クレム ドアン クリーム シャンプー 口コミ。 クレムドアンクリームシャンプーの口コミ・効果は?くせ毛の私が2週間使ってみた

クレムドアンブラッククリームシャンプーの口コミと効果!評価・評判を実体験で解析

クレム ドアン クリーム シャンプー 口コミ

元美容師Mです。 最近話題(?)になっているのが、泡立たないシャンプー!という事で、クリームを頭皮と髪に塗布するシャンプーです。 私は生まれてこの方、泡立つシャンプーでずーーっとシャンプーし続けてきたので、クリームを塗るたくるだけというだけでなんか気持ち悪そう・・・と思ってしまいます 笑 で、このクリームシャンプーなんですが「界面活性剤を使わずに泡立たせないから、髪や頭皮に優しい!」 という謎理論を主張しているんですが、成分を解析すると 通常の泡立つシャンプーよりも、実はかなりハイリスクだったりします。 今回はクリームシャンプーの『クレムドアンシャンプー』の成分を解析&心からオススメできない理由を解説していきます。 ~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~ 当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。 あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。 【最重要】クレムドアンクリームシャンプーの洗浄成分は? シャンプーで最重要なのが、『洗浄成分』です。 いくらクリームシャンプーと謳っていようと洗浄成分の刺激や洗浄成分が強すぎれば、いくらクリームだろうと髪はバサバサになり、頭皮も荒れに荒れます(汗) で今回のシャンプーもいつものように成分を見てみたのですが、先に言ってしまうと、、、 「これシャンプーじゃねぇ!」 というのが成分を見た私の感想です。 一応、シャンプーの洗浄成分に当たる成分が以下の成分 ステアラミドプロピルジメチルアミン、ステアルトリモニウムブロミド うーん。 これをシャンプー!というのはムリがあります(汗)というのもあまりにも洗浄成分が弱すぎるんです。 ホントにコンディショナーで頭を擦っているようなものです。 カチオン界面活性剤の中では比較的刺激が低めな3級カチオン界面活性剤で、毛髪に吸着し難い成分です。 コンディショナーやトリートメントに帯電防止、毛髪の柔軟性アップの為に配合されるような成分ですが一応、殺菌作用などもあるっちゃあります。 ただ、通常のシャンプー使われるような、泡立つ界面活性剤(アニオン界面活性剤)と比較にならないほど洗浄力は低いです。 これで汚れ落ちるのか?というとキツイものがあるかと(汗) そして、カチオン界面活性剤の中では比較的低刺激と言えど、通常のシャンプーに使われる成分よりもかなり、かなり刺激が強いです。 洗浄成分2, ステアルトリモニウムブロミド 上記の成分よりも更に刺激が強い成分がコイツ。 カチオン界面活性剤の中でも最も作用が強い4級のカチオン界面活性剤です。 刺激が強い分髪の毛に吸着する力もかなり強いので、毛髪をしなやかにする効果は期待できます。 ただ、やはり作用が強い分肌への刺激性もその分強くなり、絶対にお肌につけたくない成分です。 よく美容室なんかで「トリートメントは頭皮に絶対つけないでくださいね!」と注意されることもあるかと思いますが、このカチオン界面活性剤の刺激が強すぎるのも1つの理由です。 総合的に見ると、、、一般的なコンディショナーに配合されるカチオン界面活性剤で殺菌作用で洗浄するといった感じでしょうか・・・ 確かにコンディショナーを頭に塗りたくっているだけなので、パサツキ感は感じ無いかも知れませんが、何度も言うようにコレはシャンプーではありません。 まず汚れは落ちないでしょうし、これだけで済ますならべとつき感を感じる可能性も高いです。 はっきり言って、一般的に止めておけ!と言われる洗浄成分『ラウレス硫酸』よりもかなり凶悪。 私は死ぬまで一生使わないでしょうし、これを頭皮に塗るくらいならまだお湯シャンの方が100倍マシです。 