テレボート退会。 是政式ポイント生活|新規会員登録[利用規約の同意]

ペアーズ退会後再登録できるまでの期間は?裏ワザはある?

テレボート退会

> 新規登録 新規登録 情報を入力した後、利用規約をお読みいただき、同意の上「会員情報登録」ボタンをクリックして下さい。 テレボートにて登録の情報を確認の上ご入力下さい。 jp】からのメールを受信できるように設定をお願いします。 例:tokuyama boatrace-tokuyama. )は、ボートレース徳山の電話投票 インターネット投票及び携帯Web投票を含む。 以下「電話投票」という。 のご利用に際し、特典を提供する会員制のポイントサービスとして、Sunacchiポイントクラブを運営する。 第2条(定義) この規約において、次に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるとおりとする。 (1)「会員」とは、Sunacchiポイントクラブ入会申込みをしてボートレース徳山から入会を認められた個人のお客様をい う。 (2)「ポイント」とは、会員に対象のサービスの利用に応じて付与されるポイントをいう。 (3)「ボーナスポイント」とは、通常付与されるポイント以外に特別の条件下で付与されるポイントをいう。 使用に制限が課される場合もある。 (4)「ポイント口座」とは、付与されるポイントを蓄積しておく口座をいい、ボートレース電話投票会員 インターネット即 時投票会員を含む。 以下「テレボート会員」という。 一資格当たり一口座開設できる。 (5)「特典」とは、会員のポイントの利用申込みに応じてボートレース徳山から提供される商品又はサービスをいう。 第3条(入会資格) Sunacchiポイントクラブへ入会できる方は、次に掲げる方とする。 (1)この規約をご承諾した上で、これに従える方 (2)テレボート会員の方 第4条 入会の申込み Sunacchiポイントクラブへの入会を希望するテレボート会員は、この規約に承諾し、ID及びパスワード等の必要事項を記入の上、入会の申込みを行うものとする。 2 前項のID及びパスワードは、お一人様につき一つ設定するものとする。 3 Sunacchiポイントクラブへの入会申込みは、随時行うことができる。 第5条(会員資格の発効) ボートレース徳山は、前条の規定により入会申込みが適正になされたときは、審査を行い、適当と認めたときは、申込者のポイント口座を開設する。 2 会員資格は、前項の規定によりポイント口座が開設された時点で発効する。 3 テレボート会員に新規で入会した方のSunacchiポイントクラブへの入会は、ボートレース徳山での本人確認等の都合上、 2週間から45日間程度を要するものとする。 第6条(メール配信について) ボートレース徳山の判断に基づいて、Sunacchiポイントクラブの運営上の告知、情報の提供、または機能の一環として会員の登録アドレスに対してメールを送信する場合がある。 第7条(免責) パスワードを利用しての他人の成りすまし行為等による特典の詐取などについては、ボートレース徳山は一切責任を負わない。 第8条(ポイント取得対象) ポイントは、電話投票でボートレース徳山の舟券を購入した場合にのみ取得できるものとする。 2 前項に定めるほか、ボートレース徳山独自のサービスによってもポイントを取得できるものとする。 3 前2項に定めるポイント取得対象基準は、ボートレース徳山が随時、任意に見直すことができる。 第9条(ポイントの取得) ポイントは、電話投票でボートレース徳山の舟券購入額100円につき1ポイント取得できるものとする。 2 ポイントは、1つのポイント口座にのみ積算され、他のいかなるポイント口座にも積算されないものとする。 ボートレース徳山は、ポイントの二重登録が判明した場合は、正規のポイント数に訂正する権利を有する。 第10条(ポイントの登録) ポイントは、会員のポイント口座に登録されることで付与されるものとする。 会員はポイントが、ポイント口座に登録された後でなければそのポイントで特典を利用することはできない。 2 ポイントの登録は、電話投票でボートレース徳山の舟券を購入した日の翌月10日に行うものとする。 ただし、諸事情に より遅くなる場合もある。 3 会員は、ポイントが自動的にポイント口座に登録されなかった場合は、ボートレース徳山が定める方法に基づき、登録 を請求することができる。 ただし、次に掲げる場合は、この限りでない。 (1)請求対象となる日以前に当該会員のポイント口座開設が完了していない場合 (2)請求対象となる日から60日を経過した場合 4 会員は、ポイントの登録について異議がある場合は、異議の対象となる利用日から60日以内にボートレース徳山に異議 の申立てをしなければならない。 