ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド続編。 ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドの続編はいつ頃発売だと予想されますか?

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の続編について青沼英二プロデューサーが語る

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド続編

前作「ブレス オブ ザ ワイルド」について 前作「ブレス オブ ザ ワイルド」とは及び向けソフトとして2017年3月に社から発売されたアクションRPG。 シリーズ初の「オープンワールド」として話題となりました。 100年間の眠りから目覚めた勇者「リンク」が頭の中に直接語り掛けて来る「声」の導きに従い、滅亡し荒廃した「ハイラル王国」の各地を巡る物語です。 「ブレス オブ ザ ワイルド」の主人公「リンク」について より引用 100年前の「大厄災」の戦いの中で瀕死の重傷を負い、100年間の眠りに就く事でその傷の完治と引き換えに記憶の全てを失った勇者。 「大厄災」以前は「退魔の剣マスターソード」を使いこなすハイラル王国最強の騎士。 「厄災ガノン」対策チームとして結成された「英傑」の1人に数えられており、王国の姫「ゼルダ」の護衛も務めておりました。 100年間の眠りから目覚めた後は荒廃したハイラル王国各地を巡り、かつての戦いで喪った「英傑」の仲間達の魂の協力を得てハイラル城に封印された「厄災ガノン」を打倒致しました。 エンディングでは「ゼルダ姫」と行動を共にしており、それが今回発表された動画へと繋がっている事と思われます。 記憶を取り戻すかどうかはプレイヤーの行動次第となり、記憶を取り戻す事も真エンドの条件となっております。 「ブレス オブ ザ ワイルド」のヒロイン「ゼルダ」について より引用 「厄災ガノン」を「大厄災」から100年間「ハイラル城」に封印し続けた姫。 ハイラル王国国王「ローム・ボスフォレームス・ハイラル」の一人娘。 好奇心や知識欲が旺盛な学者肌で考古学に精通し「ガノン」対策に各地の遺跡や兵器を調査・研究しておりました。 又「厄災ガノン」を勇者「リンク」と共に封印出来る唯一の存在で、幼い頃から封印の力を目覚めさせる為に様々な修行を行って来ましたがその力が一向に目覚めなかった事から城内で「出来損ないの姫」「責を果たせぬ無才の姫」と囁かれ、考古学に没頭したのも元々はその焦りによるもの。 自らの近衛である若き天才「リンク」に対しては当初はコンプレックスを抱き冷たく当たる事もありましたが、共に研究や修行の為にハイラル王国各地を巡りその勇姿を目の当たりにする事で徐々に心を開き1人の女性として想いを寄せる様になりました。 「厄災ガノン」が復活し引き起こされた「大厄災」時にも封印の力は目覚めておらず、その事が原因の1つとなりハイラル王国は「厄災ガノン」の力の前に敗北し滅亡、近衛であった勇者「リンク」も戦いの中で力尽き、あわやと言うタイミングで封印の力が遂に覚醒。 その後は「リンク」を傷を癒やす力を持つ遺跡「回生の祠」に収容し、自らは覚醒した封印の力を使って「厄災ガノン」をハイラル城へ封印、「リンク」が目覚めるまでの100年間を戦い続けました。 「ゼルダ」が100年間どう言う状態だったのかは不明ですが「リンク」の脳に直接語り掛けるだけの余裕はあった模様。 「ブレス オブ ザ ワイルド」本編スタート時点で封印は限界に近付いており、「厄災ガノン」が「リンク」によって打倒された後のエンディングでは「封印の力は枯れ果ててしまったかも知れない」と語っておりましたが、続編が発売されるとの事でその心配は必要なかった模様。 まさか続編でただのインテリとしての活躍しか用意されないと言う事は無いでしょう。 又「新たなハイラル造りの手伝いがしたい」共エンディングで語っていた事から、その活動が今回発表された動画へと繋がっている事と思われます。 続編が「ブレス オブ ザ ワイルド」からどれだけの月日が流れているのかは分かりませんが発売が楽しみですね。 まとめ 社が「ゼルダ」新作の為のスタッフを募集していた事は存じ上げておりましたが、まさか「ブレス オブ ザ ワイルド」の直接の続編が発表されるとは思ってもみませんでした。 しかしスタッフ募集から今回の発表までの期間も僅かである事から発売まではまだまだ時間は掛かりそうです。 「ブレス オブ ザ ワイルド」は開発に4年掛かっているとの事ですので今回発表の「続編」も東京五輪の次、パリ五輪の頃には発売日が発表されるかも知れませんね。 それでは当記事『【ゼルダの伝説】「ブレス オブ ザ ワイルド」の続編が開発決定!』を終了させて頂きます。 お疲れ様でした。

次の

【ブレワイ2考察】『ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド』続編考察!続編は厄災以前の過去が舞台?

