鼻 うがい デメリット。 鼻うがいのメリット、デメリットを教えて下さい。また鼻うがい...

鼻うがいのやり方。塩水などの準備と効果的な方法|eo健康

鼻 うがい デメリット

*当記事は「医者と学ぶ心のサプリ」から許可を受けて転載しています。 口呼吸と鼻呼吸、みなさんは意識されているでしょうか? 朝起きると喉が痛い・・・ 冬になると毎年風邪をひく・・・ こんな方は、口呼吸が原因であることもあります。 ここでは、口呼吸がどうしてよくないかをお伝えし、 口呼吸を改善して鼻呼吸にするための方法を紹介していきます。 1.鼻の役割 鼻は、加湿機能付きエアーコンディショナーの役割があります。 鼻にはエアーコンディショナーの役割があります。 鼻にはたくさんの毛細血管が走っています。 鼻から吸い込んだ空気は、 この血管の熱を受けて、加温・加湿されます。 鼻に温度と湿度を与えられた空気は、 のどにとってやさしい空気になります。 また、反対に鼻から息を吐き出す空気は、 鼻やのどに適度な温度と湿度を与えています。 また、鼻には空気清浄機の役割があります。 鼻には免疫機能があります。 鼻には粘膜があって、ウイルスがやってくると、 インターフェロンやIgAという抗体が戦います。 また、鼻にはせん毛という非常に細かい毛がいっぱい生えています。 これが、異物をキャッチします。 鼻に異物がくると、三叉神経が反応して反射としてくしゃみが起こります。 大量の鼻水と共に外にかき出します。 2.口呼吸のデメリット 免疫が落ちる・免疫が落ちる・口臭がきつくなる・ 舌根が沈下しやすくなる・ 虫歯になりやすい・ 歯並びが悪くなる・ 運動能力が落ちる 鼻呼吸でなく口呼吸にすることで、デメリットが起きてしまいます。 免疫が落ちる• 口臭がきつくなる• 虫歯になりやすい• 歯並びが悪くなる• 舌根が沈下しやすくなる• 運動能力が落ちる などのデメリットがあります。 免疫が落ちてしまうのは、 鼻の役割をみていただければお分かりかと思います。 口呼吸になると、口が乾燥して唾液がかわいてしまいます。 このため、口臭がきつくなってしまいます。 また、唾液にはリゾチームなどの殺菌作用のある酵素が含まれています。 「ケガをしたら、唾をつけておけば治る」というのは間違いでもないのです。 このため、唾液が減って虫歯になりやすくなります。 また、歯が黄色くなりやすいです。 口の周りには口輪筋という筋肉があります。 この筋肉は文字通り、口の周りにあって口を閉じるように働きます。 口呼吸になると緩んでしまいますので、出っ歯になりやすくなります。 夜間に口呼吸になっていると、 口からのどにかけての筋肉が緩んでしまいます。 すると、舌の根本が沈み込んで空気の通り道を圧迫してしまいます。 睡眠時無呼吸症候群と同じような状態になってしまいます。 運動をされている方ですと、運動能力にも影響があります。 鼻で呼吸をすることで、空気が加温・加湿されます。 するとこれにより、肺が膨らみやすくなります。 このため、口呼吸ですと、肺活量が落ちて運動機能が落ちてしまいます。 3.口呼吸の見分け方 まずは、自分が口呼吸になっていないかを見分けましょう。 