翔 んで 埼玉 キャスト。 翔んで埼玉のレビュー・感想・評価

翔んで埼玉(とんでさいたま)のキャスト一覧!出身地は埼玉?

翔 んで 埼玉 キャスト

解説 「パタリロ!」で知られる漫画家の魔夜峰央が1982年、当時自らも居を構えていた埼玉県を自虐的に描いたギャグ漫画として発表し、30年以上を経た2015年に復刊されるとSNSなどで反響を呼んだ「翔んで埼玉」を、二階堂ふみとGACKTの主演で実写映画化。 かつて東京都民からひどい迫害を受けた埼玉県民は、身を潜めてひっそりと暮らしていた。 東京都知事の息子で、東京のトップ高校である白鵬堂学院の生徒会長を務める壇ノ浦百美は、ある日、アメリカ帰りで容姿端麗な謎の転校生・麻実麗と出会う。 百美は麻実に淡い恋心を抱き、互いに惹かれあっていく。 しかし、麻実が埼玉県出身であったという衝撃の事実を百美が知ってしまい、2人は東京と埼玉の県境で引き裂かれることとなってしまうが……。 二階堂が男性である百美役をGACKTが麻実役をそれぞれ演じる。 監督は「のだめカンタービレ」シリーズ、「テルマエ・ロマエ」シリーズの武内英樹。 2019年製作/107分/G/日本 配給:東映 スタッフ・キャスト 埼玉県ってそんな駄目なとこだろうか。 なんでそんなに自尊心が低いのかよくわからない。 自分は神奈川県民なのであまり埼玉県に行かないのでよくわからないな、と思っていたのだが、本作を見てなるほどと思った。 行かないのは要するに行っても見るものがないということだと。 無個性であることが自尊心の低さになっているのだが、本作はそんな無個性を揶揄することで逆に埼玉に強烈な個性を与えることに成功していると言えるかもしれない。 この映画を観れば、「埼玉県民おもしれーなー」とやっぱり思うわけだし。 クライマックスに提示される「全国総埼玉化計画」は現代社会に対して皮肉が効いている。 どこに行っても同じお店が並び、同じような風景ばかりになってしまった。 確かに日本は埼玉化しているのかもしれないと思った。 GACKTと二階堂ふみのハマり具合は素晴らしかった。 GACKTは画面にいるだけでそこが異空間のようになる。 この映画に欠かせない存在だった。 2019年の興収ランキングで8位、日本アカデミー賞で優秀賞12部門、最優秀を監督賞・脚本賞・編集賞の3部門で獲得するなど、大変な話題作だけに期待して鑑賞。 だが見かけの軽薄な印象を覆すほどの意外性や深みは感じられず。 逆に、ギャグ漫画の世界観を忠実に実写化する商業映画が、興行的にも批評的にも大成功を収めた事実に、邦画の作り手側と受け手側、双方のガラパゴス的独自進化を痛感してしまう。 まず埼玉県のローカル性を首都東京と対比してけなす笑いの質が、弱者をいじめながら「いじってあげている」「相手も喜んでいる」などと開き直る精神性に似て居心地悪い。 魔夜峰央の「パタリロ!」はコミックで読んで好きだったので、本作の原作は未読ながらきっと面白いだろうと想像するが、映画化に値する主題かどうかは疑問。 百美を二階堂ふみに演じさせることでBL要素をオブラートに包んだ点には、したたかな戦略を感じたが。 魔夜峰央の荒唐無稽なギャグマンガがまさかのリバイバルヒットなり、まさかの実写映画化。 正直、ここまでちゃんとやってくれるとは思っていなかった。 なんとも失礼な話だが。 観終わって何かを残す映画もあるが、全力でバカげたことをやり切っていて、深みみたいなものを一切感じさせないのがいい。 それも出演している役者陣が求められていることをきっちりとこなしているからで、終始、職人芸を愛でるような気持ちで鑑賞していた。 中でも得難い人材だと感心したのがGACKT。 よくもまあマンガでしか成立しないような生き物をかくも完璧に演じることができるものだと感動すら覚えた。 ただしその感動も後を引くようなものでなく、サラサラと脳から滑り落ちていく。 その気楽な塩梅も、普通に力の入った熱演では醸し出せるものではない。 GACKTが提示する非現実な佇まいが最良の形で活かされた稀有な企画だったのではないか。 いや、GACKTについて詳しくないので、実はこんなことは朝飯前なのかも知れませんが。 なんやかんやあり、百美は麗に恋をしますが、実は麗が隠れ埼玉県民であることが発覚します。 「WAVES ウェイブス」 C 2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved. 「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 C 2019 Gravier Productions, Inc. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

