子犬を離乳するとき。 子犬の離乳食とは何か?いつからあげるべき?【与え方や注意点も解説】

いつからいつまで?食べさせ方は?子犬に離乳食を与える前に知っておきたい予備知識!

子犬を離乳するとき

消化器官が未発達な子犬のうちは、成犬よりもよく吐くと言われています。 さらに、人と違って、犬は自分の体に合わないものは反射的に吐いて体外に排出しようとします。 野生の環境下では、いつも安全なものだけを食べられる保証はなく、食べてみて違和感を覚えたら吐き出すという本能が備わっているのかもしれません。 また、母犬は自分の食べたものを吐き出して、離乳食として子犬に与える習性があります。 犬は人よりも、吐きやすい動物なのです。 ひとことで吐くと言っても、嘔吐と吐出の2種類があることを覚えておいてください。 嘔吐の最大の特徴は前兆が見られること。 いかにも吐きたそうな様子を子犬が見せたり、不安げな表情を示したり、吐く場所を探して歩くなどが前兆です。 吐く際には、腹筋が収縮していて、背中や首を丸めるといった吐くための姿勢を整えているのがわかるでしょう。 吐出は、健康な犬にはまず見られません。 食道の内容物を突然、まるで噴出するように吐き出す現象です。 胃で消化が始まる前に吐き出されるので、内容物は食べたそのままの状態で出てくるのも特徴的です。 巨大食道症など、吐出のほとんどは食道の病気が原因です。 18歳でトリマーとなり、以来ずっとペットの仕事をしています。 ペットとその家族のサポートをしたい、相談に的確に応えたい、という想いから、トリマーとして働きながら、獣医師、ドッグトレーナーになりました。 現在は東京でペットのためのトータルケアサロンを経営。 毎日足を運べる動物病院をコンセプトに、病気の予防、未病ケアに力を入れ、気になったときにはすぐに相談できるコミュニティースペースを目指し、家族、獣医師、プロ(トリマー、動物看護士、トレーナー)の三位一体のペットの健康管理、0. 5次医療の提案をしています。 プライベートでは一児の母。 愛犬はシーズー。 家族がいない犬の一時預かり、春から秋にかけて離乳前の子猫を育てるミルクボランティアをやっています。

