唐沢 寿明 新 ドラマ。 あまんじゃく 元外科医の殺し屋 最後の闘い |出演:唐沢寿明|テレビ東京

「ルーズヴェルト・ゲーム」ドラマ版は唐沢寿明と江口洋介がかっこいい

唐沢 寿明 新 ドラマ

俺は犯人を地獄の果てまで追いかける。 かつては凄腕の刑事。 性格は情熱的で、時には感情任せで動いてしまうが、情に厚く後輩たちからも信頼される昔気質な男だった。 3年前、正体不明の暴漢により妻を撲殺される。 妻は殺害される前、樋口に助けを求める電話をかけていたが、仕事中だった樋口はそれに気づかなかった。 一番愛する人を守れなかった悲しみは樋口の心に重い十字架となって残り、酒を飲んでは妻の幻影に涙する日々が続いた。 そんなある時、緊急指令室の中に新たにECU(Emergency Call Unit)が発足。 そのメンバーに樋口が召集された。 しかし、その室長が、3年前の妻が亡くなった事件で通報電話を受けた橘ひかりだと知り、樋口はチームに入ることを頑なに拒む——。 唐沢寿明さんのコメント紹介! 「ボイス」はストーリー展開がとても面白いと思いますし、演じる上でも視聴者がどんどん引き込まれていくエンターテイメント作品にしていきたいと思っています。 刑事ドラマといっても「ボイス」はこれまで自分が演じたものとは全く違う刑事像になります。 毎回、違う印象の役をやらせてもらえることはとてもやり甲斐を感じますし、作品を観てくださる方々にそういった部分も楽しんでいただければと思います。 真木さんとは前から一度共演できたらなと思っていました。 彼女は俳優としていい意味で陰があって、悲哀がある…深いストーリーを演じることができる方だと思いますし、今回の役も彼女にとても合っていると思います。 ドラマでは最初、真木さん演じるひかりの持つ能力を信じられずに反発するのですが、そこからどう信頼が生まれていくのかも見どころです。 新しい作品に入るときに自分の中で絶対にブレないのが、毎回「面白い作品を作っている」という自負があることです。 今回も絶対面白いドラマになるので、皆さんには楽しみにしてほしいです。 私たちが存在する意味であり、義務です。 ボイスプロファイラー。 幼少期、事故で目をケガしてしまったが、同時に微かな音も聞くことができる絶対聴感能力が生じた。 警察大学を首席で卒業した後、緊急指令室で働いていたが、ある日、ひかりが受けた電話で通報をしてきた女性(樋口の妻)が電話口の向こうで正体不明の暴漢に無残に殺される。 さらにその後、現場付近を巡回していた警官だった父親も同じ男に撲殺されてしまう。 助けを求めている人が、自分と電話でつながったすぐ先にいるのに、何もできなかったという失意と悔しさに苛まれるひかりは、やがてボイスプロファイルの専門家となる。 「緊急指令室」の室長に就任したひかりは、室内に独自の捜査チーム・ECU(Emergency Call Unit)を新設する。 真木よう子さんのコメント紹介! 警察官の役はこれまでもさせてもらっていて、クールで男っぽい役が多かったのですが、今作は「人の命を救いたい」という正義感と優しさを持った、どちらかというと女性らしく真っすぐに戦おうとする役です。 「真犯人を突き止める」という自分の信念は真っすぐ持ちながらも、カッコよく男っぽくという方向ではなく、人の命を救うためにチームを作り上げるという、新しい女性像を演じていきたいです。 日本テレビのドラマとして今回が初出演なのですが、私にオファーして頂きありがたいです。 期待に応えられるよう精一杯演じたいと思います。 唐沢さんとは初共演ですが、現場の空気を明るくしたり、役に熱心に取り組んだり、メリハリを持っている方と勝手なイメージがあります。 今から楽しみだしドキドキしています(笑)。 最初は、唐沢さん演じる樋口に、私が演じるひかりの正義や能力をなかなか信じてもらえませんが、徐々にお互いを信頼し合ってバディになっていきます。 その過程を、見て下さる方が納得してもらえるように丁寧に演じていきたいです。 「ボイス」は、番組をご覧になる方がいい意味で裏切られるような、見応えのあるドラマです。 物語の軸がしっかりしており、ハラハラドキドキしながら先の展開を見守ってください。 全ての方に向けて「面白いです」と胸を張って言える作品です! より引用 樋口を兄貴と慕う若手敏腕刑事・石川透という役よ! 港東署ECU緊急出動班・捜査員。 もともとは強行犯係に在籍し、当時係長だった樋口(唐沢寿明)のことを今でも「兄貴」と呼び、大変慕っている。 樋口のECU(Emergency Call Unit)配属とともに、自らも配属となる。 主に現場で樋口とともに捜査活動にあたり、樋口としても心を許せる存在。 ひょうひょうとしており、現場のムードメーカー。 だが、腕っぷしは強い。 増田貴久さんのコメント紹介! 「ボイス」の出演が決まったときは、とても嬉しかったです。 日本テレビの連続ドラマにレギュラーキャストとして出演するのも初めてなので、それもまた嬉しかったですね。 頼り甲斐があって、強く、優しい刑事を演じていきたいです。 撮影初日は、いつも緊張して現場に入るのですが、一足先にクランクインしていた唐沢さんやスタッフの方々に優しく迎えて頂き、いい緊張感のままリラックスして撮影に臨むことができました。 