ゆうちょ銀行 908 支店名。 ゆうちょ銀行の支店名、口座番号、変換の法則|ギンコード.com

ゆうちょ銀行支店名がわからない!調べ方や検索する方法は?

ゆうちょ銀行 908 支店名

この場合は窓口に持っていくと対応してくれますよ。 ちなみに振り込むときの支店名の頭文字というのはカタカナの一文字目を使います。 ゼロではじまる場合は「セ」となります。 他の金融機関は支店での管理です。 これに合わせて相互取引するため記号と番号から自動的に変換させたのが、支店名に代わる店名と口座番号です。 他の銀行のように地域名でなく番号なのでとまどってしまいますよね。 ゆうちょ銀行の支店名は漢字三文字の店名というものが該当すると覚えておきましょう。 スポンサーリンク ゆうちょ銀行の支店名はキャッシュカードでもわかるよ! 通帳が今手元にないけどキャッシュカードで支店名を知りたいってときありますよね。 でもゆうちょ銀行のキャッシュカードには5ケタと8ケタの記号番号のみしか書いてありません。 5桁が記号、8桁が番号となっています。 ですが実はこの記号と番号がわかれば、支店名もわかるんです。 ただしこのままでは使えないので記号と番号それぞれを変換します。 以下でやり方を説明していきますね。 ゆうちょ銀行の記号を支店に変換 まずは5桁の記号から支店名に変換していきます。 店名は記号5ケタの二、三番目の数字と、その次に8を付け足します。 例えば記号が12340なら二、三番目は23。 これで支店名がわかりました! ゆうちょの番号を7桁に変換 そして8ケタの番号から口座番号に変換します。 これは簡単で、最後のひと桁を取ったものが口座番号です。 一番右の数字は「1」のはずなので「1」を消せばOKです。 一般的にはこれで7桁になるので欄がぴったりになるはずです。 ゆうちょ銀行の支店名は検索できる 記号と番号を入力すると振込に必要な店名と口座番号を調べることができます。 記号と番号を入力するだけなので簡単ですよね。 左に記号、右に番号を入力します。 記号と番号の間にひとケタの数字がない場合は真ん中には何も入力しません。 間違いない?って聞かれるのでしっかり確認します。 店名と口座番号に変換されます。 下の2段ですね。 この調べ方をするときは入力ミスの可能性もあるので、上で紹介した別の確認方法も併用すると安心ですよ。 逆に店名や店番と口座番号から、記号と番号を調べることもできます。 これらを使う場合は入力ミスをしないように注意してくださいね。

次の

ゆうちょ銀行の記号と番号から支店名と口座番号へ変換する時のルールを覚えれば、すぐに銀行からゆうちょ銀行(郵便局)へ振込みできるよ

ゆうちょ銀行 908 支店名

もし通帳に店番が書かれてなければ 記号と番号を入力して「店番(=銀行振り込みでいうところの支店名)」に置き換えます。 下は僕のゆうちょ銀行のキャッシュカードです。 記号と番号しか書いてません。 通帳をみても店番が書かれていませんでした。 この情報だけでは振り込みができないので、変換サイトで、振り込みができる形に直してます。 これを上のサイトで検索をかけてみます。 記号の箇所は、キャッシュカードの記号の部分を入力 カードに書いてある番号が「12345 — 4567890」なら「12345」の部分 記号と番号の間は特に何も書いてないので間の空欄は飛ばして カードに書かれている右側の数字、上の例では「4567890」に当たります。 番号をサイトの右側に入力して これで完了、ボタンを押すと確認の画面が出ます。 間違ってないので『OK』のボタンを押します。 そうすると出ました。 僕のは818支店と出ました。 口座番号もカードに書かれた番号とはちがうので出てきました。 支店名にあたる箇所は、このように数字であらわされます。 たとえ入間郵便局で作っても「入間支店」とはなりません。 ここに違いがあるのを知っておきましょう。 振り込まれる際も『店番 〇一八』の情報だけで大丈夫です。 「地域名+支店」は必要ありません。 通帳にも「小伝馬町郵便局」とか「南部町郵便局」で作ってもその文字は入りません。 018といった数字だけです。 なぜこんな変な数字だけで表してるかといえば上で解説した通り もともとゆうちょ銀行には支店名はないのですが、他の銀行とやり取りするには どうしても『支店名』が必要ですね。 もとにはない「支店名」、それをどうにかして作ったのが上の818といったような数字です。 818などはこの世に存在しない、変換して置きかえて作った数字で支店名であらわしたんですね。 また地域にある郵便局では、ゆうちょ銀行の口座を管理はしてません。 だから地域の郵便局が関係しないというのもあります。 バイトの書類やメールでのゆうちょ銀行の振込み情報の書き方 バイトなどでありますよね。 「アルバイトや給与の振込口座の情報を出さないといけない 「ゆうちょ銀行の通帳をみたけど、数字しか書いてない、何をどう書けばいいの?」 その疑問にお答えします。 給与の振込みでは下のような情報を求められると思います。 ・銀行名 ・支店名 ・口座番号 場合によっては ・銀行コード ・支店コードも ゆうちょ銀行の場合は例えば下のようになります。 店名が「八一八」店と出たら 書類の支店名の欄に「八一八支店」(正確には八一八店)と記入 通帳にすでに店名が印字されているのならその数字です。 支店コードが必要なら漢数字の店名を数字に置き換えます。 また「ゆうちょ銀行の支店名が分からない」と言われたりもします。 その際に役立つテンプレです。 ゆうちょ銀行からの振込(振替) ・記号:54321 ・番号:8765439 ・口座名義:タナカサトシ 銀行・信用金庫等の金融機関からの振込 ・口座種別:普通預金 ・店名:二四二(ニヨンニ) ・店番:222 ・口座番号:76543210 ・口座名義:タナカサトシ 上のように伝えるといいかもしれません。 上の情報を過不足なく伝えても「支店名が書いてないよ」と言ってくる方は ゆうちょでは「店名が支店名」になるとは知らないのかもしれません。 番号の「二二二がゆうちょだと支店名になります」と伝えてあげましょう。 城東支店のように地域名がないから質問しているのかもしれません。 どうしても分からない場合はこのページの上に理由を書いてますから見せてあげてください笑。 なぜ数字を使っているか なぜ数字を使っているかを説明します。 ゆうちょ銀行の口座の数字の管理の仕方は ・記号 5ケタ ・番号 6~8ケタ この2つで管理しています。 他の銀行のように「支店名 + 口座番号」ではないんですね。 「記号 + 番号」の2つです。 ですが上のままだと、数字の管理の仕方がちがいますから他の銀行とのやり取りができません。 支店名と口座番号をATMに入力しようと思っても ゆうちょにはないからです。 こうすれば自由に他の銀行ともお金のやり取りができます。 豆知識 役立つサイトです。 ゆうちょ銀行の店名の数字の読み方 0 数字のゼロですが、「レイ」ではありません。 4 は「ヨン」であって、「シ」ではないんですね。 店番と店名の一覧 *上はPDFファイルです。 これが店番と店名の一覧です。 数字のられつとなっていますね。

