メグ ザ モンスター 2。 MEG ザ・モンスター

ガチのあらすじ!MEG/メグ・ザ・モンスターが2匹いたあらすじ! | 早朝の貴公子

メグ ザ モンスター 2

ジョナスの男気 ロリーの腹部に物が刺さるという怪我を 治療したヘラー医師が、ロリーの眠る ベッドで彼女の経過を観察しています。 そこにジョナスが登場。 ヘラー医師は、5年前にジョナスが 大きな何かに水中で襲われたという話し を元に、彼を精神病と診断しています ので、気まずい雰囲気に。 しかしヘラー医師は、自分の判断が 間違っていた事を素直に認め、ジョナス に対して 真摯に 謝ります。 ここでジョナスが、 ロリーをきちんと 治してくれたら それでチャラだ とめちゃくちゃカッコいいセリフを吐き ジェイソン・ステイサムの男気を 大きく一段階上げてましたね(笑) スーインの早とちり トシが自らを犠牲にしてジョナス達を 救った事を知らなかったスーインが ジョナスが戻った直後に あなたはトシを 置きざりにしたのね! と突っかかっていました。 この事が早とちりだった事に気づいた スーインもまた、ジョナスに謝る為に 彼の部屋を訪れます。 この時ジョナスはシャワーを浴びていて 筋肉バッキバキでした(笑) ステイサムの筋肉 さすがジェイソン・ステイサムって 感じに 体を仕上げてましたね。 自分の早とちりにバツが悪そうな感じで うつむいて、ジョナスの部屋に入った スーインは、彼を真っ直ぐ見た時に 初めて彼がタオル1枚の姿だった事に 気づきます。 いきなりそんな状況になってしまった スーインの動揺ぶりが可愛かった。 この女優さんすごく セクシーです。 この時からこの2人は、お互いを意識 し始めたような気がしますね。 私も忘れた事があります(笑) このムビチケEメール送付タイプなら スマホで全部解決するので忘れません。 このシーンは予想していなかったので めちゃくちゃビックリしました(笑) そして即メガロドンに喰われます。 爆発が原因 メガロドンは氷河期に絶滅したものと されていたので、サーモクラインの下 の温かい水域でのみ生き延びて来た と推測され、サーモクラインは水温が 極端に低いので、そこを通る事が 氷河期以降出来なかった というのがMana Oneの研究スタッフ の仮説です。 しかし、トシが自己犠牲で1人爆発した 際の急激な水温上昇が、サーモクライン にメガロドンが通れるほどのわずかな道 を開けてしまったのです。 遠い昔の事なので自信はないです。 どなたか最近読んだ方で、知っている 方がいたら教えて下さい。 映画では違う設定でしたね。 本のまえがきに、 すぐ映画化が決まった と書いてあり、ずっと楽しみに待って いたのですが、まさかこんなにも時間 がかかるとは思いませんでした(笑) この後、Mana Oneの研究スタッフたちは メガロドンを毒殺する という計画を立て、実行します。 果たして上手くいくのか? 次回のブログは、 遂にメガロドンを仕留めた瞬間! のネタバレをお届けしたいと思います。

次の

【キング・オブ・ザ・モンスターズ2】攻略|タコタ仙人のベルトゲー道場

メグ ザ モンスター 2

【大災厄】 (キング・オブ・ザ・モンスターズ) 1996年、日本に突如として現れた6体のモンスター。 東京、大阪を始めとする6つの都市でモンスター達は戦いを繰り広げ、 その戦いはおよそ3年に渡ることになる。 日本人を含めた全人類がなすすべもなく見守る中、 「ジオン」「アストロガイ」と名付けられた2体のモンスターが生き残り、 そして「ウー」と名付けられた瀕死のゴリラ型モンスターが、 秘密裏に日本政府に収容される。 この1996-1999年の3年間は、後に「大災厄」と呼ばれるようになる。 【エイリアンの襲来】 (キング・オブ・ザ・モンスターズ2) ジオンは倒したモンスターを喰らううちに巨大化し、またアストロガイも放射能を吸収し続けて巨大化を果たす。 さらに突如、これらと同サイズの正体不明のゴリラ型ロボットが出現し暴走を開始。 人類は、この3体のうちの生き残りが地球を支配するだろう、との悲観的予測に打ちのめされる。 しかし、1999年にエイリアン集団が突如出現。 人類はモンスターへの対抗勢力が出現したことに希望を見出すが、無造作に街を破壊し、ただひたすらにモンスターに対してのみ攻撃を繰り返すエイリアンの姿に、その希望を打ち砕かれる。 一方で、新たな強者の出現に歓喜するモンスター達。 キャラクター スーパージオン 前作でのモンスターの1体「ジオン」の進化型だと思われる、怪獣型モンスター。 元は白亜紀の恐竜の1匹であったと推測されています。 倒した他のモンスターの肉を食べ続けた結果、その細胞を吸収していき、様々な能力を兼ね備えることに。 高い攻撃力を持ちますが、スピードでは他の2匹に劣ります。 [スペック] 怪獣型モンスター(ジオノイド科) 身長:112メートル 体重:13万2千トン コマンド DMG 説明 移動 引っかき 手を振り下ろして爪で攻撃します。 リーチが短いものの、連打が可能なのがメリット。 1 テールハンマー 尻尾を横に振り払います。 ダウンした相手にもヒット。 引っかきとは反対に、出が遅くリーチが長いという特徴を持ちます。 - ジャンプ ジャンプ中 1 ボディーボールボム 対ボス戦で要となる技。 