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド続編

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの続編の発売日は? ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの続編の発売日はいつになるのでしょうか? 前作の例も踏まえて考察してみたいと思います! ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド発売までの道のり ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドは、2013年より開発が始められたとのことです。 この開発情報は2017年3月14日の任天堂公式Youtubeチャンネルにて語られました。 ですが、任天堂公式Twitterアカウントにて、2016年4月27日に「さらなるクオリティ向上のため」という名目で、再度発売の延期が発表されます。 そして、 最終的には2017年3月3日にNintendo Switchと同時発売という形で、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドは世に出回ることになりました。 期間は短いにもかかわらず、ゆうに3倍以上の売り上げ! 現在でも、Nintendo Switch Liteが発売されたり、転売で高く売られていたりと、人気はとどまるところを知りません。 Wii Uで5年間走り続けたのだから、Nintendo Switchであればさらに長く現役を続けるのでは。 そして、Nintendo Switchが現役の間にゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの続編が発売されるのではないかというのが、私の予測です。 ただし、 新機種でのリメイクなんかはあり得るんじゃないか・・と推測しています。 結局、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの続編の発売日はいつ? 結局のところ、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの続編はいつ発売されるのでしょうか? 私の予測では、2022年中になると思われます。 理由は、.

次の

【海外の反応】ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド続編発表

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド続編

2019年06月19日 14時00分 「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の続編について青沼英二プロデューサーが語る Nintendo Switchのローンチタイトルとしてリリースされた「 」の、 されました。 海外ゲームメディア・Kotakuの 記者が、ゼルダの伝説シリーズのプロデューサーである青沼英二氏にインタビューして続編や新作の「 」などに関するコメントを引き出しています。 Breath Of The Wild Is Getting A Sequel Because The Team Had Too Many DLC Ideas And Other Info From Zelda's Producer Schreier氏はE3の任天堂ブースで通訳を交えて青沼氏にインタビューを行ったそうです。 ゲームボーイ版を手に入れるのは、最近は少し難しいです。 なので、私はしばらくの間、このゲームをリメイクすることを望んでいたのです」と語っています。 また、青沼氏はリメイクについて「オリジナルと完全に同じものにしたくありません。 私はいつも新しい要素を取り入れたいのです。 オリジナル版をプレイしたことのある人でも、リメイク版をプレイすることが新鮮な体験になってほしいのです」と語り、ただリメイクするだけではなくオリジナル版のファンも楽しめるような新要素を入れることを信条としていることを明かしています。 さらに、「ユーザーが自分で何かをゲーム内でアレンジすることができるようなものを組み込むというアイデアについても、個別に議論がありました。 私も何が出来るかを考えて、ダンジョンのアイデアを思いつきました。 ダンジョンをアレンジすることを考えたとき、完全に自分で一からダンジョンを作成するのは少し難しいように感じたので、『プレイヤーがアレンジ出来る簡単な方法は何か?』について考えて、パズルのようにダンジョンを組み立てる というアイデアを思いつきました」と語り、ゲーム内で入手したパズルを組み合わせてダンジョンを作り上げる「パネルダンジョン」誕生についても明かしています。 また、パネルダンジョンが好評な場合は「ゼルダメーカー」のようなものが登場する可能性があるかどうかを問われた際には、「未来を予測することは出来ませんが、ダンジョンを配置するという考えが大好きな人のために、今後もそのアイデアを頭に入れておきます」と語っています。 これを受ける形でSchreier氏は「続編ではどのような新しいイノベーションに取り組んでいるのですか?」と質問。 青沼氏は笑いながら「わかりません」と回答。 続けて、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドから学んだことの1つは、複数の解き方を持つダンジョンを作成することに集中したことで、素晴らしいタイトルが完成したということです。 それこそが我々が磨き上げ、今後のインスピレーションのために使用したいと考える1つのアイデアです」と述べました。 また、続編の制作を決めた理由について、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドのDLC ダウンロードコンテンツ をリリースした際、同じ世界により多くの要素を追加するための最適な方法がDLCであることがわかりました。 しかし、技術的なことでいえば、DLCはデータです。 既存のタイトルにデータを追加しているわけです。 そのため、大きな変更を加えたいときは、DLCだけでは不十分となってしまいます。 そのため、続編を制作することが適切だと考えたわけです」と青沼氏は語っています。 また、続編がもともとDLCとして計画されていたものなのかという質問については、青沼氏は「当初はDLCのアイデアしか考えていませんでしたが、たくさんのアイデアがありました。 そのため、『あまりにもたくさんのアイデアがあるから新しいゲームを1つ作って最初からやり直そう』となったわけです」と語りました。

次の