次の

ゆうちょ銀行支店名がわからない!調べ方や検索する方法は?

ゆうちょ銀行 908 支店名

ゆうちょ銀行支店コード一覧 支店コードは、各金融機関が独自に定める店番です。 一般的には3桁でコードが割り振られています。 ゆうちょ銀行の統一金融機関コードは「9900」になります。 統一金融機関コードは、全国銀行協会内の金融機関共同コード管理委員会から付与される金融機関毎の4桁の識別番号です。 統一金融機関コードは、金融機関コード・銀行コードなどとも呼ばれており、全国の各銀行の支店にも支店コードが割り振られています。 割り振られている金融機関は、日本銀行をはじめ都市銀行・地方銀行・信託銀行・信用金庫・ゆうちょ銀行など様々で0001番~0032番は都市銀行といったように区分けされています。 金融機関コード・銀行コードは、日本国内の金融機関同士が為替取引を行う全国銀行データ通信システムで活用されており、コードから金融機関名または支店名を照合します。 これらは、銀行振り込みおよび口座振替などで利用されます。 その他にも銀行間の国際決済にも利用されるSWIFTコード(8文字あるいは11文字)の中で一部にも金融機関コードおよび支店コードが利用されています。 ゆうちょ銀行の番号について ゆうちょ銀行は、他の金融機関のような支店ごとにある支店コードというものがありません。 代わりにゆうちょ銀行の通帳 通常貯金・通常貯蓄貯金 やキャッシュカード、振替口座開設通知書に記載のある「記号 5桁 」「番号 最大8桁 」というものがあります。 また、振込時には「店名」「預金種目」「口座番号」「名義 カナ 」が利用されるなど少し複雑になっています。 ゆうちょ銀行の口座間で送金させる場合は、「記号」「番号」があれば、郵便振替で可能ですが、他の銀行口座へ送信させる場合は、「店名 3桁 」「口座番号 最大7桁 」が必要となります。 ゆうちょ銀行の番号変換法則 「記号」「番号」から振込用の「店名」「預金種目」「口座番号」への変換には法則があります。 総合口座・通常貯金・通常貯蓄貯金 総合口座・通常貯金・通常貯蓄貯金の場合は、番号が8桁あるいは7桁以下のものがあります。 番号が8桁の場合は、記号5桁のうち2~3桁の数の最後に「8」をつけると店番になります。 例えば記号が「11940」であれば、店番は19に8をくっつけた「198」が振込用の口座番号の店番になります。 更に店名は店番を漢数字に変換するだけですので、店番が「198」であれば店名が「一九八店 イチキュウハチ店 」となります。 次に口座番号については、桁数に限らず右側末尾の「1」の数字を除いた番号が口座番号となります。 こちらも例に挙げるとゆうちょ銀行の番号が「12345671」であれば振込用の口座番号は「1234567」となります。 7桁以下の場合は、店番・店名の変換は8桁と同様ですが、口座番号については、「1234561」の場合で末尾の「1」を除くと6桁になってしまいますが、6桁のまま利用できます。 ただし、受付の金融機関によっては頭に「0」をつけて「0123456」とする場合もありますので、受付の金融機関へご確認ください。 振替口座 振替口座の場合は、番号が6桁あるいは6桁以下のものがあります。 番号が6桁の場合は、下1桁の数字は一切使いません。 店番に変換する場合は2~3桁の数の最後に「9」をつけると店番になります。 例えば記号が「019401」であれば、店番は19に9をくっつけた「199」が振込用の口座番号の店番になります。 更に店名は店番を漢数字に変換するだけですので、店番が「199」であれば店名が「一九九店 イチキュウキュウ店 」となります。 次に口座番号については、そのままの番号が口座番号となります。 「123456」であればそれが口座番号です。 こちらも総合口座・通常貯金・通常貯蓄貯金の場合と同様に受付の金融機関によっては頭に「0」をつけて「0123456」とする場合もありますので、受付の金融機関へご確認ください。 5桁以下の場合は、店番・店名の変換は6桁と同様で、口座番号についてもそのままの番号が口座番号となります。 、受付の金融機関によっては頭に「0」を2つつけて「0012345」とする場合もありますので、こちらも金融機関へご確認ください。

次の