フォートナイト楽しい脱出マップ。 【フォートナイト】閲覧注意!「呪いの針魔城」ホラーマップ完成!恐怖の島コードと作り方~クリエイティブ建築実況 ホラーマップ#04 Fortnite Creative Log PS4 Switch

【フォートナイト】 島のコード発行するには?

フォートナイト楽しい脱出マップ

コンテンツ一覧• 初心者が経験値「XP」を稼ぐ方法 まずはゲーム内の経験値、「XP」を初心者が稼ぐ方法です。 XPを稼ぐとアイテムをゲットできるようになります。 フォートナイトは課金してもキャラの強さに全く影響しないので、私は全く課金していません。 キャラの見た目は基本どうでもいいので。 でもタダでアイテムを貰えるなら貰いたいのが悲しいサガ。。。 だからXPも獲得して損はありません。 初心者はチームランブル(50vs50)がXPを貰いやすい ソロでのプレイは、そもそも全くの初心者お父さんにはかなり厳しいです。 ほとんどキルできません。 運よくソロでキルできるのも、4-5回のバトルの内1回ぐらいじゃないでしょうか。 初心者が最初からソロでプレイすると「勝てなくてつまんねー」ってなります。 そもそも、ソロを何回もプレイしようとしても、マッチメイキングの待ち時間やロード時間が結構あるので、実際に戦ってる時間はほとんどありません。 敵に遭遇したら瞬殺されることもしょっちゅうですしね。 チームランブルには同じような初心者さんがたくさんいますので、初心者お父さんがキルできる可能性もソロより断然高いです。 キルできればXPが貰えます。 チームランブルでは2つのチームに分かれますが、勝ったチームにいれば ビクロイ(ビクトリーロイヤル)が取れます。 初心者さんは自分の強さは関係なく、ほぼ2分の1の確率でXPが貰えますね。 このような理由で、XPを稼ぎたい初心者お父さんはチームランブルでプレイしましょう。 あと、たまにXPを稼ぎやすくなるイベントが発生することがあります。 お知らせが出ますので、フォートナイト公式ツイッターをフォローしとくのもいいですね。 ダウンタイムは終了しました。 初心者はとにかく戦闘時間を増やして経験値を上げろ! フォートナイトを上手くなりたいお父さんが、まず最初に上げなければいけない経験値は、「XP」ではありません。 自分自身の経験値です。 フォートナイトは緊張感ヤバイですよね? 敵に遭遇した時、焦りまくりますよね? とにかく対戦経験を積んで、ある程度 落ち着いて戦えるようにならないと話にならない。 焦ってボタン押し間違えるとか、どのボタンでショットするかわからなくなるとか、普段ゲームしないお父さんには普通にあり得ます。 初心者あるあるです。 じゃあどうするか? ガンガン戦場に突っ込んで慣れるしかありません。 当然、テクニックを磨いてスキルを上げることも必要ですが、初心者のうちはそんなに簡単にスキルは上がりません。 それよりも、まずは戦闘状態に慣れることが最重要です。 戦闘に慣れ、できるだけ落ち着いた精神状態で戦うことができなければ、勝つ可能性は非常に低いです。 とにかく場数を踏んで「慣れる」こと。 これが初心者の最重要ポイントです。 では、どうしたら戦闘に慣れることができるのか? それはチームランブル(50vs50)でプレイする事です。 戦地に赴いて、 自分自身の経験値を上げるのにチームランブルは最適です。 私はチームランブルを主戦場にプレイすることで、バトルに慣れる事ができましたし、操作テクニックも向上しました。 チームランブルは長時間戦える! 初心者お父さんの最初の壁、戦闘経験値のアップですが、これがなかなか難しい。 できるだけ長い時間、戦闘状態に身を置くことがバトルに勝てるようになるための最短距離です。 ソロモードでプレイすると瞬殺されますが、 チームランブルであれば、リスポーンがあるので、 チームの勝敗が決する最後まで戦えます。 あと、ストームを気にする必要があまりない。 リスポーンできるので。 (リスポーンするとシールドは無くなっちゃいますが) あ、クリエイティブモードで個人練習するのもいいですが、はっきり言って戦闘能力は全くアップしません。 クリエイティブモードはボタン配置も覚えていないレベルの初心者や、建築練習に使うのにはいいですが、戦闘の練習にはほどんど役に立たないと思ってもらっていいです。 