いやホントに。 クレムドアンクリームシャンプーをオススメしない3つの理由 1,クリームシャンプーは海外で訴訟問題に発展している このクレムドアンシャンプーでは無いのですが、似たようなクリームシャンプーにWENシャンプーというものがあります。 このWENシャンプー、 実は海外で「頭髪が減っている」「痒みや湿疹が引き起こされた」など2万件もの苦情が集まっているんです。 7月28日に報じられたABCニュースの中で、この裁判の原告の1人シンディー・パターソンさんは、このシャンプーを使い始めたころに髪の毛が束で抜けるようになったが、もともと髪の量が多かったので、頭髪が減っていることにすぐには気づかなかったと語っている。 FDAは、ウェンをめぐる苦情の発生件数は、これまでに何らかの被害報告が寄せられたことのあるシャンプー・リンス製品の中で最も多いとしている。 FDAは開発者のチャズ・ディーン氏の会社と販売会社のガシー・レンカー社に寄せられた約2万1千件もの苦情についても調査を開始する予定。 引用: 毎日、毎日めちゃ刺激の強いカチオン界面活性剤を頭皮に塗り塗りしていたら、抜け毛が増えるのも頷けます。 2,宣伝方法に違和感を感じる 公式ページを見てビックリしちゃったんですが、商品を売りたいがために界面活性剤を必要以上に悪い物として載せています。 引用: 界面活性剤を使うと、頭皮から毒を吸収してしまうらしいです(汗) 経皮毒!と恐怖心を煽って商品を売るマーケティング戦略は、10年くらい前だったかにシャンプー業界で一時流行っていました。 ただ、界面活性剤が吸収されるなんて研究データは一切ありません。 もしあるのだとしたら、危険です!と主張するだけじゃなく、その主著が正しいことを示す、研究資料など一緒に載せるべき。 にも関わらず、このクレムドアンの公式サイトは「毒を吸収してしまいます!」と恐怖心を煽っているだけで、根拠となるデータなどは一切示していません。 でも、この広告はなんの根拠もなしに「毒を吸収してしまいます!」と断言しちゃっています。 本当にそのような事実があるなら、良いのですが根拠もなしに消費者の不安を煽るのも大概にしてほしい。 3、定価が8,000円の根拠はどこにあるの? 引用: この商品なんと定価が8000円もするらしい。 54%でも十分驚異的な値引きだと思うのですが、問題は定価の8000円という設定です。 ページのどこにも8000円で購入出来る箇所がありません。 一番下の購入商品を選ぶところでも、定期便しか選べないようになっているんですよ。 もし、8000円で販売している事実がなかったとすれば「二重価格表示」で景品表示法に違反する可能性が出てきます。 過去にもジャパネット高田やABCマートでも問題になったお得に見せるマーケティング方法ですね。 シャンプーの成分とは直接関係のない部分ですが、ハッキリ言って何の誠意も感じ無いなぁと感じたのが私の本音です。 【結論】怒りを通り越して、恐怖を覚えました。 最初にこのシャンプーを見た時は「何だこれ、こんなのシャンプーじゃねぇ!」と怒りを覚えましたが、それと同時に恐怖も感じました。 もう21世紀だというのに美容業界は未だにわけのわからない商品を、わけのわからないマーケティング戦略で混乱させ、堂々と消費者に販売している事実がもうなんか怖すぎます。 市販のコンディショナーレベルの製品を「これクリームシャンプーでっせ!」と言って平気で8000円という価格設定で売りつけているのを見るともうホラーです。 ホラーマンです。 もし、あなたがクリームシャンプーを検討しているなら、現時点では止めておくことを強くオススメします。 クレムドアンを使って、指と腕と首周りと背中と瞼に湿疹が出ました。 解約したくて電話しても、いつかけても繋がらない状態。 ただの悪徳商法ですよ…。 ぐは!これは酷いですね。。。 これはよく悪徳な情報商材など販売する業者が検索エンジン回避の為にする載せ方です。 販売元の健康美人研究所株式会社を調べてみると「楽して痩せるサプリ」なども販売しているので、怪しさは感じますね。