日本人には口呼吸の方が多いといわれています。 その原因のひとつに「おしゃぶり」をとる時期が関係しているともいわれています。 日本では1歳ころでおしゃぶりをとりますが、 欧米では3歳くらいまで続けるそうです。 この間に鼻呼吸の習慣がつくられるのでしょう。 呼吸は普段は意識しないもの。 自分が口呼吸になっているのか、気づいていない方も多いと思います。 口呼吸かどうかを見分けるにはどのようなところに気を付ければよいでしょうか? 箇条書きにしてまとめますので参考にしてください。 冬に毎年風邪をひく• タバコを吸わないのに歯がすぐ黄色くなる• 歯並びが悪い• 朝起きた時に喉が痛い• 口臭が気になる• 唇が乾燥する• 口内炎ができやすい• 片方で噛む• 早食いである• 食事の時にクチャクチャ音を立てる• 無意識に口が半開き• 舌の先が上あごについていない 4.口呼吸を改善する方法 口呼吸になってしまう原因は3つあります。 口唇閉鎖力(口を閉じる力)の低下• 鼻づまり• 口呼吸の習慣 これを元に具体的にみていきましょう。 4-1.口の筋肉を鍛える 口を閉じる力が低下してしまっている方は、鍛えるしかありません。 ここでは具体的な口の筋肉の鍛え方を紹介します。 口の中の頬に親指と人差し指をいれます。 そして、2本の指を広げたり縮めたりします。 これを1日30回繰り返していきます。 口を開きづらい方は、「い~」「う~」を繰り返してください。 ですから、よく噛んで食べる習慣づけをしたり、 ガムなどをかむことで口の筋肉が鍛えられます。 「ご飯は20回かんでから飲み込む」などのルールを作るとやりやすいです。 4-2.鼻づまりを改善 鼻づまりが原因の方は、それを取り除きましょう。 この時、原因物質を取り除く鼻うがいが有効です。 体温と同じくらいのぬるま湯で行います。 200mlに小さじ1杯程度の塩を入れて、少ししょっぱいのが理想です。 洗う側の鼻が高くなるように少し顔を傾け、ゆっくりと注いでいきます。 この時、呼吸は口で行います。 洗浄後は必ず鼻をかむようにします。 鼻の通り道を広げて、空気を通りやすくします。 残念ながら、日本人は鼻が低いので、 欧米人と比べるとあまり効果がないといわれています。 まずはステロイドの点鼻薬などを試すことが多いです。 アレルギーを抑えることで、鼻の粘膜の腫れを抑えます。 それでも治らない場合は手術を考えます。 鼻づまりの原因は、慢性鼻炎・副鼻腔炎・鼻中隔湾曲症などです。 それぞれの原因に応じて手術を行います。 4-3.強制的に口をふさぐ 口呼吸が習慣になってしまっている方は、 意識的に鼻呼吸にしていく必要があります。 ただ、夜間は意識しようがありません。 地道に口の筋肉をつけていくことが大事ですが、 強制的に口をふさぐ方法もあります。 縦にして3本、川の字ばりをしてみましょう。 少しは口が開くので、息がつまってしまう心配がありません。 ここで、絶対にテープを横にはって、口を完全にふさいではいけません。 寝ている間に呼吸ができなくなって、血圧が急激にあがることがあります。 ご家庭のマスキングテープで大丈夫かと思いますが、 心配な方は市販テープをためしてください。 まとめ 過去記事紹介•