次の

【2020年】子犬(パピー)用おすすめ国産ドッグフードと選び方を徹底解説!|ドッグフードポスト

子犬を離乳するとき

離乳食はいつからいつまで? まず初めに、離乳食はいつから食べさせるのがいいのか、いつまで食べさせたらいいのかという疑問にお答えしましょう。 生後3週間頃から徐々に離乳食へ切り替え 生後4週間までの子犬であれば母乳だけで必要な栄養素を満たすことができますが、 成長していくにつれて母乳だけでは不足してしまう栄養素が出てきたり、母犬からしても歯が生えてきた子犬に母乳を与えるのは苦痛になってきます。 また、成犬になった時にしっかりとドッグフードを食べられるようになっておかないといけませんよね。 そこで、 子犬の乳歯が生えてくる生後3週間頃から徐々に離乳食へ切り替えていきましょう。 ただ、犬種や子犬のサイズによって時期が多少異なるため、基本的には「 乳歯が生えてきたら」を目安に離乳食へ切り替えるといいでしょう。 また、犬用ミルクをお皿に注いでペロペロと舐めて飲むことができれば、それが離乳食をスタートすることができる合図になります。 離乳食は生後2~3ヶ月頃まで 離乳食を与え続けるわけにもいかないので、次は普通のドッグフード、もしくは子犬用ドッグフードに切り替えていく必要があります。 目安としては完全に離乳できる生後2〜3ヶ月頃で、手作りの離乳食であれば、ふやかす際のお湯や犬用ミルクの量を徐々に減らしていくことでスムーズにドッグフードに切り替えることができます。 離乳食からドッグフードに切り替える際は、子犬のウンチの状態や身体全体の健康状態をよく観察しながら切り替えていきましょう。 離乳食を与える量は? 基本的に市販の離乳食を与える場合は、 パッケージの表示に従って給餌量を調整するようにしましょう。 子犬用ドッグフードなどを使った手作り離乳食を与える場合でも同様です。 また、子犬は体が小さく一度にたくさんの離乳食を食べることはできないため、 与えている離乳食やドッグフードの表示分量を1日4〜5回くらいに分けて与えるのが理想的です。 おすすめの離乳食 犬は人間と比べると成長のスピードがものすごく早く、あっという間に大きくなってしまいますよね。 子犬から成犬にかけて成長する速度が速い分、 子犬は成犬の2~3倍の栄養素が必要と言われているんです。 そこでおすすめなのが、JPスタイルの「 幼犬用離乳食」です。 こちらはお湯で溶かして柔らかさを調整できる粉末タイプの離乳食で、こ れだけで子犬に必要な栄養素をしっかりと摂ることができる総合栄養食になっています。 また、 ドッグフードへの切り替えに備えて柔らかさを調整することもできるので、ドッグフードへの移行もスムーズに行うことができますよ。 Amazonや楽天市場などの通販サイトでも販売されているので、興味がある方はご覧になってみてください。 離乳食の作り方 市販の離乳食ではなく、手作りの離乳食を検討している方もいると思います。 もちろん、ドッグフードを利用して離乳食を自分で作ることもできるんです。 手作り離乳食は一般的なドッグフードや子犬用ドッグフードを使うので、 離乳食からドッグフードに切り替える際に移行しやすいというメリットがあります。 離乳食の作り方については、ペットのブリーダーワンブーさんの以下の動画を参考にしてみてください。 基本的には 子犬用ドッグフード、もしくは離乳食卒業後に食べさせたいと思っている(子犬にも対応した)ドッグフードと、ふやかすためのお湯、もしくは犬用の粉ミルクがあれば自分で簡単に作ることができます。 ただし、 ミルクを使用する場合は普段私たちが飲んでいるような牛乳ではなく、必ず犬用のミルクを使うようにしましょう。 人間が飲む牛乳と犬用ミルクでは、含まれている成分にほとんど違いはありませんが、栄養バランスが大きく異なるためワンちゃんには適していないのです。 ちなみに、動画内ではドッグフードのかたまりが多い状態で与えていますが、場合によってはペースト状にしたりなど、子犬が食べやすい状態まで柔らかくするのがいいですよ。 また動画の概要欄でも説明があるように、 基本的に総合栄養食のドッグフードであれば栄養バランスが整っているため、そのまま人肌程度の温度のお湯でふやかすか、犬用ミルクを加えるだけで十分な栄養を与えることができます。 離乳食にサプリメントなどを加えて与える飼い主さんもいらっしゃいますが、 総合栄養食の栄養バランスを崩してしまう恐れがあるので、特別不足している栄養素などがない限りは、ドッグフードとお湯、もしくは犬用ミルクで作るようにしましょう。 離乳食の食べさせ方 最後に離乳食の食べさせ方についてですが、こちらも徐々にドッグフードに切り替えていくために、お皿に入れたドッグフードを自分で食べられるよう訓練していく必要があります。 まずは先ほどご紹介した、ペットのブリーダーワンブーさんの動画で作っていた離乳食を子犬に与えている様子をご覧ください。 このように、 初めての離乳食というのは最初はなかなか食べ始めてくれず、指につけて舐めさせたりなど、これがごはんだよということをワンちゃんに覚えさせる必要があります。 こちらの動画では多頭飼い向けのお皿で食べさせていますが、ワンちゃん1匹の場合でもできるだけお皿で食べさせてあげるようにしましょう。 もしどうしても食べてくれない場合は、 離乳食に犬用ミルクを混ぜたり、嗜好性の高いドッグフードを混ぜ合わせたり(その場合はベースとなるドッグフードの量を減らして調節する)などして子犬の好みに合った離乳食を与えてあげてください。 また、初めて離乳食を食べさせるときは、頑張って食べようとはしているけれど、 全然自分で食べることができないということもあるかと思います。 その場合は、 犬用のソフトスプーン・フードスプーンなどを使って口元まで運んで食べさせてあげるといいですよ。 スプーンを使って食べさせる場合は次の動画が参考になるので、ぜひご覧ください。 ただもちろん、ずっと飼い主さんがスプーンで食べさせ続けるわけにもいかないので、離乳食を食べさせている期間にしっかりと自分で食べられるようになる訓練もしていきましょうね。