第11条(ポイントの合算) 積算されたポイントをポイント口座及び会員間で共有、合算又は譲渡することはできない。 第12条(ポイントの有効期限) ポイントの有効期限は、毎年12月31日までとする。 2 前項の有効期限については、ボートレース徳山にて随時、任意に見直すことができる。 第13条(ポイントの利用者) ポイントは会員本人のみが利用できる。 第14条(特典の申込み) 特典は月に1度更新をするものとし、月末までの応募とする。 2 ポイントの特典との引換えの申込みは、会員本人からのみ申し込むことができる。 3 特典の申込みをした場合は、いかなる場合においてもその変更はできないものとする。 第15条(特典の送付先等) 特典の送付先及び会員への必要事項連絡は、すべてテレボートに登録した前月末時点での住所に対して行うものとする。 第16条(特典の内容) ポイントにより引換え可能な特典は、予告なく変更することがある。 第17条(登録情報の変更) 会員は、入会後、登録情報に変更があった場合は、速やかに登録情報の変更手続きを行うものとする。 また、テレボート会員登録内容についても併せて変更手続きを行うものとする。 2 前項の変更手続きを怠ったために、ボートレース徳山からの通知又は送付物が延着し、又は到達しなかった場合は、通常 到達すべきときに到着したものとみなす。 会員は、このみなし到着に対して異議を申し立てることができないものとす る。 第18条(特典の紛失、盗難に対する措置) Sunacchiポイントクラブが会員に提供するすべての特典について、ボートレース徳山は、紛失・盗難等を理由とする再提供の義務を負わないものとする。 また、特典の発送以降、発送中に生じた遅延、紛失、損害等のあらゆる事故により会員が特典を利用出できない状況となった場合についても、ボートレース徳山は一切の責任を負わないものとする。 第19条(ポイントの払戻し) 特典が利用されなかった場合に、その特典に相当するポイントをポイント口座へ払い戻すことや他の特典に変更することはできないものとする。 この場合において、ボートレース徳山は利用できなかった特典を補償するいかなる責任も負わないものとする。 第20条(特定会員への提供) ボートレース徳山の舟券購入実績により、提供するボーナスポイント、特典、情報提供などに関して、ボートレース徳山は特定の会員のみに提供する場合がある。 第21条(会員資格の取り消し) ボートレース徳山は、入会後12か月以上経過して1年間ポイントの取得が無い会員については、会員資格を抹消あるいは取り消すことができるものとする。 第22条(退会) 会員が退会を希望する場合は、会員本人が退会の申込みを行い、申込みが完了した時点で退会となる。 2 会員がテレボート会員の資格を喪失したときは、2週間から45日程度を経過した後に、自動的にSunacchiポイントクラ ブを退会したものとして扱うものとする。 3 前2項の規定により、退会又は退会として扱われた時点で当該会員に係るすべてのポイントは失効する。 第23条(個人情報の管理) ボートレース徳山は、Sunacchiポイントクラブの運営に当たり、会員から提供された個人情報を重要なものと認識し、その取扱いについては、最新の注意を払い、コンピューターで厳重に管理し、ボートレース徳山事業及びSunacchiポイントクラブの運営、管理以外には一切使用しない。 第24条(事務局の設置) Sunacchiポイントクラブの事務局は、ボートレース徳山内に置くものとする。 第25条(サービスの終了) ボートレース徳山は、任意にSunacchiポイントクラブのサービスを終了することができるものとする。 その場合、未使用のポイントは無効となる。 第26条(会員資格の失効) ボートレース徳山は、次に各号に該当することが判明した場合又は該当する恐れがあると判明した場合は、予告なく会員資格を失効させることができるものとし、同時に失効時点における当該会員ポイント及び特典の利用について取り消すことができるものとする。 (1)会員登録及びポイント積算、特典利用等の際に虚偽の申告や通知がなされた場合 (2)本規約又はモーターボート競走法その他のボートレース関連法令に違反した場合 (3)その他ボートレース徳山との信頼関係を損なうとボートレース徳山が判断した行為を行った場合 第27条(本規約の改廃) ボートレース徳山は、本規約の一部又は全部を予告なく変更又は廃止することができるものとし、Sunacchiポイントクラブ内の適宜場所に掲示された時点から効力を生じるものとする。 2 会員は、前項の変更又は廃止について、すべて了承するものとする。 第28条(再入会) Sunacchiポイントクラブを一度退会した場合、退会以前に所有していたポイントの一切は復元されないものとする。 2 再入会時は、初回入会時のボーナスポイントの付与は行われないものとする。 第29条(その他) 本規約に定めのない事項で問題が発生した場合は、ボートレース徳山が決定権を有するものとする。 附則 この規約は、平成26年9月1日から適用する。 平成31年2月4日改定実施。

