも大切です。 こまめなストレッチで筋肉の緊張を和らげましょう。

次の

早く治したい!偏頭痛の痛みを和らげる8つの方法

偏 頭痛 和らげる

頭の片側に起こる• ズキンズキンと拍動性の痛み• がまんできない・仕事などに支障• 体を動かすと痛みが悪化• 頭痛が起こると吐き気• 光・音に敏感になる 1~4の症状のうち、2つ以上が当てはまり、5と6のうち1つ以上が当てはまる場合は、片頭痛であると考えられます。 ただし、50歳以上で初めて片頭痛のような症状を経験した場合には、脳の病気などを疑い受診することがすすめられます。 上記のチェック表にある症状以外にも、 空腹感や生あくび、イライラ、手足のむくみといった予兆が起こるケースもあります。 また、片頭痛になった人の1~2割の人に、閃輝暗点(せんきあんてん)といった前兆が見られます。 閃輝暗点とは、視野の中央にギザギザした光が現れ、5~60分間ほど続き、閃輝暗点に伴って、あるいは閃輝暗点が消えてから60分以内に頭痛が生じます。 片頭痛の予防に役立つのが、頭痛ダイアリーです。 痛みの程度や持続時間、日常生活への影響、薬の使用状況、吐き気といった頭痛に伴う症状のほか、月経、ストレス、寝不足や寝過ぎ、悪天候など、片頭痛を引き起こす要因と考えられる出来事を自ら記録します。 1か月ほど記録していくと、しだいに片頭痛が起こるときの傾向が把握できるため、自分なりの予防策を立てやすくなります。 また、医療機関の受診時に持参すると、スムーズな診断や治療につながります。

次の

偏頭痛サプリで和らげる!偏頭痛に効くサプリメントベスト3

偏 頭痛 和らげる

私の発見した片頭痛の痛みを和らげる方法。 偏頭痛の治療は大きく分けて2つあります。 1つ目が急性期治療で、2つ目予防療法です。 急性期治療というのは、頭痛が起きた時に、その痛みをどうやって和らげるかという治療法の事です。 ここでは、偏頭痛が起きた時の痛みの和らげ方(急性期治療)について詳しく説明します。 また、最後に簡単にできる予防療法についても説明します。 片頭痛の痛みを和らげるのに最も効果的な方法は、 痛みが少し始まったくらいの早いタイミングでことです。 これは、日本頭痛学会の「慢性頭痛の診療ガイドライン」でも推奨グレードAとして勧められている方法です。 痛みが軽い場合には、町の薬局などで売っていると効果が期待できるのですが、痛みが中度から重度の場合には、消炎鎮痛剤はほとんど効果がありません。 をきちんとしつつ、痛みが発生した時に対策ができれば、頭痛による悩みや苦痛はかなり軽減されます。 私自身、予防薬のテラナスと痛くなった時に飲むイミグランを服用するようになってから、 頭痛による不安とか苦しみから、かなり解放されました。 少なくとも、「明日頭が痛くなったらどうしよう?」という毎日寝る前に感じていた不安は無くなりました。 次に、薬が無い場合や、何らかの理由でどうしても薬が飲めないという場合に、偏頭痛の痛みを和らげるおすすめの方法をご紹介します。 薬以外で痛みを和らげる効果的な方法 何らかの理由で薬を飲むことができない場合や、薬を飲むタイミングが遅れて、痛みが収まらない場合などに痛みを和らげる効果的な方法があります。 私自身、20年以上も強度の片頭痛に悩まされてきた経験から編み出した方法なのですが、 静かな薄暗い部屋で横になって、頭を氷枕やアイスノンなどで冷やします。 片頭痛が発症している時に、体を動かすと吐き気が強くなり、場合によっては吐いてしまうことがあります。 できない場合は仕方がないですが、可能なら、横になって安静にすることが大切です。 そして、片頭痛の特徴として、光、匂い、音に過敏になります。 そこで、部屋を薄暗くして、音楽やテレビなどを消します。 これで、頭痛がひどくなることを抑えられます。 さらに、頭を氷などで冷やすことで、痛みがかなりましになります。 安静に寝るということは、多くの人がしているのですが、部屋を暗くして頭を氷で冷やすというのをしている人はそれほど多くないので、片頭痛で困っている人は、一度試してみて下さい。 ちなみに、私は保冷剤のようなものを10個くらい常に冷凍庫で凍らせています。 頭が痛くなった時には、どんどん交換しながら常に頭を冷やすようにしています。 これは、私自身が長年の片頭痛の経験の中で編み出した方法なのですが、医学的にも根拠のある方法です。 片頭痛は、外部からの様々な刺激が原因で起こる場合がありますし、痛みが起きた場合には、外部の刺激に敏感になります。 光、匂い、音などに敏感になり、それらが原因で頭痛が悪化するのです。 部屋を暗く静かにする事で、それらの外部の刺激を遮断する事ができるので、痛みを悪化させることを防げます。 さらに、氷で頭の痛い部分を冷やすことで、痛みの感覚を少し鈍らせる事ができ、痛みを軽減する事ができるのです。 ぜひ、一度試してみてください。 もちろん、一番良いのは、偏頭痛の予防療法をしっかりと行い、頭痛の発作が起こることを少しでも少なくし、痛みの程度を軽くする事です。 のページでも詳しく書いていますが、簡単に安価に行える方法としては、サプリメントを摂取する事です。 フィーバーフュー、マグネシウム、ビタミンB2は、片頭痛予防に効果があると医学的にも証明されているので、サプリメントなどを使って積極的に摂取するようにしましょう。 片頭痛の予防に効果がある成分がたくさん含まれているサプリメントで、おすすめはこちらの商品です。 フィーバーフュー、マグネシウム、ビタミンB2を摂取する事は、日本頭痛学会の「慢性頭痛の診療ガイドライン」で推奨グレードBとされています。 特に、フィーバーフュー、マグネシウムは、普段の食事だけでは不足しがちなので、サプリメントで補ってあげる必要性が高いです。

次の