これでダウンさせた後、 溜め攻撃や をヒットさせます。 ダメージに差はなく、その後の展開もいずれを選択しても同じ。 お好きな方をどうぞ。 or or 溜め離す 3 3 ジオソード(Lv1) 額の角を1本伸ばし、その角を手にとります。 で突き ダメージ3 、 で角を投げます ダメージ3。 で1発稼いだ後、 をヒットさせればベスト。 or 溜め離す 5 スネークファイア(Lv2) 地を這う炎を吐きます。 ダウンした相手にも当たるのが強み。 溜め離す 5 アースクエイク(Lv3) 大ジャンプ後の着地時に、地上の敵にダメージを与えます。 ボスにジャンプされると当たらないのが弱点。 アトミックガイ 前作でのモンスターの1体「アストロガイ」の進化型。 その正体は、放射能に耐える体をテーマに生体実験を続ける老科学者です。 原発を破壊しながら放射能を好んで吸収し続けた結果、体をさらに巨大化させ、新たな能力を身につけたのが、アトミック・ガイです。 ただ、知能はさらに低下したようです。 [スペック] ヒーロー型モンスター(ヒューマノイド科) 身長:98メートル 体重:12万6千トン コマンド DMG 説明 移動 右ストレート リーチもそこそこあり、道中では頼れます。 1 アトミックキック 下段蹴り。 リーチは中くらいながら、ダウンした相手に複数回ヒットさせられるのが強み。 - ジャンプ ジャンプ中 1 エルボーセイバー 対ボス戦で起点となります。 それにしても、あのスープレックスのモーションはしなやかで美しいですね。 ヒットすると敵周辺を光の輪で拘束します。 アトミックガイが先に動ける分、その後の展開もやや楽。 or 溜め離す 4 ネオジオ光線(Lv2) ボディビルダーのような構えから、前方に光線を射出。 その光線のグラフィックが秀逸で、ガイの巨大な横顔なんですよね。 アトミカッターと異なりダウン中の相手にもヒット。 多段ヒットし、ダメージが2倍3倍になることも。 溜め離す 4 メガトンサンダー(Lv3) 画面中の敵に雷を降らせます。 ジャンプでかわされてしまうのが弱点ですが、ジオンのアースクエイク同様タイミング次第ではヒットを狙えます。 サイバーウー 日本政府が世界征服を目的に作り上げた、スーパーロボット兵器。 これ自体は大災厄(前作「キング・オブ・ザ・モンスターズ」の時代)の直前に完成していましたが、人工頭脳を開発できず、大災厄の中で倒れた一体のモンスターの脳を移植します(おそらく、「ウー」の脳です)。 しかし制御コンピュータが爆発してしまったため、サイバーウーは生前の意志に従い、自律行動を取るようになります。 [スペック] ロボット型モンスター(機械類) 身長:90メートル 体重:18万トン コマンド DMG 説明 移動 ローリング頭突き 頭部で攻撃。 首の部分がバネ状になっています。 1 スイングキック とそれほど性能は変わりません。 相手ダウン中にもヒット。 - ジャンプ ジャンプ中 1 ヘビーヒップアタック 対ボス戦で起点となります。 ダメージも変わらないので、使うなら、誘導ミサイルをオススメします。 or or 溜め離す 4 ロケットパンチ(Lv1) 両手を飛ばします。 本作では飛び道具はヒットしにくいので、頼る場面は少ないです。 or 溜め離す 4 波動砲(Lv2) 変形して砲撃体制を取り、前方に波動砲を射出します。 ロケットパンチとダメージが同じとはこれ如何に。 ただ、変形モーションがかっこいいんですよね。 漢のロマン技。 溜め離す 2 デュアルアタック(Lv3) 上半身・下半身に分離し、上半身のみが操作可能になります。 で両手を回す攻撃モーションを取ります。 一定時間で元に戻ります。 3発ヒットさせられれば、キャラ中最大のダメージを奪える計算に。 ステージ• STAGE1 AMERICAN CITY ワシントンが舞台。 ホワイトハウス壊せるけど大丈夫!? SFC版では政策的配慮からか、ホワイトハウスが消されました。 ボスは宇宙の殺し屋部隊のリーダーで、自ら最初の刺客として志願した「フュージキール」。 STAGE2 FRENCH CITY フランスが舞台、ボスは「ホーン・デュ・アウト」。 モンスターの強さに危機感を抱いたエイリアン幹部が派遣した、プロの殺戮部隊の一員です。 ダメージを与え続けると寄生体から分離します。 BONUS STAGE• STAGE3 GRAND CANYON さらに危機感を抱いたキングファーマディーが派遣した、生物兵器「ヤムァモードン」がボス。 せり上がった高所におびき寄せて自らは低地で攻撃すると、ヤムァモードンが高所にひっかかり、少し撃破が楽に。 STAGE4 DESERT ここから先のボスは説明書の記載がないのでご容赦を。 ピラミッドを背景に「キリ・キリ」と戦います。 ダメージを与えていくと2体に増加。 ムリ!• STAGE5 SEA BED 海底にて「サックアイズ」と対峙。 貝の中に閉じこもるのが厄介。 連打で泳げます。 BONUS STAGE• STAGE6 LAVA ZONE 直訳すると「溶岩地帯」。 「イート・ワウ」がボスです。 上級者はアトミカッターだけで倒せるようですね。 STAGE7 HIDE OUT 鬼の7面!これまでの全ボス登場!ボスは親玉「キングファーマディー」。 