チームランブルで経験値を稼ぐ方法 戦術は? チームランブルに入ったら、船からすぐに飛ばないでください。 安全地帯が表示されるまで待ちます。 表示されたら、安全地帯に向かってジャンプ! ただし、 敵地との境界線からなるべく離れた安全地帯に降りてください。 安全地帯から離れたところに降りると、味方と武器の奪い合いになりにくいですが、走って敵地に向かう時間が無駄です。 安全地帯の端っこに降りたら、武器や弾薬を拾い集めます。 とにかく武器と弾薬を集めてください。 普通に落ちてる武器や宝箱、弾薬箱を片っ端から開けて武器を集めます。 ちなみに、安全地帯が表示されるまで船からジャンプするのを待つプレイヤーはほとんどいません。 たいていの人がその前に地上に向かってジャンプしちゃいますので、 味方の密集地帯から外れ、武器の奪い合いはほとんど起こらないです。 初心者は建築資材は無理して集める必要なし 建築資材は最初はいらないです。 建物の壁を壊したりする時間がもったいない。 適当に武器庫をあさっても資材は増えるし、そもそも建築でバトルしたところで勝てない。 高所を上るための階段を作れるぐらい資材があれば十分です。 目的は戦闘の(自分自身の)経験値を上げることです。 少し上手くなると、建築がバトルの勝敗に重要になりますが、最初は戦闘中に建築なんかできません。 そもそもエイム(狙い)も定まらないので。 チームランブルでは、武器や資材が集めやすい仕様になっていますので、初心者でも武器集めに苦労することはないでしょう。 自販機の数も増えているので、自販機で武器を調達してもいいでしょう。 そもそも先ほどの方法で地上に降りれば、味方がいない地域に降りれますので、 武器は取り放題です。 とにかく戦闘を行うことが目的なので、移動する手間の省ける安全地帯に最初から降りてください。 あ、 ポーションは見つけたら必ずすぐ飲んでください。 戦闘に参加できる時間が増えます。 初心者は1プレイで必ず何回かキルされますので、キルされた時のために余分にポーションを持っておくことも必要です。 武器をある程度集めたら、敵地へゴー!!! 敵地との境界線に向かって一直線に向かいます。 目的は戦闘になれることですので、ガンガン突っ込んでいきます。 倒されても大丈夫。 50vs50のチームランブルではリスポーン(復活)ができます。 手持ちの武器も放出されません。 恐れることなく敵地に突っ込み、戦闘に慣れてください。 敵は高所から狙え!まずは長距離戦から 戦闘開始当初は、中長距離の戦闘から始めます。 フォートナイトなどの戦闘ゲームでは、 高所に立ったほうが圧倒的に有利になります。 これはセオリー。 熟練者は1vs1になったときに建築で高所に上がり、優位性を出そうとしますよね。 あれです。 しかし初心者は高度な建築なんかできません。 なので、丘や建物など、 もともとある高所に上がりましょう。 丘などの自然の高所に上がる場合は、迷わず建築の階段で上がってください。 建築の痕跡があると、敵から見つかりやすくなりますが、50vs50では敵味方入り乱れますので、気にする必要なし。 遠回りして登る時間も無駄。 高所に登ったら、そこから隠れて敵を狙い撃ちします。 この時の注意点ですが、 移動しながら敵を探す練習をしましょう。 ただやみくもに突っ込むのではなく、索敵する能力も高めてください。 この段階では、味方と離れた場所に降りてしまっていますので、単独で敵地に近づくパターンがありえます。 多数の敵に単独で突っ込んでも意味はありませんので、索敵しながら慎重に敵陣に近づいて行きます。 運よく先に敵を発見したら、高所から隠れて敵を狙い撃ちします。 これがエイム(銃で敵を狙う)の練習になります。 長距離から敵を狙う練習ですね。 初心者は近距離戦でまず勝てません。 最初は長距離で敵を狙う練習をしましょう。 敵を発見したら、とにかく撃って撃って撃ちまくりましょう。 自分の指が、射撃ボタンを無意識でも押せるようになるまで覚え込ませます。 敵にエイム(照準)を合わせることも無意識でできるようになるまで練習します。 当然、撃ちまくっていると、敵に自分の場所がバレますが気にする必要はありません。 もし敵に気づかれて打ち返されたら、やられても構いません。 リスポーンできますので。 やられたくない、って人は、場所がバレたら移動してもOK。 