認印 とは。 実印と認印の違い!同じ印鑑でも良いの?徹底調査!

印鑑について教えてください。

認印 とは

認印と三文判の関係 認印と三文判の違いをご説明するにあたって、まずは 認印の定義から確認していきたいと思います。 認印とは 認印とは、登録をしていない印鑑を指します。 宅配便の受領サインや申込書など、日常的に押印している印鑑は、基本的に認印。 認印には、印章店で字体 書体 や名前の文字の入れ方、印材などにこだわって作成した印鑑を使う方や、「 シャチハタ」もしくは「 三文判」を使う方など、人によって様々です。 それではここで、シャチハタと三文判という言葉の意味をそれぞれ解説していきましょう。 シャチハタとは シャチハタとは、印面の素材がゴムでできているスタンプ式のハンコ。 朱肉を使わずに捺印できるため便利で、認印として使われることも多いです。 ただし、印面のゴムが劣化しやすく、印影が変形してしまう可能性があることから、 認印にシャチハタを使用できないこともあります。 三文判とは 三文判とは、大量生産されている既製品の印鑑のこと。 100円ショップや文房具店で販売されている、出来合いの安価な印鑑が三文判です。 三文判は、認印としてはもちろん、実印や銀行印として使用することも可能。 登録すれば実印や銀行印になり、登録しなければ認印になる印鑑なのです。 ここで、「認印」「三文判」以外に「 実印」や「 銀行印」という言葉が出てきました。 そこで、実印と銀行印について、次の項目で簡単にご紹介しておきたいと思います。 実印・銀行印との違い それでは、実印と銀行印についてご紹介しながら、認印・三文判との違いを確認していきましょう。 実印とは 実印は、ローンの申し込みなど重要な契約で必要になる印鑑。 認印とは違い、 実印は市区町村での登録が必要です。 実印として登録できる印鑑には市区町村ごとに素材やサイズなどの規定があり、基本的に、シャチハタは実印として登録できません。 一方、三文判での実印登録は認められることも多いですが、実印は大事な場面で使用する印鑑ということもあり、三文判ではなく、実印用の印鑑を作成することが一般的です。 銀行印とは 銀行印も、認印とは違い、 金融機関で口座を開設する際に登録する印鑑。 銀行印と通帳があれば窓口で口座からお金を引き出すことができるため、資産を管理する大事な印鑑です。 三文判を実印や銀行印として使用する危険性 繰り返しになりますが、 三文判を実印や銀行印として登録することは、法律上は可能。 ただし、価格が安いからと言って、 全ての印鑑を三文判で済ませることはおすすめできません。 これは何故かと言うと、 三文判は同じ印影が出回っていて、簡単に悪用できてしまうためです。 実印や銀行印は、大きな契約や財産を管理する場面で本人の証明となる印鑑。 このように大切な実印や銀行印を三文判で登録してしまうと、同じ印影が簡単に手に入ることで、架空契約などにも繋がりかねません。 そのため、三文判は「すぐに印鑑が必要で時間がない時の応急処置として、とりあえず安い値段で購入できる印鑑」として覚えておくと良いでしょう。 やむを得ず三文判を実印や銀行印として登録した場合は、後に店舗やネット印鑑通販サイトで、実印や銀行印用の印鑑を改めて注文し、時間がある時に登録を変更することをおすすめします。 また、紛失した場合のリスクも考えて、 実印・銀行印・認印にはそれぞれ別の印鑑を用意し、用途別に使い分けましょう。 100均の安いはんこでも大丈夫? ここまでの説明から「三文判を実印や銀行印として使用しない方が良いことは分かったけど、認印なら三文判でも大丈夫ってことだよね?」と思われている方も多いのではないでしょうか。 確かに、認印は登録が必要がないため規定はなく、100均などで購入した格安の三文判を使っても問題はありません。 ただし、 状況によっては、三文判ではなく認印用の印鑑を作成した方が良い場合があるということも頭に入れておきましょう。 例えば、名前がカタカナだったり、珍しい読み方の場合、 三文判にはご自身の名前がないという方もいらっしゃるかもしれません。 その場合は、専門店で自分の名前の入った認印を作成する必要があります。 また、認印は、社内外の書類や取引先などで捺印するなど、ビジネスの公的な場面でも使用する印鑑。 この場合、 認印は、自身のステータスとして見られることもあるのです。 そのため、日常的に三文判を使っている方も、ご自身の社会的な立場や認印を使用する場面に応じて、必要であれば、三文判とは別に認印を作成し、使い分けることをおすすめします。 三文判は基本的にプラスチックでできていますが、専門店で認印を作成する場合は、伝統的な水牛や宝石でできた素材など、豊富な印材から好きなものを選べるようにもなっているので、ぜひお気に入りの1本を作成してみてください。 以上を参考に、用途に合わせて認印・三文判を上手に活用していただければ幸いです。

