仙道 フライ。 【行田市】 行田で一番旨いフライ(私見) 「深町(行田市)」: Park and Meal

【フライ焼きそばの店山下】平日も混んでる!?人気店で埼玉B級グルメを味わう

仙道 フライ

投稿写真4枚 鴻巣市にあるフライと焼きそばのお店です。 場所は鴻巣市になりますが、行田名物のフライです。 同じ埼玉北部出身の私も大人になるまでフライの存在を知りませんでした。 フライといえば、エビフライ?てっきり揚げたような物のことかと思っていましたが、行田のフライは薄ーいお好み焼きのようなものです。 具材は限りなくシンプルなのです。 そして、仕上げにパン粉がまぶしてあります。 これがアクセントになって美味しいんです!メニューはフライと焼きそばのみ。 フライのサイズが「小・中・大」とありますが結構なボリュームがあるので、女性であれば、「小」で十分な気がします。 焼きそばのサイズも同じく「小・中・大」となります。 持ち帰りも出来ますが、店内での飲食も可能です。 座敷が6〜8卓くらい、あとテーブル席がいくつかありました。 店内は、ノスタルジックな雰囲気とでもいうのでしょうか。 とても昔懐かしい感じのするお店です。 定休日は毎週水曜日営業時間は10:30から15:00までです。 休日は結構混雑してるので、時間をずらすかお持ち帰りの方がいいかも!• 仙道フライ 〒369-0112 埼玉県鴻巣市鎌塚1775-11 営業時間 10:30〜15:00 日曜営業 定休日• 祝祭日 その他 席数 席 駐車場• 有 台• 無 禁煙・喫煙• 全面喫煙可• 完全禁煙 貸切• 貸切可• 貸切不可 予約• 予約可• 予約不可• 完全予約 平均予算 〜¥999 カード• VISA• MASTER• JCB• AMEX• Diners• その他• 「仙道フライ」近くの施設情報.

次の

【行田市】 行田で一番旨いフライ(私見) 「深町(行田市)」: Park and Meal

仙道 フライ

知り合いのおばちゃんが「ここのフライが好きなのよ!」と聞いていてから暫く時間が経ちました。 お店も見た事はあるんですが、時間が合わず今日に至るまで寄った事はありませんでした。 念願叶ってやっと来店。 お昼近かったせいか、店内も半分くらい埋まってました。 テーブルが4つ、座敷にもちゃぶ台みたいのが6つあるので、思ったより広かったです。 そしておじいちゃん、おばあちゃんが案外多かったのに驚き。 長く愛されてるんでしょうね。 とりあえず焼きそば中とフライ小を注文。 小350中400大450と、過去の口コミを見ると少し値上がりした様です。 とりあえず焼きそば中とフライ小を注文。 注文してから焼きそばが直ぐ出てきて驚きと嬉しさと。 熱々だったので作り置きという訳では無いようです。 シンプルながらちぢれ麺とサラッとしたソースが相性よく、美味しく頂きました。 フライは他店の物と比べてネギくらいしか具が見当たらず、物凄くシンプルなフライです。 これが正統なフライなのかもしれません。 店内で食べたり持ち帰りだったりとひっきりなしにお客さんが来ていたので、味は間違い無いんじゃないでしょうか。 店員さんの対応もキビキビしていて良かったですし。 今度は焼きそば大を注文したいです、ごちそうさまでした! 仙道フライ関連キーワード:レストランby.