移動先で撃ちまくりましょう。 もし弾薬が切れたら、気球を探しましょう。 この段階ではまず弾薬が無くなることはないですが。 チームランブルでは気球が降りてくる頻度も多いです。 弾薬を使い切ってやられた時にリスポーンついでに気球を探して補給してもいいでしょう。 あと、戦闘地帯には普通に武器が落ちていることもよくあるので、それを拾うのもアリです。 初心者は弾を多く集めたところで、使い切る前にゲームが終了することもよくあるので、 リスポーンしたら弾薬の数をあまり気にせずに戦闘に向かうほうがいいです。 弾数はあまり気にせず、無くなってから拾うなり探すなりしましょう。 それよりも 戦闘に参加することが大事です。 あ、リスポーンしたときは、降りた瞬間にすぐポーションでシールドを回復するのを忘れないようにしてください。 降りる場所も敵陣真っただ中はダメですよ~。 補給したらまた戦地へゴー! 味方が多くいる場所で中距離戦を戦おう! 高所からの射撃練習をある程度やったら、次は 中距離戦に挑みます。 チームランブルでは味方のいる場所がわかります。 マップ上の白い涙型のマークが味方ですね。 チームランブルでは敵地との境界線の辺りで、味方が多く集まっている場所がよくあります。 味方は全部で20人ですが、5~6人は集まっている地帯があります。 そこに後ろから近付いて、戦闘に参加するのが初心者がやりやすい方法です。 敵からしたら的が多いので、 自分に狙いが集中しにくい。 味方の後ろのほうに陣取れば、さらに狙われにくいので、 敵を狙撃しやすくなります。 そして、味方に近づくとわかりますが、 味方と行動すると敵の位置も把握しやすいです。 初心者は索敵自体が大変ですが、味方と行動すれば見方が先に敵を見つけて発砲します。 発砲した先に敵がいますから、そこへめがけて自分も移動し、戦闘に加わります。 味方の建築を利用させてもらう 味方の近くにいると、味方が戦闘に有利になるように建築をはじめます。 それを自分も利用させてもらいましょう。 何もない平野の地上に、突っ立って戦闘するのは自殺行為です。 味方が建築をしていたら、積極的に利用させてもらって、 そこから隠れて射撃を行います。 ゲーム終盤は短距離戦へ チームのキル数が80を超えたらゲームも終盤戦です。 そのまま中距離戦闘でもいいですが、 短距離戦闘に慣れるために、敵陣に突っ込んでもいいでしょう。 その時はショットガンなど近距離用武器にちゃんと持ち替えてくださいね。 50vs50にチームで勝利することを考えた場合、敵に突っ込んでいくのは得策ではありませんが、自分が短距離戦の経験を積むにはもってこいです。 ソロプレイでは、必ず敵と短距離戦を行うタイミングがあります。 中長距離戦だけ練習していてはソロでは勝てません。 しっかり短距離戦の練習もしましょう。 突っ込む場合も、味方の多くいる地帯で敵に向かいましょう。 味方のサポートもありますし、味方がいない状況で突っ込んでも敵複数人の恰好の的になって即やられるだけですからね、。 初心者はやられて敵チームにキルをあげてしまう可能性が高いので、それが嫌な人は、味方や敵のどちらかが圧倒的に勝っていて、チームの勝敗に影響しない時だけ突っ込む、ってのでもいいです。 建築練習は戦闘にある程度慣れてから 戦闘にある程度慣れて、キルもできるようになってから、建築練習をしていきましょう。 最初から建築練習ばかりしていても正直楽しくないですし、戦闘能力がないのに建築スキルを上げてもあまり役に立ちません。 初心者が戦闘でレベルアップするためのまとめ さあ、いかがでしたでしょうか。 初心者さんがフォートナイトである程度戦えるようになるには、経験が絶対に必要です。 この記事で紹介したのは、初心者さんがフォートナイトの 戦闘に効率的に慣れることに特化した戦略です。 ソロやスクワッドでビクトリーロイヤルを目指すセオリーとは外れていますが、ここで紹介する行動をとることで、確実に戦闘に「慣れる」ことができます。 初心者を脱出するまでは、ここで紹介する内容を参考にしてもらって、フォートナイトを楽しんでください。 スイッチ勢が初心者におススメのゲーム内ガジェットはこれ! 最後に、このブログはガジェットのブログなので、ゲーム内のオススメガジェットを教えましょう。 フォートナイト熟練スイッチ勢の、ウチの子供に聞きました。 