次の

鼻うがいの危険性 逆効果になるケースとは?

鼻 うがい デメリット

のどをガラガラさせるうがいではなく、鼻をスッキリさせる「鼻うがい」をご存知ですか? 鼻の中を、まさにうがいのように洗い流す方法で、鼻をかんでも出にくい粘り気のある鼻水や、これから少しずつ増えてくる花粉やハウスダストなどのアレルギー物質を取りのぞく効果があるといわれています。 鼻の調子がイマイチよくないとき、風邪・花粉症対策に、鼻うがいを試してみませんか? 鼻うがいは風邪や花粉症になぜ効果的? 鼻の中を直接洗い流す「鼻うがい」。 鼻をかんでも出にくいガンコな鼻水をスッキリさせることができるため、鼻の調子が今ひとつ良くないときは、一度は試してみたい方法です。 さらに鼻うがいは風邪や花粉症の予防にもなり、健康維持のためにもおすすめです。 というのも、風邪のウイルスや花粉が付着しやすいのは、鼻の奥の上咽頭といわれる部分で、のどのうがいでは上咽頭を洗い流すことができないからです。 一方、鼻うがいでは上咽頭までしっかりと洗い流すことができますから、より効果的な風邪予防や花粉症対策になるといえます。 鼻うがいの効果• 鼻の不快感の解消 鼻をかんでも出にくい粘り気のある鼻水もスッキリさせることができます。 風邪やインフルエンザなどのウイルス対策 風邪やインフルエンザの原因になるウイルスは、のどの奥の上咽頭に付着し、炎症を起こします。 鼻うがいなら、上咽頭を洗い流すことができるため、ウイルス対策になります。 花粉症やホコリなどのアレルギー対策 上咽頭に付着した花粉やホコリなどを洗い流すことで、アレルギーの原因を取り除くことができます。 ちくのう症の予防・症状の緩和 ちくのう症(副鼻腔炎)とは、目と目の間やほほなどにある副鼻腔という空洞にうみがたまる病気。 風邪や花粉などが原因で炎症が起き、粘り気のある鼻水や鼻づまり、頭痛といった症状が起きます。 鼻うがいでは副鼻腔を直接洗い流すことはできませんが、鼻の中の粘り気のある鼻水を洗い流すことができますから、ちくのう症の予防や症状の緩和に役立つと考えられます。 鼻うがいで準備するもの 市販の鼻うがい用の商品を使えば気軽に始められますが、自宅にあるものを使って鼻うがいを行うこともできます。 やり方がいくつかありますので、自分のやりやすい方法で試してみましょう。 鼻に真水が入るとツーンとしますが、これは体液と水の浸透圧が違うために起こります。 そのため鼻うがいでは、体液と同じ浸透圧である、0. 9%の食塩水を使って行います。 【準備するもの】• 一度沸騰させた、ぬるま湯• 洗面器やコップ• タオル など 【0. (500ccなら4. 5g、2リットルなら18g) この食塩水は使いまわすのではなく、鼻うがいをするたびに作るようにしてください。 鼻うがいの方法 最初のうちはお風呂で行うといいでしょう。 濡れることを気にせずにできますし、体も温まって鼻水も出やすくなっています。 【食塩水を流し込む方法】• 9%食塩水を入れます。 このとき「えー」と声を出すと流し込みやすいです。 ただし顔が大きく上向きにならないように注意してください。 どちらの鼻からでも構いません。 慣れてきたら口から出してみましょう。 【洗面器の食塩水を吸い込む方法】• 9%食塩水を入れます。 このとき食塩水を飲み込まないようにします。 慣れてきたら、もう片方の鼻の穴や口から食塩水を出してみましょう。 【ストローで食塩水を吸い込む】• 9%食塩水を入れて、ストローをさします。 このとき食塩水を飲み込まないようにします。 慣れてきたら、もう片方の鼻の穴や口から食塩水を出します。 鼻うがいを効果的にするための注意• 鼻に食塩水を入れるときは、大きく上を向かない 鼻に食塩水を入れた後、やや上を向くと口に流れやすくなりますが、大きく上を向くと食塩水が耳に入り中耳炎になる恐れがあります。 前かがみの状態で、顔はあまり上に向けないようにしましょう。 鼻で水を吸い込んでいるときに、つばを飲み込まない 水を吸い込んでいるときに、つばや洗浄液を飲み込もうとすると、耳に洗浄液が入る恐れがあります。 鼻を洗い終わった後に、鼻を強くかまない 鼻を洗い終わったら、前かがみのまま頭を左右に傾けるなどして、食塩水をすべて出すようにします。 その後軽く鼻をかむのはかまいませんが、強くかむと中耳炎の原因になります。 やりすぎは注意!1日1〜2回程度に 1回の鼻うがいでは2〜3度繰り返し、ヌルヌルした感じがなくなるまで行います。 鼻うがいに慣れてくるとスッキリして気持ちがいいのですが、1日1〜2回程度にしましょう。 (1回は200ml程度で十分です)• 鼻づまりがひどいとき、のどに痛みがあるとき、鼻水がのどに流れてしまうときはしない 鼻に炎症があって鼻づまりがひどいときや、のどに炎症があるときは鼻うがいは行わないようにしましょう。 また鼻水がのどに流れる後鼻漏のときも、食塩水が残りやすくなりますから、行わないようにしてください。 子どもは専用の器具を購入するか、耳鼻科でしてもらう 鼻うがいを間違った方法で行うと、中耳炎など別の病気を招く恐れがあります。 子どもは上記の方法では行わないほうがよいでしょう。 どうしても鼻うがいを行いたいときは、子どもでもできる市販の器具を購入するか、耳鼻科で鼻洗浄を行いましょう。