唐沢さんと共演するのは今回が初めてですが、大好きな俳優さんなので、一緒の空間で時を刻めることがとても嬉しいです。 あと、セットがすごいです! あるお店を再現したセットなのですが、最初は本当のお店をお借りしているんだと思っていました。 ホコリをかぶった小物が置いてあるなど、一から作ったとは思えないセットに感動しています! 美術さんの細部への想いなどを聞くためにお友達になりたいです。 「ボイス」は、ハラハラドキドキする展開で、一度観たら抜け出せなくなること間違いなしです! ぜひご覧ください! より引用 【主なドラマ出演作】• ケータイ恋愛小説 君のせい(2009年5月4日 — 5日、TBS) — 三上 柚梨奈 役(主演)• マッサージ探偵ジョー(2017年4月15日、テレビ東京) — 玉子 役• トットちゃん! 昭和元禄落語心中(2018年、NHK総合) - お千代 役• ゾンビが来たから人生見つめ直した件(2019年1月 — 、NHK総合) — 小池みずほ 役(主演) 緒方拓海/田村健太郎 「コンビニ」の稽古をしております。 我々草チームということで、植物と共に稽古をしております。 それに伴い、この時期の蚊の元気さにやられ、また、岩瀬さんは開けっ放しにしてあったリュック内のビニール音をゴキブリが入ったと勘違いをしてびびっておりました。 金曜ドラマ「ヤンキー君とメガネちゃん」(TBS) — 工藤拓也 役/レギュラー• 超ドSナイトの夜(静岡放送)• 女囚セブン(2017年、テレビ朝日) — 大平仁 役• 植木等とのぼせもん(2017年) — 青島幸男 役• 連続テレビ小説 半分、青い。 ヒガンバナ〜女たちの犯罪ファイル(2014年10月24日、日本テレビ) — 柳幸子 役• 問題のあるレストラン(2015年1月 — 3月、フジテレビ) — 烏森奈々美 役• リバース(2017年4月14日 — 6月16日、TBS) — 乾恭子 役• ヒモメン(2018年7月28日 — 9月8日、テレビ朝日) — 尾島和子 役•

次の

ボイス~110緊急指令室~|キャスト・出演者一覧【唐沢寿明主演ドラマ】

唐沢 寿明 新 ドラマ

概要 [ ] 本作は、1993年に特別番組として制作された・主演版が好評だったことから連続ドラマとして制作された が、設定や俳優陣は一新されており、続編ではない。 堺正章版や本木雅弘版では描かれなかったへの到着が本作でようやく描かれるという内容も、それらとは異なる点である。 堺正章版との差別化を図るため、過去シリーズより大きく脚色している。 登場するたちが一部を除き、妖怪の王・の配下にある妖怪・率いる妖怪軍団として組織化されており、提婆達多軍団との戦いに重点を置いている。 原作と堺正章版のに相当する白竜の人間体は、最初から登場する。 また、、、白竜は提婆達多の配下から改心してのお供になったうえ、沙悟浄と猪八戒は普段は人間の姿となっており、緊急時には沙悟浄は河童、猪八戒は豚の妖怪の姿(着ぐるみ)に変身して戦うという設定である。 第14話では、の顔にメイクをした「」という形態が登場した。 主役の唐沢は過去の経験を生かし、ほとんど吹き替えなしでアクションシーンを演じた。 また、特撮シーンには当時としては画期的なが多用されている。 一見すると中国ロケのような村の風景は、に当時存在していた中国風テーマパークので撮影された。 による休止が多く 、当初は全22話の予定であったが全17話で終了した。 ビデオはから第1話を収録した第1巻のみがに発売されたがとなっており、化もされていない。 キャスト [ ] 三蔵一行 [ ] 孫悟空 演 - 石から生まれた石猿。 とから戦う力を与えられた。 自分が「釈迦と対等だ。 」と言ってしまったために釈迦に岩山に閉じ込められてしまった。 三蔵法師に岩山から解放され、緊箍児を頭にはめられてしまったため三蔵のお供になった。 他の三蔵の弟子たちの兄貴分としてその手腕を発揮する。 勇気と思いやりを兼ね備えた性格だが短気で落ち込みやすい所もある。 戦闘能力が高く如意棒を駆使して敵と戦う。 当初は人間の愛や心を理解できないでいたが、最終回で三蔵との旅で人間の心を持ち人を信じる事が出来たと自暴自棄になった三蔵に言っている。 白竜曰く「失敬な奴」で三蔵曰く「少々短気な者」。 玄奘三蔵法師 演 - 太宗皇帝から三蔵法師の法名を与えられた僧。 天竺まで有り難い経典を取りに旅に出る。 旅の途中で白竜、悟空、悟浄、八戒を弟子にする。 非常に慈悲深い性格で白竜は長安で彼に助けられたためそれを恩義に感じて弟子になる。 意地っ張りで頑固で弟子に向かって「破門する」「修行が足りませんよ」と言うのが口癖。 その反面、精神的に脆いところもあり気分次第ですぐに考え方を変えたり、時折弟子の食糧を盗み食いするといった行動に出ることもあるので全くの堅物というわけではない。 最終回で腐敗した天竺に絶望して麻薬中毒に陥ったが、本当に大切なものが経典ではなく仲間と人の心であるという事を悟って立ち直る。 沙悟浄 演 - 羅刹女の部下だった河童の妖怪。 寺の和尚(八戒の変装)の執事に化けて三蔵を地獄に連れて行こうとするが、悟空に戦いを挑んで一度は命を落とす。 