次の

【元美容師がレビュー】クレムドアンクリームシャンプーの口コミ・体験談

クレム ドアン クリーム シャンプー 口コミ

どんなに口コミが良くても、成分があなたの髪質や頭皮に合っているとは限りません。 ラウレス硫酸Na等 で、変わりに何が入っているか?と言うと、この『ステアラミドプロピルジメチルアミン』という3級カチオン系の成分ですね。 カチオン系の界面活性剤は吸着力が高く、刺激性が高めなんですがコレは3級カチオン系の成分で、比較的刺激性はマイルド。 コンディショナーやトリートメントなんかに配合される成分で、帯電防止効果や、毛髪の柔軟性アップに良く配合される成分なんです。 まあ、、、一応汚れを浮かせて落とすような洗浄効果はあるっちゃありますが、一般的な洗浄成分よりも圧倒的に洗浄力は弱いです・・・ 2、ステアルトリモニウムブロミド 2番めに多く配合されているのが、問題の4級カチオン系成分です 汗 これもトリートメントやコンディショナーに配合される、毛髪柔軟成分なんですがこちらは4級カチオン系なので、より刺激性が高い成分なんですよ。 美容室なんかでは「トリートメントは頭皮に付けないでください!」っと言われると思いますが、この4級カチオン系の成分が配合されているからって言う理由もあるんです。 ネット上の過激な記事のように「危険!」「経皮毒がある!」とは言いませんが、あえて積極的にこの成分を頭皮に付けたくはないですね。 っというか私なら、この成分が配合されているってだけでぜっったいシャンプーとして使いたくないです。 笑 洗浄成分を総合的に見ると、、、市販に配合されるような『ラウレス硫酸Na』系のシャンプーよりも刺激性が強い4級カチオン系がべース。 確かに毛髪には優しいけど、正直これシャンプーじゃなくてトリートメントです。 なんでシャンプーとして販売されているのか?全然意味が分かりませんし、あなたが「頭皮が痒くなりやすい」とか刺激に敏感ならおすすめとは絶対に言えません。 むしろこれだったら、私なら湯シャンを選びます。 笑 その他の成分解析 洗浄成分がトリートメント並って時点でもはや使う理由は皆無!って感じなんですが、一応その他の保湿成分や補修成分もチェック。 してみたんですが、「特にコレ良いッッ!」っと思えるような成分は見かけられず・・・ 『ホホバ油』やら『スクワラン』等の保湿成分はある程度、配合はされていますが、他のシャンプーにも配合されることは多々あるしなぁ。 また、毛髪補修成分として『加水分解ケラチン』なんかの鉄板的な補修成分も配合されています。 が!コレも特に珍しい成分でも無く市販のシャンプーとかでも、ヘアケアシャンプーならかなり多くのシャンプー入っている成分なんですよね。 悪くは無いけど、、凄いッ!っと興奮するほどでも無いかなと。 成分全体を見渡すと、ほんんっっとにただのノンシリコントリートメントです。 笑 トリートメントを頭皮に塗ってシャンプーしているのと変わりません。 確かにカチオン系の成分がメイン成分なので泡立つ系の洗浄成分よりは、洗浄力がマイルドなので手触り感は良く感じよ、そりゃ。 ただ、カチオン系の界面活性剤を365日頭に塗り続けるなら、私は湯シャンを選びます。 笑 流石に一回で肌が荒れるまでは考えにくいですが、ずーっと使っていけばかゆみに繋がる可能性はあると思います。 ・洗浄成分はカチオン系メインで刺激強め! ・補修成分、保湿成分共に配合されてはいるが、一般的な成分ばかり ・私なら、コレを使うなら湯シャンを選びます。 【使用後レビュー】使って分かった!5つの本音 開封レビュー っというわけで成分解析だけじゃ分からない、香りや使用感などをレビューーー! あんまり使いたくない!と言うのが正直なところですが、万が一にも神シャンプーな可能性にかけて・・・ 1つ使う前に言わせて頂きたいんですが、、、価格が高すぎっ!公式サイトを見ると「通常価格80000円」っと書いてありますが、もう意味不明過ぎて笑っちゃいました。 「このシャンプーには金でも入っているのか?」ってくらい高いです。 笑 特別な成分が配合されているとかならまだしも、ただのノンシリコントリートメントに8000円もの価格を設定するなんて、少しでも良心があれば出来なくない? 私もサロン専売品から、ネットの高級シャンプーまで300種以上のシャンプーを使ってきてますが、1本の価格が8000円なんて滅多にお目にかかりません。 笑 と言う私の愚痴を書き綴ったところで、クリームを出してみる。 スンゴク固いクリームで、伸びは悪そう・・・ 本音1、伸びはどうなの? 試しにクリームを伸ばしてみたんですが、やっぱりあんまり伸びが良くないです 汗 ただでさえ、泡立たないので頭皮全体に満遍なく塗布し難いのに、こんだけ伸びが悪いと洗い残しが出そう。 クリームって泡のように勝手に広がってくれるわけじゃなから、かなり意識して頭皮に塗布しないと、全体に行き渡らないのもデメリットなんですよねぇ。 本音2、シャンプー後の使用感は? で、肝心のシャンプー後の手触り感ですが・・・当然ながら、きしみとかゴワつきはナシっ! まあ、当然ですよね。 トリートメントを頭皮に塗っているだけですから。 笑 市販で販売されるような『ラウレス硫酸Na』などのメチャ強力な洗浄力のシャンプーよりは、断然指通り感は良いです。 ただ、ノンシリコンって事もあってトリートメントとしては、サラッと感はかなり弱め。 っというかむしろ、若干ではありますが「キュっ」っと引き締まった感があるくらいです。 一応、メントール系の成分も配合されているので、洗っている最中は少ーしスーッとするので清涼感はあります。 ただ、、、普段泡立つシャンプーで洗っているのに慣れているのもあって「あれ?今日シャンプーしたっけか?!」