ここまで来たらがんばれ! SFC版 概要 タカラ販売による移植。 開発はナウプロダクションだそうです。 にガードが、 に溜めが追加されました。 を押し続けて溜めゲージを上昇させ、溜まったらいつでも溜め攻撃を発動できるシステムに変更されました。 しかし溜め時間が長すぎて使い物にならず…。 また、投げの仕様は変更されなかったのが残念。 サイバーウーのみ、フルパワー時の溜め攻撃の仕様が変更されました。 上半身・下半身に分離せず、変形して一定時間浮遊します(「ハリケーンアタック」)。 前作はプロレス形式でしたが、92年当時ベルトスクロールアクション旋風が巻き起こっていたことを反映してか、続編の本作もベルトゲーとしてリリースされました。 グラフィック・BGMは、SNK発の全ベルトゲーの中どころか、現在でも通用するのではないかと思うほどハイレベル。 とにかくキャラクターが良く動き、非常に魅力溢れています。 何より、歩くだけ・ジャンプするだけで大都市や兵器を破壊できるというのがすごいですね。 動くだけで爽快感を得られるベルトゲーというのは、まず本作ぐらいのものではないかと思います。 …が、しかし。 ご存じの方なら想像つくかと思いますが、異常なまでにボスが強いのです。 つかみ技が成功するかはランダムかつ低確率なので、前作のようにプロレスのつもりで行くと、痛い目に遭います(しかも体力バーの半分を持って行かれるのがつらい)。 近年の動画サイトにて、うまい方の攻略を拝見しましたが、やはりジャンプ攻撃で転ばせてキックで追撃、というのが基本パターンのようです。 なんともつらいシステムですね。 ネオジオに関するSNKの収益構造はやや特殊でしたから、開発陣が意図的にこのようなシステムにしたのではないか、と個人的に推測しています。

次の

『MEG ザ・モンスター』続編が企画中 ─ 中国でアトラクション化計画も

メグ ザ モンスター 2

JASON STATHAM (Jonas Taylor) ジェイソン・ステイサム (ジョナス・テイラー) パンチのきいたアクション映画で知られる国際的スター。 近作には、「ワイルド・スピード」シリーズの最新作で世界的大ヒット作『ワイルド・スピード ICE BREAK』(17/監督:F・ゲイリー・グレイ)などがある。 2015年よりこのシリーズに正式に参加し、ジェイムズ・ワン監督の『ワイルド・スピード SKY MISSION』からデッカード・ショウを演じている。 英シドナムに生まれ、飛び込み競技のトップ選手のひとりとして英ナショナル・ダイビング・チームのメンバーとなり、世界第12位の成績を残している。 ロンドンにある有名なクリスタル・パレス国立スポーツセンターで訓練中に、映画のスタッフとカメラマンの注目を集め、その結果、新しい才能を追求することにつながった。 いろいろあった末に、ガイ・リッチー監督に紹介され、『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』(98)のベーコン役に配役され、俳優として映画デビューを飾った。 再びリッチー監督とチームを組み、『スナッチ』(00/共演:ブラッド・ピット、ベニチオ・デル・トロ)に出演。 02年には、フランス映画界の巨匠リュック・ベッソンの『トランスポーター』(02)で主人公フランク・マーティンを演じた。 次に、69年の大ヒット作をリメイクした『ミニミニ大作戦』(03/監督:F・ゲイリー・グレイ)に出演、また、『トランスポーター2』(05)とその続編『トランスポーター3 アンリミテッド』(08)、『アドレナリン』(06)とその続編『アドレナリン:ハイ・ボルテージ』(09)にも主演している。 ほかの出演作品には、高評価を得た『バンク・ジョブ』(08/監督:ロジャー・ドナルドソン)、『デス・レース』(08)、シルベスター・スタローンと共演した「エクスペンダブルズ」シリーズ(10, 12, 14)、『メカニック』(11)とその続編『メカニック:ワールドミッション』(16)、『ブリッツ』『キラー・エリート』(共に11)、『SAFE/セイフ』(12/監督:ボアズ・イェーキン)、スティーブン・ナイトの監督デビュー作『ハミングバード』(13)、タイトルロールを演じた『PARKER/パーカー』(13/監督:テイラー・ハックフォード、共演:ジェニファー・ロペス)、『バトルフロント』(13)、『ワイルドカード』(15)などがある。 LI BINGBING (Suyin) リー・ビンビン (スーイン) 『The Knot』(06)の演技で百花賞最優秀女優賞、『The Message』(09)で第46回金馬奨最優秀女優賞、『魔界戦記 ~雪の精と闇のクリスタル~』(15)の演技で第3回ロンドン国際中国語映画祭の最優秀女優賞など、数多くの賞に輝く中国の人気女優である。 米中合作のアクションアドベンチャー『ドラゴン・キングダム』(08/共演:ジャッキー・チェン、ジェット・リー)の演技で国際的な注目を集めた。 また、ウェイン・ワン監督のドラマ『Snow Flower and the Secret Fan』(11)にも主演。 アメリカでは、アクションホラー『バイオハザードV:リトリビューション』(12)とSFアクション『トランスフォーマー/ロストエイジ』(14)で演じた役でよく知られている。 