次の

認印とは?実印や銀行印、シャチハタとの違い|ハンコヤドットコム

認印 とは

このページの目次• 認印と各種会社印の違い 認印とは? 認印とは、 会社の実印ではない印鑑すべてのことを指します。 認印の用途は、宅急便や書留の受け取りなど、会社において日常頻繁に使用します。 盗難、紛失を防ぐためにも、銀行印などとの併用は絶対にNGです。 そして、認印とはいえ、会社で印鑑を押すということは、意思表示をする重要なことですので、オリジナルの印鑑を作成すると良いでしょう。 認印は、特に決まりがないので、自由に選ぶことができます。 作成のポイントは後ほど紹介します。 認印と社判との違い 社判とは、会社で使用する印鑑全般のことを言います。 つまり、法人設立時に法務局に登録する、会社にとって最も重要な印鑑である実印も含めた言葉です。 認印は、 この実印以外の会社印鑑のことを指していますので、間違えないように気をつけましょう。 認印と角印・丸印の違い 会社の場合、角印を「認印」として使用すること自体は全く問題ありません。 ただし、角印は、請求書や見積書などの重要書類にも使われる印鑑ですので、管理者の承認を得て押す場合がほとんどです。 一般社員も押印することを考えると、 角印と日常的に使用する認印は別の印鑑にしておく方が無難です。 対して「丸印」は、会社実印や代表社員、銀行印として使われますので、認印として使用することはありません。 自由度が高い認印!作成するポイントは? 認印に向いている書体とは? 角印、丸印、認印、それぞれ用途が異なるからこそ、その目的に合った書体選びをしていきましょう。 認印の場合は、 読みやすい書体を選ぶことがポイントです。 重要書類のための認印(角印) 会社の認印として、見積書、契約書、請求書などに使う場合は角印を使用します。 角印は、会社設立時に重要な実印(丸印)、銀行印と3点セットで印材を揃えておくと、より重要な印鑑として、会社内で認識しやすいかもしれません。 対外的にも見られる印鑑ですので、 象牙や黒水牛など、重厚感や信頼感を演出できる印材がオススメです。 日常的に使用する認印 会社内で、宅急便の受け取りなどに使用する認印は、日常頻繁に使用する印鑑ですので、角印とは別の印鑑を作ります。 チタンや木材系など、丈夫かつ使いやすさを重視しましょう。 営業職の認印 営業職の方が持つ認印として、近年人気な印材はチタンです。 メンテナンスも不要で、見た目もスタイリッシュかつ重厚感もあるところが人気の理由のようです。 認印にオススメのサイズは? 認印のサイズは、特に決まりがありません。 しかしながら、 実印や銀行印よりも小さく作ることが一般的とされています。 一般的なサイズは、直径10. 5~12mm、長さ60mmです。 さらに、マナーとして、上役の方が大きな印鑑を使うケースが多いため、立場や役割も考えて作ることをオススメします。 高品質・低価格な印鑑業者6選 1. はんこプレミアム 出典元:はんこプレミアム公式HP 「」は業界随一の低価格を実現し、 「印鑑を安く作りたい!」と考えている方におすすめの印鑑業者です。 年間に数万本の印鑑を熟練の職人が手彫りで作成し、出荷しているため信頼性は高いです。 さらに、10年間の保証書もついてくるので、万が一の対応もばっちり。 実印は最安値2,000円代から売っており、会社実印・銀行印・角印の三本セットは最安値8,000円から売っています。 この安さの理由は「 広告宣伝を一切していない」ことにあります。 広告費にお金をかけないことで、低価格の商品を提供することが可能になっているのです。 印鑑を安く購入したい方は、はんこプレミアムで購入することをおすすめします!.

