名古屋 市 教育 委員 会。 名古屋市教育会についてお尋ねします。教育会について、詳しくご存知の方、教...

名古屋市:名古屋市社会教育委員協議会〈開催結果〉(市政情報)

名古屋 市 教育 委員 会

執行委員長あいさつ 名古屋市教員組合 執行委員長 横山 大樹 名古屋市立小中特別支援学校の教職員の皆様におかれましては、3か月に渡る臨時休業中、子どもたちの心のケアや学習支援、自主登校の対応等をしながら、学校再開に向けての準備もし、大変であったことと思います。 6月、本格的に学校が再開されました。 子どもたち、保護者の方たちの多くが、この日を待ち望んでいたことと思います。 しかし、中には、不安でいっぱいの子どももいるはずです。 私たちにできることは、学校を子どもたちにとって安心できる場所にすることです。 今まで誰も経験をしていないことが起きていますが、今こそ、学校で働く私たちの心を一つにしましょう。 子どもたちの笑顔のために。 名古屋市立小中特別支援学校で勤務する教職員で構成する私たち名古屋市教員組合(名教組、NTU)は、どんな困難なことが起ころうとも、子どもを中心に据え、保護者や校長会、教育委員会と連携して運動を展開できる教育文化を継承しています。 子どもたちが安心して過ごすことができる環境整備に向け、校長会・教育委員会・PTA協議会とともに取り組みを進めていきます。 今後も、子どもたちにゆきとどいた教育を行うために、名古屋の教育に責任をもつ教職員集団として、力を結集し、確かな前進をしていきます。 名古屋市教育委員会教育長あいさつ 名古屋市教育委員会 教育長 鈴木 誠二 日頃より、名古屋の子どもたちのためにご尽力いただいておりますことに敬意と感謝の意を表します。 さて、子どもたちや学校、教育行政を取り巻く状況の変化に伴い、学校現場が直面する課題は多様化・複雑化しています。 そうした中、名古屋市教育委員会では、令和元年度より「第3期名古屋市教育振興基本計画」を策定して、「子ども一人一人の個性を大切にし、社会で活躍できる力を育成すること」「学校・家庭・地域とともに、子どもたちの豊かな育ちを応援する体制を整備すること」などを重点として取り組んでいます。 「夢に向かって人生を切り拓くなごやっ子」を育成するために、皆さんとともに子どもたちを中心にすえて、着実に進んでいきたいと考えておりますので、一層のご理解とお力添えをお願いいたします。 今後も、名古屋市教員組合が更なる発展を遂げられますことを心からお祈り申し上げます。 名古屋市立小中学校長会会長あいさつ 名古屋市立小中学校長会 会長 早川 孝一 名教組の皆さんには、名古屋の子どものため、教職員のために日々ご尽力いただき、感謝しています。 学校が再開され、各学校に子どもたちの明るい笑顔が戻ってきました。 まずは、感染予防や心のケア等、子どもたちが安心して学校生活を送ることができるよう取り組んでいくことが大切です。 また、ICT環境の整備、働き方改革等、様々な教育課題への対応が求められるなか、学校現場の教職員が一人ひとりの子どもたちを見つめ、夢や希望を育む教育を実践していかなければなりません。 これからも、名教組の皆さんと連携し、名古屋の教育の充実に努めていきたいと考えています。 名古屋市立小中学校PTA協議会会長あいさつ 名古屋市立小中学校 PTA協議会会長 清水 敬介 子どもたちの健やかな成長と幸せの実現に向けた取り組みに対し、皆様のご理解とご協力に感謝を申し上げます。 子どもたちを取り巻く環境や家庭の実態は、核家族化や地域の人間関係の希薄化による家庭の教育力の低下等、以前よりも著しく変化しています。 昨今、スマートフォン等の急激な普及による新たないじめやトラブルの発生等、子どもたちを取り巻く状況は深刻さを増しています。 こうした中、スマートフォン等を使用することを前提とした情報モラルについて、保護者が学ぶことは大切です。 昨年度、市PTA協議会は創立70周年を迎えました。 時代が変化しても、子どもたちの健やかな成長を願う親の心は、決してかわるものではありません。 家庭・学校・地域が連携・協働し、保護者一人ひとりが自分でできることを、できる範囲で行い、教職員と保護者が手を携え、全ては「名古屋の子どもたち」のために、市PTA協議会として活動していきます。 名古屋市教員組合とは(略称:名教組、NTU) 名古屋市教員組合(略称:名教組 NTU)は、名古屋の教育をよりよくしようという願いのもと1947年1月に結成されました。 現在、名古屋市内の公立小・中学校、特別支援学校に所属するほぼ全ての教諭、養護教諭、主幹教諭、栄養教諭、学校栄養職員、学校事務職員、再任用教員が加入している職員団体です。 名教組は、全ての名古屋市立の公立小・中学校、特別支援学校379校(分校を含む)に「分会」をもち、各分会は名古屋市16区ごとの「支部」に所属して成り立っている組織です。 変更する場合もあります。 市教委交渉 新組合員の会 学校事務職員懇談会 書記局の主な活動内容 6つの部局(組織、調査、教育財政、教育文化、情報宣伝、厚生)と2つの専門部(青年、女性)で構成され、各種交渉、対応等を行います。 組織部 校長会交渉 代議員会 調査部 市労連定期大会 名教組総務局交渉 教育財政部 栄養教諭・学校栄養職員懇談会 名古屋の教育実態調査 予算要望書提出 教育文化部 市教研 名古屋市教育研究協議会と連携 平和教育・健全育成 ・環境教育資料貸出 情報宣伝部 機関紙「名教組」 定期大会経過報告書・議案書 厚生部 NTUスポーツフェスティバル 定年退職組合員の会 再雇用・再任用エントリー説明会 青年部 新組合員の会 青年部サマーツアー 青年部定期大会 女性部 女性部・養護部合同委員会 女性部定期大会.