後者は世界中で11億ドル以上の興行収益をあげ、14年のボックスオフィスで第1位となった。 また、多くの慈善事業に積極的にかかわっている。 09年、環境に優しいライフスタイルを生きる人々を支援する慈善団体L. Eを立ち上げた。 14年には、国連総会で演説した初めての中国人女性となった。 RAINN WILSON (Morris) レイン・ウィルソン (モリス) エミー賞ノミネート経験をもち、全米映画俳優組合(SAG)賞を受賞した俳優。 キャリアを通してコメディやドラマで印象的でバラエティに富んだ役どころを演じ、成功を収めてきた。 HBO放送のヒットシリーズ「シックス・フィート・アンダー」(01~05)で葬儀屋の助手アーサー・マーティンを演じ(03~05)、ブレイク。 SAG賞ドラマシリーズ部門最優秀アンサンブル演技賞をキャストと分かち合った。 2013年、エミー賞受賞シリーズで、大成功を収めた9シーズンに出演した「ザ・オフィス」(05~13)を終了。 このヒットシリーズで最も記憶に残るキャラクター、ドワイト・シュルートを演じ、風変わりな演技スタイルと役柄になりきる才能が認められ、お茶の間の人気を獲得した。 このシリーズの演技で、3度エミー賞コメディシリーズ部門最優秀助演男優賞にノミネートされている。 また、SAG賞では、コメディシリーズ部門の最優秀アンサンブル演技賞を2度受賞し、さらに5回、同部門にノミネートされている。 09年、ウェブサイトとYouTubeチャンネル、ソウルパンケーキを創立。 このチャンネルは200万人以上のフォロワーと1億回以上の視聴を獲得している。 ウェブサイトでは、芸術、科学、哲学といったテーマに取り組んでいる。 サイトの延長として、10年に初めての著書「SoulPancake: Chew on Life's Big Questions」を出版し、「ニューヨーク・タイムズ」紙のベストセラーリストに入った。 15年11月10日、自叙伝「The Bassoon King: My Life in Art, Faith, and Idiocy」を発表し、ダットン社から出版された。 17年、Netflixの犯罪ドラマ「美しい湖の底」(未/監督:オーレン・ウジエル)に出演。 同年には、アニメ『スマーフ スマーフェットと秘密の大冒険』で悪役ガーガメルの声を演じた。 16年、オビー賞受賞歴をもつオリバー・バトラーが演出し、ゲッフェン・プレイハウスで上演された一人芝居「Thom Pain based on nothing 」に出演。 TVでは、15年のFOXドラマシリーズ「クレイジー刑事 BACKSTROM」に主演し、製作も担当。 型破りな特別捜査班を率いる刑事エヴェレット・バックストロームを演じた。 14年、風刺コメディ『ゾンビスクール!』でイライジャ・ウッドと共演し、15年のサウス・バイ・サウスウエスト映画祭でプレミア上映された『The Boy』(15)にも出演。 同年には、「サタデー・ナイト・ライブ」(75~)の1エピソードでホストを務めた。 05年に、自分の能力を超えたときにどう行動するのかを学ぶ難しさについて、寸劇と現代の道化ショーを組み合わせて描く短編『The New Bozena』で監督デビューを果たした。 また、前述「ザ・オフィス」で、10年~12年の間に3エピソードを監督している。 『ギャラクシー・クエスト』(99)で映画デビューを飾り、次に、キャメロン・クロウ監督の称賛を浴びる『あの頃ペニー・レインと』(00)で実在の人物「ローリング・ストーン」誌の編集者デイビッド・フェルトンを演じた。 ロブ・ゾンビ監督のホラー『マーダー・ライド・ショー』(03)の演技が、前述「ザ・オフィス」のプロデューサー、グレッグ・ダニエルズの目に留まった。 そのほかの出演作品には、『バッドアス!』(03)、『サハラ 死の砂漠を脱出せよ』(05/共演:マシュー・マコノヒー)、『Gガール 破壊的な彼女』(06/共演:ユマ・サーマン)、『JUNO/ジュノ』(07/共演:エレン・ペイジ)、アニメ『モンスターVSエイリアン』(09)、『トランスフォーマー/リベンジ』(09)、『スーパー!』(10/監督:ジェイムズ・ガン)などがある。 (シーズン6)」(09)、ドウェイト・シュルートでカメオ出演した「ファミリー・ガイ(シーズン9)」(10)といったシリーズに出演している。 ニューヨーク大学の大学院演技課程で学びながらキャリアを追求し始めた。 そののち、ブロードウェイに出演したり、アクティング・カンパニーと一緒にツアーしたりして数年間を過ごした。 シェイクスピア劇に出演し、アメリカで最も有名なリージョナル・シアターのいくつかに参加し、演技を磨いた。 13年、妻であり、作家でもあるホリデー・ラインホーンとともに、ハイチに、落ちこぼれる恐れのある思春期の少女たちに芸術と文学の教育を提供する非営利団体リデ財団を共同創立した。 RUBY ROSE (Jaxx) ルビー・ローズ (ジャックスリ) ヒットシリーズ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」(13~)でブレイクし、視聴者の注目を浴びた。 