しかし、三蔵に命を助けられそのとして天竺行きのお供をする事になる。 しかし、天竺行きの一番の目的は金儲けのためであり金にがめつい。 また、三蔵法師に命を助けられた際には「このご恩は一生忘れません。 」と忠誠を誓っておきながら、きっかけ一つですぐに裏切る。 しかしながら、回を追うごとに三蔵の優しい気持ちに影響されていく。 金にがめつくなってしまった理由には彼が子供の頃に父親から何も買ってもらえなかった事がその背景にあるようである。 しかし頭は良く、、、、、の知識に秀でている。 戦闘時には人間の姿から河童の姿になり口から吐く息で敵を凍らせる。 時折、三蔵の事を「シロ坊主」と呼んでいる。 三蔵曰く「お金に卑しい者」。 猪八戒 演 - 羅刹女の部下だった豚の妖怪。 悟浄と組んで寺の和尚に化けて三蔵を地獄に連れて行こうとするが、悟空に戦いを挑んで一度は命を落とす。 しかし三蔵法師に命を助けられ、その恩返しとして天竺行きのお供をする事になる。 しかし天竺行きの一番の目的は女であり女性への執着心が病気のように強い。 食欲旺盛なために旅に必要な食糧を一人でつまみ食いする事もよくあり仲間たちの頭をいつも悩ませている。 そのせいか仲間内ではいつも損な役回りが多い(毒見や三蔵の身代わり等)。 悟浄同様、三蔵法師に忠誠を誓っておきながらきっかけ一つですぐに裏切る。 しかしながら悟浄同様回を追うごとに三蔵の優しい気持ちに影響されていく。 戦闘時には人間の姿から豚の姿に変わり口から炎を吐く。 悟浄の事を親友だと思っている。 三蔵曰く「女にだらしない者」。 白竜 演 - 羅刹女の部下・兇竜の息子。 皇帝の馬に化けて皇帝を殺そうとしたが失敗。 皇帝の命令によって処刑されそうになるが三蔵に助けられる。 三蔵に深く恩義を感じて弟子になるが、その事により提婆達多に父親を処刑されてしまう。 以後、三蔵の馬として天竺行きのお供をすることになる。 男らしく義理堅い性格で三蔵に対する忠誠心が一番高いといえる。 羅刹女の部下だった頃は自ら兵を率いて戦っていたが、三蔵の弟子になってからは滅多に戦闘に参加することはなかった。 他の弟子たちの戦い振りを横で見ているか、突込みを入れるかの役割をしている。 第16話で羅刹女の手にかかり絶命するも竜に生まれ変わって昇天する。 提婆達多群 [ ] 羅刹女 演 - 提婆達多配下の妖怪の女性。 人間の女に成りすまして太宗皇帝の妻となり子供を身篭り皇帝を殺して大唐帝国の実権を握ろうとするが三蔵法師の邪魔により失敗。 以後、妖怪軍団を率いて三蔵法師の命を狙うようになる。 冷酷非情な性格で誰が死んでも動じずにいつも不気味な笑いをしている。 人間を憎む理由は人間が妖怪を虐げてきたからだという。 その反面、人間の仕掛けた罠に落ちて泣き出してしまうといった間抜けな一面もあり、その時には三蔵の弟子たちから馬鹿呼ばわりされた。 第16話で絶命。 英竜 演 - 兇竜の息子で羅刹女の部下。 艶竜 演 - 兇竜の娘で羅刹女の部下。 英竜と艶竜は白竜の兄弟であるが、白竜が裏切ったために父親の兇竜が責任を取って処刑されたため、自分たちの命を守るためにやむを得ず羅刹女に従い前線で悟空たちと戦いを度々繰り広げる。 第16話で絶命。 提婆達多 演 - (声の出演) 妖怪の王で巨大な一つ目から発する炎が最大の武器。 五百年前に悟空に敗れ、一度は絶命するがその死は多くの妖怪を作り上げた。 三蔵が取経の旅に出る時には復活していた。 三蔵の取経を阻止し、妖怪たちの世界を築き上げようと目論む。 第16話で悟空の特攻を受け絶命。 ゲスト [ ] 第1話 「オープニングスペシャル 豪華絢爛摩訶不思議、CG特撮笑いと涙、何でもありの超大作」• 太宗皇帝 -• 兇竜 -• 観世音菩薩 -• 旅人 -• ナレーション -• 、 第2話 「何でもかなう願いの木」• 老婆 -• 農家の主 - 第3話 「善人村には落とし穴」• 広智坊 -• 馬大人 -• 麗芳 - 第4話 「三蔵の心臓が食べられちゃう! 春麗 -• 李白 -• 道順 -• 、 第5話 「怒りの三蔵vs.霊感大王」• 卜全 -• 天天 -• 安安 -• 霊感大王 -• 刑事妖怪 -• 医師妖怪 -• 、、 第6話 「霊界からよみがえった妖怪」• 南大 -• 外道神 - 第7話 「如意棒が盗まれた! 韋駄天小僧 -• 夜叉丸 - 第8話 「悟空vs.大たぬき妖怪!! 村長 -• 美麗 -• 恩来 -• 狸穴大王 -• 、 第9話 「悟空vs.時をこえる妖怪」• 重来 -• 時獏 - 第10話 「悟空破門! キント雲で金もうけ」• 劉洪 -• 李彪 -• 医者 -• 、 第11話 「未来を見通す家なき子」• 香琳 -• 周 -• 胴元 -• 宿の女将 -• 、、 第12話 「みんなまとめて破門します!? 鈴蘭 -• 源白 -• 源黄 -• 源黒 -• 、 第13話 「悟空vs.男をのろい殺す女妖怪!! 金炎 -• 武竜 -• 独秀 -• 、、、 第14話 「悟空狂乱! 村人たち全員誘拐! 俊英 -• 香蘭 -• 陳尚文 -• 牛頭魔王 - Ronny santana 第15話 「恐怖の妖怪収容所」• 孫子 -• 理空 -• 石像 - 第16話 「さよなら白竜・悟空vs.