サミュエル エリクソン。 蹴りが速すぎる格闘家。 瞬発力抜群の筋肉は必見!!

2019年 9月開演 入場料1000円コンサート情報

サミュエル エリクソン

女性形は(Samantha)。 英語での愛称は。 東欧圏のに対応する。 - ポーランドの数学者。 - アメリカ合衆国の歌手。 - アメリカ合衆国の財務長官。 - アメリカ合衆国の関税局長官。 - イギリスのオルガニスト、作曲家。 - イギリスの画家。 - イギリスのオルガニスト、作曲家。 - カメルーンのサッカー選手。 - ガーナのサッカー選手。 - ブラジルのサッカー選手(所属)。 - イギリスの貿易商。 - アメリカ合衆国の政治活動家。 - アメリカ合衆国の政治家。 - 日本のバスケットボール選手。 - アメリカ合衆国のピアニスト。 - ドイツの作曲家。 - アメリカ合衆国の俳優。 - スイスの政治家。 - イギリスの文学者。 - イギリスの作家。 () - イタリアのサッカー選手。 - カナダのバスケットボール選手。 - リベリアの元大統領。 - アメリカ合衆国の作曲家。 - アメリカ独立戦争期の政治家。 - アメリカ合衆国の政治家。 - アメリカ合衆国の政治学者。 - イギリスの官僚。 - アメリカ合衆国の政治家。 - ドイツの美術品収集家。 - イギリスの恐竜化石収集家。 - イギリスの海賊。 - 香港の俳優・歌手。 - アメリカ合衆国の実業家。 - モールス信号考案者。 - イギリスの銀行家。 - イギリスの小説家。 - シエラレオネの政治家。 - の、、。 - イギリスの政治家。 - アルゼンチンのサッカー選手。 サミュエル - 日本のロックユニット• サミュエル・アイザックス - 映画『』『』の登場人物。 を参照。

次の

スティーヴ・エリクソン

サミュエル エリクソン

来歴 [ ] において、優勝、世界大会で入賞等の実績を残す。 レスリング時代にはに勝利した事もある。 トップクラスのレスリング選手で構成されるrAwチームから総合格闘技に参戦した。 6月15日、で開催されたBrazil Open '97トーナメントに出場、決勝でと対戦し、KO勝ちを収め優勝。 1997年10月11日、で開催された「THE CONTENDERS」(組み技限定の格闘技イベント)でと対戦し、体重差とレスリングでの経験を活かし終始ポジショニングで優位に立ちで判定勝ち。 1997年11月29日、で初来日。 エド・デ・クライフと対戦し、TKO勝ち。 10月31日、でと対戦し、で一本負け。 3月27日、でと対戦し、KO負け。 2004年6月6日、K-1でと対戦し、55秒でKO勝ち。 5月20日、でと対戦し、スリーパーホールドで一本負け。 人物・エピソード [ ]• と親交が深く、お互いにセコンドに付く仲であった。 引退後は長らく会って居なかったが、の会場で観客として久しく再会した。 を始めとするやなど当時ののトップファイター達も対戦を見送ったと言う。 対戦相手の拒否やマッチメイクの難航で余りにもMMAでの試合が組まれない為、団体であると契約を交わした。 レスリング出身で打撃系格闘技経験が無いにも関わらず、等の強豪と対戦し黒星を楔したものの、エリクソン自身はカードを組んだに感謝していたと言う。 に出場予定であったが、が横槍を入れ、出場できなくなったとの噂があるがコールマンとは和解している。 同じレスリング出身のは「あの体格は反則だ…」と発言しておりも「エリクソンとやったら兄も危ない」と発言し、はをめぐり「彼を倒せるのはエリクソンだ」と太鼓判を押している。 で対戦したは試合後のインタビューで「完全に極まっていなかったのにタップした」と発言している。 主な弟子にレスリング時代にはチャンピオンの、総合格闘技ではがいる。 Brazil Open '97 優勝(1997年) 脚注 [ ].

次の

Samuel Ericsson

サミュエル エリクソン

スティーヴ・エリクソン(Steve Erickson、 - )は、出身の。 にての父と元の母のもとで育ち、・にの映画論とジャーナリズム論を修了。 72年には賞部門賞を受賞。 しばらくのライターとして活動した後、に『彷徨う日々』でデビュー。 現在、で創作を教え、編集長も兼任している。 の影響も感じさせる文体を持つ「幻視の作家」として知られ、その作風は縦横無尽に展開される想像力による幻想的な光景の描写、歴史の再構築、的なイメージの提示などによって特徴付けられる(に分類されることもある)。 特に、の起草者とその(愛人だったという説もある)のとの愛と葛藤とを軸に、時代と場所を越えて物語を繰り広げる長篇『Xのアーチ』は、をして「独立宣言以降のアメリカのいかなる文章にも増して大胆で、クレイジーで、パッションに満ちている」と絶賛せしめた。 著書 [ ]• 『彷徨う日々』 1985 Days Between Station 越川芳明訳、筑摩書房 1997• 『ルビコン・ビーチ』 1986 Rubicon Beach 島田雅彦訳、筑摩書房 1992• 『黒い時計の旅』 1989 Tours of the Black Clock 柴田元幸訳、福武書店 1990 のち文庫、白水Uブックス• 『リープ・イヤー』 1989 Leap Year () 谷口真理訳、筑摩書房 1995• 『Xのアーチ』 1993 Arc d'X 柴田元幸訳、集英社 1996 、のち文庫• 『アムニジアスコープ』 1996 Amnesiascope 柴田元幸訳、集英社 2005• 『American Nomad』 1997 (ノンフィクション)• 『真夜中に海がやってきた』 1999 The Sea Came in at Midnight 越川芳明訳、筑摩書房 2001• 『エクスタシーの湖』 2005 Our Ecstatic Days 越川芳明訳、筑摩書房 2009• 『ゼロヴィル』 2007 Zeroville 柴田元幸訳、白水社 2016• 『きみを夢みて』 2012 These Dreams Of You 越川芳明訳、ちくま文庫 2015 外部リンク [ ]• この項目は、(・・・・・・・・・・・)に関連した です。

次の