シリーズのシーズン3(15~16)にレギュラー出演し、キレやすいがカリスマ性があり、テイラー・シリングのキャラクターの目を引く女囚ステラ・カーリンを演じた。 2016年、このシリーズのキャストとともに、全米映画俳優組合(SAG)賞コメディシリーズ部門最優秀アンサンブル演技賞を分かち合った。 16年から17年には3本のアクション映画に出演した。 『バイオハザード:ザ・ファイナル』(16/監督:ポール・W・S・アンダーソン、共演:ミラ・ジョボビッチ、アリ・ラーター)、エクストリーム・スポーツのスーパースターがスパイになる「トリプルX」シリーズの第3弾『トリプルX:再起動』(17/監督:D・J・カルーソー、共演・ビン・ディーゼル)。 『ジョン・ウィック:チャプター2』(17/監督:チャド・スタエルスキ、共演:キアヌ・リーブス、コモン、イアン・マクシェーン)である。 また、『Pitch Perfect 3』(17)にも出演している。 そのほかの出演作品には、トロント映画祭でプレミア上映されたインディ系作品『Around the Block』(13/共演:クリスティナ・リッチ)などがある。 15年、ジェンダーが流動的な状態に賛同し、ネットでヒットした短編『Break Free』の脚本/製作/主演を務めた。 この作品は、YouTubeで2500万回以上視聴された。 さまざまな肩書きをもち、ファッションや音楽にもその才能を伸ばしている。 16年、アーバンディケイ・コスメティックスの顔となり、17年には、スワロフスキー・ジュエリーとナイキの顔となった。 アンチ・ブリング(いじめ)、ウイメン&ゲイ・ライツ、アニマル・ウェルフェア、ユース・メンタル・ヘルスなどの活動に従事する多くの慈善事業を熱烈に支持している。 16年度GLAADメディア賞でステファン・F・コルザック賞を受賞した。 これは、LGBTコミュニティにおいて著しい功績のあったメディアや人物を称える賞である。 WINSTON CHAO (Dr. Zhang) ウィンストン・チャオ (ジャン博士) 台湾人俳優。 1993年のアン・リー監督作『ウェディング・バンケット』の演技で初めて国際的な称賛を浴びた。 台湾人ウェイトン・ガオはニューヨークに住むゲイだが、まだカミングアウトはしていない。 ある日、やって来る両親を安心させようと女性との結婚式を計画する。 この作品は大きな成功を収め、93年度ベルリン国際映画祭の金熊賞を獲得し、インディペンデント・スピリット賞の最優秀作品賞、米アカデミー賞とゴールデングローブ賞の最優秀外国語映画賞など、数多くの賞にノミネートされ、受賞した。 翌94年、アン・リー監督と再びチームを組み、『恋人たちの食卓』に出演し、大きな称賛を浴びた。 キャリアを通して、多くの有名な歴史的人物や、中国古典文学のキャラクターを演じてきた。 おそらく最も有名な役柄は、いくつもの映画やドラマで演じた空想的理想主義者、孫文であろう。 また、中国史の最初のころの皇帝堯(ぎょう)から、最後の皇帝愛新覚羅溥儀(あいしんかくら ふぎにいたるまで、中国時代劇でさまざまな皇帝を演じている。 最も記憶に残るTVでの役柄のひとつに、シリーズ「Palace of Desire」(00)で演じたシュー・シャオ役がある。 この役で、中国本土でも注目されるようになった。 ほかに、香港の監督スタンリー・クワンがメガホンを取った『赤い薔薇 白い薔薇』(94)、メイベル・チャン監督の『宋家の三姉妹』(97)、チャン・リーが監督、ジャッキー・チェンが総監督と主演を務めた『1911』(11/共演:リー・ビンビン)、ピーター・パウとツァオ・ティアンユーが監督した『魔界戦記 ~雪の精と闇のクリスタル~』(15)などがある。 国際的な作品でキャリアの幅を広げ続けている。 近作には、ギャングのボスを演じたボリウッド作品『Kabali』(16/監督:パ・ランジット、共演:ラジニカーント)、ジャッキー・チェン作品『スキップ・トレース』(16/監督:レニー・ハーリン、共演:ジョニー・ノッククスビル、ファン・ビンビン)などがある。 PAGE KENNEDY (DJ) ペイジ・ケネディ (DJ) デトロイト生まれ。 州で最高の演劇芸術プログラムがある西ミシガン大学に在籍中にハリウッドへの道を志した。 大学でシェイクスピアの世界を紹介され、恩師の影響を受けて、シェイクスピアに興味を抱くようになり、この古典劇の劇作家の散文体を難なくマスターした。 西ミシガン大学での素晴らしい演技によって、17校の大学院演劇プログラムの争奪戦が始まったが、最終的にデラウェア大学を選び、引き続きシェイクスピアを集中的に学ぶチャンスを得た。 7ヶ月の集中訓練ののち、ロサンゼルスへ旅し、CBS放送の「The Kennedys」(01)で、ソニーの敷地にメッセンジャーとして忍び込み、自分の顔写真と履歴書を置いてくるという型破りなオーディションを通して、初めての役ロジャーを獲得した。 初期の作品には、「Philly」(01~02)、「シックス・フィート・アンダー(シーズン2)」「ザ・シールド ~ルール無用の警察バッジ~(シーズン1)」(共に02)、「NYPD BLUE ~ニューヨーク市警15分署(シーズン11)」(03)などがある。 映画では、映画デビュー作『S. 