次の

からつキャッシュバックポイントクラブ

テレボート退会

1条 目的 大村市競艇企業局(以下、「ボートレース大村」という。 )は、ボートレース大村の電話投票(インターネット投票及び携帯Web投票を含む。 以下「電話投票」という。 )のご利用に際し、そのご愛顧にお応えするために特典を提供する会員制のプログラムとして、マイルクラブ大村24(以下、「24」という。 )を運営いたします。 この規約は、会員とボートレース大村の間の24利用に際しての各種条件を定めたものです。 2条 定義 「会員」:24入会申し込みをしてボートレース大村より入会を認められた個人のお客様。 「マイル」:会員に対象サービスの利用に応じて付与されるマイレージのこと。 「ボーナスマイル」:通常付与されるマイル以外に特別の条件下で付与されるマイル。 使用に制限が課される場合もある。 「マイル口座」:付与されるマイルを蓄積しておく口座。 「特典」:会員のマイルの利用申し込みに応じてボートレース大村から提供される商品またはサービス。 3条 入会 1. 利用規約をご承諾の上、24への入会申し込みをされ、ボートレース大村が審査の上、24への入会を承諾した方を正式に24会員とします。 24に加入できる方は、テレボート電話投票会員(インターネット即時投票会員を含む。 以下「テレボート会員」という。 )の方に限ります。 テレボート会員に新規で入会された方の24への入会は、ボートレース大村における本人確認等の都合上、2週間〜45日間程度を要するものとします。 入会は随時受付けるものとします。 4条 会員資格の発効 1. ボートレース大村が24への入会の申し込みを受け、審査を経て会員にマイル口座を開設した時点で会員資格が発効します。 マイル口座は、テレボート会員1資格あたり1口座です。 会員には、入会時ID及び暗証番号をお一人様1つ設定して頂きます。 特典利用申し込みなどの各種サービス利用時、本人確認のために暗証番号が求められます。 暗証番号は他人に知られることのないよう必ずご本人様のみが管理してください。 暗証番号を利用しての他人の成りすまし行為等による特典の詐取などは、ボートレース大村は一切責任を負いません。 退会を希望する場合は、会員が退会サイトから申し込みを行うことで、退会が完了します。 ただし、テレボート会員を退会された場合は、2週間から45日程度を経過した後に、会員が手続きをすることなく自動的に24も退会扱いとなります。 退会完了又は退会扱いとなった時点でこれまで会員が積算した全てのマイルは失効します。 5条 マイル取得対象 1. マイルは、電話投票でボートレース大村の舟券を購入された場合に取得できるものとします。 (単勝式、複勝式は対象外です。 )なお、電話投票以外のボートレース場、ボートピア等での舟券購入は一切マイルの対象となりません。 入会時に登録したテレボート口座以外のテレボート口座の登録は、ログイン後「複数の電投口座をまとめる」から追加申請ができます。 で定めるもののほか、ボートレース大村独自のサービスによってもマイルを取得できるものとします。 及び2. に定めるマイル取得対象基準については、ボートレース大村においてその基準を随時、任意に見直すことができるものとします。 6条 マイル取得方法 1. マイルは電話投票でボートレース大村の舟券購入額100円につき1マイル取得できるものとします。 マイルは1つのマイル口座にのみ積算され、他のいかなるマイル口座にも積算されないものとします。 ボートレース大村は、マイルの二重登録が判明した場合は、正規のマイル数に訂正する権利を有します。 7条 マイルの登録 1. マイルは会員のマイル口座に記録されることで付与されます。 マイルがマイル口座に記録された後でなければ会員はそのマイルで特典を利用することができません。 マイルの登録は毎月10日・25日の月2回の反映を予定しております。 但し諸事情により遅くなる場合もあります。 マイルが自動的にマイル口座に記録されなかった場合、会員はボートレース大村が定める方法に基づき、マイル登録を請求することができます。 ただし次の場合はこの限りではありません。 