ふぁ いと の 暁。 カンタータ第1番《輝く暁の明星のいと美わしきかな》

鮨暁 (すしあかつき)

ふぁ いと の 暁

長年のご愛顧ありがとうございました。 今後ともよろしくお願い申し上げます。 お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。 その後の予定に関しましては改めてご案内申し上げます。 令和2年4月23日 季節のお菓子「柏もち」5月中旬頃までの販売予定です。 店頭のみでご購入頂けます。 令和2年3月3日 季節のお菓子「桜餅」4月5日まで販売中です。 店頭のみでご購入頂けます。 ご予定いただいたお客様には大変ご迷惑をおかけします。 誠に申し訳ございません。 令和2年2月2日 バレンタインの生菓子詰め合わせ販売中です。 バレンタインモチーフの上生菓子4種を詰め合わせました。 令和2年1月21日 代表銘菓埋れ木から、さくら香る「埋れ木さくら」が新登場。 1月25日販売予定です。 令和2年1月20日 春のお菓子「うぐいす餅」を店頭にて限定販売中。 うぐいすの可愛らしい姿を模した生菓子です。 令和元年 2019年9月14日〜9月23日まで創業210年感謝祭を開催いたします。 平成31年1月8日 おかげさまでいと重菓舗は今年で創業210年を迎えました。 創業文化六年 いと重は彦根で200余年商いをさせて頂いております、和菓子店でございます。 こだわり抜いて仕入れた素材と、手間隙をかけて丹念に作り上げた自家製餡で納得のいく商品のみを提供させていただいております。 和菓子は「五感で楽しむもの」と言われます。 いと重でも、和菓子は単なる食料ではないと考えております。 口に入れたときの味覚・嗅覚・触覚に加え、優雅で美味しそうな見た目、ひとつひとつの和菓子につけられている名前や、そこに込められた歴史や文化の背景。 それら全てを目でも耳でも味わっていただきたいという思いで商いをさせて頂いております。 和菓子店として、御菓子の美味しさや美しさを通じて、滋賀県彦根の魅力もお届けできるようなおもてなしをしたいと考えておりますので、彦根にお寄りの際にはぜひお土産としてお持ち帰りいただければと思います。

次の

暁テル子

ふぁ いと の 暁

季節もちょうど今頃、3月25日 受胎 告知の祝日。 カンタータ第1番《輝く暁の明星のいと美わしきかな》と言う作品で す。 受胎告知と言えば、絵画の方で数々の名作がありますね。 エル・グレコの名作は 倉敷の大原美術館で見たので特に印象が強いものです。 ともかく、この頃バッハは讃美歌をテーマにした「コラールカンタータ」に凝ってい たようで、この作品も典型的なそれです。 原曲は、Ph. ニコライによるもので、 BWV436に讃美歌そのものの編曲があり、BWV739ではオルガンコラールとして編曲され ています。 ともかく、旧バッハ全集においても、楽譜出版の第一となったという作品で、内容も それに恥じない充実したものです。 バッハの教会 カンタータと言えば、私が勝手にそう思っているだけかも知れませんが、「暗い」作 品に本領があるみたいですが、このように明るい作品にも大変な名作があるというこ とで、ぜひ聞いていただきたいものです。 何しろ、ヴィヴァルディを思わせるような 2台のヴァイオリンが快活なメロディーを奏し、その合間を縫って2本のホルンが合 いの手を入れるという、楽器構成からして明るい曲なのです。 コラール合唱。 上述のように、2台のヴァイオリンと2本のホルンの掛け 合いから、合唱の3パートはリトルネッロ主題を、ソプラノはコラール旋律をという 形で曲が進みます。 とにかく、心が浮き立つような気分は、3月25日という日付に ぴったり来るようなものですね。 ついでに言うと、ヘ長調というのも伝統的な「田 園」の調性です。 続く テノールのレシタティーヴォは、どうということはないものの、次のソプラノア リアへの期待を持たせる架け橋になっています。 第3曲ソプラノアリアはオーボエ・ダ・カッチャを従えた牧歌的なもので、ここにも おだやかで幸せな気分が満ちています。 もう一度、今度は バスのレシタティーヴォをはさんで、 5曲目テノールの技巧的なア リア。 2本のヴァイオリンが縦横に活躍し、思わず踊り出したくなるような快活なリ ズム。 もうむずかしいことは言わずに、とことん楽しめるアリアです。 武満徹さんが (雪の夜に)傘を差して(歩きながら)踊っていたという話がありましたが、私も暗い夜道で家路を急いでいた 時、ヘッドフォンでこの曲を聞きながら思わず踊りながら歩いていました。 (人が見 たら、大変危ない話。 ) 最後の 6曲目は、讃美歌がそのままの姿で出るコラール合唱ですが、ここでも、2本 のホルンが実に良い色合いを添えています。 グレングールドではありませんが、これ はどうしても自分も歌いたくなるというものです。 たった今、何回聞き終えたか分かりませんが、とにかく実に幸せ な気分です。 Lehmann 1952 DGGL Richter 1968 ARCHIV Rotzsch 1983 EDEL Rilling 1980 Hanssler Harnoncourt 1978? TELDEC Leusink 2000 Brilliant 上の4つが通常のモダン楽器による演奏、下の二つがピリオド楽器による演奏です。 レーマンの演奏は、古いアルヒーフの時代(黄色いジャケットの)で懐かしいもので すが、さすがに音色も演奏も古色蒼然としたものです。 リヒターの演奏は、曲の構造に鋭く切り込むもので、合唱、独唱、器楽すべての伎倆 の確かさにおいて、非の打ち所のないものです。 ヘフリガーのレシタティーヴォ・ア リアやマティスのアリアも大変誠実なもので、フィッシャーディースカウがごく短い レシタティーヴォで出てくるのがもったいないぐらいです。 ただ、ちょっと謹厳実直 と言うか、真面目すぎるのが欠点と言えば欠点でしょうか。 と言っても、曲の楽しさ は、音楽的に十分表現されています。 ロッチュの演奏は、ライプチヒのトーマス学校合唱団とゲヴァントハウス管弦楽団を 率いたもので、その響きの豊かさが魅力です。 リヒターと比べれば穏やかで、響きの 厚い演奏ですが、それが全く弱点と感じられません。 シュトルテのソプラノ、シュラ イヤーのテノールもただただすばらしく、難を言えばシュライヤーが少々うるさいで すが、その声の美しさは他の欠点を補って余りあるものです。 楽しさ、豊かさで、リ ヒター盤を上回るものと言えるかも知れません。 (私が踊った演奏です。 ) その他の演奏は、この二つと比べると、曲の楽しさ美しさを十分伝えるものとは言え ません。 リリングはどこが悪いと言うことはないが、逆にどこが良いと言うこともな い演奏。 どこかまとまりがなく、聞き終わって余り具体的な感想が湧いてきません。 アルノンクールは、ナチュラルホルンの響きとか、話題性は十分ですが、その他は退 屈な演奏。 単に一つの解釈を示したと言うにとどまり、音楽として納得させるものが ありません。 Leusinkは、ピリオド楽器であるという点を除けば、常識的な演奏で、 独唱者・独奏者もリヒター盤、ロッチュ盤に比べるとかなり落ちます。 と言うわけで、この作品に関しては、ぜひリヒター盤かロッチュ盤をと言う結論にな ります。 やはり、トーマスカントル(系)のバッハはさすがと言うところです。 2001年3月19日.

