富山 観光。 富山で人気・おすすめの観光スポット|阪急交通社

富山県リピーター向け!もっとディープな富山県観光のこと。

富山 観光

富山県のおすすめご当地情報をご紹介。 富山県には黒部ダム、宇奈月温泉、大牧温泉などの観光スポット、おわら風の盆、えびす祭り、大岩不動明王大祭などの観光イベント、ぶり大根、海鮮丼、とろろ昆布おにぎりなどのご当地グルメがあります。 富山県は北陸地方の県で、廃藩前は加賀藩として前田家が支配した土地です。 北部を日本海に面している富山県は豊富な海産物が水揚げされ、名水百選や平成の名水百選に選ばれる場所が県内に4ヶ所あって、名水どころとして有名です。 富山県の観光地としては、トロッコ電車で有名な黒部峡谷や日本一の透明度の宇奈月温泉などが有名です。 色とりどりの高山植物が繁殖している弥陀ヶ原は、木道が設置されているため様々な四季の風景を楽しみながらのんびり散策することができ、飛騨山脈の北部の立山連峰は富山平野から望むことが可能で、大観峰ご来光バスツアーなどのツアーもあります。 富山県は山と海の自然な豊かな観光スポットに恵まれた土地なのです。 富山県には合掌造り家屋が現存する越中五箇山相倉集落が世界遺産に登録されています。 傾斜の緩い台地に急傾斜の切妻造り、茅葺きの民家32戸が立ち並ぶ風景は、自然と民家が一体となった一枚の絵のようで、四季の自然とともに一見の価値があるものです。 食の楽しみも、富山観光のお楽しみです。 中わたを取り除いたいかにもち米をいれてしょうゆと酒、みりんと水で煮るいかのもち米つめ煮や、塩をふって自然解凍したあゆとごはんこうじ、塩を混ぜるあゆのなれ寿し、わたりがと魚類を味噌で煮たかぶす汁、もち米に豆を入れて米を赤くする赤ままはお祝い事のときに食べるもので、あげれば尽きないほど富山県には様々な郷土料理があります。 また良質な水と米がある富山県は多くの酒蔵があり、新酒の飲み比べなどのイベントがよく開催されていて、日本酒の好きの人にとっては、それだけで富山県に訪れる価値があるでしょう。 廃藩前は前田家が支配する加賀藩であった富山県は、加賀のお国染めとして様々な染色が行われて、盛んなときは200軒もの紺屋があったといわれています。 その染色技法が元禄時代に加賀友禅として確立し、今日にいたっています。 富山県には振袖や祝いのれんなど加賀友禅に関するギャラリーなどもあり、中には彩色作業などの作業を見学できるところもあるため、貴重な観光体験をすることができます。