1 請求対象となる日以前に24のマイル口座開設が完了していない場合 2 請求対象となる日から60日を越えた場合 4. マイルの付与について異議がある場合、会員は、異議の対象となる利用日から60日以内にボートレース大村に異議の申立てをしなければなりません。 8条 マイルの合算 積算されたマイルをマイル口座及び会員間で共有、合算又は譲渡することはできません。 ただし、会員がテレボート会員の資格を複数保有している場合、マイル口座にテレボートに保有している口座(既にマイル口座に登録していない口座)を本人名義のマイル口座の1つに統合することができます。 その場合、会員はボートレース大村が定める手続きを行うものとします。 9条 マイルの有効期限 1. マイルの有効期限は、マイル口座に反映された月から1年間とします。 ボートレース大村はマイルの有効期限の基準を随時、任意に見直すことができるものとします。 10条 特典の利用者 特典の利用につきましては会員本人様のみと致します。 11条 特典の申込み 1. 特典の引き換えは、会員本人からの申し込みとし、会員以外の方からのお申し込みはできないものとします。 一度特典の申込みをした場合、その申込みの変更は一切できないものとします。 会員への必要事項の連絡および特典の送付は、全て、24に登録した住所に対して行います。 特典の受取に関する日時等は、会員は指定ができないものとします。 特典の内容につきましては、予告なくボートレース大村が変更できるものとします。 12条 登録情報の変更 1. 会員は、入会後、登録情報に変更があった場合は、速やかに登録情報の変更手続きを行うものとします。 また、テレボートの登録内容についても併せて変更手続きを行うものとします。 の変更手続きを怠ったために、ボートレース大村からなされた通知又は送付物等が延着し、又は到達しなかった場合は通常到達すべきときに到着したものとみなします。 会員はこのみなし到着に対し異議を申し立てることができないものとします。 13条 特典の紛失・盗難 24が会員に提供するすべての特典について、ボートレース大村は、紛失・盗難等を理由とする再提供の義務を負いません。 また、特典の発送以降、配送中に生じた遅延、紛失、損害等のあらゆる事故により会員が特典を利用できない状況となった場合についても、ボートレース大村はそれを補償するいかなる責任も負いません。 14条 マイル口座への払い戻し 特典が利用されなかった場合に、その特典に相当するマイルをマイル口座に払い戻すことや他の特典にかえることはできないものとします。 また、ボートレース大村は利用できなかった特典を補償するいかなる責任も負わないものとします。 15条 個人情報の管理 1. 加入時に頂きました個人情報につきましては、ボートレース大村及び24の運営、管理以外には一切使用しません。 ボートレース大村は24の運営にあたり、会員から提供された個人情報を重要なものと認識し、その取り扱いについては細心の注意を払い、コンピューターで厳重に管理しています。 16条 大村グランプリ 2017年4月3日以降に新規入会された会員は、払戻金額を競う「大村グランプリ」に自動入会されるものとする。 17条 サービスの終了 1. ボートレース大村は、任意に24のサービスを終了することができるものとします。 その場合、積算したマイルは取り消され、また、未使用の特典についても中止となります。 24を終了する場合は、終了の3ヶ月前までに会員に通知するものとします。 18条 会員資格の失効 下記のいずれかに該当したことが判明した場合、又は該当する恐れのあることが判明した場合は、ボートレース大村は、予告なく会員資格を失効することができるものとします。 併せて、失効時点における積算マイル及び特典の利用についても取り消すことができるものとします。 1 登録の会員データ、マイル積算、特典利用などの際に虚偽の申告、通知があった場合。 2 本規約、またはその他のモーターボート競走法に関連する諸規定にて認められていない行為をすること。 3 その他、ボートレース大村との信頼関係を損なうとボートレース大村が判断した行為をすること。 19条 本規約の改廃 ボートレース大村は本規約の一部又は全部を予告なく変更または廃止することができるものし、会員はこれらの変更または廃止について、すべて了承するものとします。 20条 その他 1条〜19条に記載にない事項で問題が生じた場合は、ボートレース大村が決定権を有するものとします。

次の

是政式ポイント生活|新規会員登録[利用規約の同意]

テレボート退会

