クレステッド ゲッコー。 クレステッドゲッコーのモルフと飼育方法。ケージの基本から餌や温度管理まで解説!

クレステッドゲッコーの【多頭飼い】はできる?共食いのリスクは?

クレステッド ゲッコー

爬虫類飼育初心者はレオパから始める人が多い傾向にありますが、クレステッドゲッコーも人気の品種で種類が多いのも特徴のひとつ。 とても大人しい性格をしている樹上生活をしているヤモリで 人の手にも乗ることを嫌がらないので、ハンドリングができ独特の感触を楽しむことができます。 クレステッドゲッコーを飼育するときには、次のポイントに注意しましょう。 樹上生活なので高さのあるケージが必要• 底材は保湿しやすいヤシガラなど• シェルター・水入れは必須• 照明はそれほど必要ない 餌はコオロギやデュピアなどの昆虫や、クレスゾルなどの人工飼料を与えますが、果物も食べるんですよ。 今回はクレステッドゲッコーの育て方や種類について解説していきます。 クレステッドゲッコーの飼育方法 クレステッドゲッコーは和名では 「オウカンミカドヤモリ」 といいます。 ニューカレドニアの南部の森林などの樹上で生活していて、昆虫だけでなく果物も食べるとても大人しい夜行性のヤモリです。 種類などにもよりますが、体長は約17cmで大きいものだと20cmを超えることも珍しくなく、寿命は約15年と長生きするタイプ。 性格は温厚なのですが飼育環境下ではオス同士は喧嘩をしますし、オス・メスペアでも繁殖期でも気が立っているときは喧嘩してしまうため 基本的には単独飼育 となります。 ヤモリは尻尾を自切しても尾が再生されますが、 クレステッドゲッコーは自切りした場合元の長さには戻らないので、 複数飼育による喧嘩やハンドリングのときに自切りしないよう注意が必要です。 クレステッドゲッコーの飼育を始めるときは、以下の4つのポイントに注意してケージや使用するアイテムを選ばなければなりません。 ケージは高さのあるものを選ぼう 水入れに水を入れておけば勝手に飲むことが多いですが、ごくたまに水入れからだと飲まないこともあるので、このようなときはケージのガラス面に霧吹きを使用して水滴をつけましょう。 口の中を見たときに、舌の色がうっすらとピンク色になっている場合は水分不足の状態なので様子をみて水を与えてくださいね。 餌入れに関しては、デュピアなどの昆虫の生餌を与えるときは逃走防止のためにも必要です。 照明はそれほど必要ない 昼行性の爬虫類の場合は日光浴をする必要があるため、バスキングライト・紫外線ライトといった照明が必要ですが、 クレステッドゲッコーは明るい環境が苦手なので照明をつける必要はありません。 しかし観葉植物など生きている植物を入れる場合には、光合成を促すためにも照明はあったほうがよいですが、1日の点灯時間を決め規則正しいサイクルで使用しましょう。 クレステッドゲッコーの餌 他の爬虫類同様にコオロギやデュピアといった生餌を好みますが、2020年4月現在、ワイルド種は輸出規制がかかっているため養殖されているものだけ購入することができ、 人工飼料に慣れているものが多いです。 餌を与えるタイミングは2~3日に1度くらいのペースにして夜に与えますが、翌朝残っているものは取り除きます。 成長期や産卵後は餌をよく食べますが、脱皮の前後や発情期・産卵前になると逆に食べなくなるので普段から様子を見て与えましょう。 コオロギ クレステッドゲッコーは養殖されているものや、ブリーダーが繁殖させたものを販売しているため、購入した時点で人工餌に慣れているものも多いです。 クレスゾルのようなチューブタイプの練り餌の場合は、スプーンなどにとって口元に運んであげたり、壁に塗りつけておくと食べてくれますよ。 昆虫と比べると必要な栄養がバランスよく含まれているので、餌による栄養バランスの偏りが起こりにくいという特徴があります。 また昆虫を主食にしている爬虫類はフンのニオイがきつくなる傾向にあり、その中でもクレステッドゲッコーはフンのニオイが特にキツいです。 どうしてもニオイが気になるという場合は、人工飼料にすることで悪臭を抑えることができますよ。 クレステッドゲッコーのモルフ(種類) クレステッドゲッコーの飼育に必要なアイテムや、餌についてお話ししてきましたが、ここからはクレステッドゲッコーのモルフ(品種)について簡単に説明していきましょう。 ノーマル 「ノーマル」はクレステッドゲッコーの数あるモルフの中でも、 特徴的なカラーパターンを持たない単色のもので模様がないタイプ。 シンプルな色合いでかわいらしいですよ。 タイガー 色合いはシンプルですがタイガーの名にふさわしく、 背中部分にバンド状の模様が入っています。 ファイア 「 ファイア」は体の横側にの炎手足や横腹には模様がなく、 体の側面にだけ炎を連想させるような模様が出現する品種。 ハーレクイン 「ハーレクイン」はファイアを品種改良して作られました。 横腹・四肢にまで炎を思わせる模様入りで、模様の入り方が派手な「スーパーハーレクイン」といったモルフもいます。 ダルメシアン 「ダルメシアン」というと犬を連想する人が多いようですが、 そのイメージどおり黒い点状の模様が体中に点在しているモルフです。 スポットの数や大きさは個体差があり、スポットの色もときには白・緑・赤など個体差が生じるという特徴もあります。 まとめ:【初心者向け】クレステッドゲッコーの飼育方法!床材・餌・人気のモルフ クレステッドゲッコーの飼育に必要なアイテムや適切な餌、さらにはモルフ(品種)についてお話ししました。 販売価格や体長・体重などに関してはモルフごとに異なりますし、模様の出方などで価格が上下することも。 しかし繁殖させやすいため養殖されたものやブリーダーが繁殖させたものが市場に多く出回っているので、比較的購入しやすい環境が整っています。 今回ご紹介したモルフ以外の品種も存在するので、時間をかけてお気に入りの1匹を探してみるのも楽しみのひとつです。 機会があればクレステッドゲッコー飼育にチャレンジしてみて!.