提婆最終決戦」• 妙珍 -• 家来 - 、 最終話 「ついに到着! これが天竺大雷音寺だ! マヤ -• 賊の頭 -• ハヌマン - スタッフ [ ]• 脚本 - 、、、、、、、、、、• 音楽 -• 監督 - 、、、、、• 特撮監督 -• 主題歌• 「」 番組前半ではオープニングテーマ、第1話と番組後半ではエンディングテーマ• infix「」 通常は挿入歌だが、最終話のみエンディングテーマとして使用された• 選曲 -• 音楽プロデュース -• 技斗 -• 特殊メイクデザイン -• 特殊メイク - 宗理起也、織田尚• 特殊造型 - 水野伸一• キャラクター造型 - 、、高柳祐介• CG - テクノネット• 光学アニメーション -• 操演 - 亀甲船• ロケ協力 - 登別中国庭園・天華園• 技術協力 -• スタジオ -• 音響効果 - ()• 小道具 -• 衣装 -• 装飾 -• 美粧 -• プロデュース - 、西牟田知夫、鍋島壽夫、吉田多喜男• 制作協力 - ライトヴィジョン、• 製作著作 - 放送日程 [ ] 各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率 第1話 1994年4月 08日 オープニングスペシャル 豪華絢爛摩訶不思議、CG特撮笑いと涙、何でもありの超大作 柴英三郎 一倉治雄 12. 深沢正樹 11. 峯尾基三 門奈克雄 08. 尾西兼一 09. キント雲で金もうけ 尾崎将也 門奈克雄 07. 丸山比朗 吉田啓一郎 0 7. 布勢博一 村田忍 08. 村人たち全員誘拐! 田上雄 杉村六郎 09. これが天竺大雷音寺だ! 田上雄 門奈克雄 08.

次の

ボイス~110緊急指令室~|キャスト・出演者一覧【唐沢寿明主演ドラマ】

唐沢 寿明 新 ドラマ

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2017年1月) :顔写真のをお願いします。 ( 2017年10月) からさわ としあき 唐沢 寿明 別名義 唐沢 潔(旧芸名) 生年月日 1963-06-03 (57歳) 出生地 身長 175 血液型 職業 ジャンル ・・ 活動期間 - 活動内容 :デビュー :『』 :『』 :『』 :『』 :『』 :『』 配偶者 ( - ) 事務所 公式サイト 主な作品 テレビドラマ 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 映画 『』 『』 『』 『』 『』 吹き替え 『』シリーズ この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年1月) 高校中退後、、俳優として活動を開始。 東映アクションクラブ(当時最年少16歳で四期生)、(主にレコード会社回り)、三生社(社長は俳優の最初の妻)を経て、から声をかけられ現所属であるに所属する。 にのと。 人物 [ ] の「寿明」は個人事務所の所属時に、社長が唐沢に黙ってに相談し、名づけたものである。 デビュー当初は無名ゆえに食べていけず、などでのやの『』『』などのに脇役やとして出演することで凌いでいた。 また東映では斬られ役や、などの他に照明や衣装のアシスタントなどの裏方も担当していた。 そのほか「今日の自分があるのは過去のおかげ」として、のを行っていたことも積極的に開示している。 特撮との関わり [ ] 前述のように、無名時代は特撮番組への出演で凌いでいたが、後年の『』にゲスト出演した際には「俺は役で映画に出ている。 銀幕がデビューなんだ。 」と自慢したため、やから「俳優さんはそんな過去を秘密にするのにいいんですか?」と気を使われている。 食べていけるようになってからも特撮好きは変わらず、『』や『』をカラオケで熱唱すると『』で語っている。 スーツアクターを描いた映画『』への出演も、無名時代に前述の過酷な経験を持つゆえのものであり、4か月間の肉体改造を行った。 親交の深いから映画でを演じることを報告された際には、「何だよ! スケジュールの都合が合ったら出たのに! ライダーマン役で!」と返したという。 上記の思い入れからも、『』には企画主旨に賛同して制作側の熱望に応える形で、役として特別出演した。 爽やか路線 [ ] 高校中退で親にも勘当され、にも全く受からず進退窮まった際、プロデューサーのアドバイスでとという出で立ちに路線変更したところ、その直後のオーディションで1位合格を得る。 それ以降、仕事が入るようになった。 ちなみに本人から「あまり言わなくていい」と言われているために伏せているが、実は爽やか路線を進言したのはである。 そのため現在も浅野には頭が上がらない。 爽やか路線は本人のセンスとは全く異なり、内心「ダサい」と思っていたという。 爽やか路線に変更した頃、1992年の人気ドラマ『』で演じたエリート好青年の役で一気にブレイクし、雑誌の特集などで「爽やか」「好青年」という代名詞が付くことが多くなって女性ファッション誌の人気ランキングにランクインするなど、1990年代は当時のいわゆる人気若手俳優の1人といった存在だった。 性格・考え方など [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年1月) 演技への姿勢 [ ] 芝居に対しては大変真摯で、舞台・芝居放映中には「役のイメージが崩れる」として他の番組に出演しないほどである。 