次の

名古屋市教育会とは

名古屋 市 教育 委員 会

概要 [ ] 名古屋市職員労働組合連合会には、(名古屋市職労)・(名交)・(名水労)・名古屋市立高等学校教員組合(名高教)・名古屋市幼稚園教職員組合(市幼教)・名古屋市立病院職員労働組合(病職労)・名古屋市立大学教職員組合(名市大教職組)・名古屋市教員組合(名教組)が加盟している。 このうち、名古屋市職労・名水労・病職労・名市大教職組は(自治労連)に、名交・名高教・名教組は(連合)に加盟している。 所在地 [ ]• 本部:名古屋市中区三の丸三丁目1番1号• (名古屋市職労)• 本部:名古屋市中区三の丸三丁目1番1号名古屋市役所内• 名古屋市職労は、市職員が加盟する名古屋市役所の最大の労働組合である。 現在、(全労連)議長で、(自治労連)の前中央執行委員長の大黒作治は、元名古屋市職労の執行委員長だった。 (名交)• 本部:名古屋市中区丸の内三丁目10-4丸の内会館5階• 名交は、の職員で構成する労働組合である。 系の(自治労)に加盟している。 (名水労)• 本部:名古屋市中区三の丸三丁目1番1号名古屋市役所本庁舎5階• 名水労は、の上下水道事業に働く自治体(関連を含む)労働者で構成する労働組合である。 名古屋市立高等学校教員組合(名高教)• 名高教は連合系の(日教組)加盟の組合であるが、反主流派であり、全労連系の組合、(全教)などと共同歩調を取る場合が多い。 名古屋市教員組合(名教組)• 名古屋市立の・のほとんどの教員が加入している。 連合系の日教組に、愛知教職員組合連合会(愛教組連合)を通じて加盟している。 ににおけるの人事権が市に移管されたことに伴い、名古屋市労連に加盟した。 名古屋市役所内には名古屋市職労のほかに、自治労に加盟する少数派の自治労名古屋市労働組合(自治労名古屋)があるが、上述の名交とは異なり名古屋市労連には加盟していない。 脚注 [ ] 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

What’s NTU

名古屋 市 教育 委員 会

相生市教育員会の概要 教育委員会とは 教育委員会は、「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」の定めより教育に関する事務を処理するため、市町村等に設置される合議制の執行機関です。 市長が議会の同意を得て任命した教育長と委員4人で構成されており、学校教育、社会教育、文化財、スポーツの振興等に関する教育行政の基本方針や計画を審議・決定しています。 教育長 教育長は、市長の被選挙権を有し、人格が高潔で、教育行政に関して識見を有する方のうちから、市議会の同意を得て市長より任命されます。 任期は3年です。 (再任されることがあります。 ) 委員 委員は市長の被選挙権を有し、人格が高潔で、教育、学術及び文化に関して識見を有する方のうちから、市議会の同意を得て市長により任命されます。 任期は4年です。 (再任されることがあります。 ) 教育委員名簿 役職名 氏名 生年月日 任期 教育長 浅井 昌平 (あさい しょうへい) 昭和30.1.13 平成30.10.11~令和3.10.10 教育長職務代理者 萩原 喜樹 (はぎわら よしき) 昭和30.11.16 平成28.10.4~令和2.10.3 委員 小西 毅 (こにし つよし) 昭和47.9.22 令和1.12.23~令和5.12.22 委員 栗原 英子 (くりはら えいこ) 昭和30.3.28 平成29.12.24~令和3.12.23 委員 西田 香子 (にしだ きょうこ) 昭和30.1.29 平成28.10.4~令和2.10.3 就学支援事業について 学校・民生児童委員・教育委員会の連携のもと、経済的理由により、就学困難であると認められる小学生及び中学生の保護者に対して、等しく教育を受ける機会を与えるため、以下のとおり就学に係る費用の援助を行っています。 援助を希望される場合は、各学校又は教育委員会管理課までお問い合わせください。 令和2年度支給項目と支給額(年額) 支給項目 小学校 中学校 学用品費 11,630円 22,730円 通学用品費(第1学年を除く) 2,270円 2,270円 校外活動費(宿泊を伴わないもの) 1,600円 2,310円 校外活動費(宿泊を伴うもの) 3,690円 6,210円 新入学学用品費等 51,060円 60,000円 卒業アルバム代等 11,000円 8,800円 修学旅行費 実額 給食費 実額(平成23年度より無料化) 医療費 実額(トラコーマなどの特定疾病、学校病治療費) 各年度により支給額等の見直しがあり変更となる場合があります。 要保護世帯については、修学旅行費と医療費のみが支給対象となります。

次の