ハウステンボス アプリ。 愛犬と一緒に長崎「ハウステンボス」を楽しもう♪

ハウステンボスの支払い方法やお得情報(電子マネー・ポイント・クレジットなど)

ハウステンボス アプリ

ハウステンボス(「」より/カイロス) 長崎県佐世保市のテーマパーク「 ハウステンボス」では、幹部クラスを含む1000人を超える従業員がこの8年間で退職し、それによって人命に関わりかねない重大事故が発生していることが、「週刊文春」(文藝春秋/2018年12月20日号)で報じられた。 経営破綻に陥ったものの、2010年に旅行代理店エイチ・アイ・エスに経営譲渡されてV字回復を果たしたことで知られているハウステンボスだが、1000人超の大量退職は尋常ではない。 入場者数も16年度以降は3年連続で前年度比マイナスとなり、集客力にも陰りが見え始めているが、ハウステンボスは、いかなる問題を抱えているのか。 テーマパーク経営の研究者で、東京経営短期大学専門講師の中島恵氏から聞いた。 当時の長崎県知事が、長崎オランダ村を成功させた神近義邦氏に泣きついて、土地を購入してもらい、そこにハウステンボスをつくってもらったんです。 そもそも工業団地用地ですから、集客に適した場所でなく交通の便が悪いということがあります。 博多から特急で2時間弱、長崎から特急で1時間以上かかります。 東京ディズニーランドの場合、1983年の開業時にはJR京葉線が開通しておらず、東京メトロ東西線の浦安駅から無料シャトルバスで送迎していました。 88年に京葉線が開通して、ディズニーランドの真ん前に舞浜駅ができて、一気に大量輸送が可能になりました。 東京駅から快速で13分。 それとの差は歴然としています。 しかも本数が少ない。 舞浜は3~5分おきに電車が来ますが、ハウステンボスは1時間に1、2本です」 外房線・内房線につながるJR京葉線は他の目的地に行く乗客も多いが、ハウステンボス駅のあるJR大村線には他に乗降客の多い駅は見当たらない。 しかし、ハウステンボスを目指す客が多ければ、本数を増やすこともできるはずだ。