映画『翔んで埼玉』追加キャスト情報解禁!!

翔 んで 埼玉 キャスト

実写映画化される『飛んで埼玉』とは? 今回映画化される『翔んで埼玉』は 『パタリロ!』などで知られる 魔夜峰央先生の漫画作品。 1982年~1983年に『花とゆめ』で連載された 30年以上前の漫画なのです。 しかも途中で連載が中断されたままの 未完の漫画となっています。 ところが近年の地域ディス漫画ブームもあり、 『翔んで埼玉』にも注目が集まるようになりました。 『お前はまだグンマを知らない』や 『はんなりギロリの頼子さん』など 特定の地域をディスる漫画が ネットを中心に話題になっていったのです。 そんな地域ディスの流行りに乗り、 さらに『月曜から夜ふかし』で 取り上げられたのがキッカケとなって 『翔んで埼玉』は一気にブレイクしました。 『翔んで埼玉』が収録されている短編集 『やおい君の日常的でない生活』が高騰し、 入手困難となったことを受けて宝島社から復刊。 さらに『翔んで埼玉』だけで 単行本が発売されるブームとなったのです。 そして今回、まさかの実写映画化が発表されました。 意外なキャストが話題に! 映画『翔んで埼玉』で主演を務めるのは 二階堂ふみさんとGACKTさん! 二階堂ふみさんが演じるのは 学園を牛耳る理事長の孫・白鵬堂百美(はくほうどうももみ) 外見も名前も女性のようですが男性。 つまり二階堂ふみさんは 男性役を演じることになるのです。 白鵬堂百美は高慢で横暴な性格でしたが、 転校生・麻実麗(あさみれい)に学問でもスポーツでも敗北。 最初は反発していたものの、 やがて麻実麗に恋心を抱くという役どころです。 白鵬堂百美の恋の相手となる 麻実麗を演じるのがGACKTさん! GACKTさんがまさかの高校生を演じるのです! さすがに実際の年齢と役の年齢の差が 離れすぎているようにも思いますが、 容姿端麗で何でもこなすというキャラクターは GACKTさんにピッタリ! この2人のキャスティングは非常に楽しみですね! 映画公式サイトは? 映画『翔んで埼玉』の公式サイトは 2018年4月9日現在、 まだ公開されていません。 今のところキャストも 主演の2人しか発表されていませんが、 今後公式サイトがオープンしたら 他のキャストも発表されていくことでしょう。 公式サイトがオープンしたら また追記したいと思います。