一番のオススメは ハンティングライフルです。 これを持ったウチの子供は、キル数が上がります。 ハンティングライフルのいいところは、 リロード時間が短め、照準が合わせやすい、だそうです。 スコープではないので、周りの状況を確認しながらも、高い精度でエイムできるのがいいとのこと。 ただし、ハンティングライフルは着弾までの時間差がありますので、初心者にはあまり向かないかもしれません。 着弾時間を敵に合わせるのが難しいです。 連射もできないので、リロード中は無防備になりますし。 初心者には、撃った瞬間に敵に着弾する、 アサルトライフルのほうがおすすめです。 アサルトライフルは連射ができるのも、初心者向き。 単発射撃の武器は、まず当たりません。 アサルトは距離もある程度まんべんなく対応できますので、武器を持ち替えずに戦闘できるのも初心者向きです。 初心者さんはまずアサルトライフルから使っていきましょう! アサルトライフルの弾が無くなったら他の武器に持ち替える、アサルトの弾を補給出来たらすぐアサルトに持ち替えます。 こんな感じでやれば、余計なことに気を回さずに、目の前の敵との戦闘に集中できますよ。 ちなみに、ウチの子供はニンテンドーSwitchでプレイしていますが、私はiPad&MFiコントローラーでプレイしています。 子供と一緒に、デュオやスクワッドモードでプレイするのも超楽しいですよ!•

次の

フォートナイトがやめられない!中毒性が強い理由とフォートナイトをやめる方法をご紹介します

フォートナイト楽しい脱出マップ

もくじ• フォートナイトの中毒性・依存性が高い理由 フォートナイトの中毒性・依存性が高い理由は大きく5つ考えられます。 私たちは狩猟時代、ホモサピエンスの時代から日々、マンモスや木の実、魚を子孫を残すために命がけで生活していました。 いわば 毎日がバトルロイヤル。 一日でも休んだら明日の食料はないという過酷な状況、緊張下で生活を余儀なくされていました。 (歴史で習ったよね) この生き残りたい!という生存本能は 遺伝子レベルでわたしたちの脳に刷り込まれています。 この遺伝子レベルで刷り込まれている生き残り生存本能をこのフォートナイトなどのバトルロイヤルゲームは利用しているんですね。 だからプレイすると ほどよい緊張感とスリルが楽しめる。 さらに一度マッチで負けてしまったらリスポーンすることができない(ソロ以外は別)ので、毎試合集中して生き残りをかけてバトルすることになります。 わたしも負けず嫌いな性格です。 負けたら勝つまでとことんやる。 それが男ってもんよ。 誰でも敵に打ち負かされたらいい気分はしません。 どうにかして相手をぎゃふん!と言わせたい衝動に駆られます。 実はこの人間の 負けず嫌いな性格につけこんで作られたのが、オンラインFPS全般に作られたゲーム。 フォートナイトだけでなくスプラトゥーンや荒野行動、PUBGなどのオンライン対戦できるゲーム全般は、この心理状態が如何に強力なものか知っているから作られたんですね。 フォートナイトが全くやめられない!終わりどきが分からない!という人はこの心理にまんまと引っかかっている可能性があります。 このドーパミンは ギャンブルやタバコ、薬物と同じで、一度快楽を体感してしまうとそれを本能的に求めてしまうという中毒性・依存性があることも数々の研究で明らかになっているんです。 みんながプレイしているから自分もプレイしても何も問題ない。 なぜなら世界中のみんながフォートナイトをプレイしているからね。 この心理は ソーシャルビヘイブという心理状態のことを言います。 もっと具体的に言うと みんなが使っているからこの商品を自分も使おう!大丈夫!みんなも使ってるから安心だよ! いわゆる口コミというやつです。 企業の商品説明記事をみるよりAmazonのレビューを見て他人の意見を聴く方が正しい。 と思いますよね。 それに似たことが爆発的に人気になったフォートナイトの世界でも起こっているということです。 フォートナイトがやめられない理由の1つとして覚えておきましょう。 建築が楽しすぎますよね。 荒野行動やPUBGなどのバトルロイヤルにはないこの建築という新要素が新鮮で面白くて仕方がない。 はじめの初心者のころは建築技術はままならないんですが、徐々に慣れてくると自分が魔術師になったかのように素早く建築を展開できるようになる。 