沖矢昴 夢小説。 ドリーム小説サイト(11位⇒15位)

TINAMI

沖矢昴 夢小説

「あの…、どちら様ですか…?」 病院のベッドに横たわる女が困惑した声を出せば、その場にいた者は驚愕に目を見開いた。 「一之瀬さんっ、私達のこと分からないの?」 ベッドに歩みより、見舞いに来た女が言う。 その傍らには同い年の女と小学生くらいの男児。 どちらも驚きを隠せてはいない。 「…記憶喪失…?」 男児の小さな呟きが、静かな病室に溶けていった。 「じゃあ昴さんがあのお姉ちゃんを見つけたの?」 「はい。 スーパーの帰りに、近道のつもりで通った公園で彼女が倒れていたんです」 病室の外にあるベンチに座った男児ー江戸川コナンーの言葉に、男ー沖矢昴ーが答えると、沖矢の隣にいた刑事が言葉を続けた。 「しかも、誰かに狙撃されたらしいんだ。 幸いにも腕を掠めただけで済んだんだけど、倒れた時に頭を強く打ってしまったらしい」 「狙撃…」 コナンは年不相応な表情で呟く。 その目がちらと沖矢に向けられた。 「まさか蘭さん達と同級生とは思いませんでしたが、お陰で身元がすぐに分かって良かったですね。 ご両親にも連絡が…」 沖矢が最後まで話す前に、慌ただしくこちらへ向かってくる足音が聞こえて、コナン達はそちらへ目を向けた。 「目暮警部。 お疲れ様です!」 刑事ー高木ーが居住まいを正して、やって来た警部を迎える。 「一之瀬さんは…?」 「先程目を覚まされて、今は毛利さんの娘さん達と話を。 ご家族に連絡は…?」 一向に病院へやって来ない彼女の両親に高木が眉を顰めると、目暮と呼ばれた警部は硬い表情でこう言った。 「一之瀬夫妻が銃殺された」 「夫妻は銃殺、娘は狙撃。 一之瀬の家に恨みでもあったのか…?」 説明のために病室へ入って行った刑事達を見送ると、コナンが考え込むように腕を組む。 「……智香の両親は組織の人間だった」 ぽつりと、沖矢が言葉を紡ぐ。 「なっ…!?アンタ、一之瀬の事知ってんのか!?」 「古い付き合いだ」 病室の方へ視線を向け、沖矢は普段殆ど見る事の出来ない目を僅かに見せた。 「組織に、生きている事が知られてしまったのか…」 「おい、このままじゃ一之瀬はまたっ…」 「坊や、頼みがある」 沖矢の視線がコナンに向かい、1つの提案が投げかけられた。 「さあ、どうぞ。 と言っても、僕もここに住まわせて頂いている身なんですが」 柔らかく笑って智香を工藤邸に案内する沖矢。 「新一兄ちゃん達にも許可はもらってるから平気だよ」 勝手知ったる何とやらで、早々に靴を脱ぎ、リビングへ足を運ぶコナン。 沖矢は困惑する智香を急かす事なく、靴を脱いだ彼女に優しく手を差し出してエスコートする。 「今は不安しか無いと思いますが、大丈夫。 僕や刑事さん達が貴女を護りますよ」 人受けのする笑顔の下で、沖矢の瞳が強い闘志にギラついていた。 何があっても、俺がお前を守る.