次の

ハウステンボス、スマホゲーム参入 リアル園内企画と連動「来園者増につなげる」

ハウステンボス アプリ

ランキング 第1位 ハウステンボス 花とイルミが365日楽しめる 日本一広いテーマパークであるハウステンボス。 152万平方メートルの敷地内にはチューリップやバラ、胡蝶蘭など……1年中、季節の花が咲き誇ります。 夜になると美しいイルミネーションに飾られた幻想的な街並みに変化。 プロジェクションマッピングなど、イリュージョンイベントも多数開催。 こちらも1年365日、素敵な夜景を堪能できます。 ゲーム、音楽ショーなどアトラクション豊富 オランダの町並みを再現したパーク内は、散策したり記念撮影をするだけでも充分に楽しめますが、さまざまなアトラクションも見逃せません。 なつかしのゲームから最新のものまでが揃うゲームミュージアムやVRテーマパーク、スリル満点のレールコースター。 ほかにも広場ステージで毎日繰り広げられるコンサートショーなど園内にあふれる音楽も異国情緒を盛り上げてくれます。 ハウステンボス歌劇団によるレビューショーも、連日立ち見が出るほどの人気ぶりです。 昨日のテレビ見た?長崎のハウステンボスを紹介してたんだけど、すごく広くてまるで本当にオランダに行ったみた... 第2位 九十九島パールシーリゾート 日本一密度の高い島々の間をクルーズ ハウステンボスからは車で約30分。 佐世保市にある九十九島パールシーリゾートは、水族館やヨット、カヤック、クルージングなどで西海国立公園九十九島(くじゅうくしま)を楽しむためのリゾート施設です。 入り組んで点在する群島、九十九島には実際は208個もの島が存在します。 パールシーリゾートでは、その島々の間を船などでゆったりと進み、自然を満喫できるのが魅力。 遊覧船「パールクイーン」「海賊遊覧船みらい」もいいですが、リラクルーズやヨットセーリングなど海面や自然の風を、よりしっかりと感じながらの遊覧も最高です。 無人島上陸&マダイへの餌やり体験も 瀬渡し船で、無人島への上陸ができる体験も行われています(ゴールデンウィーク及び夏休み期間)。 700匹ものマダイへの餌やり体験や、イソギンチャクやカメノテなど潮だまりのいきもの観察、不思議な岩肌が特徴の九十九島での記念撮影などを楽しむことが出来ます。 特にファミリーにオススメです。 【住所】 〒858-0922 長崎県 佐世保市鹿子前町1008• 【定休日】年中無休• 【料金】九十九島遊覧船パールクィーン・大人1,400円、小人700円 ほか• 【公式HP】• 【お問い合わせ番号】0956-28-4187• 【駐車場】あり 30分以上有料(場所によって異なります) 第3位 長崎バイオパーク ふれあいと発見が満載の、動植物園 動物や植物などを身近に感じることができる、動物園&植物園である長崎バイオパーク。 見るだけではなくさわったり餌をあげたりと、ふれあう感動や、生命・自然に対する学習を深めることができます。 日本で初めてカバを人工哺育で育てた動物園でもあります。 そんなカバへの餌やりはダイナミックでレアな体験!キリンやシマウマなどの定番の動物のほか、カピバラやアルパカなども、見ていて和めると人気です。 おいしく楽しい体験コーナーも バイオパークでは、いろんな体験も楽しむことが出来ます。 ピザ作り体験では石釜で焼き上げるオリジナルピザに大人も子供も大満足。 また、収穫体験も行っています。 しいたけ、みかん、ブルーベリー、いちご、イモなど四季折々の実りを収穫すれば味わいも格別です。 長崎バイオパークへはハウステンボスから無料シャトルバス(要事前予約)も運行しています。 ゲート前から出発するので便利です。 所要時間は約40分となっています。 長崎バイオパーク 基本情報• 【住所】〒851-3302 長崎県西海市西彼町中山郷2291-1• 【営業時間】10:00~17:00(入園締切 16:00)• 【定休日】年中無休• 【料金】大人1,700円、中高生1,100円、3歳~小学生800円• 【公式HP】• 【駐車場】800台 無料• 【お問い合わせ番号】0959-27-1090 第4位 九十九島水族館「海きらら」 120種類13,000匹のいきものに出会える 手付かずの自然が魅力となっている九十九島。 その海を再現し希少ないきものたちを観察できるのがこの九十九島水族館「海きらら」です。 地域密着型であり、地元で生息している魚たちがゆうゆうと泳いでいる大水槽が見られます。 豊富な生態系を実際に目で見てたのしく学ぶことができる施設です。 大迫力のイルカショーや幻想的なクラゲたち 人気となっているのがイルカショーです。 プールと客席の距離がかなり近いのが特徴で、相当な間近で見るショーはまさに大迫力。 夏場は水しぶきがかかる席をオススメします。 また、世界のさまざまなクラゲが飼育されていて、電飾ネオンのように光るクラゲなど幻想的なものや珍しいものを展示していて、こちらも海きららの見どころとなっています。 【住所】〒858-0922 長崎県佐世保市鹿子前町1008番地• 【営業時間】3~10月・9:00~18:00(最終入館17:30) 11~2月・9:00~17:00(最終入館16:30)• 【定休日】年中無休• 【料金】大人1. 440円、小人720円• 【公式HP】• 【お問い合わせ番号】0956-28-4187• 【駐車場】700台(有料) 第5位 弓張岳展望台 佐世保市と海や島が一望できる展望台 開放感あふれるロケーションを楽しめるのが、弓張岳展望台です。 標高364mの展望台からは佐世保市街地と、緑の山々、青い海が一望できとても気持ちのいいスポットとして人気です。 五島灘や九十九島の群島はこの弓張丘展望台ならではの光景。 時間によって変わる表情を楽しんで 日中に訪れるのもいいですが、夕日や夜景もオススメ。 夜には佐世保市街地の夜景や、海に点々と灯る漁火がロマンチックに輝きます。 三方パノラマが楽しめる弓張岳展望台は立ち入りも無料なので、好きな時間に気軽に利用できます。 いろんな時間帯の変化や、記念撮影をぜひ楽しんでみてください。 弓張岳展望台 基本情報• 【住所】〒858-0965 長崎県佐世保市小野町• 【料金】無料• 【お問い合わせ番号】0956-22-6630(佐世保観光情報センター JR佐世保駅構内)• 【駐車場】あり(無料) その他観光地 佐世保朝市 新鮮な魚介類や青果が手に入る 佐世保朝市は深夜0時から午前9時まで、ほぼ毎日開催されています。 市場の2~3割も安い価格で、地元の新鮮な魚介類や野菜などが手に入るとあって、早起きするだけの価値が十分にあるスポットとなっています。 素敵なおみやげを探している方にオススメ!またスペシャル海鮮丼など穫れたてメニューも楽しめる「朝市食堂」も人気です。 月2回の「せり市」を見逃すなかれ 毎月第2・4土曜日に行われるのが、お客さんが参加できる特別な「せり市」です。 朝の6時半という早朝にもかかわらず、多くの方が訪れます。 佐世保市民はもちろん、観光客の参加も歓迎。 破格の値段で新鮮な鮮魚・青果・漬物などさまざまな商品を競り落とすことができます。 活気あふれる市場の雰囲気を、みずからも参加することでぜひグッと身近に体感してみてください。 佐世保朝一 基本情報• 【住所】〒857-0877 佐世保市万津町73• 【営業時間】深夜0時~午前9時(買い物最適時間は5~7時)• 【定休日】日曜• 【公式HP】• 【お問い合わせ番号】0956-25-6893• 【駐車場】なし 長崎県立西海橋公園 名物は勇壮な「うず潮」 西海橋公園(さいかいばしこうえん)は、佐世保市と西海市を結ぶ全長316mの橋、「西海橋」を含む公園です。 なんといっても橋から見られる「うず潮」が名物。 橋がかかる針尾瀬戸は日本三代急潮のひとつであり、みごとなうず潮が観察できるスポットなのです。 特に旧暦3月3日の大潮時には「大観潮会」が開催されており、多くのひとで賑わいます。 アスレチックやソリゲレンデも 西海橋公園には、いろんな遊具も揃っているのでお子様連れのファミリーにオススメです。 滑り台や吊り橋などが舟形に組まれているアスレチック、スピード感が楽しいローラー滑り台、角度が急でスリルあるフリーフォール滑り台、またひろびろした人工芝の斜面を滑り降りるソリゲレンデ(ソリ1台1時間200円)も用意されています。 長崎県立西海橋公園 基本情報• 【住所】〒859-3451 長崎県佐世保市針尾東町2678• 【定休日】なし• 【料金】ソリゲレンデはソリ1台1時間につき200円• 【公式HP】• 【お問い合わせ番号】0956-58-2004(西海橋公園管理事務所)• 【駐車場】500台(無料) 三浦町カトリック教会 異国情緒を感じさせる美しい姿 カトリック信者の多かった佐世保市に、昭和6年現在の場所へ建設された三浦町カトリック教会。 尖り屋根と白い壁が映えるゴシック様式の建築で、佐世保を代表する建築物・名所として親しまれています。 夜になるとライトアップされて、そちらも美しいと人気です。 戦争を超えてきた歴史を感じて 第二次世界大戦中には異教として日本軍から監視を受けており、また空襲を避けるためとして白壁をコールタールで真っ黒に塗るなどしました。 その甲斐もあってか佐世保大空襲でも戦火を免れており、終戦後に白壁へと戻された姿は現在まで美しくとどめられています。