次の

クレステッドゲッコー ハーレクイン|いきもの商店くすくす

クレステッド ゲッコー

【ケージレイアウト】• ケージ:幅は45cm(単独飼いの場合)程度でOK。 高さのある前開きのものがベスト。 登り木:樹上性のため。 木の枝や流木、コルクバーグなどを入れる。 隠れ場所としても。 床材:ペットシーツやキッチンペーパーでよい。 ヤシガラは誤嚥するので使わない方が無難。 ウェット・シェルター:容器に軽く湿らせた水苔を入れておく。 コルクバーグで隠して設置する。 餌トレイ:人工飼料を与える。 ヒーター:遠赤外線パネルヒーターなど。 ケージの壁面に貼る。 植物:ポトス(乾燥すると枯れる)など。 ケージ内の湿度を示す指標にもなる。 ライト:蛍光灯(弱い紫外線が出る)。 ボディカラーの維持にも。 樹上性のため、高さ重視のケージが必要。 また上方からの侵入は、天敵の襲来を思わせます。 恐怖を感じさせるので「前開き」のケージがベターですね。 一方、 「湿度」は神経質になる必要はなく、 乾燥させないのが基本。 毎晩、全体的に 「霧吹き」する程度で問題ないでしょう。 管理が難しい場合は、タイマー付きの「ミストシステム」を使う手もありますよ。 壁面の水滴を舐めるので、 「水分補給」の役割もあります。 むしろ高温多湿(蒸れ)状態にならないよう注意が必要です。 餌は何を与える? クレスは「雑食性」。 「餌」は 「人工飼料」をメインにしてかまいません。 実はこれが人気の理由でもあるんです。 また栄養バランスを考えても、むしろ好都合なこと。 でも、総合食(クレステッドフード)、昆虫食(ガーゴイズフード)、果実食(ジャイアントフード)の3種類あるので、使い分けは必要です。 幼体には、動物性たんぱく質が豊富な 「ガーゴイル」。 成体には、バランスのよい 「クレステッド」。 肥満気味の個体には 「ジャイアント」を与えるとよいでしょう。 粉末状の飼料を水で溶いて用います。 幼体(成長期)では、毎日少量ずつ与えると効果的です。 成体では、 週に2~3回を目安に、そのうち1回は カルシウム剤を添加するのがベターです。 餌食いが悪いときは、水の代りに100%果実ジュースを用いる方法もあります。 またコオロギやミルワーム(冷凍も可)なども週に1度は与えましょう。 いかがでしたか? クレスはとても長生き(15年ほど)。 立派なクレスに育て上げたいものですね。 本稿が、あなたのペットライフのお役に立てれば幸いです。

次の

クレステッドゲッコーの【モルフ】・カラー一覧!人気BEST5とその値段は?

クレステッド ゲッコー

【ケージレイアウト】• ケージ:幅は45cm(単独飼いの場合)程度でOK。 高さのある前開きのものがベスト。 登り木:樹上性のため。 木の枝や流木、コルクバーグなどを入れる。 隠れ場所としても。 床材:ペットシーツやキッチンペーパーでよい。 ヤシガラは誤嚥するので使わない方が無難。 ウェット・シェルター:容器に軽く湿らせた水苔を入れておく。 コルクバーグで隠して設置する。 餌トレイ:人工飼料を与える。 ヒーター:遠赤外線パネルヒーターなど。 ケージの壁面に貼る。 植物:ポトス(乾燥すると枯れる)など。 ケージ内の湿度を示す指標にもなる。 ライト:蛍光灯(弱い紫外線が出る)。 ボディカラーの維持にも。 樹上性のため、高さ重視のケージが必要。 また上方からの侵入は、天敵の襲来を思わせます。 恐怖を感じさせるので「前開き」のケージがベターですね。 一方、 「湿度」は神経質になる必要はなく、 乾燥させないのが基本。 毎晩、全体的に 「霧吹き」する程度で問題ないでしょう。 管理が難しい場合は、タイマー付きの「ミストシステム」を使う手もありますよ。 壁面の水滴を舐めるので、 「水分補給」の役割もあります。 むしろ高温多湿(蒸れ)状態にならないよう注意が必要です。 餌は何を与える? クレスは「雑食性」。 「餌」は 「人工飼料」をメインにしてかまいません。 実はこれが人気の理由でもあるんです。 また栄養バランスを考えても、むしろ好都合なこと。 でも、総合食(クレステッドフード)、昆虫食(ガーゴイズフード)、果実食(ジャイアントフード)の3種類あるので、使い分けは必要です。 幼体には、動物性たんぱく質が豊富な 「ガーゴイル」。 成体には、バランスのよい 「クレステッド」。 肥満気味の個体には 「ジャイアント」を与えるとよいでしょう。 粉末状の飼料を水で溶いて用います。 幼体(成長期)では、毎日少量ずつ与えると効果的です。 成体では、 週に2~3回を目安に、そのうち1回は カルシウム剤を添加するのがベターです。 餌食いが悪いときは、水の代りに100%果実ジュースを用いる方法もあります。 またコオロギやミルワーム(冷凍も可)なども週に1度は与えましょう。 いかがでしたか? クレスはとても長生き(15年ほど)。 立派なクレスに育て上げたいものですね。 本稿が、あなたのペットライフのお役に立てれば幸いです。

次の