』(03)で悪役トラビス・シップレーを演じ、サミュエル・L・ジャクソン、コリン・ファレル、ミシェル・ロドリゲス、LL・クール・Jと共演、次に、『Leprechuan: Back 2 tha Hood』(03)に出演し、スティッキー・フィンガーズ、ラズ・アロンソと共演。 近作には、USAネットワークのシリーズ『Unsolved:未解決ファイルを開いて』(18)に出演した。 また、CBS放送の「ラッシュアワー」(16)やFOX放送の『クレイジー刑事BACKSTROM』(15)にはゲスト出演している。 演技以外では、7歳から自由に操ってきた、韻文を書いて過ごしている。 新作アルバム「Same Page Different Story」が8月10日にリリースされた。 多くのソーシャル・メディア・フォロワーを獲得し、ほぼ500万人があらゆるプラットフォームを通じてアクセスしている。 JESSICA McNAMEE (Lori) ジェシカ・マクナミー (ローリー) 待機作は、オーストラリア映画『Locusts』。 近作は、賞受賞インディペンデント・サスペンスドラマ『The Neighbor』(18/監督:アーロン・ハービー、共演:ウィリアム・フィクトナー)。 2017年、まったく異質な2本の映画に出演した。 まず、オーストラリアのテニスの女王マーガレット・コートを演じた実話に基づく『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』(共演:エマ・ストーン、スティーブ・カレル)。 この作品は、1973年のビリー・ジーン・キングとボビー・リッグスの有名なテニスの試合を描いている。 もうひとつの作品は、往年のTVシリーズに基づくコメディ『チップス 白バイ野郎ジョン&パンチ再起動!?』(未/共演・マイケル・ペーニャ、ダックス・シェパード)である。 それ以前には、マイケル・スーシー監督のロマンチックドラマ『君への誓い』(12/共演:レイチェル・マクアダムス、チャニング・テイタム)、同じくスーシー監督のABC放送のTV映画「Scruples」(12)に出演した。 ショーン・バーン監督の『ラブド・ワンズ』(09/共演:ゼイビア・サミュエル)で映画デビューを飾った。 この作品は、トロント映画祭でプレミア上映され、ミッドナイト・マッドネス部門観客賞を受賞。 また、シドニー映画祭でフリーク・ミー・アウト・パスウェイの一環として上映された。 TVでは、USAネットワークのコメディシリーズ「Sirens」(14~15)の女性主人公を演じ、マイケル・モーズリー、ケビン・ダニエルズ、ケビン・ビグリーと共演した。 母国オーストラリアでは、TVシリーズ「Packed to the Rafters」(08~13)で演じたサミー・ラフター役で知られている。 この作品はオーストラリアにおいて31の賞にノミネートされ、そのうちの13を受賞した。 近作には、アクションコメディ『The Spy Who Dumped Me』(18/共演:ミラ・クニス、ケイト・マッキノン)がある。 待機作は、2018年11月16日より英米を含む世界各国で公開予定の『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(18年11月23日より日本ロードショー)で、魔法界のサーカス団の残酷なオーナー兼団長スケンダーを演じる。 ほかにも、『Keepers』(共演:ジェラルド・バトラー)、『Murder Mystery』(共演:ジェニファー・アニストン、アダム・サンドラー)、『End of Sentence』など、次期公開作が目白押しである。 ほかの出演作品には、『ハード・ラッシュ』(12/共演:マーク・ウォールバーグ)、ベン・スティラー監督/製作/主演の『LIFE!/ライフ』(13)、『誘拐の掟』(14/共演:リーアム・ニーソン)、『ラスト・ウィッチ・ハンター』(15)、スティラー監督/製作/主演の『ズーランダーNO. 2』(16・未)、スティーブン・スピルバーグ監督の『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』(16)、製作総指揮を務めたドキュメンタリー『Ransacked』(16)、『The White King』(16)などがある。 母国アイスランドにおいて、『Stormland』(11)と『ザ・ディープ』(12)の演技で、アイスランド・アカデミー賞エッダ賞最優秀男優賞を2度受賞。 そのほか、最優秀脚本賞も受賞した『The Children』(06)、製作も担当し、13年のカルロビ・バリ映画祭で最優秀男優賞を受賞した『XL』(13)の演技でもエッダ賞にノミネートされている。 プロデューサーとして、07年の『Parents』でエッダ賞最優秀作品賞を受賞。 多くの出演作品には、『ベオウルフ』(05・未)、『Thicker Than Water』(06)、『Country Wedding』『White Night Wedding』(共に08)、『King's Road』(10)などがある。 TVでは、「トラップ 凍える死体」(15~18)、「ザ・ミッシング ~囚われた少女~(シーズン2)」「クォーリーと呼ばれた男」(共に16)、「レディー・ダイナマイト」(16~17)、「エメラルドシティ」(17)といったシリーズに出演している。 