また、『白い巨塔』では放送終了までNGシーンの放出を許さなかったという。 明るい性格 [ ] 上記の姿勢とは裏腹に番宣は抜かりなく行う、ひょうきんな性格である。 バラエティ番組の自己紹介でおどけるほか、制作発表などでは共演者をよく弄り、特に熱愛が発覚した場合には随所にネタを振るほどである。 自身が妻・とのの噂などが報じられると、「この間、の知り合いから『ローカル放送ので、山口が離婚届を出しに行くって聞いたけど、ホント? 』って言われちゃって、冗談じゃないよ」と否定し、山口がテレビ特番で姿を披露したことにも触れ、「俺は水着どころじゃないからね。 もっと凄いものを見ているから」と言ってバスタオルをはだける仕草を見せ、記者の笑いを誘った。 趣味など [ ] への思い入れは強く、の自宅に唐沢が来て一緒に「」、「」を鑑賞した時に唐沢はアクションシーンで叫んだり英語でセリフも覚えており、中野もブルース・リーに詳しいつもりだったがレベルが違ったと自身の公式ブログでエピソードを紹介した。 関連グッズも多数所有している。 プライベートでは熱心なとしても知られ、特にの分野ではの後期型、、、、を所有し 、専門誌の取材も受けている。 このように上質なコレクションを持つ一方、自らのドライビングで積極的に各種ラリーイベントにも参加している。 を取得しサーキットレースにも参加するなどの活動により、大衆への自動車文化の流布に多大なる貢献を果たしている。 歌唱力が高い事でも知られており、『』にて挿入歌「」のウッディ・バージョン、『20世紀少年』にて「Kenji」名義で「」を歌うなど活動も行っている。 交友関係など [ ] のトークイベントにゲスト出演した際、無名の頃に真田の主演舞台の裏方をした時のエピソードを披露、以降も親交がある。 集合時間の3時間前から現場入りして、ストイックに仕事に打ち込む真田の姿に感動した唐沢は、同時に彼の体調を心配し、誰からも頼まれていないのにいつでも代役が務められるようにと、真田より早い4時間前から現場に入り、セリフを完璧に覚えていた。 真田も、その懸命な唐沢の存在に気づいていたという。 「白い巨塔」で共演したとは食事に行く仲で、60歳を過ぎてもエンターテインメントの第一線で活躍している点など心から尊敬しているという。 雑誌のインタビューで、「いい男とは? 」という質問に「」と即答している。 下積み時代に、の妹に日本舞踊を習っていたことから、息子ののことは彼の小学生時代からよく知っているという。 が死去したちょうど翌日、数年ぶりに白い巨塔の制作に関わったスタッフとの食事会を予定していたという唐沢は、「久しぶりに当時を振り返り、思い出話ができると思っていた矢先、山崎先生の突然の訃報を受けて、本当に言葉がありません」と悲痛な胸の内を明かした。 エピソード [ ] 結婚 [ ] 放送のNHK連続テレビ小説「」の共演が交際のきっかけ。 唐沢は山口の第一印象を「デカイ女」と思ったとのこと。 また、山口は唐沢の第一印象を「日本一、顔の小さい男だと思った。 握り拳くらいしかない」と結婚後に雑誌インタビューで語っている。 この作品がデビュー作で初主演の山口は、舞台や東映の特撮スーツアクター、スタントや声の吹き替えなどで既に下積み経験の長い唐沢に「女優としてやっていく自信がない」などと撮影の合間にたびたび悩みを打ち明けていた。 週5日の大阪での撮影中、二人はホテルの内線電話でよく話をするようになったという。 撮影終盤のクリスマスに山口からプレゼントを贈られたことや打ち上げの会場に向かう車で初めて二人きりになったことなども著書に綴っている。 また、元日放送の「」では、山口とともにグアム島から生中継リポーターを務めた。 、ガムテープと手錠とカメラを持った二人組の男が宅配業者を装って山口の自宅マンションに侵入した暴漢未遂事件が発生。 この時、唐沢が部屋にいたことでことなきを得たがこの事件で二人の交際が発覚し、事件そのものの衝撃と週刊誌などのマスコミに追われたことで神経がくたくただったが、山口が受けたショックを思うと参ってはいられなかったと著書で振り返っている。 のスポーツ新聞の一面に入籍報道が載ったがその翌々日の15日に入籍・記者会見の予定だったことから驚きはしなかったという。 1995年、7年間の交際を経て山口智子と入籍、翌々日にフジテレビにて二人で記者会見を行った。 記者会見でお互いどんなところが良かったのかという芸能レポーターの質問に唐沢は「普通の感じの女性で、家のこともちゃんとやる人だから」「料理が上手」「笑顔が素敵」などと答え、山口は「世界で一番幸せだと思っています」「仕事に対する姿勢を尊敬しています」などと答えていた。 結婚でショックを受けたお互いのファンに対してどう思うかと聞かれると「たまに貸し出しますよ」と答えるなど、終始、唐沢が芸能レポーターたちを笑わせる会見となった。 また、唐沢は同じ日に放送されたの番組『』に出演し、さんまのインタビューを受け、交際中の秘話や結婚までの道のりを語った。 さんまの事務所の女性スタッフが唐沢の大ファンでショックを受けているとさんまに言われると「ありがたいことです。 