次の

【2020年】子犬(パピー)用おすすめ国産ドッグフードと選び方を徹底解説!|ドッグフードポスト

子犬を離乳するとき

子犬の食事の切り替え 通常、犬の飼育にあたって 離乳食ということはあまり考える機会が少ないかもしれません。 なぜなら、多くの場合、ブリーダーやペットショップから子犬を購入するため、飼い主の手に渡る頃には離乳食の時期も過ぎているからです。 しかし、例えば可愛い愛犬の子供が産まれたりした場合などは、授乳期から離乳食、そして離乳食から通常のドッグフードへの切り替えといったタイミングを、飼い主自身が判断していかなければなりません。 子犬の食事は、いわゆるパピーフードと呼ばれるものです。 と言っても、生まれてすぐにパピーフードを食べ始めるわけではありません。 産まれたときは母犬の母乳で育ちますし、そこから通常のドッグフードへと切り替えて行く過程で必要となるのが離乳食です。 ここでは、離乳食を始めるタイミングや与え方の注意点などについてお話していきます。 生まれたてはもちろん母乳 生まれたての子犬は、当然ながら人間と同じように母犬の母乳が食事となります。 およそ4週間は母乳のみとなりますが、原則的にこの期間は母犬や兄弟たちと過ごす大切時期とも重なるため、購入することはできません。 従って、子犬を迎えるにあたってその点の心配は必要ありません。 離乳食 生後1ヵ月あたりを目安に、徐々に母乳から離乳食へと移行します。 この時期も、原則的に母犬や兄弟たちと過ごす大切な時期となりますので、飼い主に渡ることはありません。 離乳食は、パピーフードを母乳やミルクなどでふやかして与えますが、単なるふやかしではなく、潰してペースト状にするのが基本です。 生後2ヶ月目までを目安に通常のふやかしへと移行 離乳食を2週間ほど続けると、徐々に子犬もフードに慣れてきます。 その頃から、通常のふやかしを与えるようになります。 優良なブリーダーであれば、まずこの時期が終わるまで子犬を販売することはしません。 生後4か月ほどまでを目安に硬いパピーフードへと移行 生後2か月を過ぎたあたりから、ふやかす時間を少しずつ短縮しながら、徐々に固いフードへ慣れさせていきます。 この時期になると、新しい飼い主さんに迎えられる時期となります。 この時期の子犬を迎えたら、いきなり硬いフードを与えるのではなく、ふやかしの状態から少しずつ硬いフードへと移行しなければなりません。 ブリーダーやペットショップのスタッフからもそうした指示があるはずですので、しっかり厳守しましょう。 生後4か月を過ぎたら硬いフードへと完全移行 概ね生後4か月目あたりからは、硬いドッグフードを食べられるようにしましょう。 この時期からは、1日に与えるドッグフードも、1日2回にします。 成長のスピードが速い子犬!栄養はしっかりと 生後6か月ほどまでは、子犬の成長速度も非常に速いので、それだけの栄養素をしっかりと摂取する必要があります。 子犬の成長は早い!あっという間に離乳食の時期が始まります! 人間の子供であれば、母乳から離乳食へと切り替えるタイミングは概ね半年前後が目安となりますよね?しかし、犬の成長は人間よりもスピードが速いため、子犬に離乳食を与えるタイミングも人間とは大きく異なります。 『いつから離乳食に変えればいいのか?』ですが、子犬の場合は、 およそ生後3週間ほどが離乳食へと切り替える時期となります。 離乳食へ切り替えるかどうかの判断材料となるのが、 子犬の乳歯です。 乳歯の生えてきた子犬は母犬の乳首を噛むようになるため、そもそも母犬自身が授乳を嫌がってしまいます。 子犬の食事は母乳なのですから、子犬としては母乳を飲みたいと考えるのが当たり前ですが、母犬が嫌がるようになってしまうと食事もままならなくなって栄養不足になってしまいます。 その頃が、離乳食へと切り替えるタイミングなのです。 子犬の離乳食はどんなものがおすすめ? 子犬に必要となる栄養素は、豊富なたんぱく質。 