ミニシリーズ「Fangavaktin」(09)の演技では、エッダ賞にノミネートされている。 また、HBO放送の「TRUE DETECTIVE/二人の刑事(シーズン1)」(14)にゲスト出演し、記憶に残る演技を披露した。 コネチカット州で生まれ、アイスランドで育った。 98年にアイスランド演劇学校を卒業。 舞台で演技キャリアを始め、アイスランド・ナショナル・シアターやレイキャビク・シティ・シアター、独立系の劇団などで数多くの作品に出演した。 「二十日鼠と人間」でアイスランド演劇賞最優秀男優賞を受賞するなど、多くの賞にノミネートされ、受賞している。 また、レイキャビクにあるベスターポート・シアターの創立者のひとりである。 ROBERT TAYLOR (Dr. Heller) ロバート・テイラー (ヘラー博士) オーストラリアでいちばん忙しい俳優のひとり。 30年以上のキャリアを誇り、国内のみならず海外の映画/TVでも活躍している。 2017年に6シーズン目となる最終シーズンが放送されたNetflixのドラマシリーズ「Longmire」(12~17)で演じた主人公ウォルト・ロングマイヤー保安官が有名。 映画の近作には、世界的なヒット作『キングコング:髑髏島の巨神』(17)、高評価を得たオーストラリア映画『Don't Tell』(17/監督:トリ・ギャレット、出演:レイチェル・グリフィス、ジャック・トンプソン、エイデン・ヤング、ジャクリーン・マッケンジー)などがある。 待機作は、犯罪ドラマ『Into the Ashes』、ホラー『Blood Vessel』など。 有名な西オーストラリア・パフォーミングアート・アカデミー(WAAPA)を卒業し、ウォシャウスキー兄弟監督の画期的なSFアクション『マトリックス』(99/共演:キアヌ・リーブス、ヒューゴ・ウィービング)でエージェント・ジョーンズを演じ、映画デビューを果たした。 翌年、マーティン・キャンベル監督のアクションアドベンチャー『バーティカル・リミット』(00/共演:クリス・オドネル)、オーストラリア映画『Muggers』(00)に出演。 初期の作品には、『トエンティマン・ブラザーズ』(02/共演:ガイ・ピアース、レイチェル・グリフィス)、伝記映画『ケリー・ザ・ギャング』(03・未/共演:ヒース・レジャー、オーランド・ブルーム、ナオミ・ワッツ)、フランス人女優ナディア・ファレスと共演した『ストライク・バック』(07・未)、グレッグ・マクリーン監督の『マンイーター』(07)、サスペンススリラー『Coffin Rock』(09)、ジョン・ヒューイット監督の『ジェノサイド・ゲーム』(14・未)、クレイグ・モナハン監督の『Healing』(14/共演:ヒューゴ・ウィービング)、グラント・シクルーナ監督の『Downriver』(15)、ルパート・グラッソン監督の『What Lola Wants』(15/共演:ソフィー・ロウ)、犯罪コメディドラマ『フォーカス』(15/共演:ウィル・スミス、マーゴット・ロビー)、デイビッド・パーカー監督の『The Menkhoff Method』(16)などがある。 TVでは、アメリカとオーストラリア両国で、数多くの長尺番組やTVシリーズに出演してきた。 その作品には、TV映画「The Feds」(93)、「Twisted Tales」(96)、「Phage」(97)、「Stingers(シーズン1)」(99)、TV映画「バーティカル・クライシス」(99)、「Ballykissangel(シーズン6)」(01)、ピーター・ボグダノビッチ監督のTV映画「The Mystery of Natalie Wood」(04)、「ヘラクレス 選ばれし勇者の伝説」(05)、「サティスファクション(シーズン3)」(10)、「Underbelly Files: Tell Them Lucifer Was Here」「Killing Time」「Twentysomething(シーズン1)」(いずれも11)、「Mr. Murder」(13)、「Wolf Creek(シーズン1)」の1エピソード(16)などがある。 MASI OKA (Toshi) マシ・オカ (トシ) SFドラマシリーズ「HEROES/ヒーローズ」(06~10)のヒロ役で目を奪う演技を披露し、一躍スターの仲間入りをし、エミー賞とゴールデングローブ賞にノミネートされた。 ミニシリーズ「HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン」(15~16)でも同役を再演している。 また、「HAWAII FIVE-O」(10~)では、聡明な検視官マックス・バーグマンを演じ、このロングランドラマのファンお気に入りの俳優となった。 2018年、高評価を受けるドラマシリーズ「Mozart in the Jungle」(14~18)のシーズン4に出演した。 世界現象を巻き起こした日本のアニメ「DEATH NOTE」の映画版『Death Note/デスノート』(17・未)ではカメラの後ろに回り、ダン・リン、ロイ・リーとともに製作に携わった。 また、大スクリーンでカプコンのキャラクターに息を吹き込む待機作『Mega Man』でも製作を担当している。 