だけど、もういい大人なんで」と答えていた。 結婚以降、山口は女優活動をセーブしているがにゲスト出演した『』で司会のアナウンサーに「奥様はお元気ですか?『家にいろよ』とかおっしゃっているんですか? 」と聞かれ、「それは無いです。 良かったら何かドラマの企画書を出して下さい」と答えていた。 一方、山口は近年、芸術・美術やそれらに携わる職人に関する活動を熱心に行っており、に自身がナビゲーターを務めた職人技を紹介する番組でスポーツ新聞の取材に対し「美術やアートって聞くと、見事に聞き流されますね」「彼の興味は役者の仕事と車。 2点集中主義の人生がいいみたい」「彼も『職人』なんだと思うようになった」と語り、5月号の雑誌『美ST』のインタビューでは「いい主人に巡り合えて本当に幸せ。 人生を豊かにしてくれて、心から感謝してる」「彼と歩む人生はとても楽しいです」と唐沢について語っている。 「白い巨塔」に関するエピソード [ ] 2003年のドラマ『』主演の際、唐沢と山崎の初顔合わせとなった食事の席(プロデューサーも同席)で原作者の作家に 「財前役をやるなんていい度胸してるわね。 あなた大丈夫?」と言われた。 当初山崎は、役のイメージに合わないという理由で唐沢が財前役を演じることに難色 を示していたが、食事が進むにつれ「あなた面白い男だね。 」と気に入り、唐沢の起用に納得したというプロデューサーの後日談がある。 ドラマを見た山崎は 「あなたが財前で良かった。 素晴らしかった。 感動しました」と唐沢を評価した。 また、同じく山崎豊子原作の『』をドラマ化したいとプロデューサーが山崎に話をしに行った時、山崎は「唐沢くんでよろしくね」と発言しており、6年後にドラマ化され主演した。 トイ・ストーリーシリーズ [ ] シリーズではゲームなど一部を除き、から一貫して主人公(原語版声優は)の吹き替えを担当している。 よくウッディと顔立ちが似ているため「リアル・ウッディ」と言われ、これについて唐沢は「すごく嬉しいけど俳優としてはウッディに顔が似ていたら困るよね(笑)」「でも俳優としての自分の立ち位置とウッディの立ち位置は似ている気がします」と語っている。 また、「声優(としての仕事)はウッディだけと決めているんです。 子どもたちにウッディって呼ばれることも多いし、嬉しいですね」と役への強い思いも示している。 作品については「正直、ここまで愛される人気シリーズになるとは思っていなかった」と語っており、また「(シリーズの)何が良いかって、おもちゃたちや持ち主はもちろん、観客が大切なことを学びながら、成長できる点だと思うんですよ」と発言している。 その他のエピソード [ ] 2008年3月10日、平成19年度の演劇部門で文部科学大臣新人賞を受賞し、都内で行われた贈呈式に出席した。 2011年2月公開の映画「」に元ヤクザの軍人役で出演。 役作りの為、唐沢自らの提案でスキンヘッドにしたり鳥ささみ中心の食生活に変えて本格的な筋力トレーニングを行って撮影に臨んだ。 2012年1月からで放送された世界初の日本・韓国・中国合作のサスペンス・アクションドラマ「Strangers 6」(全15回)に主演。 このドラマで共演したによると、唐沢は英語が堪能で、韓国・中国の共演者と英語で会話し、黄川田と共演者が話す際に唐沢が通訳をしたという。 (1984年、) - 、獣人大ムカデ 役 - としての出演• (1986年、)• (1985年、松村雄基の手下役)• (1987年、) - 宮崎守 役• (1988年) - 林雄太 役• (2016年) - 役• (2020年) - 古山三郎 役• (1988年、NHK)• (NHK)• (1989年) - 役• (2002年)(2006年) - 役• (1989年4月 - 6月、TBS)• (1990年1月9日、テレビ朝日) - 田中 役• (1990年4月 - 6月、TBS) - 整備士・小川 役• (1990年6月 - 9月、フジテレビ) - 同心・鳥飼 役• (1990年10月 - 12月、TBS)• (1991年1月4日、)• (1991年1月 - 3月、フジテレビ) - 日高理 役• (1991年、NHK)• (1991年、TBS)• 第1シリーズ(1991年、TBS) - 竹原洋次 役• (1991年12月31日、日本テレビ) - 役• (1992年1月 - 3月、フジテレビ) - 高月健吾 役• (1992年10月 - 12月、TBS) - 森田圭介 役• (1993年4月 - 6月、日本テレビ) - 佐伯政人 役• (1994年1月24日、TBS) - 片田 役• (1994年4月 - 9月、日本テレビ) - 役• (1994年 - 1999年、フジテレビ) - 役• これがホンモノの料理だ!! (1994年1月7日)• (1995年1月20日)• 究極VS至高 生命の対決! (1996年11月1日)• 究極VS至高 心の対決! (1997年10月8日)• 究極VS至高 最後の対決!? (1999年8月20日)• (1994年10月 - 12月、フジテレビ) - 高木雅史 役• (1995年、TBS) - 萌沢隣太郎 役• (1996年2月14日、フジテレビ) - 千堂謙吉 