モーニングスター。 モーニングスター (4765) : 株価/予想・目標株価 [Morningstar Japan]

モーニングスター [ PTS値上がり率株式ランキング]

モーニングスター

モーニングスター(または モーニング・スター)• 明けの明星(明け方に見られる)のこと。 () - による日刊紙。 (天星小輪)に属する船。 - 1814年に難破した船。 () - の7thアルバム。 - で金賞を受賞したゲーム。 の首長 ()(タミラペスニ=ダル・ナイフ)の名を英訳したもの。 Jesus Morning Star - (摂理)の旧称。 が製造販売する食パンのこと。 このページは です。 一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります。 お探しの用語に一番近い記事を選んで下さい。 を見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。

次の

モーニングスターレーティング・リスクメジャーとは

モーニングスター

モーニングスター、および、同じ名で呼ばれることがある武器の柄頭の形状比較図 モーニングスター(: morning star)、あるいは モルゲンシュテルン(: Morgenstern)は、打撃用のの一種。 では、 朝星棒(ちょうせいぼう)、 星球式鎚矛(せいきゅうしきつちほこ)、 星球武器(せいきゅうぶき)とも言う。 殴打用合成であるの一種で、名称の由来となった星球(球状の頭部に複数のを備えたもの)のを特徴としている。 メイスはから使用される普遍的な武器で、頭部をスパイクで強化する手法もまたよく使われる手法である。 メイスやモーニングスターのような殴打武器は、に対してや、の類より有効な打撃を与えることができるため、重武装化が進んだや・で対抗手段としてメイスがよく用いられるようになり、その中で出縁型メイスやモーニングスターに類似する武器が開発された。 後にでもメイスがよく用いられるようになり、- ごろにで生まれた モルゲンシュテルン Morgenstern は棘付きメイスから発展した武器で、大型球型の頭部に棘を放射状に配置した柄頭をもっていた。 モルゲンシュテルンは完成度の高さから、他の西ヨーロッパ地方へ広がり、にはが使用する一般的な武器の一つになった。 またでは、戦における無音武器として復活している。 この節のが望まれています。 ホーリーウォータースプリンクラー(英語: ) 基本的にはメイスの別称として用いられる。 この名で呼ばれるのはある種のであるが、要するに頭上にメイスの一撃を加えるとあたかもが水を吹くように血液が飛び散るさまを言い表したのだとされる。 こうした武器は特に聖職者の間で愛用された。 当時の聖職者は騎士階級出身者も多く、彼らは僧職にありながらも戦場に立つことも多かった。 代表的な例としては『』の大司教テュルパン、の異母弟でバイユー司教のオドがいる。 彼らがこうした武器を好んだのは、剣と異なり相手を殴打しても「血を流す機会が少ない」からであった。 ゴーデンダッグ(英語: 、別名: godendac、 godendard、 godendart) に勃発したの一局面である の戦い の様子を伝えるにおいて、都市連合軍の兵士たちが得物とするゴーデンダッグが見える(中央の隊列) ゴーデンダック、ないしヘーデンダーハなどとも呼ばれるこの戦棍はの歩兵が使用したものとして名高い。 右のレリーフにあるように、木製の柄に金属のスパイク(通常は一本)を取り付けたもので、柄は先端になるほど幅が太くなり、ほぼ円錐形に近い形状をしている。 長さも1m前後あるため、歩兵に対してはもちろん、馬上のにも攻撃ができるようになっている。 (クールトレ)の戦いでフランドル軍が使用したのちは、この武器はフランドル兵の代名詞的存在となった。 しかしゲーデンダークにはもう一つ候補となるものがあり、の商人の記録では、「槍のような握りに棘のついたのような」武器であるとしており、こちらはに近い形状をしているものと思われる。 類似する武器 [ ] 東洋の武器類 [ ] モーニングスターと同類のを持つ武器として、には、後期に武器化されたを始め、前期に開発されたややがある。 狼牙棒は古代中国においてを発展させたもので、1ほどのの先に直径10、長さ50cm程度のの棘を取り付けた頭部を備えた武器である。 戦場での疲労を避けるため柄頭を中空にしてあった。 また、にはに現れたがあり、の得物としてよく知られている。 現代の武器 [ ] モーニングスターに類似した凶器として、のに釘を打ち付けたがある。 創作作品におけるモーニングスター [ ] 歴史上のモーニングスターはの一種であるが、作品においては、柄と棘付き鉄球の間をで繋いだ形状のもの( cf. )、すなわち、型のものが存在し、 傾向として後者のほうがより多く登場する [ ]。 関連項目 [ ] に関連の辞書項目があります。