次の

株式会社 あかつき 岡山ジビエ 極上ジビエ

ふぁ いと の 暁

経歴 [ ] ・生まれ。 ()出身。 (昭和8年)、子役でデビュー。 一座や、の舞台で活躍。 戦後は劇場()に出演し外国人兵から「テリー」と愛称で呼ばれ人気を博した。 1949年、照子からテル子に改名。 (昭和24年)2月、から「」、「」でデビュー。 (昭和26年)発売の「」「」は代表的ヒット曲になった。 また、ダンスで鍛えたプロポーションと底抜けの明るさで、ミュージカルコメディを初めとする劇映画でも活躍。 (昭和32年)からは、の「」に出演するなど、テレビでも人気を博した。 (昭和33年)、胸を患い事実上の引退となる。 (昭和37年)7月20日、により中野区江古田4丁目の自宅で死去。 41歳没。 元夫は元将校で極東スカウトを務めた)。 1947年に結婚し、1958年に離婚した。 エピソード [ ]• 暁テル子は時代にはそれほど目立った存在ではなかった。 いわゆる持味でぐんぐん押し出してきたが、これという決定打を放ったことはなかった。 その持味も、の生徒がもっているような温室型とちがって、じつにむきだしな、通欲的な言い方をすれば、心臓のつよい持味であった。 「映画ファン」昭和24年9月1日発行• はじめて一座に加わって、有楽座にでたときも人をくった舞台度胸はお客に目をむかせた。 ちょっと見たのではこの人が少女歌劇からきた歌手だとは思えなかった。 「映画ファン」昭和24年9月1日発行• いつも暁テル子に対して言われるとの比較は、おそらく彼女にとって一番聞き捨てならぬところだろう。 ブギものでは笠置に一歩譲るとしても、彼女は自分のオリジナリティを、もっと高く、もっと広いものに押し進めて行こうとする強烈な意志をもっているようだ。 出演で歌った「恋は七色」、「これがブギウギ」などにしても、彼女は笠置との比較を意識して、自分の個性発揮に非常に苦心している点が見受けられた。 「THE NIPPON GEKIJO THEATER NO. 79」昭和24年12月20日発行 仁村美津夫 代表曲 [ ]• 南の恋唄(昭和24年2月発売)• これがブギウギ(昭和24年2月発売)• 鬼のブギウギ(昭和24年3月発売)• 恋のジプシー(昭和24年5月発売)• 長崎のマリヤさん(昭和24年11月発売)• 東京カチンカ娘(昭和25年1月発売)with• 港エレジー(昭和25年1月発売)• 銀座ジャングル(昭和25年1月発売)• 大島ヅキヅキ(昭和25年4月発売)• リオのポポ売り(昭和25年5月発売)• メランコリーブルース(昭和25年5月発売)• 美女桜匂うよ(昭和25年6月発売)• 香水と洋傘(昭和25年7月発売)• 君と行くアメリカ航路(昭和25年7月発売)with• おらんだ絵巻(昭和25年8月発売)• チューインガムは恋の味(昭和25年8月発売)• チロルのミルク売り(昭和25年8月発売)• 炎のルンバ(昭和25年10月発売)• 赤いグラスも(昭和25年11月発売)• パラダイス夢の国(昭和25年12月発売)• サーカス物語(昭和26年1月発売)• ミシシッピーの恋の唄(昭和26年1月発売)• ラプラタの夜話(昭和26年1月発売)• ミネソタの卵売り(昭和26年2月発売)• ジプシーの女(昭和26年2月発売)• ハワイ悲歌(昭和26年2月発売)• 炎の肌(昭和26年2月発売)• 銀座の牝豹(昭和26年3月発売)• お嬢さんご用心(昭和26年5月発売)• 憧れのエアーガール(昭和26年5月発売)• 東京シューシャインボーイ(昭和26年5月発売)…監督の「」の挿入歌に使用された。 