次の

副鼻腔炎(蓄膿症)の対策③重曹入りの強化版[鼻うがい]で膿も花粉も洗い流そう|カラダネ

鼻 うがい デメリット

*当記事は「医者と学ぶ心のサプリ」から許可を受けて転載しています。 口呼吸と鼻呼吸、みなさんは意識されているでしょうか? 朝起きると喉が痛い・・・ 冬になると毎年風邪をひく・・・ こんな方は、口呼吸が原因であることもあります。 ここでは、口呼吸がどうしてよくないかをお伝えし、 口呼吸を改善して鼻呼吸にするための方法を紹介していきます。 1.鼻の役割 鼻は、加湿機能付きエアーコンディショナーの役割があります。 鼻にはエアーコンディショナーの役割があります。 鼻にはたくさんの毛細血管が走っています。 鼻から吸い込んだ空気は、 この血管の熱を受けて、加温・加湿されます。 鼻に温度と湿度を与えられた空気は、 のどにとってやさしい空気になります。 また、反対に鼻から息を吐き出す空気は、 鼻やのどに適度な温度と湿度を与えています。 また、鼻には空気清浄機の役割があります。 鼻には免疫機能があります。 鼻には粘膜があって、ウイルスがやってくると、 インターフェロンやIgAという抗体が戦います。 また、鼻にはせん毛という非常に細かい毛がいっぱい生えています。 これが、異物をキャッチします。 鼻に異物がくると、三叉神経が反応して反射としてくしゃみが起こります。 大量の鼻水と共に外にかき出します。 2.口呼吸のデメリット 免疫が落ちる・免疫が落ちる・口臭がきつくなる・ 舌根が沈下しやすくなる・ 虫歯になりやすい・ 歯並びが悪くなる・ 運動能力が落ちる 鼻呼吸でなく口呼吸にすることで、デメリットが起きてしまいます。 免疫が落ちる• 口臭がきつくなる• 虫歯になりやすい• 歯並びが悪くなる• 舌根が沈下しやすくなる• 運動能力が落ちる などのデメリットがあります。 免疫が落ちてしまうのは、 鼻の役割をみていただければお分かりかと思います。 口呼吸になると、口が乾燥して唾液がかわいてしまいます。 このため、口臭がきつくなってしまいます。 また、唾液にはリゾチームなどの殺菌作用のある酵素が含まれています。 「ケガをしたら、唾をつけておけば治る」というのは間違いでもないのです。 このため、唾液が減って虫歯になりやすくなります。 また、歯が黄色くなりやすいです。 口の周りには口輪筋という筋肉があります。 この筋肉は文字通り、口の周りにあって口を閉じるように働きます。 口呼吸になると緩んでしまいますので、出っ歯になりやすくなります。 夜間に口呼吸になっていると、 口からのどにかけての筋肉が緩んでしまいます。 すると、舌の根本が沈み込んで空気の通り道を圧迫してしまいます。 睡眠時無呼吸症候群と同じような状態になってしまいます。 運動をされている方ですと、運動能力にも影響があります。 鼻で呼吸をすることで、空気が加温・加湿されます。 するとこれにより、肺が膨らみやすくなります。 このため、口呼吸ですと、肺活量が落ちて運動機能が落ちてしまいます。 3.口呼吸の見分け方 まずは、自分が口呼吸になっていないかを見分けましょう。 日本人には口呼吸の方が多いといわれています。 