次の

園内マップや待ち時間の確認も!便利なテーマパーク公式アプリ6選

ハウステンボス アプリ

の感染拡大防止のため、長崎県内客限定で一部営業を再開した佐世保市の(HTB)が、想定以上の来園客でにぎわっている。 日曜の17日は入場口に向かって長い列ができ、「5時間待ち」と案内する飲食店もあった。 HTBは「一時的に密な状態が発生した」として、今週末に向けて対策を取る。 HTBによると、再開初日の16日は雨の影響などで約千人の来園にとどまったが、天候が回復した17日は5千人以上が訪れた。 平日も2千人を超える日があった。 が解除されて外出する人が増えたことや、大人1日千円の格安な入場料が呼び水になったとみられる。 HTBは来園客が密接しないように、入場口から約150メートルにわたり、立ち止まる位置の目印を1・5メートル間隔で付けていたが、17日正午ごろはJRハウステンボス駅そばの橋付近まで400メートル近い行列ができた。 園内はレストランや土産物販売など2、3割の店だけが営業していたが、一部の飲食店に客が集中。 約40組が予約の名前を連ね、待ち時間は5時間以上と案内する店もあった。 今週末の混雑を緩和するため、HTBは入場口近くの目印を2列にしたり、休業中のテナントに営業再開を打診したりしている。 担当者は「これほど多くの人が来るとは思っていなかった。 安全に来ていただけるように万全を期したい」と話している。 (宮崎省三).

次の