次の

#2 赤井秀一/沖矢昴【夢小説】

沖矢昴 夢小説

「あの…、どちら様ですか…?」 病院のベッドに横たわる女が困惑した声を出せば、その場にいた者は驚愕に目を見開いた。 「一之瀬さんっ、私達のこと分からないの?」 ベッドに歩みより、見舞いに来た女が言う。 その傍らには同い年の女と小学生くらいの男児。 どちらも驚きを隠せてはいない。 「…記憶喪失…?」 男児の小さな呟きが、静かな病室に溶けていった。 「じゃあ昴さんがあのお姉ちゃんを見つけたの?」 「はい。 スーパーの帰りに、近道のつもりで通った公園で彼女が倒れていたんです」 病室の外にあるベンチに座った男児ー江戸川コナンーの言葉に、男ー沖矢昴ーが答えると、沖矢の隣にいた刑事が言葉を続けた。 「しかも、誰かに狙撃されたらしいんだ。 幸いにも腕を掠めただけで済んだんだけど、倒れた時に頭を強く打ってしまったらしい」 「狙撃…」 コナンは年不相応な表情で呟く。 その目がちらと沖矢に向けられた。 「まさか蘭さん達と同級生とは思いませんでしたが、お陰で身元がすぐに分かって良かったですね。 ご両親にも連絡が…」 沖矢が最後まで話す前に、慌ただしくこちらへ向かってくる足音が聞こえて、コナン達はそちらへ目を向けた。 「目暮警部。 お疲れ様です!」 刑事ー高木ーが居住まいを正して、やって来た警部を迎える。 「一之瀬さんは…?」 「先程目を覚まされて、今は毛利さんの娘さん達と話を。 ご家族に連絡は…?」 一向に病院へやって来ない彼女の両親に高木が眉を顰めると、目暮と呼ばれた警部は硬い表情でこう言った。 「一之瀬夫妻が銃殺された」 「夫妻は銃殺、娘は狙撃。 一之瀬の家に恨みでもあったのか…?」 説明のために病室へ入って行った刑事達を見送ると、コナンが考え込むように腕を組む。 「……智香の両親は組織の人間だった」 ぽつりと、沖矢が言葉を紡ぐ。 「なっ…!?アンタ、一之瀬の事知ってんのか!?」 「古い付き合いだ」 病室の方へ視線を向け、沖矢は普段殆ど見る事の出来ない目を僅かに見せた。 「組織に、生きている事が知られてしまったのか…」 「おい、このままじゃ一之瀬はまたっ…」 「坊や、頼みがある」 沖矢の視線がコナンに向かい、1つの提案が投げかけられた。 「さあ、どうぞ。 と言っても、僕もここに住まわせて頂いている身なんですが」 柔らかく笑って智香を工藤邸に案内する沖矢。 「新一兄ちゃん達にも許可はもらってるから平気だよ」 勝手知ったる何とやらで、早々に靴を脱ぎ、リビングへ足を運ぶコナン。 沖矢は困惑する智香を急かす事なく、靴を脱いだ彼女に優しく手を差し出してエスコートする。 「今は不安しか無いと思いますが、大丈夫。 僕や刑事さん達が貴女を護りますよ」 人受けのする笑顔の下で、沖矢の瞳が強い闘志にギラついていた。 何があっても、俺がお前を守る.

次の

TINAMI

沖矢昴 夢小説

「そんな無粋な真似は出来ませんよ…」 CV: 概要 東都大学工学部博士課程に籍を置く27歳。 の服装を好み、酒はを愛飲。 好きな色はだが、同時に嫌いな色でもある。 関連本を全巻揃えていたほどので、卓越した推理力を誇る。 としての腕前も超一流であり、劇場版第18作『』では、終盤で重要な役回りを演じた。 たちと出会う前は「木馬荘」というに住んでおり、大家の息子からは毎朝水まきをする姿ととを引っかけて「 赤い人」と呼ばれていた。 この事件で木馬荘が全焼したため、解決後はコナンの計らいにより邸に居候している。 と何らかの関わりがある雰囲気を醸し出しているらしく、からは警戒されていた。 実際、監視やなどを通して隣家の彼女やの動向を探っていた様子。 しかし、殺人犯に人質にされたを咄嗟の機転で救ったり 『魚が消える一角岩』 、阿笠邸の様子から危機的状況を察知して助けに来たり 『緊急事態252』 するなど、結果的に哀を中心とした人々の身を守る行動が多い。 更に『赤く揺れる照準』では、 黒の組織に敵意を抱いていると取れる言動もあり、どのような立場なのかは曖昧にされていた。 『』の件で密かにコナンたちを窮地から救ったのを機に、コナンから正式に 味方であることが語られた。 (実際はそれ以前にも、コナンは哀に「あの人 =沖矢 は大丈夫だよ」と発言している) コナンとは彼の素性を知っている様子だが、正体の詳細については『』まで明かされなかった(正体を示唆する描写はそれ以前にもいくつかのエピソードでなされていたが)。 名前の由来は、『』に登場するの本名であるから。 アパートの名前も、の側の呼び方『 木馬』からと思われる 正体 彼の真の正体は、先述の描写が暗示していたように、 したとされていた捜査官の本人である。 自らの死を偽装して姿を隠していたのは、「組織がことに赤井を始末させようとしている」と推理したコナンから、秘密裏に忠告されたためである 怜奈本人も同様のアドバイスを受け、偽装工作に協力していた。 偽装工作以降はに移り住み、その後の経緯は先述の通りである。 声はで変えており、ハイネックを着ているのもそれを隠すため。 『漆黒の特急』での一件以降、赤井の死に疑問を抱くことからの追跡を知ったため、『』にてやに久々に素顔で接触し上記の経緯を全て明かした。 偽装工作と潜伏生活の協力者であったコナンと優作・有希子、阿笠、そしてと怜奈は予てより真実を知っていた。 安室も「沖矢=赤井」と推察しているものの、コナンの作戦によって確認までには至っていない。 現在は基本的に沖矢の姿で生活しているが、万一の時には変装を解き素の姿で相手と対峙する。 余談 普段は目を細めているが、正体が明かされてからは片目を見開く場面が見られるようになった。 また時々変声機のスイッチを切って元の声で会話したり、コナンと同様、背後に赤井の姿がイメージとして浮かび上がったりすることがある。 一部の読者からは、元ネタとなった「赤井が姿と名前を借りている『本物の』沖矢昴が存在しているのではないか? 」と推測もされている。 関連イラスト.

次の