盛り上がる クイズ 問題。 【暇つぶし】みんなでやったら必ず盛り上がる!厳選なぞなぞクイズ|クイズ論〜知的好奇心の塊〜

会社の忘年会や宴会で必ずウケるクイズネタ6つ!身内ネタはOK?NGネタは?

盛り上がる クイズ 問題

お正月に盛り上がる問題【20問】• 昔はお年玉として「おてだま」をもらっていた。 一方『元旦(がんたん)』とは、1月1日の朝のことを指している為、同じ意味ではありません。 第2問の答え A=〇 年神さまを迎えるために、家の前に飾る「門松」を飾っている期間、つまり、神様がいる期間のことを「松の内」と呼ばれています。 一般に7日までを示しますが、10日の地域もあれば、15日までという地域もあり、地域によって考え方がさまざまです。 第3問の答え A=〇 昔のお年玉は、「おもち」でした。 「年のはじめに神様から魂をわけてもらう」という理由から、おもちが配られていました。 第4問の答え A=〇 「これっぽっちですが…」という意味から、ポチ袋(ほちぶくろ)という名前がつけられました。 第7問の答え A=〇 まず両方の目がまっしろの『だるま』を買って、願いをこめながら片目を黒くぬります。 そして、願いがかなったらもう一つの目をぬります。 良い夢がみれると言われています。 江戸時代には、女の子のいる家庭に縁起が良い贈り物として年の暮れにおくられるようになりました。 第10問の答え A=〇 『どんどやき』とは小正月(こしょうがつ=1月15日)の行事で、正月の松飾り(まつかざり)・注連縄 しめなわ ・書き初め(かきぞめ)などを家々から持ち寄り、に1ヵ所につみ上げて燃やすという、日本全国に伝わるお正月の火祭り行事です。 今では橙(だいだい)ではなく安く手に入るという理由からみかんが代わりにのせられている場合が多いです。 第13問の答え A=〇 昔から赤色は、お祝いの色とされていて、赤い魚の鯛(たい)のは、「めでタイ」ということでお正月にだされています。 第14問の答え A=〇 昔おせち料理は、神様におそなえするものとして「せっく」と呼ばれていましたが、今では「おせち」と呼ばれるようになっています。 どんどやきの火にあたったり、焼い団子もちを食べれば、その1年間健康でいられるなどの言い伝えがあるのです。 第16問の答え A=〇 にしんは、別名で「かど」とも呼ばれ、「かどの子」がなまって、「数の子」と呼ばれるようになりました。 にしんの卵は5万~10万個もつまっているため、子孫繁栄(しそんはんえい)の願いをこめておせち料理に入れられるようになりました。 一生懸命(いっしょうけんめい)働いて、元気に暮らせるように、という意味がこめられています。 第19問の答え A=〇 えびの姿のように、腰が曲がるまで長生きできますようにという願いから、おせち料理に入れられています。 お正月に食べすぎて、弱ったお腹にとてもいい7種類の草(セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ)が入ったおかゆのことを言います。

次の

会社の忘年会や宴会で必ずウケるクイズネタ6つ!身内ネタはOK?NGネタは?

盛り上がる クイズ 問題

宴会でクイズをすると、黙ったまま気まずく感じることもなくなります。 また、楽しい空気を壊さずにみんなで取り組めるものを提供することは、自分の株を上げることに繋がるかもしれません。 今回は宴会を盛り上げるクイズを具体的にご紹介します! 大人数でも楽しめる:2択クイズ 第1問 正しいのはどっち? Aコアラはユーカリしか食べない。 Bパンダは笹の葉しか食べない。 早速例題をいくつかご紹介しましょう。 第1問 「ゲゲゲの鬼太郎」にでてくる目玉おやじは鬼太郎の目である。 単純に事の起こりと結末を伝えることで、その過程に何があったのかの考えを促すクイズです。 論理的な思考が求められるこのクイズにおいて、とっつきにくい印象をお持ちかもしれませんが、さにあらず。 回答者からの質問を募ったり、正答に導くようなヒントを出したりなど、コミュニケーションをとる手段は豊富です。 ネット上で検索をかければ問題集を入手することも難しくなく、場持ちさせる力も優秀です。 何より秀逸なのが、解答を伝えることで相手の納得顔を見ることができるその一点にあります。 あぁ、そうだったのか、なるほどなぁ、そういうことかぁ、などの声は少なからず自分自身の達成感をも満たしてくれるはず。 それに加えて仲間内からの評価も得られるとなれば活用しない手はありません。 しかしながら、出題の際にはご注意を。 下調べのないでたとこ勝負は危険です。 答えを確認しておくことはもちろんながら、突拍子のない質問への対応や正答へと導くレールの敷き方は事前に整えておく必要があります。 宴会が始まればまずはお酒を口にして周囲の様子を伺い、そして算段を立てましょう。 この面子であればこの問題、そしてレールの敷き方はこうしよう。 評価はまさに準備八割。 あれ?仕事と同じかなぁ。 トリビアクイズ 某番組で扱われたこともあるトリビア。 人間とは余暇をいかに満足させることができるか、その命題に時には大きなリスクを払うことも厭わないものです。 知っているようで知らない知識や表面だけしかなぞっていない知識を掘り下げることは知的欲求を大きく満たしてくれるものです。 そんな中から問題集として、日々集めたものをため込んでおくことも大切かもしれません。 ポン酢の「ポン」の意味って何?宴もたけなわ、の「たけなわ」ってどういう事?などなど。 日常の中には知ろうとしないことには意味をおざなりにしてしまうままが多く、そこに時間をかけるのであれば別の事に、という意識が働いてしまいますよね。 知識はもちろんのことながら、人間は時間を惜しむ生き物ですから、自分が使う時間を他人に持ってもらうことが多いに嬉しいのです。 労せずに知識だけを得ることができるとは何という至福。 些末なことかもしれませんが、およそ人が辿らない時間軸には相応の拾いものがあるものです。 上記の水平思考クイズもさることながら、検索することですぐに得られる知識や問題集も多いと思います。 宴会においての盛り上がりは人間関係を円滑にし、かつ貴方自身が楽しむことが肝要です。 まとめ 今回ご紹介させて頂いたこのネタが、少しでも貴方のお役に立つことを願っています。 ほかにも色々な種類のクイズや問題集が書籍やネットにたくさん載っているので、ぜひ検索してみてください。