次の

富山観光はこれでOK!観光のポイントとおすすめスポット38選

富山 観光

県庁所在地である富山駅までのアクセスは、北陸新幹線「かがやき(全席指定席)」で約2時間8分。 北陸新幹線「はくたか」で、約2時間42分です。 飛行機だと、羽田空港から「富山きときと空港」まで、約1時間。 東京から意外と近い、富山県です。 鉄道を利用する場合、名古屋駅~富山駅直通の特急「ワイドビューひだ」で約4時間。 米原駅・金沢駅を経由して、特急・新幹線を利用すると、約2時間40分で到着することができます。 マイカーなら、名神高速道路・東海北陸自動車道・北陸自動車道経由で約3時間で到着できます。 そこから、北陸新幹線「つるぎ」に乗って約2時間55分。 マイカー利用の場合は、名神高速道路・北陸自動車道を経由して、約4時間15分です。 3_富山県の人気観光地は? (1)黒部ダム(立山黒部アルペンルート・立山・上市エリア) 標高3000m級の山々が連なる立山連峰。 その山々を貫くようにお隣長野県まで繋がっているのが、「立山黒部アルペンルート」です。 もともとは、黒部川上流の電源開発のための「黒部ダム」建設のために作られた道路等でしたが、現在では絶景を巡る観光ルートとして世界的にも人気を集めています。 観光の目玉は、なんといっても黒部ダム。 7年の歳月と約1,000万人の力で、昭和38年に完成した日本最大のアーチ式ダムです。 毎年6月下旬から10月中旬まで観光放水が行われる黒部ダム。 富山駅方面からのアクセスは、富山地方鉄道、立山ケーブルカー、立山高原バス、立山トンネルトロリーバス、立山ロープウェイ、黒部ケーブルカーを乗り継いで約2時間半。 季節ごとに変化する立山連峰の絶景をお楽しみいただけます。 (2)雪の大谷(立山黒部アルペンルート・立山・上市エリア) 黒部ダムへ通じる、立山黒部アルペンルートの観光名所として有名なのが、「雪の大谷」。 巨大な雪の壁を大型バスが通り抜けるシーンをテレビやパンフレットなどで目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。 「雪の大谷」とは、標高2,450mの立山室堂平にある除雪によりできた雪の壁のこと。 毎年4月下旬から6月下旬まで、ピーク時には高さ20mにも及ぶ巨大な雪の壁の間を歩くことができ、国内外の観光客に人気です。 (3)黒部峡谷(トロッコ電車・黒部・宇奈月温泉エリア) そして、富山県内のグリーンシーズンの観光地として、こちらも高い人気を誇るのが、日本一深いV字峡谷「黒部峡谷」を走る黒部峡谷鉄道。 オレンジ色がかわいい「トロッコ電車」に乗って黒部峡谷の奥深い自然を感じながらの車窓の旅が楽しめます。 宇奈月温泉にある宇奈月駅から、終点の欅平駅までは約90分です。 途中駅には、「黒薙温泉(くろなぎおんせん)」、「鐘釣温泉(かねつりおんせん)」などの温泉が数多く点在しますので、途中下車して温泉を楽しむことも可能です。 「相倉合掌造り集落」「菅沼合掌造り集落」の2つの集落からなり、豪雪地帯ならではの合掌造り建築と生活文化を今に伝えています。 合掌造り集落の観光自体には、料金はかかりませんが、マイカーの場合、駐車に「保存協力金」として500円が必要になります。 駅弁としても、広く知られています。 このます寿し、店舗によって鱒の厚みや、酢飯の具合が全く異なり、富山県民の間では、それぞれご贔屓のお店があるそうです。 ぜひ、各店舗のます寿しを食べ比べしてみたいものです。 食べると新鮮なワタの旨味がはじけ格別の味が口の中に広がります。 春の富山湾は、ホタルイカの幻想的な青白い光につつまれます。 事前予約でホタルイカの幻想的な光を体験することもできます。 から揚げ、昆布〆、すまし汁など食べ方は多彩ですが、おすすめはやっぱりお刺身。 他にはない独特のとろりとした食感と上品で濃厚な甘みは富山でしか味わえません。 新湊漁港では、9月から翌年5月までのベニズワイガニの漁期に「赤い絨毯」のように紅ズワイガニが並ぶ光景がみられます。 新湊の名物午後1時からの「昼セリ」見学でぜひこの光景をご覧ください。 もちろん、見学だけでなく、実際に新鮮な魚介類をいただくことも可能です! 特にオススメは、新湊漁港内に2018年にオープンした「新湊かに小屋」。 ここでは、競り落とされたばかりの高志の紅ガニを、大釜で茹であげ、アツアツのうちに丸ごと食べることができます。 VISIT富山県では昼セリと併せて、新湊かに小屋でのお食事(高志の紅ガニまたは、漁港鍋)が楽しめるツアーを予約できますので、気になる方は、ぜひチェックしてみてください。 全国でも名高い富山湾のブリ。 特に氷見の寒ブリは最高級ブランドと称されています。 定置網漁で捕獲するため、魚へのストレスが少なく、生きたままの元気な状態で水揚げされ漁港に運ばれてくるブリは鮮度抜群。 荒波にもまれ、身はキリっと締まっているが、しっかりと脂が乗り、とろけるように旨いのが特長です。 お肌にやさしい美肌の湯としても知られています。 富山観光の拠点にもなるエリアで、近隣にもさまざまな観光スポットが点在しています。 TOYAMA STYLEの「宇奈月温泉」の記事では、さらに詳しく紹介しています。 ・温泉地2:氷見温泉郷 氷見市内には、海岸沿いをはじめとして近郊にいくつもの温泉が点在し、「能登半島国定公園 氷見温泉郷」と呼ばれています。 泉質はナトリウムー塩化物泉で肌によく、「美人の湯」と言われています。 また、温泉に浸かりながら「天然の生簀」富山湾から立山連峰を眺めることができ、この風景は世界でも例を見ないといわれています。

次の

現地スタッフ厳選!富山県のおすすめ観光スポットBEST21

富山 観光

富山県のおすすめご当地情報をご紹介。 富山県には黒部ダム、宇奈月温泉、大牧温泉などの観光スポット、おわら風の盆、えびす祭り、大岩不動明王大祭などの観光イベント、ぶり大根、海鮮丼、とろろ昆布おにぎりなどのご当地グルメがあります。 富山県は北陸地方の県で、廃藩前は加賀藩として前田家が支配した土地です。 北部を日本海に面している富山県は豊富な海産物が水揚げされ、名水百選や平成の名水百選に選ばれる場所が県内に4ヶ所あって、名水どころとして有名です。 富山県の観光地としては、トロッコ電車で有名な黒部峡谷や日本一の透明度の宇奈月温泉などが有名です。 色とりどりの高山植物が繁殖している弥陀ヶ原は、木道が設置されているため様々な四季の風景を楽しみながらのんびり散策することができ、飛騨山脈の北部の立山連峰は富山平野から望むことが可能で、大観峰ご来光バスツアーなどのツアーもあります。 富山県は山と海の自然な豊かな観光スポットに恵まれた土地なのです。 富山県には合掌造り家屋が現存する越中五箇山相倉集落が世界遺産に登録されています。 傾斜の緩い台地に急傾斜の切妻造り、茅葺きの民家32戸が立ち並ぶ風景は、自然と民家が一体となった一枚の絵のようで、四季の自然とともに一見の価値があるものです。 食の楽しみも、富山観光のお楽しみです。 中わたを取り除いたいかにもち米をいれてしょうゆと酒、みりんと水で煮るいかのもち米つめ煮や、塩をふって自然解凍したあゆとごはんこうじ、塩を混ぜるあゆのなれ寿し、わたりがと魚類を味噌で煮たかぶす汁、もち米に豆を入れて米を赤くする赤ままはお祝い事のときに食べるもので、あげれば尽きないほど富山県には様々な郷土料理があります。 また良質な水と米がある富山県は多くの酒蔵があり、新酒の飲み比べなどのイベントがよく開催されていて、日本酒の好きの人にとっては、それだけで富山県に訪れる価値があるでしょう。 廃藩前は前田家が支配する加賀藩であった富山県は、加賀のお国染めとして様々な染色が行われて、盛んなときは200軒もの紺屋があったといわれています。 その染色技法が元禄時代に加賀友禅として確立し、今日にいたっています。 富山県には振袖や祝いのれんなど加賀友禅に関するギャラリーなどもあり、中には彩色作業などの作業を見学できるところもあるため、貴重な観光体験をすることができます。

次の