ギャンブルの配当収入は、不労所得として確定申告の必要があります。 認められる経費の控除は、当該レースの購入金額のみで、他のレースで損失した金額は控除されません。 ネット投票は、現地での舟券よりも明確で、すべて銀行口座に記録が残ります。 知人の歯医者は、競馬の電話投票で口座を調査され、800万円の課税をされました といった情報より確かなことは、儲ける前に何を買おうか心配する人と同じで、確定申告するほど儲かることはありません!! 尚、20数年前に、千葉競輪で出た246万円の超大穴が出ました。 この時、400円分=約1000万円当てた人が、つい、マスコミに自分の名前を言ってしまい、本来なら課税の対象になるはずが、税務署の粋なはからいでお目こぼしとなった、ということが新聞に載っていました。 当ったのは事実ですが、お目こぼしはマスコミの作り話かも A ベストアンサー 他の方のお答えどおり、申告義務はあります。 一時所得となります。 つまり、1千円の5点買い計5千円購入し、5倍的中で払戻し5千円の場合、普通はプラマイ0ですが、税法では4千円の利益となります。 おかしな話ですが、赤字の人・プラマイ0の人でも、税法どおりに計算すると黒字になり申告義務が発生する人もでてきます。 電話投票・窓口にかかわらず、1度に100万円以上の払戻しがあると、支払調書というものが税務署にいきます。 それには支払額・住所・氏名が書かれているので、高額払戻しの人は、税務署に把握されており、申告しないと税務署から呼び出しされます。 Q 最近インターネット投票で競馬、競輪を買っています。 ここの質問で 全て見てはいないのですが配当金-購入金額=50万円以上の払い戻しに対して税金が掛るのを知りました。 そこで質問ですけど、 1 1レースで50万円以上の配当が当たった。 2 少しずつ当てて年間50万円以上当たった。 1は払わなければいけないとわかったのですが 2の今日は1万円。 次に3万円。 っていう風に当たっていって年間トータル50万円以上の払い戻しがあったらやっぱり税金を払わなければいけないのですか? そして、もしネット投票で50万円以上勝ったとして知らんフリしてたら税務署から申告の通知が来るのですか? そこら辺がよく分からなかったので(質問内容も分かりにくいと思いますけど)良ければ教えてください。 お願いします。 A ベストアンサー こんばんは。 nta. htm ・「一時所得」にも課税されるものと非課税のものがあります。 ただし,ハズレ馬券は必要経費とは認めてはくれないので注意してください。 ・例えば,1万円で馬券を買って81万円の払い戻しがあったとしますと。 同じレースで,別の馬券を買って5万円負けていたら,この5万円もなんとなく必要経費に入れてくれてもいいような気がするところですが,先述したようにハズレ馬券は必要経費には算入できないこととなっています。 何となく,損したような気もしますね。 一時所得は,その収入と直接関係のある支出しか控除できない上に,株式売買のような一年間の損益通算もありませんから,特別控除も年間で50万円あるのみで,儲かったら税金払いましょう,損したら我慢しましょう,という仕組になっているんですね。 ・わが国では,所得税は納税者が自ら税金を計算して申告する「申告納税方式」が採用されており,あくまでも納税者の自主申告をもとに課税しています。 果たして,どれだけの人が申告するかは別問題としてその内容を確認するために,税務署の調査というものが存在しています。 次に3万円。 っていう風に当たっていって年間トータル50万円以上の払い戻しがあったらやっぱり税金を払わなければいけないのですか? ・「払い戻し金額-当たり馬券代50万円」でしたら課税されます。 税務署が,納税漏れを見つけたら,ペナルティーが課されます。 見つかるかどうかは,何ともいえないです。 勿論,納税しないことをお勧めしているわけではありません。 ・なお,一時所得は,給与所得と合算 合計 して課税されます。 nta. htm こんばんは。 nta. htm ・「一時所得」にも課税されるものと非課税のものがあります。 A ベストアンサー こんばんは。 nta. htm ・「一時所得」にも課税されるものと非課税のものがあります。 ただし,ハズレ馬券は必要経費とは認めてはくれないので注意してください。 ・例えば,1万円で馬券を買って81万円の払い戻しがあったとしますと。 同じレースで,別の馬券を買って5万円負けていたら,この5万円もなんとなく必要経費に入れてくれてもいいような気がするところですが,先述したようにハズレ馬券は必要経費には算入できないこととなっています。 何となく,損したような気もしますね。 一時所得は,その収入と直接関係のある支出しか控除できない上に,株式売買のような一年間の損益通算もありませんから,特別控除も年間で50万円あるのみで,儲かったら税金払いましょう,損したら我慢しましょう,という仕組になっているんですね。 ・わが国では,所得税は納税者が自ら税金を計算して申告する「申告納税方式」が採用されており,あくまでも納税者の自主申告をもとに課税しています。 果たして,どれだけの人が申告するかは別問題としてその内容を確認するために,税務署の調査というものが存在しています。 具体的には,国 税務署 が,5年間課税権を行使しないと時効となります。 ただし,悪質で脱税とみなされた場合は7年間です。 ・ただし,上記のとおり,どれだけの方が申告するかは別として,税務調査があります。 勿論,全員が税務調査の対象にはなりません。 nta. htm こんばんは。 nta. htm ・「一時所得」にも課税されるものと非課税のものがあります。 A ベストアンサー 追加のご質問に回答いたします。 <参考になる本とか競走の予想ソフトなんてありませんか? スポーツ新聞読むと,競馬の1点買いで連単とか3連単を当てるとかあるでしょ?あれは絶対にインチキです。 どんな競馬だって,もう1回やってみたらどうなるか分からないからです。 それを1点で当てようなんて詐欺のようなものです。 さて,本とか読みましたが,参考になりません。 ソフトは知りません。 それで回答として,ネットで「松阪競輪」と打ち込んで,最近のレースから11月9日11Rを開いてくれませんか。 これはGIIIですが,全国の場外で買えました。 このレースは,関東ラインが本命で,1番平原~9番武田~7番兵頭~3番有坂です。 対するは中部ラインで,2番の小嶋は実力者~8番~4番です。 展開や各選手の現在の実力や持ち味を考えて,関東ラインの優勢です。 1番人気は9-7。 私は,ワイドで1-9を1,000円。 3連複で2-4-8を100円だけ押さえました。 平原選手の先行・まくりは実にすごいものがります。 そのすぐ後ろに先行型の武田(取手競輪場)がマークし,後ろは兵頭が守り,そのうしろには有坂も付きます。 どう考えても関東ラインが優勢です。 しかし,小嶋選手は実力があり,もしまくりが成功すれば,面倒見のよさもあり,4番8番も連れてゴールする可能性もあります。 レースは見てのとおりです。 9-7-1でした。 ワイド1-9は,1着3着で260円の配当でした。 平原のまくりは強力ですが,ゴール前に同じラインの兵頭に差されました。 このように固いレースを選んで車券を買いましょう。 競輪の固いレースは,例えば,1-6買って200円,6-1買って180円という鉄板レースもありますよ。 私は,競馬もしますし,競輪もしますが,ささやかな金額で楽しめます。 それがギャンブルの楽しみ方と思っています。 お金を稼ぐときは株式でしています。。。 <それとも「長くやっていれば判ってくる」のでしょうか。 長ければ良いというものではありません。 首都圏で競馬の場外に行くと。 3連単の本命を100円買っている初老の人を見かけます。。。 センスの問題です。 予算が少なければ,連単で勝負ですよ。 遊ぶならワイドとか複勝です。 競輪は,固いレースに賭けて,波乱のレースは賭けないのが極意です。 私は,かつて引越し費用がなくて困っていたとき,競輪の稼ぎで出たことがありました。 しかし,生活のため妻子を半年の間,株式投資の稼ぎで養っていたことがあります。 これもセンスの問題です。 そんな私からの助言です。 「ギャンブルは少額賭けて楽しむものです。 面白いように当たりますが,たいして稼げませんが,案外,負けないでしょ。 ADATARA戦法と勝手に命名したワイド2点買い戦法です。 順当か小波乱のレースだけに買います。 追加のご質問に回答いたします。 <参考になる本とか競走の予想ソフトなんてありませんか? スポーツ新聞読むと,競馬の1点買いで連単とか3連単を当てるとかあるでしょ?あれは絶対にインチキです。 どんな競馬だって,もう1回やってみたらどうなるか分からないからです。 それを1点で当てようなんて詐欺のようなものです。 さて,本とか読みましたが,参考になりません。 ソフトは知りません。 それで回答として,ネットで「松阪競輪」と打ち込んで,最近のレースから11月9日11Rを開いてくれませんか。... Q 三連単や三連複などで超高額払戻し(目安としてはオッズ1万倍以上、馬券100円に対しての払戻しが100万円以上としましょうか)が発生した場合、 払戻しを受けた人の人相風体がマスコミで報道されることがよくあります。 先日も数千万の払戻しを受けた人について 「男女のカップルだった。 」 「二人とも中年だった。 電話投票やどの場外馬券売り場で買われた馬券だったか、というのはJRAの馬券販売時のコンピュータデータを照合すればわかることでしょうけど、払戻しを受けた人の人相、風体というのはコンピュータデータに残るものではありません。 