次の

認印・印鑑プレビュー

認印 とは

認印と銀行印。 役割が違うのできちんと使い分けることが大切です。 シャチハタ印、三文判、認印は同じもの?違うもの? 【認印】:日常生活で一般的な書類や軽微な契約書(実印を押すほどでもない契約)、お役所の申請書などに押す印鑑。 ちなみに、「軽微でない、重要な契約書(普通自動車を購入する、ローンを組む、不動産を売買するなどのレベル)」では、認印ではなく 実印が必要です。 また、金融機関に口座を開設するなら、 銀行印を届け出て金銭・財産を管理する役割を果たします。 【三文判】:三文=安く手軽に買える、という意味で、安価な大量生産の印鑑を指します。 【シヤチハタ印】:朱肉を使わず押せるスタンプ式の浸透印をシヤチハタ印と呼びます。 三文判やシャチハタ印などで手軽に済ませることも多いかもしれませんが、書類の確認・承認印として使ったり、軽微な契約書への捺印の場合は、書類や契約の 内容を「承認した」という証のしるし、ですので、軽く扱わないようにしましょう。 仕事印として使用したり家庭での契約など一般事務に関わる捺印に使用する際は、 確かな認印を用意しておくとより安心だと言えますね。 朱肉を使って押す印鑑を。 宅配の荷物の受け取りや回覧板の閲覧印などなら、手軽なシヤチハタ印がむしろ手軽に簡単に押せて便利ですが、書類や契約で使う認印・仕事印として、信頼のおける認印を一本あつらえておきましょう。 契約書や申請書、申込書などの書類に押印する印鑑と、宅配の受け取り印や回覧板に押す印鑑が同じものというのも、ちょっと心配ですよね。 認印も、使用用途に合わせて使い分けすることが大切。 手に取る機会も多いことですし、せっかくですから自分の好みの良い印材で作ってみませんか? お気に入りの一本で、自分自身のやる気もアップ!!周囲からの評価も「おっ!出来るな!!」と上がりますよ。 身近に使うものにこだわることで、生活やお仕事も円滑に進むものですものね。 幸運を招く神秘のラピスラズリは、厄除けのパワーも備えたストーンです。 案外、印鑑をぞんざいに扱われていたり三文判で済まされている人も多いようですが、人前で押印することが多い認印ですので、こんな素敵な印鑑なら押印する時も自信が持てそうですね。 「卒業記念に貰った印鑑をなんとな~くそのまま使い続けています。。。 」という方も、結構多いそうですよ。 何かのきっかけや機会の際に、認印を新調しませんか? 実際に、 をお使いのお客様から 『印鑑をケースから出して手に取ると、「なにそれ!?これが印鑑なんですか??素敵ですね~~。 」と言われることが多いんですよ。 』とのをいただいたことも。 ファッションや文房具にこだわりを持つように、印鑑だってこだわってあつらえてみませんか? 自分の名に想いを込めて 小林大伸堂の印鑑の文字は、縁起の良い印相体(吉相体とも呼ばれる書体です。 )を用い、画数を拝見して作成いたします。 例えば、「就職して社会人一年生。 これから仕事を頑張るぞ!」「家族が健康で仲良くすごせますように」「幸せな結婚生活を末永く」「心機一転、新たな人生に向けて」・・・。 そんなご自身のこれからの人生に向けての願いや決意や想いを、印鑑に彫刻する文字に込めて。 成功運や愛情運、「八方位(はちほうい)」と呼ばれる8つの運気は それぞれの方向へと伸びるように文字を彫刻してお仕立てします。 自分だけの特別な認印を一本持つことで、自分らしさを表現してみませんか? ケースにもこだわりを。 お祝いにどんな印鑑を贈ると良いだろう?気持ちを伝えられるギフトを贈りたいのだけれど。。。 そんな場合は、まずお気軽にご相談下さい。 お贈りになるシーンやお相手の性別・ご年齢などからアドバイスさせていただきます。 印鑑作成 のご相談うけたまわっております お電話(0778-51-0628)やFAX(0778-53-1133)、メール: などでもうけたまわっておりますのでお気軽にお問合せください。 人生や幸せな日々の「あと押し」となる、そんなかけがえのない あなたのための「しるし」となりますよう お手伝いいたします。 シヤチハタのおまけのおはなし。 ちなみに。。。 「シャチハタ」と読みますが、正式名称は「シヤチハタ」と、ヤは大きなヤ、で表記するのが正しいのだそうです。 ご存じでしたか? 手軽に持ち運べてすぐ捺印できるシヤチハタ印は、確認印や荷物の受け取り印などで活躍してくれる便利な印鑑なのですね。

次の