もちろん、ビタミンなどの栄養素もたっぷり摂らせてあげたいところです。 現在では、子犬用の離乳食も市販されていますし、もちろん、ペットショップや通販でも気軽に購入できます。 離乳食として商品化されている商品は、子犬の成長に必要な栄養もしっかりと考えて作られていますので、安心です。 また、子犬用に販売されているドッグフードをふやかしたものも離乳食としておすすめです。 基本的にはぬるま湯でふやかしたものでも構いませんが、母乳からの切り替えという視点で考えればミルクでふやかした方が食い付きもいいかもしれませんね。 離乳食を与える際の注意点は? 販売されている犬用離乳食を与えるのであれば気にすることはありませんが、くれぐれも 人間用の離乳食は与えないように注意しましょう。 人間用のものには犬に与えてはいけないものも含まれていたりしますので、必ず犬用の離乳食を与えるようにしてください。 くれぐれも、 「離乳食なんだから人間も犬も同じ!」という安易な考えは禁物です。 さらに、ドッグフードを離乳食として与える場合にはいくつか注意しておきたいポイントがあります。 まず、ドッグフードをふやかす際には熱湯でふやかさないようにしましょう。 熱によって貴重なビタミンなどが壊されてしまいます。 あくまでも、「ぬるま湯で浸す」ということは意識しておきましょう。 もちろん、与える際にはしっかりと冷ましてから与えましょう。 ドッグフードはただふやかすだけでなく、潰してペースト状にしてあげるのが理想です。 ふやかしてしまえばスプーンなどで簡単に潰すことができます。 ミルクでふやかす際にも、必ず犬用のミルクを与えましょう。 「牛乳の方が手っ取り早いから」という気持ちも分からないではありませんが、牛乳は下痢を招く危険もありますので、牛乳を使用しようと考えるのであれば、ぬるま湯でふやかすようにしてください。 離乳食から通常のドッグフードへと切り替えるタイミングは? 離乳食へと切り替えたからといって、子犬がすぐに喜んで食べてくれるわけではありませんし、器用に食べてくれるわけでもありません。 どちらかといえば慣れない食事に戸惑うのが普通です。 これまで母乳を飲んでいたのですから、それも当然といえば当然ですよね。 1日に4回ほど与えるのが一般的ですが、最初からそうするのではなく、段階的に回数を増やしていくようにしましょう。 食べないからと無理矢理食べさせる必要はありません。 そうなれば、完全に離乳した状態になります。 1日4回ほどが目安といっても、それはあくまでも目安に過ぎません。 子犬が食べなければそれ以上与える必要はありませんし、逆に「もっとちょうだい!」とせがんできても目安量以上を与える必要もありません。 要求するままに与えてしまうとそれこそ肥満の原因になってしまうので、注意しましょう。 離乳食も段階的に固いものを与えていくようにしなければなりませんが、便の状態もしっかりと確認しつつ、徐々に固くしていくタイミングを見極めていきましょう。 難しければ獣医など専門家の指示を仰ぐのもおすすめです。 離乳食はおよそ生後2ヶ月~3ヶ月まで続けますが、 通常のドッグフードへと切り替えるタイミングとしては、乳歯が完全に生えそろった頃が目安となります。 硬いドッグフードを食べられるようになっても生後1年まではパピー用フードを! 硬いドッグフードへと移行しても、それで成犬の仲間入りを果たしたというわけではありません。 成犬の目安は大体1歳ほどとなりますので、その頃までは パピー用のドッグフードを与えるようにしましょう。 内臓もまだまだ小さな子犬ですので、一度に食べられる量もそれほど多くはありません。 そのため、一度の食事で効率よく栄養を摂取するためにも、高栄養のドッグフードを与える必要があるのです。 それ専用に開発されているのがパピー用ドッグフードとなるわけですね。 逆に、成犬になってもパピー用ドッグフードを与え続けていれば、当然ながら栄養過多で肥満になってしまいます。 