あなのときの快感は計り知れないものがあります。 プレイした後に毎回押し入れの中に入れるのがポイント PS4やswitchのユーザーであればこの方法を使えますが、PCやスマホでフォートナイトをプレイしている方だったら、 フォートナイト のアンインストールが最も効果的ではないでしょうか? もう一度インストールしなおぜばプレイはできますが、ダウンロードまで時間がかかるので、プレイしよう!という気持ちが少しはなくなる可能性があります。 人間というのは 手間が大嫌いな生き物です。 たとえば、お菓子をテーブルの上に置いていたらつい手を伸ばして食べてしまうという例では、手間をかけずにすぐにおいしいお菓子が食べれるからなんですね。 これを実践すると「時間が空いたときに暇だからフォートナイトを起動する」という機会が少なくなりました。 これは経験談なので全員に効果的かどうかは分かりませんが、やってみる価値は十分にあると思います。 どうしてもフォートナイトがやめられないという方は PS4、switchを売っちゃいましょう。 売ってしまえば強制的にフォートナイトのプレイができなくります。 フォートナイトがなくなれば人間は退屈を嫌う生き物なので、 また新しい趣味をみつけることになります。 わたしの場合は実用書を読むことが趣味になりました(知識つけるのが好きになった)。 あとカラオケとかも好きになりました。 フォートナイトよりも楽しい趣味をみつけることができたなら万々歳です。 できれば勉強や自分のスキルを向上できるような趣味を探すのが吉ですよ。 フォートナイト楽しいですがプレイはほどほどに わたしは別に フォートナイトを今すぐやめろ!と言っているわけではありません。 普通に学校や仕事に通って、 嗜む程度にフォートナイトを楽しめればそれはとても幸せなことだと思います。 わたしが警鐘を鳴らしているターゲットは、フォートナイト中毒で 普通の私生活がまともにできていない人です。 フォートナイトで学校をサボったり友達との約束をブッチしたりする人は中毒のサインです。 対策が必要になります。 フォートナイトはとても楽しいです。 わたしもプレイしていたので気持ちはよく分かります。 やめろとは言っていません。 ただし。 やり過ぎは禁物。 親御さんと時間を決めたりして、楽しいフォートナイト生活を満喫できるような人になろう!.

次の

【フォートナイト】クリエイティブコード公開!! デスマッチやアートインスタレーション、アスレチックなど

フォートナイト楽しい脱出マップ

このページの目次• シーズン1は、2017年9月から12月までの3ヶ月間を指します。 このゲームはもともと、「迫り来るゾンビを武器や建築物で排除する」というシステム 現在の「世界を救え!」に相当 で開発されていました。 しかし、バトルロイヤルゲームの人気を受けて急遽方向転換。 建築要素はそのままに、100人で最後の生き残りをかけて争うシステムをメインコンテンツにします。 このため、今1番プレイされている「バトルロイヤル」モードは、9月の正式リリースから開始されました。 シーズン1のマップは、 建物が非常に少なく、かなり寂しい印象を受けますね。 また、アイテム類は街以外では出現率が低く、「街や施設がない場所に降下すると、回復アイテムすら入手困難」になるほど。 なお、シーズン1中には、武器やマップが「ハロウィン仕様」になるイベントが開催されました。 マップは「クリスマス仕様」となり、木にはクリスマスツリーの装飾などが施されます。 20108年1月に、マップの大型アップデートが行われ、 激戦区となる「ティルテッド・タワー」や、「シフティ・シャフト」、「ジャンク・ジャンクション」、「スノビー・ジョアーズ」といった、西側の施設が追加されました。 なお、この時期まで「フレンドリーファイヤー」が実装されていたため、チームメイトを撃つ事ができました。 誤射なら笑い話で済むのですが ガチプレイヤーは笑ってくれませんが... 、意図的に味方を殺害するプレイヤーが多かったため、この仕様は削除されています。 なお、シーズン2のスキンテーマは「騎士」をメインに扱っていました。 また、2月には「バレンタイン」仕様のスキンや武器が登場します。 この時期から、日本でのリリースが開始されました。 