その原因のひとつに「おしゃぶり」をとる時期が関係しているともいわれています。 日本では1歳ころでおしゃぶりをとりますが、 欧米では3歳くらいまで続けるそうです。 この間に鼻呼吸の習慣がつくられるのでしょう。 呼吸は普段は意識しないもの。 自分が口呼吸になっているのか、気づいていない方も多いと思います。 口呼吸かどうかを見分けるにはどのようなところに気を付ければよいでしょうか? 箇条書きにしてまとめますので参考にしてください。 冬に毎年風邪をひく• タバコを吸わないのに歯がすぐ黄色くなる• 歯並びが悪い• 朝起きた時に喉が痛い• 口臭が気になる• 唇が乾燥する• 口内炎ができやすい• 片方で噛む• 早食いである• 食事の時にクチャクチャ音を立てる• 無意識に口が半開き• 舌の先が上あごについていない 4.口呼吸を改善する方法 口呼吸になってしまう原因は3つあります。 口唇閉鎖力(口を閉じる力)の低下• 鼻づまり• 口呼吸の習慣 これを元に具体的にみていきましょう。 4-1.口の筋肉を鍛える 口を閉じる力が低下してしまっている方は、鍛えるしかありません。 ここでは具体的な口の筋肉の鍛え方を紹介します。 口の中の頬に親指と人差し指をいれます。 そして、2本の指を広げたり縮めたりします。 これを1日30回繰り返していきます。 口を開きづらい方は、「い~」「う~」を繰り返してください。 ですから、よく噛んで食べる習慣づけをしたり、 ガムなどをかむことで口の筋肉が鍛えられます。 「ご飯は20回かんでから飲み込む」などのルールを作るとやりやすいです。 4-2.鼻づまりを改善 鼻づまりが原因の方は、それを取り除きましょう。 この時、原因物質を取り除く鼻うがいが有効です。 体温と同じくらいのぬるま湯で行います。 200mlに小さじ1杯程度の塩を入れて、少ししょっぱいのが理想です。 洗う側の鼻が高くなるように少し顔を傾け、ゆっくりと注いでいきます。 この時、呼吸は口で行います。 洗浄後は必ず鼻をかむようにします。 鼻の通り道を広げて、空気を通りやすくします。 残念ながら、日本人は鼻が低いので、 欧米人と比べるとあまり効果がないといわれています。 まずはステロイドの点鼻薬などを試すことが多いです。 アレルギーを抑えることで、鼻の粘膜の腫れを抑えます。 それでも治らない場合は手術を考えます。 鼻づまりの原因は、慢性鼻炎・副鼻腔炎・鼻中隔湾曲症などです。 それぞれの原因に応じて手術を行います。 4-3.強制的に口をふさぐ 口呼吸が習慣になってしまっている方は、 意識的に鼻呼吸にしていく必要があります。 ただ、夜間は意識しようがありません。 地道に口の筋肉をつけていくことが大事ですが、 強制的に口をふさぐ方法もあります。 縦にして3本、川の字ばりをしてみましょう。 少しは口が開くので、息がつまってしまう心配がありません。 ここで、絶対にテープを横にはって、口を完全にふさいではいけません。 寝ている間に呼吸ができなくなって、血圧が急激にあがることがあります。 ご家庭のマスキングテープで大丈夫かと思いますが、 心配な方は市販テープをためしてください。 まとめ 過去記事紹介•

次の