次の

千葉県民よ刮目せよ!「翔んで埼玉」実写映画化で「千葉」登場

翔 んで 埼玉 キャスト

解説 「パタリロ!」で知られる漫画家の魔夜峰央が1982年、当時自らも居を構えていた埼玉県を自虐的に描いたギャグ漫画として発表し、30年以上を経た2015年に復刊されるとSNSなどで反響を呼んだ「翔んで埼玉」を、二階堂ふみとGACKTの主演で実写映画化。 かつて東京都民からひどい迫害を受けた埼玉県民は、身を潜めてひっそりと暮らしていた。 東京都知事の息子で、東京のトップ高校である白鵬堂学院の生徒会長を務める壇ノ浦百美は、ある日、アメリカ帰りで容姿端麗な謎の転校生・麻実麗と出会う。 百美は麻実に淡い恋心を抱き、互いに惹かれあっていく。 しかし、麻実が埼玉県出身であったという衝撃の事実を百美が知ってしまい、2人は東京と埼玉の県境で引き裂かれることとなってしまうが……。 二階堂が男性である百美役をGACKTが麻実役をそれぞれ演じる。 監督は「のだめカンタービレ」シリーズ、「テルマエ・ロマエ」シリーズの武内英樹。 2019年製作/107分/G/日本 配給:東映 スタッフ・キャスト 埼玉県ってそんな駄目なとこだろうか。 なんでそんなに自尊心が低いのかよくわからない。 自分は神奈川県民なのであまり埼玉県に行かないのでよくわからないな、と思っていたのだが、本作を見てなるほどと思った。 行かないのは要するに行っても見るものがないということだと。 無個性であることが自尊心の低さになっているのだが、本作はそんな無個性を揶揄することで逆に埼玉に強烈な個性を与えることに成功していると言えるかもしれない。 この映画を観れば、「埼玉県民おもしれーなー」とやっぱり思うわけだし。 クライマックスに提示される「全国総埼玉化計画」は現代社会に対して皮肉が効いている。 どこに行っても同じお店が並び、同じような風景ばかりになってしまった。 確かに日本は埼玉化しているのかもしれないと思った。 GACKTと二階堂ふみのハマり具合は素晴らしかった。 GACKTは画面にいるだけでそこが異空間のようになる。 この映画に欠かせない存在だった。 2019年の興収ランキングで8位、日本アカデミー賞で優秀賞12部門、最優秀を監督賞・脚本賞・編集賞の3部門で獲得するなど、大変な話題作だけに期待して鑑賞。 だが見かけの軽薄な印象を覆すほどの意外性や深みは感じられず。 逆に、ギャグ漫画の世界観を忠実に実写化する商業映画が、興行的にも批評的にも大成功を収めた事実に、邦画の作り手側と受け手側、双方のガラパゴス的独自進化を痛感してしまう。 まず埼玉県のローカル性を首都東京と対比してけなす笑いの質が、弱者をいじめながら「いじってあげている」「相手も喜んでいる」などと開き直る精神性に似て居心地悪い。 魔夜峰央の「パタリロ!」はコミックで読んで好きだったので、本作の原作は未読ながらきっと面白いだろうと想像するが、映画化に値する主題かどうかは疑問。 百美を二階堂ふみに演じさせることでBL要素をオブラートに包んだ点には、したたかな戦略を感じたが。 魔夜峰央の荒唐無稽なギャグマンガがまさかのリバイバルヒットなり、まさかの実写映画化。 正直、ここまでちゃんとやってくれるとは思っていなかった。 なんとも失礼な話だが。 観終わって何かを残す映画もあるが、全力でバカげたことをやり切っていて、深みみたいなものを一切感じさせないのがいい。 それも出演している役者陣が求められていることをきっちりとこなしているからで、終始、職人芸を愛でるような気持ちで鑑賞していた。 中でも得難い人材だと感心したのがGACKT。 よくもまあマンガでしか成立しないような生き物をかくも完璧に演じることができるものだと感動すら覚えた。 ただしその感動も後を引くようなものでなく、サラサラと脳から滑り落ちていく。 その気楽な塩梅も、普通に力の入った熱演では醸し出せるものではない。 GACKTが提示する非現実な佇まいが最良の形で活かされた稀有な企画だったのではないか。 いや、GACKTについて詳しくないので、実はこんなことは朝飯前なのかも知れませんが。 なんやかんやあり、百美は麗に恋をしますが、実は麗が隠れ埼玉県民であることが発覚します。 「WAVES ウェイブス」 C 2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved. 「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 C 2019 Gravier Productions, Inc. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の