マップに大きな変更はありませんでしたが、南端に「 ラッキー・ランディング」が追加されています。 これは、中国の旧正月に合わせたアップデートだったようです。 北側がまだ物足りない気もしますが、だいぶ建築物や施設が充実してきましたね。 シーズン3のスキンテーマは「宇宙」でした。 なぜ、「宇宙」だったのでしょうか? その答えは、シーズン3終了間際に明らかになります。 試合中、 マップ上空に巨大な隕石が現れたのです。 また、隕石の周囲にはその破片と思われる光や、UFOのような影まで...。 UFOはスコープで見るとかろうじてわかる程度 また、この隕石の破片は試合中に容赦なく落下します。 これに当たった場合、建築物などは破壊されますが、プレイヤーへのダメージはありませんでした。 これにともない、プレイヤーたちは大規模な隕石の衝突を予想。 マップ上のどこに落ちるのか、考察するのが流行しました。 ちなみに、1番多かった落下予想地点は「ティルテッド・タワー」です。 確かに、激戦区として最も多くのプレイヤーが最初に降下する場所なので、「戦略を変える」という目的でこの場所が選ばれてもおかしくありませんね。 多くの予想に反して、 隕石は「ダスティ・デポ」 倉庫が3つ並んでいた に落下しました。 これによって施設はクレーターとなり、名前も「ダスティ・ディポッド」に変更されます。 英語では"DUSTY DEPOT 埃まみれの格納庫 "から"DUSTY DIVOT 埃まみれの窪地 "になっている クレーターのようなえぐれた地形を"dipot"と表現することを知っていれば、もしかしたら気付けたかもしれませんね。 というか、多分気付いていた人もそこそこいるのではないでしょうか。 なお、クレーターの中心部には研究所が設けられ、衝突した隕石も見ることができます。 また研究所の周囲には「ホップロック」という結晶が散乱しており、使用することで大きくジャンプすることが可能です。 さらに、マップの各所で隕石やその破片による被害が出ました。 シーズン4は毎週マップが更新され、これらの 被害が徐々に復興していく様子などを表現しています。 ちなみに、 シーズン4リリース前に 落下地点をリークした とされる 元社員が、エピックゲームから訴訟されるという事件も起こりました。 開発側にとっては、だいぶ前から仕込んでいたネタであり、リークは収入の減少に繋がると判断したようです。 また、隠しバナーを読み解くと、 落下した隕石から脱出ポッドが出現。 中から異星人らしきものが降り立っています。 さらに異星人は映画のセットであったミサイルを改造。 シーズン終了間際、リアルタイムイベントで、 「ティルテッド・タワー」に向けて改造されたミサイルが発射されました。 しかし、ミサイルは上空で突如消失。 空には巨大な 光の裂け目が残されます。 異星人の目的が「ミサイルの発射 ティルテッド・タワーの破壊 」だったのか、「光の裂け目の召喚」だったのかは不明ですが、これによってバックストーリーはさらに複雑化しそうです。 光の裂け目は、離れた空間をつなぐ性質があるようです。 その影響で、 マップにある各地の施設が別のものに置き換わりました。 南東の沼地だった「モスティ・マイア」は「パラダイス・パームズ」に変わり、 周辺の広い範囲が砂漠化します。 また、「アナーキー・エイカー」は「レイジー・リンクス」というゴルフ場になりました。 一方、隕石が落下した「ダスティ・ディポット」は木が生い茂っています。 このことからも、隕石の落下から数十年経っているのではないかということがわかりますね。 その他、海賊船やモアイ像など、様々なオブジェクトが脈略なく点在しています。 なお、「トマト・タウン」のシンボルだった大きなトマトの顔も消失し、その場所には「GOOD BYE さよなら 」というメッセージが...。 ちなみに、本筋とは全く関係ありませんが、「パラダイス・パームズ」には意味深なお墓があります。 これは、ある有名実況者の配信中に起こった悲劇をマップに反映させたものです。 その場所は切り立った崖になっており、建築によって足場を作らなければ登ることができません。 そこに、1人のプレイヤーが取り残されていました 本人は足場の素材を持っていなかった模様。 気付いた配信者は、上から足場を作り救出を試みます。 しかし、システム上の制約で最後の一段がどうしても設置できなかったため、ゴルフカートを下ろし足場にしようとしました。 