っとシャンプーを忘れたような錯覚に陥る時があります。 笑 うーん、慣れの問題もあるんだろうけど、泡で洗わないとやっぱりちょっと気持ち悪いなぁ。 本音3、香りはどうなの? 香りに関しては本当にTHE・コンディショナーって感じの香りです。 なんか嗅いだことある香りだなぁっと思って小一時間考えてみたんですが、分かりました。 昔サロンで使っていたコンディショナーの香りにかなり似てます。 笑 至ってふっっっつーな香りなので、良い香りのシャンプーを求めているなら、期待しない方が良いかも。 私のブログに寄せられた口コミ ちなみに私が運営している別のブログに寄せられた、心優しい読者さんの口コミも記載しておきます。 Mさんこんにちは! ネットの大絶賛レビューを見て購入した挙げ句、頭皮が痒くなり髪もパサパサしておかしいなーと思い調べていたら貴方の記事を偶然見つけ、すぐに使用を辞めた者です もっと早くこの記事を見つけていればよかったです、、。 とても有益な情報ありがとうございました!他の記事も目から鱗の内容で楽しく読ませて頂いています。 初めまして クレムドアン1ヶ月使用しましたが痒みとフケが増えました。 元々フケが出やすかったのですがパサツキ感も改善されず迷ってる間に2回目が届いてしまい3回目の解約を決意、2週間前までが解約可能との事で2回目が届いて2日後に電話するも全く繋がらない、ナビダイヤルのため通話料金もかなりかかる、らちがあかないので消費生活センターに相談消費生活センター経由で何とか解約できました、2回目からは価格も約5000円と高くなるし、サイト見ても良い口コミしか見当たらない、全然髪質改善しなかった、フケが出やすいので本当に悩んでます こんにちは。 たまたまこのサイトを発見しました。 まさに おっしゃる通り! 思わずコメントしちゃいました。 頭皮、痒くなって臭くなりました。 解約するのに大変でした。 別サイトでコメントが多数あり、電話がつながらないのは分かっていたので、メールでの解約 これも非常にわかりにくい所に案内がある で、なんとか縁を切りました。 元値、べらぼうな額ですよね。 ちょっとしか入ってないのに。 怪しいとは思ったんですけど、有名人が宣伝してると、そうかなぁと思ってしまいます。 商売って誠実さが大切だなと、今回の商品で学びましたよ。 初めまして! クレムドアンを使って、指と腕と首周りと背中と瞼に湿疹が出ました。 解約したくて電話しても、いつかけても繋がらない状態。 ただの悪徳商法ですよ…。 正しい情報が広まって、一人でも被害者が減ることを願っています。 見事に1つも「使って良かった!」的な口コミが1つもありません・・・ 私が故意に良い口コミを消してるわけじゃないんですよ? あくまでも私のブログに寄せられた口コミのみではあるものの、1人も使って良かったと言う口コミが無いんですよ 汗 髪がパサツイた!っという口コミの他に痒くなったっという口コミがかなり多い印象。 やはり4級カチオン系の刺激強めの成分が配合されているのに、それを頭皮に直接塗りたくっているので、痒みやフケが出やすくなるのかなと思われます。 更にシャンプーの中身とは別に「中々解約出来ない」という口コミが多いですね。 クレムドアンは初回限定で1980円と激安で買えるものの、2回め以降は4000円と価格が高くなるんです。 定価8000円なのでこれでも激安らしい。 笑 引用: 「1980円の送料無料じゃあまり儲けが出ないから、2回目の解約に応じないのか?」っと勘ぐってしました 汗 【結論】クリームシャンプーを使う必要性ある? 使う前から成分的に「これダメだろ・・・」っと思っていたので期待していなかったのですが、やっぱり使ってみて微妙でした 汗 まず、頭皮に満遍なく塗るのが難しいというかメンドクサイし、何よりカチオン系の活性剤を塗り続けるのがね・・・嫌すぎます。 クリーム!とかハチミツ!とか美味しそうなネーミングだと、思わず使ってみたくなっちゃいますが、あえてクリームシャンプーを使うメリットがまっっったく感じられませんでした。 無理矢理、トリートメントに「クリームシャンプー!」っとパッケージングして物珍しさで売っているような気しかしません。 そして何より高いっ!いくらなんでも通常価格8000円はやりすぎでしょ。 笑 定期便コースなら、2回め以降は4000円で続けられるみたいですが、ぶっちゃけそれでもかなり高く感じます。

次の

【クレムドアンは悪評判?!】クリームシャンプー購入者が明かす真実

クレム ドアン クリーム シャンプー 口コミ

制定日:xxxx年xx月xx日 最終改訂日:xxxx年xx月xx日 代表者名:XXXX XXXX 当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8. net、Amazonアソシエイト、〇〇、〇〇)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』 氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、をご覧ください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはをご覧ください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 当サイトからのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答• ご注文いだいた商品を発送する場合• 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

次の