超高額払戻しを受ける際は当然機械による払戻しではなく、有人窓口で対面で払い戻しを受けるわけですが、その際に的中者は住所氏名年齢職業を申告する必要があったり、職員側は人相風体をチェックして税務署やマスコミに発表する義務というのがあるのでしょうか? なぜ超高額払戻しの人がマスコミにばれちゃうのか、よくわかりません。 もしかしてこれは 「どこの誰が超高額払戻しを受けたのか、ちゃんと税務署に密告しておくからな。 自分から所得税申告しなければ税務調査が入るぞ」 というJRAからのプレッシャーなのでしょうか? 三連単や三連複などで超高額払戻し(目安としてはオッズ1万倍以上、馬券100円に対しての払戻しが100万円以上としましょうか)が発生した場合、 払戻しを受けた人の人相風体がマスコミで報道されることがよくあります。 先日も数千万の払戻しを受けた人について 「男女のカップルだった。 」 「二人とも中年だった。 電話投票や... A ベストアンサー >的中者は住所氏名年齢職業を申告する必要があったり、 >職員側は人相風体をチェックして税務署やマスコミに発表する義務というのがあるのでしょうか? 的中者は、身分照明をされることがないと聞いています。 念のため言っておきますが、実際に体験したことはありません。 税務署、マスコミに対する発表義務もないと思います。 >「どこの誰が超高額払戻しを受けたのか、ちゃんと税務署に密告しておくからな。 >自分から所得税申告しなければ税務調査が入るぞ」 >というJRAからのプレッシャーなのでしょうか? どうなんでしょうね。 人によって、受け止め方は違うので何とも言えません。 ただ、単に「聞かれたから答えた」というレベルでは? それと「高額払い戻し所張り込み説」は、ほぼ100%ありえないでしょ。 払い戻し金額が100万円以上な訳ですから… 極端な話、ヴィクトリアマイルでアパパネ=ブエナの馬連に50万円 つぎ込んでいたら高額払い戻しな訳で… 高額払い戻し=高額配当とは限りませんから そもそもマスコミとしても、張り込ませるだけの人件費がもったいないです。 売上が増えるわけではありませんから… >的中者は住所氏名年齢職業を申告する必要があったり、 >職員側は人相風体をチェックして税務署やマスコミに発表する義務というのがあるのでしょうか? 的中者は、身分照明をされることがないと聞いています。 念のため言っておきますが、実際に体験したことはありません。 税務署、マスコミに対する発表義務もないと思います。 >「どこの誰が超高額払戻しを受けたのか、ちゃんと税務署に密告しておくからな。 >自分から所得税申告しなければ税務調査が入るぞ」 >というJRAからのプレッシャーなのでしょう... というか、単純に年間90万円以上と決めつけることは間違っています。 確定申告しなければならない場合は、上の式で求めた数字をさらに 2で割ります。 nta. nta. htm 競馬以外に無職無収入なら、20万ではなく、少なくとも 38万円以上にならない限り、申告の必要はありません。 税金について詳しくは国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。 nta. というか、単純に年間90万円以上と決めつけることは間違っています。 確定申告しなければならない場合は、上の式で求めた数字をさらに 2で割ります。 nta. A ベストアンサー こんにちは! 100円玉で競馬,競輪,競艇を楽しんでいる者です。 ご質問に対してひと口でお答えすれば,自分のお金で遊ぶのではなく,儲けたお金,つまり元はと言えば他人のお金で遊ぶことです。 例えば,100円玉で1日に使える自分のお金を一定金額に決めといて(私は900円,つまり3ケタの金額です。 ),的中して稼いだお金を次回のレース資金にプールしておきます。 900円負けたら,次回も900円で勝負です。 映画を見ても1,500円,居酒屋で飲んでも4,000円,晩酌してビール飲んでも900円くらいはかかるので,競艇観戦料として900円なら惜しくないと思います。 さて,その900円の使い方ですが,注意点は次のとおりです。 1 日誌を付ける。 パソコンの中に記録を付けるのもいいですね。 どうして,その舟券を買うのか,なぜ連単でなく連複なのか,という考え方が大事です。 100円玉の勝負なら連単か3連単の方が,ローリスクでハイリターンだと思います。 2 レース展開を自分なりにイメージできるレースだけを買い,よく分からないレースは買わない。 3 自己資金900円(12,00円くらいにしても同じ考え方ですが)を忠実に守る。 4 得意な選手を見つける。 