出演作品には、『オースティン・パワーズ ゴールドメンバー』(02)、『ポリーmy love』(04・未)、観客の目を奪う演技を披露したTVシリーズに基づく『ゲット スマート』(08/共演:スティーブ・カレル、アン・ハサウェイ)、『ステイ・フレンズ』(11)、『スティーブ・ジョブズ』(13)などがある。 即興演技の経験を生かし、ザ・グラウンドリングス、インプロブオリンピックス、セカンド・シティ、シアタースポーツに出演。 同じく、「The Jamie Kennedy Experiment」(02~07)の4エピソード(03)、「Reno 911! 」(03~09)の3エピソード(05, 07, 08)、「Punk'd」(03~15)の1エピソード(05)などでさまざまなキャラクターを演じ、優れた即興演技の技術を披露した。 現在、日本の吉本興業と仕事をし、アメリカの即興演劇を紹介する目的で、有名なセカンド・シティを日本市場にもたらす準備を進めている。 さらに政府機関JETROなど複数の大手日本企業でアドバイザーを務めている。 また、アメリカ大使館の文化特使として、芸術とビジネスの分野で、日本とハリウッドのギャップを埋める橋渡しの役目を担っている。 東京で生まれ、6歳でロサンゼルスに移った。 ブラウン大学で数学とコンピュータ・サイエンスを専攻し、舞台芸術を副専攻して学位を取得し卒業。 米アカデミー賞受賞歴をもつジョージ・ルーカスの特殊効果会社インダストリアル・ライト&マジック(ILM)で仕事をしながら、演技キャリアを追求した。 ILMでは、30本以上の映画で画期的な効果を作り出すテクノロジーを開発した。 コンピュータ科学の背景を基盤とし、自身のゲーム会社モビウス・デジタルを立ち上げ、いくつかのアプリを開発し成功を収め、現在もさらに開発中である。 英語のほかに、日本語も流暢に話し、スペイン語も堪能である。 アメリカ赤十字社の有名人議会のメンバーでもある。 CLIFF CURTIS (Mac) クリフ・カーティス (マック) 待機作には、ジェイムズ・キャメロン監督のSFアドベンチャー『アバター』(09)の4つの続編で主人公のひとりを演じる「Avatar」シリーズ2~5がある。 すべて、キャメロンが監督する。 また、TVでは、ケーブルTVのヒットシリーズ「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」(15~)の3シーズン(15~17)で主人公を演じた。 また、感動の実話に基づく『The Dark Horse』(14)では、出演と製作総指揮を兼ねている。 この作品は、サンフランシスコ映画祭でオーディエンス・ベスト・ピクチャー賞、サントロペとシアトル映画祭の両方で最優秀作品賞を受賞するなど、数多くの国際的な映画祭で賞を受賞している。 自身は、シアトル映画祭で最優秀男優賞を受賞し、2014年度ニュージーランド映画/TV賞でも最優秀男優賞に輝いた。 ニュージーランドのロトルアで生まれた、マオリ族である。 ニュージーランド演劇学校に入学し、そののちスイスのディミトリ劇場に入った。 ヨーロッパからニュージーランドに戻ったのち、ジェーン・カンピオン監督の米アカデミー賞受賞ドラマ『ピアノ・レッスン』(93)で映画デビューを飾った。 それ以来、『愛の館/禁じられた関係』(93・未)、ケビン・レイノルズ監督の『モアイの謎』(94)、リー・タマホリ監督の『ワンス・ウォリアーズ』(94)、マイケル・ハースト監督の『Jubilee』(00)といったニュージーランド作品に出演してきた。 また、マーティン・スコセッシ監督の『救命士』(99)、デイビッド・O・ラッセル監督の『スリー・キングス』(99/共演・ジョージ・クルーニー、マーク・ウォールバーグ)、マイケル・マン監督の『インサイダー』(99/共演:アル・パチーノ、ラッセル・クロウ)、テッド・デミ監督の『ブロウ』(01/共演:ジョニー・デップ)、アントワン・フークア監督の『トレーニング デイ』(01/共演:デンゼル・ワシントン、イーサン・ホーク)、ニキ・カーロ監督の『クジラの島の少女』(02)、『ニューオーリンズ・トライアル』(03/共演:ジョン・キューザック)、ダーレン・アロノフスキー監督の『ファウンテン 永遠につづく愛』(06)、『フラクチャー』(07・未/共演:アンソニー・ホプキンス)、ダニー・ボイル監督の『サンシャイン2057』(07)、『正義のゆくえ I. 特別捜査官』(09/共演:ハリソン・フォード)、M・ナイト・シャマラン監督の『エアベンダー』(10)、レイノルズ監督の『復活』(16)など、多くの出演作がある。 TVでは、シリーズ「ミッシング」(12)、「ギャング・イン・LA」(14)にレギュラー出演した。 2007年、製作にも手を広げ、タイカ・ワイティティ監督のオタクコメディ『Eagle vs Shark』(07/出演:ジャマイン・クレメント)、ニュージーランド映画史において最高の興行成績を収めたワイティティ監督の『Boy』(10)で製作を務めている。 ENTERTAINMENT INC. , GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.

次の