役• (1996年10月 - 12月、フジテレビ) - 織田圭二 役• (1997年1月、フジテレビ) - 刑事 役• 最終話(1997年6月17日、フジテレビ) - 新総理 役• (1997年10月 - 12月、フジテレビ) - 小泉三太 役• (2000年7月 - 9月、フジテレビ) - 鳩山一茂 役• (2000年10月 - 12月、フジテレビ) - 竜崎ゴウ 役• 第8話(2002年11月27日、日本テレビ) - 東条正幸 役• (2003年10月 - 2004年3月、フジテレビ) - 役• (2005年1月 - 3月、) - 役• (2005年12月27日、日本テレビ) - 役• (2006年1月 - 3月、フジテレビ) - 小早川伸木役• (2006年8月11日 - 24日、TBS) - 沢木隆明 役• (2007年1月3日、フジテレビ) - 役• 第1シーズン 第1話(2007年10月15日、フジテレビ) - 金森龍男 役• (2009年10月 - 2010年3月、フジテレビ) - 壹岐正 役• (2010年10月 - 12月、関西テレビ) - 堂島基一 役• (2012年1月 - 5月、) - 皆藤悟 役• 第1話「さよならコーチ」(2012年7月5日、フジテレビ) - 石上純一 役• (2013年1月 - 2月、NHK) - 矢作篤志 役• (2013年4月 - 6月、TBS) - 帆村正義 役• (2013年11月30日・12月1日、テレビ朝日) - 佐藤茂雄 役• (2014年4月 - 6月、TBS) - 細川充 役• (6月19日、日本テレビ) - 京極浩介 役• (7月 - 9月、TBS) - 浅井栄治 役• (2016年6月25日・26日、フジテレビ) - 鳴海鉄也 役• (2018年3月28日、NHK BSプレミアム)- 白いレーシングスーツの男 役• ドラマ特別企画「がん消滅の罠〜完全寛解の謎〜」(2018年4月2日、TBS) - 夏目典明 役• 「不倫警察」 (2018年5月12日、フジテレビ) - 葛木良男 役• (2018年8月25日、日本テレビ) - 役• あまんじゃく(2018年9月24日、テレビ東京) - 折壁嵩男 役• (2018年10月 - 12月、テレビ東京) - 秋津渉 役• (2019年1月 - 3月、TBS) - 蓮見壮一郎 役• (2019年7月 - 9月、日本テレビ) - 樋口彰吾 役• (2020年10月 - 、テレビ朝日) - 獅堂現馬 役 映画 [ ]• (1991年) - 川又保 役• (1992年) - 桐波 役• (1993年) - 羽野一樹 役• (1995年) - 望月晋平 役• (1995年) - 森崎勝也 役• (1997年) - 工藤学 役• (1997年) - 神崎啓一郎 役• (2001年) - 柳沢英寿 役• (2001年)• 宇宙ドクターズ」出演• (2003年) - 民谷(境野)伊右衛門 役• (2003年) - 神崎慎太郎 役• (2004年) - ブライキング・ボス役• (2006年) - 赤丸寿一 役• (2008年) - ゆべし 役• (2008年 - 2009年) - 役• 20世紀少年〈第1章〉 終わりの始まり(2008年)• 20世紀少年〈第2章〉 最後の希望(2009年)• 20世紀少年〈最終章〉ぼくらの旗(2009年)• (2008年) - 警察官 役• (2011年) - 堀内今朝松一等兵 役• (2011年) - ドクター 役• (2014年) - 本城渉 役• (2015年) - 役• (2017年) - 京極浩介 役 舞台 [ ]• 「ATTACK・スーパー・アクション・プロジェクト」の公演数作品(1980年代)• 「劇団ATTACK」の公演数作品(1980年代)• ボーイズレビュー・ステイゴールド(1987年、)• ミュージカル「真利亜」(1987年、博品館劇場)• 薔薇と棺桶(1988年、パルコ劇場)• ダンスレビュー'89 「COUNT DOWN」(1989年、博品館劇場・)• 版「」(1990年、)• 野田版「」(1992年、日生劇場)• 出口なし! (1994年)• (1998年 - 1999年)• (1999年)• カノン(2000年)• (2001年、2002年)• (2003年)• 浪人街(2004年)• (2005年)• HUMANITY THE MUSICAL(2006年)• (2007年)• (2009年) テレビアニメ [ ]• (2003年)• (2005年) - ペザリック 役• (2013年) - 役 アニメ映画 [ ]• () - 役• (1996年)• (2000年)• (2010年)• (2011年)• (2012年)• (2012年)• (2014年)• (2015年)• (2019年)• (2004年) - 車掌、サンタ、ホーボーなど5役 ゲーム [ ]• (2003年) - イウヴァルト 役 バラエティ [ ]• - 無名時代にサラリーマン限定の競争に一般を偽り参加した事があり映像も現存している。 (2011年11月23日、TBS) - 総合司会• (2012年6月29日、TBS) - 主宰(総合司会)• (2018年3月3日・9月22日、テレビ東京) - ゲストライダー ドキュメンタリー [ ]• レオナルド・ダ・ヴィンチ展特別番組 天才の肖像〜「TAKE FIVE」が挑むダ・ヴィンチの謎〜(2013年5月3日、TBS) - ナビゲーター CM [ ]• 「『』」• 「ルシェリ」• 「」イメージキャラクター(2005年6月)• 「サロンパスAe」イメージキャラクター(2004年頃)• 「」 レッド編ナレーション(1997年)• 「」(2017年)• 「ゴールドブレンド」• と共演(1989年)• (前期型・2004年)• (1991年頃) 熱血キッド(奥田古佐典) 役• 企業CM、、、、(1996年)• 「NEWS! 」編(2002年)• ビスケットシリーズ、• eo光(2006年7月 - )• HAPPY BANK DAY to you! (2006年11月 - )• 、ラガービール• 、FLAVONO• ドコモF208、501i、502i、209i• シリーズ(2010年6月)• モーニングショット(2010年4月)• 「」(2012年8月)• earth(2014年1月)• 「」(2015年9月) - と共演• アリナミンVドリンク• 頂(2017年) その他 [ ]• 1991年• 第65回ベストテン 新人男優賞(『』)• 1992年• 新人俳優賞(『おいしい結婚』、『』)• 1993年• 新人賞• 1998年• 優秀主演男優賞(『』)• 2000年• 第27回 主演男優賞(『』)• 2003年• 第11回• 2008年• 演劇部門(『』)• 2013年• 第3回ジャパン・モーターレーシング・ホール・オブ・フェイム(自動車文化人部門)• 2014年• 2014 書籍 [ ]• 音楽 [ ]• アルバム「僕にできること」(1995年12月1日)• シングル「2人のすべて」(1995年11月1日) - 『』主題歌(とのデュエット)• (未CD化) - 『』挿入歌• (未CD化) - 『』挿入歌(「Kenji」として) 脚注 [ ] []• 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年1月23日閲覧。 2017年1月23日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2014年9月14日. 2020年3月24日閲覧。 cinemacafe. net イード. 2015年1月28日. 2020年3月24日閲覧。 まんたんウェブ 株式会社MANTAN. 2018年8月12日. 2020年3月24日閲覧。 デイリースポーツ online 株式会社デイリースポーツ. 2018年8月26日. 2020年3月24日閲覧。 中野英雄オフィシャルブログ『COSA NOSTRA』(2010年8月5日掲載記事)• 「MEN'S EX 2007年12月号」• シネマトゥデイ 株式会社シネマトゥデイ. 2009年10月25日. 2020年3月24日閲覧。 「SCREEN」(2009年9月号)• 「MEN'S EX 2004年6月号」• 「」(2009年10月号)• ORICON NEWS oricon ME. 2013年9月30日. 2020年3月24日閲覧。 創刊30周年記念超特大号(2012年9月21日発売号)• 「不毛地帯公式ガイドブック 上巻」掲載(2009年10月14日発売• クランクイン! ハリウッドチャンネル. 2019年6月28日. 2020年3月24日閲覧。 2019年7月11日. 2020年3月3日閲覧。 com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2010年6月29日. 2020年3月24日閲覧。 スポーツ報知「唐沢寿明「チャレンジ楽しみ」日・韓・中合作ドラマに主演へ」(2011年3月3日掲載記事)• プラスアクトミニ「黄川田将也 日本・中国・韓国共同制作ドラマ『STRANGERS 6』に出演。 初めて体験した中国での撮影を振り返る」(2011年10月31日発売15号掲載記事)• Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2016年2月15日. 2016年2月15日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年9月6日. 2019年9月6日閲覧。 マイナビニュース 2016年5月19日. 2016年5月19日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2019年5月13日. 2019年5月13日閲覧。 デイリースポーツ online 株式会社デイリースポーツ. 2020年3月24日. 2020年3月24日閲覧。 2014年7月6日閲覧。 2015年6月22日閲覧。 シネマトゥディ 2018年12月20日. 2018年12月20日閲覧。 GQ JAPAN 2014年11月20日. 2014年11月21日閲覧。 幻冬舎plus. 2020年3月24日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の