名言 英語 プーさん。 【くまのプーさん名言集】プーさんだからこそ言える、14の名言

英語で味わうクマのプーさんの名言10選

名言 英語 プーさん

くまのプーさん(Winnie the Pooh)は、イギリスの作家A. ミルン(A. Milne)の児童小説です。 息子クリストファー・ロビンと、くまのぬいぐるみをモデルにした作品で、1926年に発表されました。 90年以上を経ても、プーさんと仲間たちは世界中で愛され続けています。 2016年に行われた調査では、イギリス人の4分の1が、孔子やアリストテレス、プラトンのような、偉大な哲学者よりも、プーさんから、人生についてより多くを学んだと答えています。 また、Fly Researchという調査会社が、18歳以上のイギリス人を対象に、「プーさんが今でもどれほど重要か」というアンケートを行ったところ、63%が、「プーさんは、友情や愛についての貴重なアドバイスをくれる」と答え、30%以上が、「プーさんの珠玉の言葉に影響を受けた」と答えたそうです。 今回は、心優しいプーさんと、その仲間たちの名言を10個、ご紹介します。 リンク 1.A little consideration, a little thought for others, makes all the difference. 「少しの思いやりと、少しの気遣いが、すべての違いを生むんだよ。 」 2. 」 3. Love is taking a few steps backward maybe even more … to give away to the happiness of the person you love. 「愛とは、2、3歩か、それ以上さがって … 大好きな人の幸せに道を譲ること。 」 4. 「一番大事なのは、たとえ離ればなれでも、いつも君と一緒だということだよ。 」 5. 「一緒にいられない日が来ても、ぼくを心の中に置いておいてね。 ぼくはずっと君の心の中に居るよ。 」 6.Any day spent with you is my favorite day. So today is my new favorite day. 「君と過ごす日は、どんな日でもぼくの大好きな日。 だから、今日はぼくの新たなお気に入りの日だ。 「今日は何の日?」プーが聞いた。 「今日だよ」ピグレットが甲高い声で答えた。 「ぼくの大好きな日だ」とプーは言った。 You have to go to them sometimes. 「森の片隅で誰かが来るのを待っているだけじゃだめだよ。 時には自分から出て行かなくちゃ。 「ずっと忘れないと約束して。 君は自分で思うよりも勇気があって、強くて、賢いんだよ。 」 10. Rivers know this: there is no hurry. We shall get there some day. 「川は知っている。 急がなくていい。 いつかそこへたどり着けるから。 」 他者を思いやること、一日一日を大切に過ごすこと、目標に向かって、結果をあせらず、こつこつ頑張ること、自分を信じること、勇気を出して一歩を踏み出すこと…。 プーさんと仲間たちは、生きる上で大切なことを、 シンプルな言葉で教えてくれます。 プーさんの本には、他にも、そっと寄り添うような、あたたかい言葉が満載です。 ぜひ、原書で読んで、お気に入りの言葉を見つけてみましょう!.

次の

くまプーさん名言集!英語版も。心が温まる・人生が豊かになる名セリフ

名言 英語 プーさん

くまのプーさん(Winnie the Pooh)は、イギリスの作家A. ミルン(A. Milne)の児童小説です。 息子クリストファー・ロビンと、くまのぬいぐるみをモデルにした作品で、1926年に発表されました。 90年以上を経ても、プーさんと仲間たちは世界中で愛され続けています。 2016年に行われた調査では、イギリス人の4分の1が、孔子やアリストテレス、プラトンのような、偉大な哲学者よりも、プーさんから、人生についてより多くを学んだと答えています。 また、Fly Researchという調査会社が、18歳以上のイギリス人を対象に、「プーさんが今でもどれほど重要か」というアンケートを行ったところ、63%が、「プーさんは、友情や愛についての貴重なアドバイスをくれる」と答え、30%以上が、「プーさんの珠玉の言葉に影響を受けた」と答えたそうです。 今回は、心優しいプーさんと、その仲間たちの名言を10個、ご紹介します。 リンク 1.A little consideration, a little thought for others, makes all the difference. 「少しの思いやりと、少しの気遣いが、すべての違いを生むんだよ。 」 2. 」 3. Love is taking a few steps backward maybe even more … to give away to the happiness of the person you love. 「愛とは、2、3歩か、それ以上さがって … 大好きな人の幸せに道を譲ること。 」 4. 「一番大事なのは、たとえ離ればなれでも、いつも君と一緒だということだよ。 」 5. 「一緒にいられない日が来ても、ぼくを心の中に置いておいてね。 ぼくはずっと君の心の中に居るよ。 」 6.Any day spent with you is my favorite day. So today is my new favorite day. 「君と過ごす日は、どんな日でもぼくの大好きな日。 だから、今日はぼくの新たなお気に入りの日だ。 「今日は何の日?」プーが聞いた。 「今日だよ」ピグレットが甲高い声で答えた。 「ぼくの大好きな日だ」とプーは言った。 You have to go to them sometimes. 「森の片隅で誰かが来るのを待っているだけじゃだめだよ。 時には自分から出て行かなくちゃ。 「ずっと忘れないと約束して。 君は自分で思うよりも勇気があって、強くて、賢いんだよ。 」 10. Rivers know this: there is no hurry. We shall get there some day. 「川は知っている。 急がなくていい。 いつかそこへたどり着けるから。 」 他者を思いやること、一日一日を大切に過ごすこと、目標に向かって、結果をあせらず、こつこつ頑張ること、自分を信じること、勇気を出して一歩を踏み出すこと…。 プーさんと仲間たちは、生きる上で大切なことを、 シンプルな言葉で教えてくれます。 プーさんの本には、他にも、そっと寄り添うような、あたたかい言葉が満載です。 ぜひ、原書で読んで、お気に入りの言葉を見つけてみましょう!.

