尼崎競艇 特徴。 ボートレース琵琶湖競艇場攻略!特徴や傾向まとめ

尼崎競艇場の特徴を見抜いた稼げる方法とは?

尼崎競艇 特徴

尼崎競艇場の特徴 尼崎競艇場は風の影響が出やすく、 これがインコースとアウトコースの勝率に影響しています。 また、センターポールを中心に2マークと1マークが真っすぐな一直線となっていることから、1マーク周辺が広いのも特徴的。 こういった構造上、スタート時にインコースの艇がスタンド側へ寄る必要もないため、 選手からは余裕があって走りやすいと好評のようです。 ちなみに、他の競艇場が1マークをスタンド側へ寄せているのは、 インコースの強い優位性の緩和を目的としてワザと不利な要素を作っているからなんですよ。 水面の特徴 尼崎競艇場の競争水面は淡水の人工プールとなっていることから硬さがあり、 モーターの機力差が出やすいと言われています。 また、プールのため干満差による影響はなく、風の影響がなければ静水面で走り易いの特徴。 どの艇も1マークを全速で攻めていくスピード戦が多くなるため、選手たちの攻防は見応えがあると思います。 風の影響 尼崎競艇場は季節的に吹く風に特徴があり、夏は「甲子園の浜風」、冬には「六甲おろし」と呼ばれる強いホーム側向かい風となる日が多くなることから、スロー勢よりもダッシュ勢に有利となり、マクリやマクリ差しが決まりやすくなります。 また、 会場の作りがこの風を吹き流す構造となっていないのも特徴の1つ。 この逃げ切れない風の影響で2マーク周辺の水面にうねりを発生させ、ターンを難しくしています。 このため、2マーク旋回時に順位が入れ替わることもあり、勝負がもつれるといったこともあるようですね。 しかし、風の影響がない場合にはインコースに強い水面であることから、 舟券の予想には風向きや風速のチェックが必須と言えるでしょう。 予想ポイントまとめ 尼崎競艇場の競争水面の作りが、 インコースの勝率の高さに繋がっていると考えられます。 1コースの勝率は高いため、舟券の予想にはハズせませんね。 しかし、インコースに不利とされる向かい風が多い季節もハッキリしていることから、風についての情報もしっかりと取り入れておくべきでしょう。 開催日程 尼崎競艇場のレース開催日程は、公式HPのTOPページから見ることができます。 予想・オッズ情報 尼崎競艇場のレース予想やオッズ情報は、こちらから見ることができます。 ライブ動画・リプレイ&レース結果 尼崎競艇場のリプレイ、レース結果はこちらから見ることができます。 尼崎競艇場のランチ口コミ情報.

次の

13#ボートレース尼崎(尼崎競艇場)の水面特徴、攻略情報

尼崎競艇 特徴

桐生競艇場(群馬県みどり市) 桐生競艇場はピットから小回りブイまでの距離が長いことから、 ピット離れが悪いとコース取りが不利になるといった特徴があります。 また、冬~春にかけて赤城おろしと呼ばれるクセのある風が吹くため、この季節は桐生競艇場をホームプールにしている選手が有利と言われています。 こういった走り難さからインコースの勝率は低く、 センターの勢の強さが目立つといった特徴があります。 また、1コースの勝率が下から数えた方が早いというほど低く、舟券の組み立てが難しいでしょう。 バックストレッチ側での斜行が禁止されていることから勝負が付きにくいといった特徴もあり、時にはゴールまで勝負がわからないこともあるんです。 差しが少なくマクリが多い競艇場で、全足ターンからの逃げかマクリか・・・といったレース展開が多いです。 また、レースでは風の影響が大きく、インコースとアウトコースの優位性がハッキリすることもあります。 また、レースはすべてナイター競走のため、ナイター経験者が有利といった特徴もあり。 また、海水を利用した競走水面ではあるものの、水門のおかげで干満差の影響が少ないという特徴があります。 1コースの優位性が低く軸にするのは難しいですが、高配当狙いに向いた競艇場と言えます。 また、1日の間に追い風と向かい風が変わる特徴もあり、舟券の予想は難しめの競艇場です。 また、住之江競艇場では唯一、ライナー調整という特殊な調整が行われているんですよ。 また、全国の競艇場の中で唯一、センターポールに対して1マークと2マークが一直線といったコースになっています。 1マーク進入部分のコースの狭さがインコースに対して不利に見えますが、勝率を見ると大した影響はないようです。 となると1コースの勝率が低いと思うかもしれませんが、水質が海水で向かい風が常にアウトコースに有利に働くわけではないため、軸としても安心できるレベルですよ。 基本的に1コースを軸に舟券を組み立てていけますが、海水を利用していることから干満差の影響によってはセンターから考えるのもアリです。 また、時間帯で風向きが変わるため、干満差を合わせてスタート勘が掴みずらいと言われています。 特に1コースの勝率は高く、2コースの連対率の高さから荒れる事が少ない傾向にあります。 また、風の影響によりスタートが難しくなるといった特徴があるため、風速などのチェックが必要です。 インコースに有利な追い風も、 風速が強すぎると逆にマイナスの影響を受けてしまいます。 また、サンライズレースを開催しており、1コース艇に階級の高い選手が置かれるのも高い勝率に影響していると考えられますね。 1コースだけの勝率を見るとインが弱い印象を受けますが、その分2コースや3コースの勝率が高いため、スロー勢全体の勝率が高いといった特徴があります。 インコースの優位性の変化は風の影響が考えられるため、追い風か向かい風かで判断するといいでしょう。 また、風の影響や独特のうねりといったクセがあることから、大村競艇場をホームプールとする選手が有利と考えられます。 数値に惑わされず選手や階級といった部分にも注目して、他のイン艇の情報も取り入れるようにしましょう。 勝率が高くても1コースに新人選手、2コースにベテラン選手といった構成になると結果が変わってくる可能性がありますよ。