次の

iDeCo加入者診断&節税シミュレーション

モーニングスター

株式新聞とは? 証券専門紙ではトップシェアを誇る日刊紙です。 1949年に創刊し、2019年で創刊70周年を迎えました。 2018年5月に株式新聞Webを刷新、モバイルやタブレット端末向けアプリの展開も開始しました。 株式新聞では、主力銘柄はもちろん、カバーが少ない中小型株や新興市場、IPO(新規上場)の情報も充実しています。 株式以外にも、発行元のモーニングスターが強みを持つ投資信託や、為替、商品など最新情報や相場データが充実しています。 株式新聞を読んで、明日の相場に備えましょう! 相場状況を捉えた記事を機動的に発信 目まぐるしく入れ替わる相場の物色テーマをキャッチし、その真価を踏まえて有力銘柄を紹介しています。 また、世界的に株価が大きく上下動するような局面にも機動的に対応し、常に次の展開に先手を打つ投資戦略をサポートします。 世界の金融市場に激震が走った新型コロナウイルスによる「コロナ・ショック」をめぐっては発生の初期段階から精力的に取材を進め、マーケットに警鐘を発するとともに、マスクや消毒液を皮切りに様々な対策商品・サービスを展開する有力企業を発掘しています。 そうした中で取り上げた「注目株」のすららネット(3998)は、NYダウや日経平均株価が暴落する状況の中でストップ高する力強さを発揮しました。 また、全体相場についても、日経平均が2,000円超暴落した2月25~28日の週の直前には、トップ記事で株安への警戒感を、3月の底値では上昇転換を指摘しました。 コロナ・ショック関連の記事を多く紹介• テーマ株の紹介• 全体相場の底打ちを指摘(3月23日付一面) 人気連載人による、ここだけの話!大型株の情報から資産運用術まで 山本伸を始めとした、個人投資家に人気の高い評論家・有識者のここだけの話が読めます。 大型株から中小型株の個別銘柄情報や、為替、資産運用術まで、幅広いテーマを扱っています。 専属記者による独自取材記事 記者の取材による独自の情報に基づく記事を配信しています。 株式新聞にしかない情報ですので、トップ記事や注目株などは市場を「動かす」こともあります。 下図はその一例です。 DCF(ディスカウント・キャッシュ・フロー)法を用い、独自の適正株価を算出しています(カバー銘柄対象)。 成長率や利益率などを変えることで、独自の適正株価を算出することも可能です。 その他豊富なコンテンツ 堂々!勝負株 Web限定のオリジナルコンテンツ。 現在は週1回で、記者の独自の視点から切り込んだ銘柄を紹介します。 注目株 株式新聞の名物コーナーをWebでも。 相場にマッチした、即勝負できる一押し銘柄を毎回お届けします。 目標株価や損切りライン、保有期間をわかりやすく明示し「実戦」に対応します。 IPO これから公開される銘柄の詳しい紹介はもちろん、綿密な市場分析に基づく初値予想や投資判断が好評。 ブックビルディングに挑むにあたっての、濃厚な投資情報をお届けします。 新興市場&ベンチャー 個人投資家に人気の高い新興市場の銘柄やベンチャー企業の情報が満載。 株式新聞記者陣の強力な取材網を通じ、注目企業に直接斬り込みます。 また、ホットなテーマをいち早く紹介し、新たな材料をどんどん発掘していきます。 見通し 明日の相場を読むためのポイントを紹介しています。 週末は、翌週の株式市場を予想する「週間展望」を掲載。 株価の動きのポイントとなる経済統計や注目イベントをお知らせ。 四半期に1度、全上場銘柄 一部除く の決算発表スケジュールを掲載します。 コラム 株式新聞記者によるコラム「視点」では、他にはない独自の切り口で様々な投資テーマを紹介していきます。 主要株価指数・きょうの場況 「きょうの場況」では、その日の東証1部と新興市場の動きを解説します。 値動きの要因や外国人投資家の動向を、精鋭の場況担当記者が惜しみなくご紹介します。 ファンド株主判明調査ツール その株式がどういったファンドに保有されている銘柄なのかが一目で分かるツール。 「株式新聞Web」を運営する投資信託評価のモーニングスターがグローバルネットワークを活用し、独自に収集して作成したものです。 日米AI決算速報ニュース 日本企業はXBRLデータを基に即時で自動決算速報ニュースを配信 米国企業はAIを用い、主要なデータを集め決算発表後30分程度で日本語決算ニュースを配信するサービスです。 日米IPO情報 日米のIPOスケジュールや企業情報を提供しています。 日米決算スケジュール 日米の決算発表日をカレンダー形式でご覧いただけます。 ・本情報は、投資判断の参考としての情報提供を目的としているものであり、投資勧誘を目的にしたものではありません。 ・掲載されている内容に関しては、万全を期しておりますが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。 著作権等の知的財産権その他一切の権利はモーニングスター株式会社または外部の情報提供者に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。 ・「日経平均株価」に関する著作権並びに「日経」及び「日経平均株価」の表示に対する知的財産権その他一切の権利は、全て日本経済新聞社に帰属します。 また、「日経平均株価」は20分以上遅れた値を表示しています。 ・為替情報はSBIリクイディティ・マーケット株式会社から提供されています。

次の