ところがその際、配信者はうっかり救出対象を引き飛ばし、 崖下に落として殺害してしまいます。 この事件を知った運営が、救出対象を悼んで作られたのが、このお墓というわけです。 となりにタイヤが置いてあるのは、ゴルフカートを連想させるためでしょう。 こういう細かいネタが、プレイヤーに喜ばれるコツなのかもしれませんね。 また、これまでのシーズン同様、終了が近づくと砂漠地帯に 紫色の立方体、通称「キューブ」が出現。 キューブは1時間43分に1回転がり、少しずつ移動しました。 最終的には 「ルート・レイク」の湖に沈み、水を紫色に汚染します。 キューブは上に乗ると弾む性質を持っていましたが、湖もこの影響を受け、水面でバウンドするようになりました。 「ルート・レイク」に沈んだキューブは、湖の中心に位置する小島の底に癒着していました。 そしてキューブの力なのか、小島は上に建った家ごと、空に浮遊します。 シーズン6ではマ ップ中心部に「浮遊島」が出現。 島の下から周囲にかけて強い風が吹いているため、プレイヤーはグライダーで自由に行き来することが可能です。 また、キューブの移動によって汚染された各地で、草木が枯れる むしろなくなって土が露出 という現象も。 隠しバナーから想像すると、 ・時空の裂け目から『フォートナイト』の世界に、異世界のモンスターが侵入 吸血鬼、人狼などのスキン ・さらにキューブの汚染で世界が侵食され、人間の大半が消失あるいはモンスターに変異 という流れだったのではないかと予想できます。 というのも、「世界を救え!」のストーリーが大体こんな内容のため。 しかも、もともとこのモードは、「2018年内に無料化する」とアナウンスされていました。 現在は無期限延期 このことから、 シーズン6 あるいはシーズン4の隕石落下からも含めて のバックストーリーは、「世界を救え!」の布石だったのではないでしょうか? 同モードが延期になってしまったため、シナジーや広告効果は薄れてしまったかもしれませんが...。 ちなみに、シーズン6でも、次シーズンに向けた隠し要素が用意されていました。 それが、 「フラッシュ・ファクトリー」から見える巨大な雲。 この雲は、シーズンの終了が近づくにつれて 徐々に島へと近づいていました。 また、隠しバナーにはこれまでの暗い雰囲気とは打って変わり、近未来的なロボットが「フラッシュ・ファクトリー」に降り立っている様子も。 さらに、このロボットの手足が凍り付いている、目から照射されたマップには雲と同じ位置にマーカーが付けられている、などの情報がもたらされています。 シーズン6で雲と思われたのは、巨大な氷山でした。 氷山はマップの南西に衝突し、地形と気候を大きく変えます。 マップの広さもわずかに拡大しました 衝突した氷山の分。 「グリーシー・グローブ」は水没、また「ポーラー・ピーク」、「フロスティ・フライト」、「ハッピー・ハムレット」が追加。 また、 「ポーラー・ピーク」には謎の卵が確認されました。 シーズン6までのバックストーリーが「世界を救え!」を意識したものだとすると、シーズン7以降はまた別のストーリーになるのではないかと予想できます。 つまりココからは、『 フォートナイト 』2期の幕開けと言えるのではないでしょうか? シーズン7では終了に近付くにつれて 地震が頻発。 あちこちに 地割れが発生しました。 また、マップにも変更が加えられており、「トマト・テンプル」と「ウェイリング・ウッズ」が消失。 この位置に、 大きな活火山と「サニー・ステップ」が追加されました。 さらに「レイジー・リンクス」が湖に水没して「レイジー・ラグーン」になるなど、シーズン7に対応するかのように、 島の北東に大きな変更が加えられています。 シーズン7の地割れはこの伏線だったようですね。 また、火山からは溶岩が漏れ出しており、ご想像通り触れるとダメージを負います。 ? さらに気になるのは、シーズン7で発見された卵です。 すでに「ポーラー・ピーク」からはなくなっている模様。 誰かが移動させたのか、あるいは孵化したのか...。 火山と卵、と聞くと、どうしても ドラゴンを連想してしまいますよね。 もしかしたら、バトルロイヤルのフィールドに大型モンスターが登場してしまうのでしょうか!? 今後の展開に注目です!.

次の