メロンはいかが(昭和26年5月発売)• ミシン娘(昭和26年6月発売)• りべらる銀座(昭和26年7月発売)• たぬきルムバ(昭和26年7月発売)• ホノルルボンガ(昭和26年9月発売)• 愛のサンバ(昭和26年10月発売)• チョコレートの香り(昭和26年12月発売)• 南海ホークス(昭和27年1月発売)with 灰田勝彦• ナガサキコンガ(昭和27年4月発売)• 銀座炭坑ぶし(昭和27年5月発売)• 桃太郎ブギ(昭和27年7月発売)• お家で待ってるわ(昭和27年7月発売)• ねずみとドラム(昭和27年8月発売)• 祭の夜のフラダンス(昭和27年8月発売)• 泣き笑いABC(昭和27年8月発売)• 乾杯!サラリーマン諸君(昭和27年8月発売)with• サラリーマン節(昭和27年8月発売)• チャンポン・ルンバ(昭和27年9月発売)• 青空パラダイス(昭和28年1月発売)• 陽気な花売娘(昭和28年3月発売)• 東京ラッキーボーイ(昭和28年4月発売)• フラ天国(昭和28年5月発売)• ハワイ航路のマドロスさん(昭和28年5月発売)• びっくりしゃっくりブギ(昭和28年7月発売)• そんなのないわよ(昭和28年8月発売)• お酒の歌(昭和28年9月発売)• 亭主のお古は味がある(昭和28年9月発売)• 僕はホームラン・ボーイ(昭和29年12月発売)• そうらんチャチャチャ(昭和30年10月発売)• おこさチャチャチャ(昭和31年4月発売)• 港キューバのタバコ売り(昭和31年8月発売) CD音源 [ ] シングル [ ]• が「」で回答で歌う事がある。 良く卵絡みの回答をする為、「ミネソタの卵売り」を歌う事が多いが、たまに靴磨き絡みの回答をした時には「東京シューシャインボーイ」を歌う事があるがそう多くはない。 の漫才「男の中の男」(にカネを取られた上に売物の卵を潰されるというネタ)でが歌う。 アルバム [ ]• 日本の流行歌スターたち 13 東京シューシャインボーイ〜ミネソタの卵売り• 青春歌年鑑 戦後編3 昭和26年〜28年• スイング・ニッポン - 日本のメロディをジャズで• 池中くんの昭和歌謡• びっくりしゃっくりブギ• 魅惑のニュー・リズム• びっくりしゃっくりブギ• 東京の屋根の下 〜僕の音楽人生 1948〜1954 [ビクター編]• リズムの変遷〜日本ラテン傑作選 1931-1957• 日本の流行歌史大系• 灰田勝彦大全集• このうち、第8回のラジオ中継の音声が現存する。 主な映画出演 [ ]• 三十三の足跡(1948年、)• 死美人事件(1948年、大映)• 月光城の盗賊(1948年、大映)• (1948年、大映)• ぜったい愛して(1948年、大映)• のらくら海浜騒動(1948年、)• (1949年、大映)• 愛染草(1949年、大映)• (1949年、)• 東京カチンカ娘(1950年、)• 笑う地球に朝が来る(1950年、大映)• 狸銀座を歩く(1950年、大映)• 君と行くアメリカ航路(1950年、新東宝)• (1951年、)• さすらいの旅路(1951年、新東宝)• 恋の蘭燈(1951年、新東宝)• (1952年、新東宝)• アチャコ青春手帖第四話 めでたく結婚の巻(1953年、新東宝)• 親馬鹿花合戦(1953年、新東宝)• 桜まつり歌合戦(1954年、大映)• 陽気な天国(1955年、新東宝)• 背広さんスカートさん(1956年、新東宝)• 坊ちゃんの野球王(1958年、新東宝)• 三代目 魚河岸の石松(1958年、東映) 脚注 [ ].

次の