次の

くまプーさん名言集!英語版も。心が温まる・人生が豊かになる名セリフ

名言 英語 プーさん

英語が上達しない原因である「英語病」を治療する専門家。 ベストセラーとなっている や他、著書多数。 さらに、ラジオで4本のレギュラーがオンエア中。 特に、木8の番組「めざせ!スキ度UP」が好評を博している。 「くまのプーさん(Winnie the Pooh)」が初めて実写映画化された 『プーと大人になった僕』(原題:Christopher Robin)はご覧になりましたか? ユアン・マクレガーが演じる、大人となったクリストファー・ロビンがプーさんと再開を果たすこの映画。 仕事に疲れた大人に響く、と話題になっています。 今回は『プーと大人になった僕』のセリフを通じて、英語における否定語の使い方を学んでいきましょう。 否定を表す言葉nothing Doing nothing often leads to the very best something. (何もしないことが、最高の何かにつながることがよくある) これは、プーさんの言葉です。 日本人にとってなかなか理解しづらいのが、否定語のnothingではないでしょうか。 somethingの方がずっと理解しやすいでしょう。 「漠然と少し存在する」ことを表すsome+「もの・コト」を表すthingから成っており、「なにか」という意味になります。 nothingは、 否定を表すno+thingであり、「何もないもの」を表します。 このような否定語は日本語には存在しません。 例えば「I have nothing. noはnot anyと言い換えられる もし、noという言葉がうまく理解できなければ、not+anyと言い換えてみると良いでしょう。 anyも日本語に訳しづらい単語ではありますが、その意味は「どんな~(であっても)」という任意性を表します。 「doing nothing」は「not doing anything」と言い換えられます。 )」に相当します。 ただし、このようにいちいち言い換えるのは時間がかかります。 ですからこの言い換えは、慣れるまでの「補助」にとどめておきましょう。 最終的には「doing nothing」や「have nothing」をそのまま理解できる必要があります。 nothingは主語でも使われる さて、日本人にとってさらに理解しづらいのが、nothingのような否定語が主語としても使われることです。 しかし、nothingを主語にすることにより「何もないもの = impossible」、つまり「impossibleなもの(不可能なこと)は何もない」という意味になるのです。 さて、この用法は慣れが重要ですから、いくつか例を出しておきましょう。 Pooh: Where are we going? (どこへ行くの?) Robin: Nowhere. (nowhereだよ) Pooh: Oh, one of my favorite places. (あぁ、大好きな場所の1つだ) nowhereというのは「どこでもないところ」を表す否定語です。 つまり、「We are going nowhere. しかし、ここで2人は「nowhere」というのを、まるでそのような場所があり、そこへ行くかのように表現しているのです。 英語では実際に、時々このような表現を使います。 (僕はこれ以上、nothingをすることはできないんだ。 寄宿学校では許されないから) まとめ nothingなどの否定語は、日本語の感覚からすると理解しづらいものですので、まずはしっかりと基礎を押さえておきましょう。 その上で、応用的な使い方までも理解することができれば、映画のセリフを原語のままで味わえることになります。 日本語訳を必要とせずに、英語のままで深く理解できる喜びは、それを知らない人にはなかなか伝えられない英語学習の醍醐味と言えます。 映画『プーと大人になった僕』の英語は、発音がイギリス系ではありますが、単語としての難易度は決して高くありません。 DVDなどが出たら、ぜひ繰り返しご覧になり、セリフを味わってみていただけたらと思います。

次の