次の

尼崎競艇場のレース日程や特徴や攻略ポイント、最寄りのATMまでも徹底検証! | 悪徳競艇予想サイト調査局

尼崎競艇 特徴

桐生競艇場(群馬県みどり市) 桐生競艇場はピットから小回りブイまでの距離が長いことから、 ピット離れが悪いとコース取りが不利になるといった特徴があります。 また、冬~春にかけて赤城おろしと呼ばれるクセのある風が吹くため、この季節は桐生競艇場をホームプールにしている選手が有利と言われています。 こういった走り難さからインコースの勝率は低く、 センターの勢の強さが目立つといった特徴があります。 また、1コースの勝率が下から数えた方が早いというほど低く、舟券の組み立てが難しいでしょう。 バックストレッチ側での斜行が禁止されていることから勝負が付きにくいといった特徴もあり、時にはゴールまで勝負がわからないこともあるんです。 差しが少なくマクリが多い競艇場で、全足ターンからの逃げかマクリか・・・といったレース展開が多いです。 また、レースでは風の影響が大きく、インコースとアウトコースの優位性がハッキリすることもあります。 また、レースはすべてナイター競走のため、ナイター経験者が有利といった特徴もあり。 また、海水を利用した競走水面ではあるものの、水門のおかげで干満差の影響が少ないという特徴があります。 1コースの優位性が低く軸にするのは難しいですが、高配当狙いに向いた競艇場と言えます。 また、1日の間に追い風と向かい風が変わる特徴もあり、舟券の予想は難しめの競艇場です。 また、住之江競艇場では唯一、ライナー調整という特殊な調整が行われているんですよ。 また、全国の競艇場の中で唯一、センターポールに対して1マークと2マークが一直線といったコースになっています。 1マーク進入部分のコースの狭さがインコースに対して不利に見えますが、勝率を見ると大した影響はないようです。 となると1コースの勝率が低いと思うかもしれませんが、水質が海水で向かい風が常にアウトコースに有利に働くわけではないため、軸としても安心できるレベルですよ。 基本的に1コースを軸に舟券を組み立てていけますが、海水を利用していることから干満差の影響によってはセンターから考えるのもアリです。 また、時間帯で風向きが変わるため、干満差を合わせてスタート勘が掴みずらいと言われています。 特に1コースの勝率は高く、2コースの連対率の高さから荒れる事が少ない傾向にあります。 また、風の影響によりスタートが難しくなるといった特徴があるため、風速などのチェックが必要です。 インコースに有利な追い風も、 風速が強すぎると逆にマイナスの影響を受けてしまいます。 また、サンライズレースを開催しており、1コース艇に階級の高い選手が置かれるのも高い勝率に影響していると考えられますね。 1コースだけの勝率を見るとインが弱い印象を受けますが、その分2コースや3コースの勝率が高いため、スロー勢全体の勝率が高いといった特徴があります。 インコースの優位性の変化は風の影響が考えられるため、追い風か向かい風かで判断するといいでしょう。 また、風の影響や独特のうねりといったクセがあることから、大村競艇場をホームプールとする選手が有利と考えられます。 数値に惑わされず選手や階級といった部分にも注目して、他のイン艇の情報も取り入れるようにしましょう。 勝率が高くても1コースに新人選手、2コースにベテラン選手といった構成になると結果が変わってくる可能性がありますよ。

次の