パピー用ドッグフードはどんなものを選べばいいの? 一般的なドッグフードと同様に、パピー用のドッグフードも非常に種類が豊富です。 一つの目安としては、良質な動物性タンパク質が豊富に含まれているものが理想的ですし、併せて動物性脂肪の摂取もしっかりとしておきたいところです。 また、効果的に栄養を吸収するためにも、消化吸収の良いドッグフード与える必要があります。 なぜなら、内臓の小さな子犬は、消化吸収の力も成犬に劣ってしまうからですね。 消化吸収にこだわっている• 良質な動物性たんぱく質や脂肪が豊富に含まれている これらを基準に最適なパピー用ドッグフードを選ぶようにするのがおすすめです。 子犬の頃からドッグフードにはこだわっておこう! たんぱく質は人間だけでなく犬にとっても大切な栄養素ですが、犬に関して言えば理想的なたんぱく質は 動物性たんぱく質です。 植物性タンパク質は上手に消化吸収することができないため、できるだけ動物性たんぱく質が豊富なドッグフードを選ぶのがおすすめです。 残念ながら、 プレミアムドッグフードと呼ばれるものであっても、コストを抑えるために植物性たんぱく質を原料としているものもあります。 例えば、トウモロコシや大豆、エンドウ豆などは、動物性たんぱく質を補うため(コストを抑えるため)に原料として使われているに過ぎません。 それら植物性たんぱく質と動物性たんぱく質とを混ぜ合わせ、「高栄養」と謳っているわけですから、信憑性も乏しくなってしまいますよね?できれば植物性たんぱく質の含まれていない、動物性タンパク質のみが含まれているドッグフードを選ぶようにしましょう。 脂肪にもこだわって! 脂肪と聞くと、肥満といったようなネガティブな印象を抱きがちですが、実は犬にとっても大切な栄養素です。 エネルギー源となるだけでなく、被毛の美しさや健康的な皮膚を保つ上でも大切な栄養素です。 この脂肪も、ドッグフードによって表記が異なっています。 つまり、どのような脂肪が含まれているのかを、しっかりとチェックしなければならないのです。 鶏油やニシン油といったように、何由来の脂肪なのかをしっかりと記載しているドッグフードは安心度が高いです。 しかし、動物性油脂とか、植物性油脂とか、一体何由来の脂肪なのか分からない場合は要注意です。 これらが原料に含まれているとドッグフードは自体の酸化速度も速く、必然的に酸化防止剤や防腐剤といったものが使われるケースがほとんどです。 犬にとっては百害あって一利なしですから、原材料にもしっかりと気を配りましょう。 子犬にも最適: まとめ 人間の赤ちゃんに与える離乳食とは異なり、子犬に与える離乳食はとても期間が短いです。 子犬用のドッグフードを使って離乳食を作るのは手間がかかりますが、短期間のことなのでしっかりとこなしてあげたいものですね。 また、2ヶ月~3ヶ月程度という短期間のものでもあるので、手間をかけずに市販の犬用離乳食を使ってしまった方が手間もかからず便利です。 どちらがいいのかは飼い主の判断に委ねられますが、最初からドッグフードを使って離乳食として与えておいた方が、通常のドッグフードへと切り替えていく際にもスムーズです。 離乳食としていつも食べていたフードですから、子犬も抵抗なく食べてくれるようになります。 子犬期の食事は、これから先の体を作っていくための基本となるべきものです。 しっかりと栄養を与えて丈夫な体に育ってもらうためにも、飼い主自身がしっかりと意識しておく必要があります。 もちろん、犬は食べるドッグフードを選ぶことはできませんので、その責任は飼い主が追わなければなりません。 ドッグフードのクオリティにもしっかりとしたこだわりを持ち、安心・安全で理想的なパピー用ドッグフードを選んであげてくださいね。 産まれたばかりの子犬の世話をする機会というのもそう滅多にあるものではありませんので、ぜひ愛情を込めて育ててあげましょう。

次の