次の

小学生が盛り上がるクイズ。高学年向け三択クイズ10問にチャレンジ!

盛り上がる クイズ 問題

古今東西クイズとは、「十二支のうち、実在する動物は11種類です。 それを答えてください。 」など問題の回答が複数あり、順番に答えていきます。 回答は「ねずみ、うし、とら、うさぎ、へび、うま、ひつじ、さる、とり、いぬ、いのしし」となります。 干支なら誰でも簡単に分かりますが、実在する動物だけ答えてもらうのがポイントです。 」 回答は「波兵、フネ マスオ サザエ カツオ ワカメ タラオ タマ」となります。 タラちゃん!と答えてしまう方もいるかと思いますが、ちょっとひっかけもいれてみるなんていうのも楽しいですよね。 では、接している8つの県を答えて下さい」 回答は「新潟、群馬、埼玉、山梨、静岡、愛知、岐阜、富山」となります。 地理の問題は種類が多く、出し方を工夫すれば問題の幅が広がります。 簡単な知識を試すクイズ問題で盛り上がろう 最近話題になった人物や、誰でも一度は聞いたことがあるような答えのクイズ問題だと忘年会で盛り上がれるはずです。 偏った知識ではなく、一般的に知られているものを用意しておきましょう。 オールジャンルに対応していれば問題数もかなり増やせます。 ノートルダム大聖堂がわからなくても、フランスの首都と付け加えれば答えに一気に近づきます。 最初は伏せておき、答えがでなければヒントとして出すのもいいかもしれません。 忘年会の余興ですし、変に難しくする必要はないです。 一時有名になった人や、その時に話題になっている人のクイズ問題ならば誰でも答えやすいはずです。 忘年会のクイズに是非取り入れてみてください。 忘年会の幹事は誰でもわかるクイズ問題を心がける 上記のような、誰でも簡単に分かる問題が盛り上がります。 歌手のクイズ等も盛り上がるのですが、年代別で偏ってしまったり、まったく歌手なんて知らない人がいるとどうしても不公平感がでてしまいます。 そうならない為にも、誰でも簡単にすぐ分かる!そして楽しく!というのがポイントです。 その辺が難しいのですが、インターネットなどを参考にするようにするといいでしょう。 忘年会のクイズ大会は優勝者に景品を用意してみよう 例えば忘年会で優勝者だけコース料理を食べられるでもいいでしょうし、比較的個人経営の企業であれば次の日を休みにしてあげる、シフトを優先的に決めることができるということでもいいでしょう。 クイズの内容も社内の業務的なものにしてみるというのも面白いかもしれません。 忘年会の前に景品が経費で出せるか確認しておこう 景品を用意する場合は事前に会社に経費として支出が出るかどうかを確認し、手軽に持ち込める物がいいです。 荷物にならないものにしましょう。 また、家族がいる場合は子供が喜ぶものにしてもいいです。 そのほうが費用的には安くなります。 いずれにせよ景品は事前に用意しておきましょう。 忘年会は古今東西クイズや簡単な知識問題で盛り上がろう 忘年会は堅苦しいものではありません。 つまり余興としてやるクイズ大会も頭脳を駆使するような難しいものでは楽しめません。 誰でも分かるクイズ問題にしましょう。 古今東西クイズや簡単な知識問題なら誰でも楽しめる忘年会の余興となります。 また、景品を用意してさらなる盛り上がりも狙えるのがクイズ大会なのです。

次の