アイス ボーン 大 剣 スキル。 武器種別おすすめ渾身レベル考察

【アイスボーン】大剣のおすすめ最強装備とスキル|覚醒武器装備【モンハンワールド(MHW)】

アイス ボーン 大 剣 スキル

「 集中」など、大剣に必要なスキルを積みつつ、後はどこまで火力スキルを詰め込めるかといった感じです。 「 攻撃」スキルをLv4に抑え「 飛燕」スキルを積むのもあり。 基本的にどこを攻撃しても高い確率で会心が発生するので、武器の切れ味を維持しやすいと思います。 クラッチクローの傷つけも積極的に狙える優秀な装備。 ただし、装備を組むためには 達人珠IIや 攻撃珠IIが必要となるので、作成難易度は高めです。 激昂ラージャン防具の「 渾身Lv5」を上手く大剣装備に活用できないかと考えてみた結果、こんな感じの装備が組めました。 「 匠」スキルで武器の切れ味を伸ばしつつ「 渾身」と「 弱点特効」で会心率を維持。 後は一般的な大剣装備と同じスキル構成になっています。 匠珠IIが2つとかなり厳しいので、手持ちの装飾品と相談しながら装備を組んでみてください。 武器のカスタマイズ 覚醒武器「 赤龍ノ断ツ剣・爆破」のおすすめカスタマイズを紹介。 切れ味紫の場合はこちら。