競艇が3倍楽しくなりますし,レース展開がさらに読めるようになります。 5 儲けたお金は今後の購入資金目的以外に使わない(飲み食いとかあぶく銭とは思わないこと)。 6 資金が増えるときのパターンは増える時期に増えますが,そのとき意外は現状維持して横ばいです。 でもまた次の良い波が来ると増えます。 7 税金25%控除はきついという考えだけで結論を出すのはどうかと思います。 仮に控除率が0%なら勝てる法則はありますか?ないです。 8 専門誌でなくて,スポーツ新聞を一紙毎日,購読すると良いです。 レースの前の日(夜中の12時頃)にコンビニにスポーツ新聞が配達されるので,そこから研究できますし,記者の考え方などは同じスポーツ新聞を読み続けた方が,記者の特徴や調子も分かるので良いです。 私は,競馬はGIのみ買います。 情報量が多いからです。 競輪はGIとGIIは買いません。 GIIIの初日も買いません。 人間は馬と違い,選手にも欲(よく言えば意気込みか)があります。 大レースは予想外のことや選手の思い切った作戦も出てくるので買いせん。 これらのレースは見るレースです。 また,A級3班のチャレンジレースも買いません。 20台の若手とラインを組む50代の年配選手の脚力はリスクが高いからです。 ですから,普通のS級戦やA級戦で勝負します。 競艇も同じで,大レースは買わないで見ているレースです。 ごく普通のレースで展開が読めるレースだけ買います。 蛇足ですが,競馬,競輪,競艇の収支はプラスです。 一番好きなのは競輪ですが,3連単専門です。 連複は買いません。 1レースは4点以内で買います。 普通は3,000~4,000円ですが,今は,さきほど書いたように,もとはといえば他人のお金で買っています。 でも最初は900円の元手で3連単当てて,そのお金でまた3連単当てたんですよ。 1着と2着が逆になっても連複は当たります。 でも,どういう場合に1着で来るのか,2着はどういう展開のときか,汐時間や風も含めて考えてみると良いでしょう。 パチンコするよりは,上手に公営ギャンブルを楽しんだほうがお金がかかりませんよ! こんにちは! 100円玉で競馬,競輪,競艇を楽しんでいる者です。 ご質問に対してひと口でお答えすれば,自分のお金で遊ぶのではなく,儲けたお金,つまり元はと言えば他人のお金で遊ぶことです。 例えば,100円玉で1日に使える自分のお金を一定金額に決めといて(私は900円,つまり3ケタの金額です。 ),的中して稼いだお金を次回のレース資金にプールしておきます。 900円負けたら,次回も900円で勝負です。 映画を見ても1,500円,居酒屋で飲んでも4,000円,晩酌してビール飲んでも900... Q 競艇のスタート位置の取り合いについて 友人に付き合って競艇に行きました。 一つ釈然としない事がありました。 それは、スタート位置の取り合いについてです。 枠は最初に決まっていますが、それを無視して4枠の船が2枠まで割り込んできて、 1,4,2,3,5,6みたいな順でスタートする事がたまにある事です。 「えー、そんなのアリなの?」って感じでしたが、 友人に聞いてみても、 「ベテランが若手にどけって感じで割り込んでいく」 とか、 「船のヘサキがスタート地点方向に向いたらもう変えられない」 とか、 要領を得ない話しか分かりませんでした。 「ベテランが若手にどけって感じで割り込んでいく」 なんてインチキ臭くてフェアプレイとは言えないし、 「船のヘサキがスタート地点方向に向いたらもう変えられない」なら、 わざと遅れて言って、1枠のさらに内に入り込んで向きかえれば良いだけのように思えます。 このあたりについて教えてください。 A ベストアンサー NO. 1です。 待機行動違反になります。 しかし1コースを取ろうとしてイチ早くブイより前に来た艇が、あまりにもスタンド側に寄っていても「ブイとの間隔を開けすぎ」で待機行動違反になります。 先日の笹川賞・準優勝戦の白井英児選手は、2コース進入でしたがイン艇との間隔を開けすぎて待機行動違反を取られ、1着になりましたが「賞典除外」で優勝戦に乗れませんでした。 またコースを取るためには「ピット離れ」が重要になります。 ピットから出る時に、タイミングよくスピードをつけないと、出遅れて枠番より外のコースになってしまいます。 6月5日の若松競艇、12Rで、1号艇の今垣光太郎選手はピット離れで失敗し、3号艇の菊地孝平選手に1コースを取られ、3コースになって4着に破れてしましました。 こんな場合も、ピット離れで遅れた艇との間が広くないと入れません。 どのくらいの間隔なら入っていいかは、選手間の暗黙の了解、またどのくらいの間隔なら反則になる、ならないとかは、審判の判断です。

次の