次の

仙道フライ(鴻巣市鎌塚1775-)|エキテン

仙道 フライ

文末に記載していたリンクを消したら、食べログのシステム変更のため上に来てしまいました。 「投稿日を更新する」なんてボタンいつからできたん?? 目新しいことはありません。 ------- 2010年9月 第二稿 ------- 具材は少ないけど、とても旨い 他店に比べて具材は少ないですね。 でも、やっぱりほんのりと甘みのついた生地は他店ではお目にかかれません。 同行者は「よりも旨い」と申しておりました。 一番と言われると躊躇してしまいますが…。 先に「」で食べてきたので、お腹はそれほどすいていませんでしたが、それでもクイクイと胃袋に収まっていきます。 表面に振りかけられた揚げパン粉というか天かすが、サクサクと歯触りよく甘めのソースとよく合うんです。 ここのフライならいくらでもいけちゃう。 モチモチした生地がほんのり甘くて、本当に旨いフライです。 前回、クレープに近いと書きましたが、今回はそれほど感じなかったかな。 それでも他店よりもおやつに近い感覚。 生地に重曹やヤマイモ等を混ぜるとは聞いたことがありますが、味をつけているお店は唯一無二だと思います。 忙しいときの焼きそばは作り置き? 焼きそばをテイクアウトでお願いしてフライを食べていたら、やっぱり焼きそばも食べたくなって(小)をオーダーしました。 これがアッというまに出て来ました。 ものの30秒。 忙しい時間帯は作り置きしているのかもしれません。 まあ、あれだけ繁盛していて一人前ずつ焼く非効率さはわかりますが…。 テイクアウトしたのでその写真も載せておきます。 経木に包んでくれるあたり、「」と同じですね。 ------- 2010年6月 第一稿 ------- フライは行田だけじゃなかった フライは奥が深いです。 のフライがとてもおいしくて、自分の「フライランキング」でもトップに据えているのですが、行田のフライを食べ歩いてみると、似た感じのフライが行田市にはまったく無いことがわかってきました。 お隣の旧吹上町(現在は合併により鴻巣市)にもフライがあって、行田とは違うらしいのですね。 更に熊谷市にもあって、こちらもまた違うフライらしい。 山下は旧吹上町ですから、行田フライと違うのは当然といえば当然だったわけです。 仙道フライは、行田以外のフライ生息地-旧吹上町-の人気フライ店です。 すばやい仕事に感嘆 かなり広めの店内にはすでにお客さんがたくさんいらっしゃいました。 テイクアウトの方は厨房の裏口からも来るようで、目の回るような忙しさです。 不安がよぎりました。 覚悟はして行きましたが、相当待たされるだろうなと。 しかし、注文してものの10分で料理が出てきたのにはびっくりです。 混雑していて厨房を覗けなかったのですが、かなり大きな鉄板で大人数で焼いているのか、それとも仕事が上手なのか…。 ほんのりと味のついた生地にびっくり 生地にほんのりと味がついています。 これは行田ではありえないこと。 ほんのりとした甘味で、よりおやつに近い感じでしょうか。 ほくほくモチモチとした食感は、 和風のクレープを食べているような感じでした。 具材は、行田とほぼ同じですが、行田ほどネギがたくさん入っていません。 山下と同じくパン粉のようなモノが振り掛けられていました。 こちらのパン粉(のようなもの)は、火が通っているようで、少し茶色く変色して香ばしい。 ソースは甘めで、行田のようにたくさんかけて、更に焼き上げてはいません。 このソースがまたおいしい。 山下のフライと似てはいますが、やっぱり違うフライです。 生地は決定的に違うかな。 根本的に行田とは違うかも お店は、幹線道路に面していて、駐車場もかなり広めです。 店構えも行田のフライ店のように入りにくい感じではないですね。 店内も広め。 ただし、テーブルや椅子は行田と同じ 笑。 よく、公民館や寂れた会議室で見るような折りたたみ式のテーブルと今にも壊れそうな椅子。 ちょっと安心したり 笑。 メニューはシンプルに「フライ」と「焼きそば」のみ。 これらの大中小。 行田のように、焼きそばをフライで包むメニューはありません。 見ていると、男性はフライと焼きそばを同時に注文しているようです。 旧吹上町にフライ店がどれだけあるか、まったくわかりません。 一説によると、熊谷市のフライは行田と旧吹上をミックスしたような感じらしいし。 こうなったら、とことんフライを追求してみたくなりました 笑。 いくつかの補足情報 で修行された方が開いたお店だそうです。 山下さんを先生と呼んでいらっしゃるとか。 ネットで調べると、旧吹上町には、山下と仙道のほかにも何店かあるようです。 どれも、揚げたパン粉が振り掛けられているようです。 どうも、これが吹上フライの特徴らしい。 益々、探求心が沸き上がってきます 笑。 歌手の「さくまひでき」さんのご実家だそうです。 【さくまひでき公式サイト】 (いきなり音が出るので注意!).

次の