次の

【MHWアイスボーン】大剣のおすすめ最強装備|覚醒武器【モンハンワールド】|ゲームエイト

アイス ボーン 大 剣 スキル

エンプレスエッジ・冥灯は、物理攻撃力こそ低めですが、追加の爆破属性、デフォルトで白の斬れ味、会心率、スロットとそれ以外の要素は全て優秀で、何より「業物」のスキルがついているので斬れ味が減りにくいのが最大のメリットとなっています。 業物のスキルは攻撃の手数の多い片手剣との相性は特に良いです。 人気のドラケン装備でつく達人芸で業物の価値がやや落ちているものの、片手剣はガードでも斬れ味が減少しにくくなるので人気があります。 グランドバロングは無属性の片手剣ですが、属性解放で麻痺属性が追加されるので、属性解放のスキルをつけることで麻痺属性を追加して使用される片手剣です。 属性解放をつけた場合の麻痺属性が300なので全片手剣の中で最も麻痺追加値が高くなります。 また、麻痺属性がつくだけでなく、物理攻撃力が266と他の麻痺属性の片手剣と比べると高いことやスロット枠がついていることも他の麻痺属性の片手剣と比べた時に優秀な理由となっています。 全片手剣の中で物理攻撃力は最も高いですが、マイナス会心がついています。 他の攻撃力が高い片手剣と比較すると、匠をつけることで斬れ味の白ゲージが長くなるメリットがあるので、匠スキルをつけて運用することで片手剣の中では高い攻撃力を発揮できます。 龍属性と龍封力[大]がついているので、龍属性が有効なモンスターや古龍相手に効果を発揮する武器といえます。 龍属性の片手剣で、高い攻撃力とデフォルトで長めの青ゲージがついているのが特徴です。 匠をつけても斬れ味が伸びないので、代わりに「攻撃」「弱点特効」などのスキルで攻撃力の底上げをするパターンが多いです。 龍属性と龍封力[大]を持っているので、龍属性が弱点のモンスターや古龍に対して効果的です。 無属性武器ですが、属性解放のスキルをつけることで、高い水属性の属性攻撃力がつきます。 運用方法としては、属性解放のスキルをつけることで水属性が弱点のモンスターに持っていくか、無属性強化のスキルをつけることで無属性武器として運用する場合もあるようです。 使用率が1位のエンプレスエッジ・冥灯と性能として近いものがありますが、冥灯は業物で、滅尽は加速再生となっています。 加速再生も優秀なスキルですが、業物のほうがより人気となっているため、使用率としては冥灯よりは低くなっています。 龍属性の片手剣で、物理攻撃力は低めですが、会心率と2つのスロット枠、匠をつけると伸びる白の斬れ味ゲージなど総合的に見てバランス良い性能の優秀な片手剣となっています。 斬れ味ゲージは、デフォルトが短い白ゲージですが、匠スキルをつけることで伸びますが、匠スキルをつけずに、剛刃研磨のスキルをつけることで短い白ゲージのままで維持するパターンもよく使用されます。 無属性の片手剣で、マイナス会心がついていますが高い物理攻撃力を持っています。 属性解放スキルをつけることで麻痺属性が追加されますが、属性解放ではなく、装飾品で「無属性強化」のスキルをつけて物理攻撃力を強化するスタイルが主流のようです。 同じ物理攻撃力の「討滅の尖兵」と比べるとスペックとして見劣りしますが、無属性攻撃強化で物理攻撃力をアップできることと、スロット枠とカスタム強化枠が多いことがメリットとなっています。 人気カスタム強化 片手剣の人気のカスタム強化は以下の通りです。 攻撃の手数が多い片手剣を相性の良い強化となっています。 片手剣の人気防具ランキング 片手剣の人気防具ランキングについてです。 本作では一式装備はほとんど使われておらず、部位ごとにバラバラのケースが多いので、部位ごとに人気ランキングをまとめています。 攻撃 攻撃力がアップするスキルで、本作でどの武器の種類でもある定番のスキル。 レベルアップすると攻撃力だけでなく会心率もアップします。 弱点特効 モンスターの弱点部位を攻撃することで会心率がアップするスキル。 匠 斬れ味がアップすることで攻撃がはじかれにくくなったり、攻撃力がアップするスキル。 終盤での定番の人気スキルですが、武器によっては「討滅の尖兵」ように匠スキルをつけても斬れ味が上がらないものもあるのに注意が必要です。 ひるみ軽減 小ダメージを受けた際ののけぞりやしりもちを軽減あるいは無効化するスキル。 装飾品で付与されることが多い人気のある補助スキルです。 体力増強 体力の最大値をアップするスキルで、本作で定番の人気の補助スキルで、装飾品でつけられる場合が多いスキルです。 レベル3まであげると体力の最大値がかなりアップしてモンスターの攻撃でやられにくくなります。 精霊の加護 一定の確率でモンスターからのダメージが減少するスキル。 体力増強ほどではないですが、装飾品枠で追加されることがよくあるスキルで、発動がランダムなので確実性はないですが被ダメージを減らすことができます。 耳栓 モンスターの咆哮を無効化するスキルで、攻撃の手数を増やすことができる定番の人気スキル。 特に強敵のモンスターはほとんどが咆哮を使用してくるため、無駄になることが少ないのもポイントです。 早食い 口に入れるタイプのアイテムの使用時間が短縮するスキルで、片手剣ならではの人気スキル。 主に広域化やキノコ大好きと組み合わせることでマルチプレイでサポートに回ることを目的とする場合に役立つスキルです。 渾身 スタミナ最大時に会心率がアップするスキル。 そのままで使っても普通に使えるスキルですが、キノコ大好きのスキルをつけている場合、鬼ニトロダケが強走薬の効果があるため、常にスタミナ最大の状態を維持しやすく、効果が高まります。 見切り 会心率がアップする定番の強化スキル。 本作では「攻撃」に比べると使用率は低いですが、超会心のスキルと組み合わせると強力です。 広域化 アイテム使用の効果が周囲にも効果がある片手剣ならではの人気スキル。 麻痺サポート片手剣の場合などで、マルチプレイの場合につけておくと周囲の仲間を回復でサポートできるだけでなく、種の効果や「キノコ大好き」のスキルと組み合わせることで、「鬼ニトロダケ」での強走効果や、「ニトロダケ」での攻撃力アップ効果を仲間に付与できるのは強力です。 超会心 会心発生時のダメージを大きくアップすることができるスキルで、会心率がアップする「弱点特効」や「渾身」、「見切り」などのスキルと組み合わせることで攻撃力を底上げできるスキルです。 さらにもとから会心率の高い「ゼノ=マブーラー」などの武器と相性が良いスキルです。 キノコ大好き キノコを食べて何らかの効果を発生させることができるようになるスキル。 サイト内検索 モンスターデータ• 防具・スキルデータ• アイテムデータ• クエストデータ• 武器データと操作• 人気装備・スキルランキング• アイスボーン情報• 冒険の拠点アステラ• 新要素• 狩りの基礎知識• コラム• 基本情報• モンスターデータ• モンハンワールド関連リンク集• 当サイトについて•

次の

【モンハンワールド:アイスボーン】大剣おすすめ武器とおすすめスキルまとめ

アイス ボーン 大 剣 スキル

また、シリーズスキルで根性を発動させており、一度だけ致死ダメージを耐えられる装備です。 達人芸により、切れ味を維持しながら戦うことができます。 4枠の空きスロットに持っている4スロ装飾品をつけて、追加のスキルを発動させるようにするのがおすすめです。 攻撃や挑戦者などの火力とともにフルチャージを入れて火力をさらに上げています。 大剣とフルチャージの相性はあまり良くないですが、上手く立ち回ればかなりの火力が期待できます。 尻尾や胸を高い攻撃力と破壊王で攻撃して部位破壊を狙えます。 集中を入れて溜め速度が速くなりが快適に溜め切りができおすすめです。 被弾が多い初心者には必須。 達人芸との相性が良い。 抜刀大剣に必須スキル。 抜刀大剣に必須スキル。 クラッチクローと相性が良い。 会心率が低い武器との相性が悪い。 達人芸と相性が良い。 タックルで咆哮回避できれば優先度は低い。 無属性武器を使うときは必須。 関連リンク 大剣の関連リンク 大剣の関連記事 アイスボーン おすすめ装備 その他のおすすめ装備 アイスボーンのおすすめ装備 防具 大剣 -.

次の